あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

プロモーション動画制作の平均費用と料金相場【2020年完全版】

プロモーション動画

今や動画は欠かせないプロモーション手段の1つ。

YouTubeでは1日あたり10億時間を超える動画が視聴され、動画広告のマーケットは日本国内だけでも年間3,000億円以上に達しています。「自社製品の魅力を動画で伝えたい」、「動画を活用して売り上げを伸ばしたい」といった方は非常に多いのではないでしょうか。

今回はそういった方に向けて、プロモーション動画の制作費用の相場を解説。コストを抑えるためのコツや動画制作会社を選ぶ際のポイントもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

1.プロモーション動画の費用の算出方法

まずプロモーション動画の費用はどのようにして決まるのか整理しておきましょう。

プロモーション動画の制作費の主な内訳となるのは人件費動画制作会社の多くが、企画構成を担当するディレクター、撮影担当のカメラマンや技術スタッフ、編集スタッフなどの人件費をベースに機材のコストや雑費を加え、制作費の見積もりを出しています。

詳しくは次章で解説しますが、トータルの費用の相場としては30万円前後から。編集ツールや動画メディアの普及にともない以前より相場が下がってきているようです。

その一方、モデル・タレントを起用する場合や、特殊な機材を使う、手の込んだ3DCGを加えるという場合には数百万単位の予算が必要なケースも少なくありません。

そういった点でプロモーション動画の制作を外注する際は目的意識が大事。何のためにどれくらい予算をかけるのか、何をもって成果と見なすのか、あらかじめきちんと整理しておきましょう。

工程別に見るプロモーション動画の費用の相場

工程 相場
企画構成 5万円から15万円
撮影 10万円から40万円
編集 5万円から25万円
MA(音入れ) 5万円から20万円

企画構成

動画制作会社が依頼を受けるとまず、クライアントの要望やヒアリングの内容をもとに動画全体の構成・コンセプトを決め、シナリオや絵コンテに落とし込んでいきます。

この企画構成は「プリプロダクション」(=撮影に入る前の準備作業)と呼ばれ、担当するディレクターやプランナーの人件費としておおむね5万円から15万円前後の費用がかかります

撮影

全体の構成が決まったらチームを編成し、動画の目的に沿って商材やオフィス、店舗などを撮影していきます。

プロモーション動画の場合、撮影場所は複数になることが多く、食料品などの場合はキッチンスタジオ(厨房を備えた撮影スタジオ)を借りて行われることも。費用相場は10万円から40万円前後です。ハイスペックな機材を使うとさらに高くなるでしょう。

編集

撮影完了後はデータを持ち帰り、無駄な部分を省きながらカットをつないで作品を仕上げていきます。

映像制作会社の多くではAdobe Premiere ProやDaVinci Resolveといったソフトウェアが使われており、編集費の相場としては5万円から25万円前後です

MA(音入れ)

商品やサービスの魅力・特徴が伝わるようにするためには音も大切な要素。プロモーション動画の制作を手がける会社のほとんどは撮影・編集とあわせてナレーションやBGM、効果音などの音づくりも請け負っています。

MAにかかる費用の相場としては5万円から20万円前後。ちなみに準備作業を指すプリプロダクションに対し、編集とMAはポストプロダクション(=撮影後の仕上げ工程)と呼ばれます。

見落としがちな費用にも注意

上記のほか、撮影の進め方や制作方法によっては以下の費用がかかるので注意しましょう。

出張料・スタジオ利用料

撮影にともなうスタッフの出張費(交通費、宿泊費など)はクライアント側の負担になります。

また、スタジオを借りる場合はその利用料も必要。金額は設備や立地によって変わりますが、半日から1日の利用でおおむね3万円から5万円前後です。

著作権料

写真素材や効果音、BGMには著作権料が設定されているものが多く、それらを使う場合は用途・目的に応じて料金を支払う必要があります。

DVDの制作料

完成した動画をDVD化する場合は、エンコード(動画データをDVD形式へ変換する作業)やオーサリング(チャプターやメニューの作成・設定)の費用が発生します。一般的な相場はいずれも1万5,000円から2万5,000円前後です。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • 企画構成の費用は5万円から15万円前後
  • 撮影の費用は10万円から40万円前後
    機材のスペックによってさらに高額になることも
  • 編集の費用は5万円から25万円前後
  • MA(音入れ)の費用は5万円から20万円前後
  • その他、制作方法によってスタジオ利用料や著作権料などが発生する

2.種類別に見るプロモーション動画の費用の相場

ケース 相場
会社案内を目的とした
簡易的なwebプロモーション動画
30万円から60万円
街頭やイベント会場で配信する
本格的なプロモーション動画
80万円から150万円

次にプロモーション動画の種類別の費用の相場をご紹介します。

会社案内を目的とした簡易的なwebプロモーション動画

会社案内を目的とした簡易的なwebプロモーション動画の場合、動画の長さは5分程度までに収まることがほとんど。内容は業種や社風によってさまざまですが、基本的には自社サイトを訪れた人に会社の概要を知ってもらうのが目的なので、それほど複雑な構成になることもありません。

経営者や社員のインタビュー、オフィス紹介などを中心としたプロモーション動画の制作を依頼すると、費用は30万円から60万円前後になると予想されます。

街頭やイベント会場で配信する本格的なプロモーション動画

一方、街頭のデジタルサイネージや大規模なイベント会場で配信するプロモーション動画は、不特定多数の人の目を引くために構成やカット割り、音響効果にも工夫が必要になってきます。

web動画と比べるとモニターのサイズも格段に大きくなるので、スペックの高いカメラを使って撮影されることも多いようです。

こうした本格的なプロモーション動画の制作費用は80万円から150万円前後です。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • 会社案内用のwebプロモーション動画の制作費は30万円から60万円前後
  • 街頭やイベント会場で配信するプロモーション動画の制作費は
    80万円から150万円前後

3.なぜ価格が違う?価格差の出る理由

最初に触れた通り、モデル・タレントを起用する場合や撮影用クレーンやドローンを使う、3DCGを加えるという場合には、制作費用が増します。

また、大手広告代理店経由の動画制作会社や著名クリエイターが在籍するプロダクションの制作費は、中小規模の制作会社に比べてかなり割高です。

大手では制作期間が長くなることもあるので、依頼する側も十分な予算を用意したうえで専任のプロジェクトチームを組むなど、きちんと準備したうえで臨みましょう。

できるだけ費用を抑えるためには

費用を抑えたい場合は、静止画を組み合わせたスライドショー(フォトムービー)形式の動画にするのがおすすめ。依頼者側で素材(商品画像、ロゴなど)を用意する必要があるものの、撮影を丸ごとカットすることで制作費を大幅に下げられるからです。

たとえば株式会社RAID(福岡県北九州市)では、BGMやテロップを組み合わせた10分までのフォトムービーの制作を10万円で請け負っています。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • タレントを起用したり、特殊な機材を使ったりすると制作費は高額になる
  • 大手動画制作会社の料金は中小規模の制作会社の料金よりかなり割高
  • 費用を抑えたい場合は、静止画によるスライドショー形式の動画にするのが効果的

4.実際にプロモーション動画の制作料金を調べてみた

ここまでプロモーション動画の制作費について見てきましたが、実際のところ動画制作会社はどれくらいの料金から制作を請け負ってくれるのでしょうか?料金表を公開している2社をご紹介します。

株式会社A
費目 料金 備考
企画構成・絵コンテ 10万円
撮影費 10万円
編集・ナレーション収録 各5万円
株式会社B
費目 料金 備考
オーダーメイドプラン
(スタンダード)
50万円 再生時間3分まで
オーダーメイドプラン
(プレミアム)
80万円 再生時間5分から8分

5.動画制作会社選びで失敗しないためには

最後は実際に動画制作会社を選ぶ際のポイントについてご紹介します。

得意分野を見極める

物販、医療、ITなど、特定分野の動画制作に強みを持つ制作会社は少なくありません。発注してから後悔しないためには、まず得意分野を見極めることが重要です。

各社のwebサイトで紹介されている制作事例や主要取引先の業種を参考に、自社にマッチする制作会社を絞り込んでいきましょう

アフターサポートに目を向ける

プロモーション動画をより多くの人に届けるためには、動画自体のクオリティはもちろん、完成後の施策も非常に大切です。

たとえばYouTubeで再生回数を伸ばしたいならVSEO(動画検索エンジン最適化)は必須。また業種や訴求する商材によっては動画をDVD化し、直接配布した方が効果が見込めることもあるでしょう。

動画の制作を発注する際は、完成後の施策までサポートしてくれるかどうかきちんと確かめたうえで依頼先を決めましょう

※発注者側で準備しておくべきこと

以前、ある動画制作会社の方にヒアリングしたところ、目的があいまいなまま動画制作を進めると、制作期間が長くなり、結果的にコストがかさむケースが多いとのことでした。

そのため、いくらお金を払うからといって制作会社にすべて任せるのはNG。少なくとも動画制作の背景や希望する仕上がりイメージ、具体的な目標(認知度拡大、売り上げ増など)といった情報は余すことなく伝えるようにしましょう。

イメージを言葉にするのが難しければ、YouTubeなどで目を引いた映像や、同業他社のプロモーション動画を参考資料として用意しておくのも1つの手段です。

6.発注先選びで迷ったらアイミツへ

今回はプロモーション動画の費用について解説しました。プロモーション動画制作を行う際、みなさまの参考になれば幸いです。

なお、アイミツでは動画制作に精通したコンシェルジュがみなさまからの相談を無料で承っています。ご予算・ご要望に応じて複数の制作会社をピックアップし、まとめて見積もりをとることも可能です。

発注先選びで迷っている方は、アイミツのコンシェルジュまでお気軽にご連絡ください。

動画制作・映像制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

動画制作・映像制作会社が
最短翌日までにそろう