無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年5月24日
更新日:2022年5月24日

モール型ECサイトのメリットは?│費用、自社ECとの違いも【2022年最新版】

モール型ECサイトを利用すれば、比較的低コストでECサイトを構築できます。この記事では、ホームページ制作など、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、モール型ECサイトを利用するメリットを解説!費用や自社ECサイトとの違いも詳しく解説するので、ぜひご覧ください。

【関連ページ】
モール型ECにかかる費用・相場感や、あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。
ECサイト制作の費用・相場
ECサイトに強いホームページ制作会社一覧

モール型ECサイトとは

モール型ECサイトとは、さまざまな販売事業者・ネットショップが1つのサイトに集まったショッピングモールのようなECサイトです。出店するECサイトによって違いはありますが、販売事業者はECサイト運営者に対し、月額料金や売り上げの一部を手数料として支払います。
独自店舗型のECサイトとは異なり、システムの運営はサイト運営者が実施するので、販売事業者はマーケティングや販売業務に専念できるでしょう。

モール型ECサイトのメリット・デメリット

モール型ECサイトには、集客の難易度が低い、ユーザーの信頼を得やすいなどのメリットがあります。一方で、手数料などのコストがかかるデメリットも。モール型ECサイトを利用するメリット・デメリットを解説します。

モール型ECサイトのメリット

モール型ECサイトを利用してネットショップを出店するメリットは、集客力の高さにあります。自社ECサイトを運営する場合、すべて自力で集客しなければなりません。モール型ECサイトでは、サイト運営者が集客してくれるので、小さな労力で見込み客を集められます。
知名度が高いモール型ECサイトであれば、ユーザーからの信頼を得やすいメリットも。加えて、一からECサイトを構築するよりも低コストでサイトを作成できます。

モール型ECサイトのデメリット

メリットの多いモール型ECサイトですが、もちろんデメリットもあります。モール型ECサイトで買い物したユーザーは、個別のショップで購入したというよりも、モールで購入したという感覚を持つ人が多いです。そのため、自社のショップがユーザーの印象に残りにくい傾向にあります。
また、先にご紹介したように、モール型ECサイトではサイト運営者に月額料金や手数料などを支払わなければなりません。コストを抑えるためにも、定期的に料金プランを見直す必要があります。

モール型ECサイトと自社構築型ECサイトはどう選ぶ?

モール型ECサイトと自社構築型ECサイトのどちらを選ぶべきか、迷っている方も多いのではないでしょうか。どちらでECサイトを構築すべきか検討する際は、販売する商品や販売戦略に合わせて決めましょう。
消耗品などの類似品が多い商品を販売する場合、モール型を利用すると多くのユーザーにリーチできます。自社の商品をブランド化したい場合は、自社構築型を検討するとよいでしょう。
ただし自社構築型は、会社や商品の知名度が低い状態では、なかなか集客できません。最初はモール型でリピーターを増やし、徐々に自社構築型へシフトしていくとよいでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

モール型ECサイトの種類と例

モール型ECサイトは、マーケットプレイス型とテナント型、統合管理型の3種類に分けられます。それぞれに特徴があるので、違いを理解しておきましょう。モール型ECサイトの種類と具体例をご紹介します。

マーケットプレイス型

マーケットプレイス型とは、モール内にネットショップを個別に開設するのではなく、商品だけをECサイトに出品するタイプのモール型ECサイトです。代表的なマーケットプレイス型ECサイトとして、「Amazon」が挙げられます。
マーケットプレイス型は無料で出品できるサービスが多い一方、商品が売れた時に手数料がかかります。商品管理はモール側が代行するので、手間をかけずにネットで商品を販売したい場合におすすめです。

テナント型

テナント型とは、モール内に販売事業者がそれぞれショップを開設するタイプのモール型ECサイトです。代表的なテナント型ECサイトとして、「楽天市場」が挙げられます。
テナント型ECサイトでは販売事業者ごとにショップページを作成するので、モール内での差別化も可能です。一方で、月額料金などの一定の固定費がかかるため、売り上げがなくてもコストがかかります。テナント型は、手軽に自社ECサイトを構築したい方におすすめです。

統合管理型

統合管理型とは、同じ会社が複数のネットショップを統合して運営するECサイトです。販売事業者が運営するモール型ECサイト内に、同じ事業者のブランド・ショップを複数出店するのが統合管理型。統合管理型ECサイトでは、ふるさと納税サイト「さとふる」が有名です。
統合管理型では、複数のECサイトを一括管理できます。複数のブランドを展開している場合は、統合管理型を検討するとよいでしょう。

モール型ECサイト構築の費用と料金相場

モール型ECサイトを構築する場合、無料~10万円前後の費用がかかります。
マーケットプレイス型のような初期費用が無料サービスでは、成約・販売手数料がかかるのが一般的なので注意しましょう。手数料の料金体系はECサイトごとに異なります。例えば、Amazonに出品する場合、月額登録料または基本成約料、そして販売手数料が必要です。販売手数料は商品のジャンル別に、8~45%に設定されています。
テナント型のサービスでは、月額料金がかかるケースが多いです。楽天市場へ出店する場合は、月額料金が1万9,500~10万円ほどかかります。加えて、月間の売り上げに対して2~5.5%のシステム手数料も必要です。プランを選ぶ際は、事前にコストのシミュレーションをしておいた方がよいでしょう。

ECサイト構築で悩んだらプロに相談

モール型ECサイトは、自社構築型ECサイトと比べると集客の難易度が低いです。しかしモール内での競争があるため、他社といかに差別化を図るのか、しっかり戦略を立てなければなりません。
初めてECサイトを構築する際は、プロへ依頼することをおすすめします。成果を重視するのであれば、ECサイト構築の実績が豊富なホームページ制作会社へ外注した方がよいでしょう。「アイミツ」では、ECサイトの発注先探しをサポートしています。

まとめ

モール型ECサイトのメリットや費用について解説しました。同じモール型ECサイトでも種類によって特徴が異なるため、自社のニーズに合わせたモールを選ぶことが重要です。
法人向け一括見積りサービス「アイミツ」では、ECサイト構築に強いホームページ制作を無料でご紹介しています。ご希望条件を満たす会社から一括見積りが可能で、手間をかけずにECサイトの発注先を見つけられます。ECサイトの構築を検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ECサイトに強いホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ECサイト制作の費用・相場

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!