無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

システム開発会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年11月25日

IoTシステムとは?事例付きでわかりやすく解説【2022年最新版】

IoTシステムとは、IoT(モノのインターネット)を活用する仕組みのことです。企業の責任者や担当者のなかには、「IoTシステムの内容や活用方法がよくわからない」という人も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、BtoB受発注サービス「アイミツ」が、IoTシステムの概要や注目されている理由、活用事例、IoTシステム開発を依頼する際の注意点を解説していきます。

【関連ページ】
システム開発にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にシステム開発会社をお探しいただけます。
システム開発の費用と相場
IoTに強いシステム開発会社一覧

IoTシステムとは

はじめに、IoTの概要やIoTでできること、類似する意味を持つM2Mとの違いについて解説します。

そもそもIoTとは

そもそもIoTとは「Internet of Things」の略称です。日本語では「モノのインターネット」と呼ばれます。これまではインターネットに接続する「モノ」といえば、パソコンやスマートフォンが対象でしたが、近年では家電や自動車なども接続可能になりました。
IoTによってあらゆるモノをインターネットに接続することで、モノ同士の通信や遠隔操作が可能です。そしてIoTを活用する仕組みのことをIoTシステムと呼びます。

IoTでできること

IoTでできることとして、主に以下が挙げられます。

・データの蓄積
・データの可視化
・モノの制御
・モノの自動化、最適化、自律化


データの蓄積では、端末を通じてさまざまなデータを収集し、インターネット上の格納領域に保管します。そしてデータの可視化によって、対象となるモノの稼働状況や動作状況を目視確認が可能です。
モノの制御では、離れたところから安全にモノを操作でき、制御ルールをプログラミングすることでモノの動作をコントロールできます。
さらに、データ分析や人工知能を活用することで、人手を介さずに操作の自動化、処理の最適化、モノの一連動作の自律化も可能です。

M2MとIoTの違いは?

似たような意味を持つ用語として「M2M」があります。M2Mは「Machine to Machine」の略称であり、機械同士がセンサーネットワークなどで相互に情報をやりとりする仕組みを指します。
M2Mの主な目的は、機械の情報を収集し、ある機械が別の機械をコントロールすることです。つまり、あくまでM2Mは機械と機械の間の制御を指します。
一方でIoTはより高度な概念となり、データの蓄積や分析、可視化なども含まれます。さらにIoTでは、データ分析結果をもとにした機器制御の精度向上やモノの遠隔操作なども可能です。

IoTが注目されている理由

IoTが近年注目を集めている理由は、主に以下の3点が挙げられます。

・IoT導入コストの低下
・機器のスリム化や軽量化
・スマートフォンの普及


技術進歩によりセンサーや通信チップが安価になったことで、IoT導入コストが低下しました。コスト低下によって、多くの企業や消費者がIoT製品を入手できる環境になっています。
また、センサーや通信チップは、性能を維持しつつスリム化や軽量化が進んでいます。それにより、スマートウォッチなど小さい機器にもIoT化が浸透しました。
スマートフォンの普及もIoTが注目を集めている大きな理由といえるでしょう。スマートフォンを介して、ペットカメラなどのIoT機器の操作やモニタリングが簡単に行えます。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるシステム開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

【業種別】IoTの活用事例3選

ここでは、IoTの活用事例について業種別に3つ紹介します。

医療業界「ベッドサイドケア情報統合システム」の場合

医療業界におけるIoTでは、ウェアラブルデバイスの活用が注目されており、代表的な事例として「ベッドサイドケア情報統合システム」があります。
「ベッドサイドケア情報統合システム」は、パラマウントベッドが開発したスマートベッドシステムです。ベッドにセンサー端末を配置し、呼吸数や心拍数など患者のさまざまなデータを収集します。収集したデータはスタッフ間でリアルタイムに共有でき、異常があった際は迅速に検知可能。
医療業界でIoTを活用することで、患者の安心・安全なケアに貢献しています。

・出典:パラマウントベッド株式会社 スマートベッドシステム https://www.paramount.co.jp/sbs/index.html

製造業「工場IoTネットワーク・セキュリティ」の場合

製造業界では、IoTを活用することで製造現場の作業効率化や生産性向上を実現しています。例えば、富士通の「工場IoTネットワーク・セキュリティ」の事例が代表的です。
富士通は、工場現場のネットワークやセキュリティの課題に対して、IoTを使って解決するサービスを提供しています。サーバーだけでなく生産設備やIoT機器、セキュリティ製品も含めてIoT接続することで、工場全体の稼働状況の可視化や安全な監視が可能です。
稼働状況のリアルタイム監視や迅速な改善活動によって、ネットワークの安定稼働や工場現場の生産性向上を図れるでしょう。

・出典:富士通株式会社 工場IoTネットワーク・セキュリティ https://www.fujitsu.com/jp/solutions/business-technology/iot/factory-iot/

物流業界「自動倉庫システム」の場合

物流業界では、ECサイト市場の拡大によって配送の頻度や量が急増している課題に対し、IoTを活用した解決を図っています。例えば、NECでは流通業で展開する「自動倉庫システム」に独自のIoT技術「SDN」を導入。
ソフトウェア「SDN」でネットワークを制御する技術を活用し、リアルタイムな物流を実現。SDNを活用することで、カメラやセンサーなどのIoT機器の通信に影響を与えずにネットワークを制御できます。
今後IoTの通信量が増えていった場合でも、通信遅延を起こさずにネットワークの通信状況を可視化し、トラブル時の迅速な原因究明や対策が可能です。

・出典:日本電気株式会社(NEC) 「リアルタイムな物流を支える「自動倉庫システム」IoTによる次の進化を見据えてSDNを採用」 https://jpn.nec.com/case/muratec/index.html

IoTシステム開発を依頼する際の注意点

IoTシステムを構築することで、業務効率化や迅速な意思決定に大きく役立ちます。ただし、IoTシステムを自社だけで開発することは容易ではないでしょう。
そこで、IoTシステム開発は、開発を得意としている会社に外注することをおすすめします。外注の際は、以下の2点に注意が必要です。

・十分な開発実績がある外注先を選ぶこと
・外注先を選ぶ際は、1社ではなく複数社を比較して相見積もりを行うこと


まず、IoTシステム開発を外注する際は、十分な開発実績のある会社を選びましょう。実績の不十分な会社に依頼した場合、期待通りのシステムが納品されずにコストだけがかさんでしまう可能性があります。
また、できるだけ妥当なコストで依頼するには、複数社を比較して相見積もりを行うようにしましょう。

システム開発の費用相場

つづいては、システム開発を外注した際にかかる費用相場をご紹介します。

システム開発の平均相場
システム開発の平均相場 233万円~
システム開発の種類別平均相場
システム開発の種類 費用相場
簡易顧客システム 20万円~
Webシステム 130万円~
業務システム 400万円~

システム開発の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】IoTシステムの相談はシステム開発会社へ

IoTシステムは、IoT(モノのインターネット)を活用する仕組みであり、さまざまな機器からのデータ収集や可視化、迅速な判断を実現します。ただし、IoTシステムを自社で開発するのは容易ではありません。
自社にノウハウがなくとも、十分な開発実績のあるシステム開発会社であれば、安心して依頼できるでしょう。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うシステム開発会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
IoTシステムに強いシステム開発会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
システム開発の平均費用と料金相場|早見表つき

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するシステム開発会社一覧