無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年5月24日
更新日:2022年5月24日

売れるデザイン例を紹介!意識すべきポイントも解説【2022年最新版】

ビジネスでホームページを活用するからには「売れるデザイン」にしたいと考えているものの、具体的にどんなデザインにすべきかはわからないという方も多いのではないでしょうか。
この記事では、ホームページ制作をはじめとする幅広い分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、売れるデザインの例や意識すべきポイント、売れないデザインとの違いなどを詳しく解説していきます。

【関連ページ】
ホームページ作成にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。
ホームページ作成費用と相場|料金早見表つき【2022年保存版】
デザイン性の高いWebサイト制作が可能なホームページ制作会社一覧

売れるデザインと売れないデザインの違い

Webサイトのデザインはユーザーへメッセージを伝えるのはもちろん、操作性も左右する重要な要素ですが「売れるデザイン」はどんなものなのでしょうか。「売れないデザイン」との違いとあわせて解説します。

売れるデザイン

売れるデザインとは、ユーザーが迷うことなく操作でき、行動を促せるようなデザインです。Webサイトの使い勝手が悪くては、ユーザーは短時間で離脱してしまいます。コンバージョンへつなげるためにも、Webサイトのデザインはユーザビリティにも配慮しなければなりません。
もちろん、商品・サービスの魅力をしっかりとアピールするのも大切な要素。ブランドや商品・サービスのイメージや販売戦略などさまざまな要素を踏まえて総合的に判断する必要があります。

売れないデザイン

売れないデザインに該当するのは、ユーザビリティへの配慮に欠けているデザインです。操作方法のわかりにくいデザインのWebサイトでは、ユーザーはストレスを抱えてしまいます。Webサイト内での移動がスムーズに行えなければ、問い合わせや購入といったコンバージョンへつなげるのは困難です。
ブランドや商品・サービスのイメージによっては、見栄えを重視したデザインが適していることもありますが、理由もなく見た目だけにこだわったデザインを採用するのは避けるのが無難でしょう。

売れるデザインで意識すべきポイント

Webサイトを訪れたユーザーはファーストビューでコンテンツの価値を判断する傾向にあるため、ひと目で理解できるように情報を整理しておくことが大切です。反対に言えば、ファーストビューでユーザーの関心を引けなければ離脱につながってしまいます。
Webサイトを閲覧する際のユーザーの視線は、左上から右上、左下、右下の順で移動するとされています。左上にユーザーの関心を引けるようなものを配置し、右下にCTAを設置すると操作がスムーズになるため、コンバージョン率の向上が期待できます。また、大半のユーザーはコンテンツをすみずみまで読んでいるわけではないので、流し読みであっても内容が理解できるような構成にすることも大切です。

ダサいデザインが売れる?

おしゃれでスタイリッシュなデザインよりも、ダサいデザインの方が売れやすいと言われています。人間は3秒以内に「どんな商品なのか」を認識できないものを購入しない傾向にあるとされているため、見た目が洗練されているか否かよりも一瞬で内容が伝わるデザインを採用することが大切なのです。
たとえば英字をデザインに取り入れると洗練した雰囲気を演出できますが、英語を母国語としない日本人がそのデザインを一瞬で認識するのは簡単ではありません。成果を重視するのなら、多少ダサくてもひと目で「どんなWebサイト・商品なのか」を理解できるデザインにするのが得策でしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

【タイプ別】売れるデザインのポイント

ひとくちに売れるデザインと行っても、デザインの対象となるWebサイトによって意識すべきポイントは異なります。ここからは、ECサイトとランディングページ、パッケージの売れるデザインについて解説していきます。

ECサイトの売れるデザイン

売れるECサイトを制作するには、情報が整理されたシンプルなデザインを採用することが大切です。ユーザーが商品を購入するのに必要な情報のみを掲載し、わかりやすい商品ページに仕上げましょう。
ECサイトでは導線の設計も重要なポイントの1つ。スムーズに購入手続きに進めなければ、ユーザーは商品をカートに入れたまま途中離脱してしまう可能性があります。可能な限り少ないステップで購入できるような設計と、わかりやすいデザインを意識しましょう。

ランディングページの売れるデザイン

ネット広告からランディングページを訪れたユーザーの大半は、文字を読まないと言われています。そのため、ランディングページでは視覚的に訴求できるデザインが重要です。ファーストビューの印象によってユーザーの印象や行動が大きく左右されると考えられるため、ファーストビューには画像とキャッチコピー、CTAを設置するのがおすすめ。また、ユーザーの混乱を避けるために広告バナーとランディングページのデザインを統一しておくのもポイントでしょう。

パッケージの売れるデザイン

目立たないデザインをパッケージに採用した場合は、ユーザーが自社の商品を認識するのは難しいでしょう。商品を手に取ってもらうためには、他社製品のパッケージと差別化を図る必要があります。一方で、商品のジャンルや特徴に合わせたデザインにするというのも大切な要素。たとえば、飲料品のパッケージにもかかわらず、デザインが洗剤のようではユーザーの購入につなげるのはコナンです。商品ジャンルのデザインの特性を残しつつも、差別化できるような要素を加えることが大切です。

売れるデザインにしたい場合はプロに依頼するのも一つの手

売れるデザインの実現には考慮すべき要素が多く、経験やノウハウが求められる場面が多いのも事実です。デザインの知識や経験のない人が、はじめから売れるデザインを作成するのは不可能に近いと言えるでしょう。
ECサイトやランディングページなどに売れるデザインを取り入れ、売り上げの増加を図りたいのなら、信頼できるプロへの依頼がおすすめです。実績あるホームページ制作会社に巡り合えれば、商品・サービスの特性や目的にあわせたデザインを提案してもらえるのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、「売れるデザイン」の例や意識すべきポイントを解説しました。デザインに配慮したECサイトやランディングページは、リソースがあれば社内での制作も可能です。しかし、専門的な知識や技術のある人材が不在なら、プロであるホームページ制作会社への依頼も1つの手段と言えるでしょう。
「アイミツ」ではご要望を伺った上で、デザイン力に定評あるホームページ制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
デザイン性の高いWebサイト制作が可能なホームページ制作会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
ホームページ作成費用と相場|料金早見表つき【2022年保存版】

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!