無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年3月25日
更新日:2022年3月25日

IT開発とは?基本的な工程や種類などを解説【2022年最新版】

IT開発(システム開発)では、ITの力を用いて企業が抱える課題解決や目標達成に役立つ仕組み作りを実現できます。そこでこの記事では、システム開発会社・アプリ開発会社など、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、IT開発の種類、開発の流れ、開発方法、開発方法の選び方などを分かりやすく解説します。

【関連ページ】
IT開発にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にシステム開発会社をお探しいただけます。
システム開発の平均費用と料金相場|早見表つき
システム開発会社一覧

IT開発とは

IT開発(システム開発)とは、企業が抱える課題解決や目標達成に役立つ「仕組み」を作ることです。どのような企業でも「業務効率化を図りたい」「無駄なコストを削減したい」「ヒューマンエラーを削減したい」「新しい事業を始めたい」といった課題や目標を抱えているものですが、こうしたニーズをITを用いて実現させるための仕組み作りだと考えれば分かりやすいかもしれません。もちろん企業によってニーズは異なりますし、業務のルーティーンや規模・労働環境も千差万別ですから、IT開発では自社の課題や目標を明確化したうえで、そのためにはどのような仕組みが必要であるかを検討することが大切です。

IT開発の基本的な流れ

IT開発(システム開発)の基本的な流れ、各工程の内容を解説します。

1.要件定義:企業のニーズに基づき、システムにどのような要素を盛り込むのか明確化。実現のために必要な予算・人員・期間などの計画を立てる。
2.外部・内部設計:システムのハードウェアや操作画面などの外部設計、内部的な処理に関する設計を行う。
3.プログラミング:内部設計をもとにプログラムを作成。
4.テスト:作成したプログラムやシステムが正常に作動するかのテストを複数の工程に分けて実施する
5.リリース(納品):システムをユーザーに引き渡す(実際の稼働環境へ移す)。
6.運用・サポート:問題なく運用できるよう、運用開始後も継続的にサポートする

IT開発の種類

IT開発(システム開発)には複数の手法があります。ここでは代表的なIT開発の種類を6つ紹介します。

ウォーターホール型

ウォーターフォール型とは、前述の「IT開発の流れ」に沿って、各工程を順番に進めながら開発していく手法です。上流工程から下流工程へと滝のように水が流れることから、この名称が付けられたといわれています。「ひとつの工程が完了すると次の工程に取り掛かる」というシンプルな開発手法であり、ひとつの工程が完了して次の工程に移った場合、原則、前の工程に戻って修正はできないのが大きな特徴です。

プロトタイピング型

「プロトタイプ=試作機」の言葉が示すとおり、プロトタイプ型のIT開発では試作機完成までをスピーディに行い、試作機を用いて検証や修正などを繰り返しながらシステムを作り上げていきます。大きな特徴は、試作機を早めに完成させることで依頼者のチェックを受けながら、二人三脚で開発を進めていく点。依頼者と開発者の「ズレ」を最小限に抑えながら、ニーズに合わせて柔軟に仕様変更できるメリットがあります。

アジャイル型

アジャイル型開発は、「素早い」という意味が示すとおり、スピード重視型の開発手法です。とにかくスピード・効率を重視した手法であるため、ウォーターフォール型のように完了した工程に後戻りできないような縛りもなく、依頼者と連携しながら柔軟に機能の追加や仕様変更を進めることが可能です。依頼者は成果物を確認しながら自社のニーズをこまめに反映できるだけでなく、開発途中の変更・修正にも対応できるため、初期のビジョンがあいまいな場合にも適した手法です。

スパイラル型

スパイラル型は、工程が完了するごとに依頼者に共有し、「要件定義~顧客確認」までを繰り返しながら開発を進めていく手法です。依頼者は工程ごとに使用感や要望とのズレをチェックしていくため、段階的に完成品のイメージを具現化できるメリットがあります。また、開発者側としては、顧客からのフィードバックをこまめに得ることで無駄な時間やコストを削減しつつ、依頼者とのズレが少ないシステムを完成させられるメリットがあります。

MVCモデル

MVCモデルは、Webアプリケーションやシステム開発のために必要な機能が用意された骨組みを意味する「Webフレームワーク」で一般的に取り入れられている概念です。MVCは開発手法というより、アプリケーション設計の際に「機能(役割)別にプログラムを分けて記述する」考え方であり、開発をスムーズに進めるためのベースとなります。複数人が携わるIT開発では、このMVCモデルを用いることで作業の効率化や品質向上を図れるメリットがあります。

DevOps(デブオプス)

Development(開発)・Operations(運用)を組み合わせたDevOpsは、開発・運用チームが協力しながら開発を進める考え方・仕組みです。IT開発では、制作の過程で開発担当者と運用担当者の間で方向性、考え方などにおいて対立が生じてしまう問題がよく起こりますが、この問題解決のために生まれたのがDevOpsです。それぞれのチームが連携しながら作業を進めることで、対立を回避しながらスピーディに開発を進められるメリットがあります。

IT開発方法の選び方

前述のとおり、IT開発にはさまざまな手法・仕組み・考え方が存在しています。しかしながら、これだけ種類が多いと「どの開発方法を選べば良いのか?」と悩んでしまう方も多いでしょう。実際、どの開発方法にもメリット・デメリットはありますので、「どのようなIT開発でもこの方法がベスト」とは断言できません。大切なのは、開発方法ごとの特徴、メリット・デメリット、費用、スピードなどを把握し、自社が開発したいシステムの内容や目的に合わせて相性の良いものを選ぶことです。とはいえ、専門的なノウハウなしで適切な選択を下すのは難しいですから、システム開発会社をはじめとした専門家のアドバイスやサポートを受けるのが結果的には近道となります。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるシステム開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

まとめ

IT開発(システム開発)では、目的やニーズに合わせて使い分けられる開発方法が複数用意されています。自社にとってベストな開発方法を見出すには、やはりシステム開発会社などの専門家のサポートを受けるのがおすすめです。アイミツでは、お客様のお悩みや要望を踏まえて相性の良い会社を紹介可能なだけでなく、会社選びに役立つ一括見積り・一括資料請求を随時受け付けていますので、興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
システム開発会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
システム開発の平均費用と料金相場|早見表つき

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!