無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年3月22日
更新日:2022年3月22日

IT人材のPMとは?役割やPMOとの違いも徹底解説!【2022年最新版】

プロジェクトマネージャー(PM)はIT企業において業務や人材の管理を行うのに重要な役割を果たす責任者です。しかし実際にどのような業務を行っているかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、営業・バックオフィスなど、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、IT人材のPMの役割や仕事内容を詳しくご紹介!必要なスキルや、PMOとの違いも詳しく解説していきます。

【関連ページ】
システム開発にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にシステム開発会社をお探しいただけます。
システム開発の平均費用と料金相場|早見表つき【2022保存版】
システム開発会社一覧

IT人材として欠かせないPMとは

ではさっそく、IT人材のPMの主な役割や仕事内容、求められるスキルについて紹介します。主な業務としてはIT企業における業務や人材の管理などが挙げられます。では詳しく見ていきましょう。

PMの役割

プロジェクトマネージャー(PM)は、名前の通りプロジェクト全体に関わる業務や人事を管理・監督する役割があります。通常プロジェクトにはさまざまな業務が存在しているため、業務間で問題が生じ、プロジェクトの進行が妨げられないようPMがプロジェクト全体を見渡し指揮を取ります。
またこのほかにも、企業としてそのプロジェクトでどのように利益を上げられるかを考え、それを進行に反映させるのも重要な役割です。ただし、利益を重視しすぎるとプロジェクトのメンバーに負担を強いることになりかねず、生産性が落ちる恐れもあるため、そのバランスを上手く調整するかじ取り役としてプロジェクトを支える必要があります。

IT人材のPMの仕事内容

IT企業におけるPMの仕事内容としては、企画・条件の洗い出し・チーム編成・マネジメント・報告があります。ここからは具体的に解説します。

・企画
プロジェクトの立ち上げにあたり、クライアントの希望に合わせどのようなシステムを開発し、それにどの程度の期間や予算、人員をつぎ込むかなど、プロジェクトのアウトラインを作成します。

・条件の洗い出し
次にどの作業にどの程度の時間を割くかなどスケジュールを具体的にし、人員に対して必要な機器やスペースの手配、予算の割り振りなどを行います。またこれらをまとめた設計書や計画書を作成し全体に共有します。

・チーム編成
プロジェクトに必要なスキルを持った人員を集めチームを編成。事前に不明点などを解消しながら具体的な仕事内容を伝えます。

・マネジメント
クライアントからの変更要望の共有、トラブルが起こった場合の原因の突き止めと対処など、円滑に進行するよう指揮を行います。

・報告
プロジェクト完了後は自体の評価を行い、今後の課題や改善点、発生した問題への対策などをまとめた報告書を作成し提出します。

IT人材のPMに求められるスキル

IT人材のPMに必要なスキルは、視野の広さ、問題解決力、コミュニケーション能力、開発スキルなどです。広い視野があれば多くの人数を抱えるプロジェクト内部はもちろん、開発に直接携わらない外部にも目を向けることができ、トラブルがあった場合も素早く対応できます。また問題が起こった場合は焦らず冷静に分析しプロジェクトの進行に影響が出ないよう対処する能力も必要です。さらに、プロジェクトを円滑に進行するために、メンバーとのコミュニケーションが必要なのはもちろん、メンバーの負担とクライアントの利益のバランスを調整するため、コミュニケーションを図りながら、角を立てずに双方の主張をうまく取り入れなければなりません。もちろん、プロジェクトに関わる以上、その開発に必要な知識や技術も理解しなければならないため、非常に幅広い能力が求められるポジションと言えるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるシステム開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

PMとPMOの違い

PMOはProject Management Officeの略で、プロジェクトマネジメントを支援する部門や組織を意味します。プロジェクトを管理するのはPMですが、プロジェクトの規模が大きければ1人では管理しきれないためPMOが活動の支援を行います。PMとPMOの大きな違いは役割です。PMはプロジェクトの総責任者であり、プロジェクトの重要な部分を決定し全体のマネジメントを行います。一方でPMOはPMがプロジェクトに対して正しい決定をできるよう、またプロジェクトがスムーズに進行できるよう、さまざまな業務を担当します。PMでは行き届かないようなところまで把握・管理することが重要であるため、PM以上に幅広いスキルが必要となるでしょう。

システム開発におけるPMの重要性

IT企業の中でも特にシステム開発は、数ヵ月や数年など長い期間をかけて行われるケースが多く、入念な事前準備や進捗管理が必要不可欠です。これらを担当するのがPMであり、クライアントからの要求を、工期・予算・人員といった制約のある中で達成し、実行させるためPMの役割が非常に重要となってきます。例えば優秀なPMがプロジェクトの責任者となった場合、念入りにプロジェクトの計画が練られるため、認識のずれや対応の抜け、伝達ミスなどを減らすことが可能です。これにより品質の低下や納期の遅れなどのリスクを未然に防げるため、プロジェクトを成功させる可能性も高くなります。特に規模が大きなプロジェクトに関しては関わる人数が増加し、期間も長期化しやすいため、よりマネジメントの重要性が高まるでしょう。

まとめ

本記事ではIT人材のPMの役割や仕事内容などについて紹介しました。IT人材のPMはプロジェクトを円滑に進めて利益を上げる役割があり、特に期間が長くなりやすいシステム開発ではプロジェクトを円滑に進めるための重要なポジションと言えるでしょう。
なお、アイミツではシステム開発会社の情報を多数保有しており、無料で一括見積もりを承っております。そのほかシステム開発会社への依頼で困りごと・悩みのある方もぜひ「アイミツ」へお問い合わせください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
システム開発会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
システム開発の平均費用と料金相場|早見表つき【2022保存版】

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!