Java、PHP、Perl、Rubyどれが良い?システム開発におけるプログラミング言語の特徴まとめ

四角形を指差す人

更新日:2017年10月26日 | 公開日:2014年11月14日

プログラミング言語はそれぞれに向いている分野や使用されている用途が変わってきます。
自身が本当に学ぶべき言語はどれなのか、今後はどの言語が主流となっていくのかなど、気になることは多々あるかとおもいます。
今回は現在もよく使われているプログラミング言語の特徴についてまとめてみました。

Java

java

元々アメリカのベル研究所で開発されたC言語を元に改良された言語がJavaになります。
比較的古い言語でありますが、家電製品、Web開発を中心に広く使用されており、Web系を代表するプログラミング言語と言えます。
Javaの市場シェアは他と比べ圧倒的に高く、プログラミング経験者数でも堂々の第1位に長年君臨しています。
近年はAndroid(アンドロイド)アプリなどを開発するニーズも増えてきており、再度利用者は増えているようですね。

PHP

php

Javaと同じくコンピューター言語でありますが、PHPはWebのために開発された言語として生まれました。
コンピューターによる出力をより手軽に出力可能で、簡単なWebページ作成から本格的なWebシステム作成まで、比較的簡単に習得できることから人気となっている言語です。
多くのサイトでPHPが活用されています。
HTMLやJavaScriptと合わせて活用されることが多いでしょう。
プログラマーの習得ランキングではJavaに次いで第2位となっています。

Perl

perl

テキスト加工が得意なプログラミング言語です。
プログラミングがテキストベースなので作成や修正が簡単にできると言われています。
PHPが出てくるまでは、フリーソフトとして誰でも利用できたこともあり、CGI用の言語として主流でした。
それ以降、改良版にあたるPHPの登場によってPerlを選択する意味は薄れています。
PHPに押されて市場での地位も実際下がってきています。

Ruby

Ruby

RubyはJavaに取って代わるのではと注目されているプログラミング言語です。
Javaとの大きな共通点の1つとして、「オブジェクト指向言語である」ことが挙げられます。
コンパイルといった面倒な手続きなしに、簡単に使えるスクリプト言語です。
又、Javaとのプログラミング体系が近いこともあり、Java利用者にとって習得がしやすい言語と言えます。
プログラマーの中でも5~10%の普及率ですが、近年人気が高まっており利用者が増えています。
大手インターネット企業などでも導入が進んでいるようです。

【まとめ】それぞれのプログラミング言語を比較してみると

最も広く使われているJavaが有利ですが、多言語への置換えも実際始まっています。
PHP, Perl, Rubyがそれらの候補として上がっており、汎用性とJava利用者との相性の良さから,今後はRubyが主流になるものと思われます。

依然としてJavaはプログラミング言語として市場地位は高いですが、今後主流になるのはRubyと考えられます。
その理由としてJavaとRubyの言語体系が非常に似ているためです。
Java利用者がRubyを習得するのは比較的容易く、この流れが加速すればRubyがJavaに取って代わる時代もそう先ではないかもしれません。

「アイミツ」では、あなたに合ったjavaやRubyの優良開発業者を選定し、担当のコンシェルジュがご紹介いたします。
ぜひ、お気軽にご相談ください。お待ちしております。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ