無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年3月30日
更新日:2022年3月30日

ホームページ集客のポイントを解説!集客できる・できないの分かれ目は?【2022年最新版】

ホームページ集客のコツは、ターゲットのニーズに沿った情報を、わかりやすく記載すること。加えて、定期的にサイトを更新して常に最新の情報を発信することも重要です。この記事では、ホームページ制作やWebマーケティングなど、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、ホームページ集客のコツや集客方法を詳しく解説します。

【関連ページ】
ホームページ制作にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。

ホームページ作成費用と相場|料金早見表つき
Webマーケティング・集客に強いホームページ制作会社一覧

ホームページに集客するためのコツ5選

ホームページによる集客を成功させるには、コツを押さえてサイトを構築する必要があります。5つのコツをご紹介しましょう。

1-1.ターゲットを明確にする

ターゲットが曖昧な状態でサイトを制作しても、集客効果の高いホームページを作成することはできません。ターゲットは、自社の商品やサービスに関心の高いユーザーに設定しましょう。

SEO対策を受注したいのであれば、ネットでの集客を強化したい企業のWeb担当者やマーケターが有望なターゲットとして挙げられます。ターゲットを設定する際は、年齢や役職、所属している会社の規模など、可能な限り具体的に設定しましょう。

1-2.集客目標の数値を設定する

資料請求や予約など、ホームページの目的の達成度を測定するために、集客目標を数値で設定しましょう。「月間の資料請求数を50%アップ」「夏季の予約を50件獲得する」など、具体的な数値目標を設定しておけば実績とのギャップを明確化できます。

数値をもとにユーザーの動向を分析することで、「検索流入を増やす」「広告のパフォーマンスを改善する」など、具体的な施策を検討しやすくなるでしょう。

1-3.ユーザーがほしい情報をわかりやすく提示する

アクセスしたホームページに求めている情報が記載されていなければ、ユーザーは離脱してしまいます。ユーザーの離脱を防ぐには、ターゲットのニーズに合わせたコンテンツを用意しておく必要があります。

ニーズを満たす情報が記載されていたとしても、内容が整理されていないと成約につながらない可能性も。レイアウトやデザインは、ユーザーの利便性を最優先に決めなければなりません。

1-4.定期的に更新することを怠らない

ホームページをネット上に公開しても、すぐに集客できるとは限りません。現在では、多くの企業がホームページを運営しており、競争が激しい分野では自社のWebサイトが他社のサイトに埋もれてしまう可能性もあります。

集客効果の高いホームページを作成するには、公開後もアクセス解析ツールなどを活用して、ユーザーの動向をチェックしながら、定期的にサイトを改善することが重要です。

1-5.同業他社のホームページを調査・分析する

サイトに改善を加える場合や新規のホームページを立ち上げる際は、同業他社のホームページをチェックしましょう。集客に成功している他社のホームページには、集客のノウハウが詰め込まれています。複数の競合他社のホームページを調査・分析すれば、共通点が見つかるはずです。

分析の結果を自社のホームページに取り入れれば、上位表示される可能性を高められます。上位表示を狙うキーワードで高い順位を獲得しているサイトは、必ずチェックしておきましょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ホームページを活用した集客の方法

ホームページのアクセス数を増やすには、適切な集客方法を選ぶ必要があります。主な集客方法を5つご紹介しましょう。

2-1.SEOの実施

SEO(検索エンジン最適化)は、検索エンジンを活用した集客手法です。検索結果ページの順位が高いホームページほど、より多くのアクセスを集められます。SEOは、自社サイトの検索順位をアップさせるための施策です。

SEOには費用対効果が高いメリットがある一方で、専門的な知識が求められる上に、即効性が低いデメリットも。はじめてSEOに取り組む際は、プロに任せた方がよいでしょう。

2-2.SNSアカウントでの誘導

SNSの特徴は、ターゲットとコミュニケーションを取れる、自社の情報を多くの人に届けられる点です。ユーザーとコミュニケーションをとりながら適切に情報を発信すれば、ターゲットとの信頼関係を構築できるでしょう。

ユーザーに有益な情報を提供することで、SNS上で投稿がシェアされ、多くの人に自社や商品を知ってもらえる可能性もあります。SNSアカウントをうまく運用できれば、SNS経由でホームページへのアクセスを増やせるでしょう。

2-3.メルマガ・LINE公式アカウントからの誘導

メルマガ・LINEもホームページへの集客に活用できます。自社のメルマガやLINE公式アカウントに登録している人たちは、自社商品への関心が高いユーザーです。セール情報やキャンペーンを告知すれば、ホームページへ集客できる可能性があります。

LINEでは、ユーザーと個別にコミュニケーションを取ることもできるので、見込み客や既存ユーザーとの信頼関係構築にも活用できるでしょう。

2-4.ネット広告の活用

検索流入が少ないサイトへの集客方法として、ネット広告は有効な手段です。特に新規のホームページを公開した直後は、検索流入はほとんど期待できません。検索エンジンに新規サイトが登録されるまでには、時間がかかるのです。

ネット広告を利用すれば、運用を開始して間もないサイトでも集客できます。新規ホームページの集客では、即効性の高いネット広告とSEOを組み合わせて集客するケースも少なくありません。

2-4.CM・チラシなどの活用

CMやチラシなどのオフラインの媒体もホームページの集客に利用できます。CMやチラシにホームページのURLやQRを記載・表示すれば、ネットだけでは集客が難しい客層へのアプローチが可能に。

総務省の「情報利用動向調査」では、60歳以上のネット利用者はほかの年代と比較して、買い物目的でネットを利用する割合が低いことが示されています。60歳以上のユーザーをECサイトへ集客したい場合は、CMやチラシの活用も検討してみるとよいでしょう。

参照元:総務省ホームページ(https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r02/html/nd252120.html)

集客できないホームページはコツを押さえていない

集客できないホームページは、先に紹介したコツを押さえられていないケースが多いです。ホームページ制作においてデザインの効果は軽視できません。見た目ばかりを重視して、ユーザーの利便性を犠牲にしたデザインは、動線がわかりにくく、成果につながりにくいです。

目標を数値で管理していなければ、有効な施策を見つけられずに、思うように集客できない可能性も。ユーザーの動向をチェックして、定期的に情報を更新しましょう。

【まとめ】ホームページの集客を依頼するならホームページ制作会社へ

ホームページ集客のコツをご紹介しました。自社にノウハウがなくとも、ホームページ集客の実績があるネット広告会社であれば、安心して依頼できるでしょう。アイミツではご要望を伺った上で、ホームページの集客に強いネット広告会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
Webマーケティング・集客に強いホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ホームページ作成費用と相場|料金早見表つき

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!