Java、PHP、Perl、Rubyどれが良い?システム開発におけるプログラミング言語の特徴まとめ

更新日:2017年02月22日 | 公開日:2014年11月14日

この記事を読むための時間: 3分

プログラミング言語はそれぞれに向いている分野や使用されている用途が変わってきます。自身が本当に学ぶべき言語はどれなのか、今後はどの言語が主流となっていくのかなど、気になることは多々あるかとおもいます。今回は現在もよく使われているプログラミング言語の特徴についてまとめてみました。

Java

PHP

Perl

Ruby

【まとめ】それぞれのプログラミング言語を比較してみると

最も広く使われているJavaが有利ですが、多言語への置換えも実際始まっています。PHP, Perl, Rubyがそれらの候補として上がっており、汎用性とJava利用者との相性の良さから今後はRubyが主流になるものと思われます。

依然としてJavaはプログラミング言語として市場地位は高いですが、今後主流になるのはRubyと考えられます。その理由としてJavaとRubyの言語体系が非常に似ているためです。Java利用者がRubyを習得するのは比較的容易く、この流れが加速すればRubyがJavaに取って代わる時代もそう先ではないかもしれません。

「アイミツ」では、あなたに合ったjavaやRubyの優良開発業者を選定し、担当のコンシェルジュがご紹介いたします。ぜひ、お気軽にご相談ください。お待ちしております。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください