アプリ制作の費用は開発を行うOSによっても違うのか

更新日:2017年06月23日 | 公開日:2016年10月30日

OSの特性はそれぞれ違う

iPhoneなどのiOS用アプリとAndroid用アプリではOSが異なるため、開発環境も開発言語もまったく違うものを使って作ることになります。

Androidアプリの開発環境はEclipse、Android Studioなどで、開発言語にはJavaを使用して制作されます。
一方、iPhone(iPad)アプリの開発環境はXcodeで以前は主にObjective-Cという開発言語が使われていました。
2014年6月にAppleは新しいプログラミング言語として「Swift」を発表したことで、それまで主流だったObjective-Cなどと共存はするものの、AppleがSwiftを推奨していることから、現在ではほぼSwiftが使われる流れになっています。

また、実際に開発を行う際には、iOSはMac OS Xでしか開発することができないため、Macが必要になります。
その点AndroidはWindowsでもMacでもLinuxのいずれでも開発が可能になっています。

こうしたことから、Android用アプリとiPhone用アプリの両方を作る場合には費用はもちろん開発期間も単純に長くなるということを認識しておくといいでしょう。

その他にもあるさまざまな違い

開発方法以外にもiOS用アプリとAndroid用アプリではさまざまな違いがあります。
下記で比較してみましたのご覧ください。

申請/審査の仕方が違う

アプリの申請時、iPhoneアプリだとAppleの審査がありますが、Androidアプリには基本的には審査がありません。
Androidアプリが審査することなくスムーズにリリースできる便利さはあるものの、審査を行わないために悪質なアプリも中には数多く存在しています。
大元であるGoogleでも健全なプラットフォームを目指しているため、悪質なアプリの取り締まりには力を入れているようですが追いついてはいないのが現状です。

リリース前にチェックを行うAppleとリリース後にチェックを行うGoogle、それぞれにメリットとデメリットがあります。

販売されるストアが違う

iPhoneアプリはAppleの「App Store」で、AndroidアプリはGoogleの「Google Play」でそれぞれ販売されています。
アプリ登録数はApp Storeが120万本、Google Playが150万本で、ともに2014年6月発表された情報ですので、現在はさらにその本数は確実に伸びているはずです。

アイコンのデザインが違う

iPhoneアプリのアイコンはすべて角が丸くなった四角いアイコンで、正方形の画像をアップロードするとApple側で自動的に角が丸したものに変換されて表示してくれます。

これに対してAndroidアプリのアイコンは規定サイズ内であれば四角くなくてもOKなのでiPhoneアプリよりもにカスタマイズ性に富み、さまざまな形で表現できるようになっています。

また、端末画面上のアイコン下に表示されるアプリタイトル文字数も若干ですが、規定に違いがあります。

iPhoneの場合
  • 全角:6文字以内
  • 英数字半角小文字:12文字前後
  • 英数字半角大文字:10文字前後
Androidの場合
  • 全角のみ:6文字以内
  • 半角のみ:12文字前後

※「前後」なっているのは設定する文字によっては収まる場合と収まらない場合があるためです。

戻るボタンの有無が違う

Androidのスマホの端末の場合、標準で下部に戻るボタンが付いています。
そのボタンによってれによって前に操作した画面に戻ることができます。
しかしiPhoneの場合、端末には戻るボタンがありません。
そのため、アプリを作る場合には戻るボタンの有無によって操作が制限されないようにしながら実装するようにします。

公開時のアカウントと費用が違う

アプリを公開するためには、アカウントを取得しなければなりません。
iOSは「iOS Developer Program」でAndroidは「Google Playデベロッパーアカウント」に登録をします。

iOS Developer Program
費用:年11,800円(1年ごとの更新:2016年10月時点)

Google Playデベロッパーアカウント
登録料:$25.00(初回のみ:2016年10月時点)

なお、有料アプリの場合は売上額に対する販売手数料がかかります。
iOSもAndroidも手数料は30%となっています。

【まとめ】

いかがでしたか?開発するアプリによって費用やその他の違いがおわかりただけたかと思います。

iPhoneとAndroidではデバイスの解像度やボタンの有無や配置も違うため、プログラミングはもちろん、デザインなどにも配慮して作ることになるため、両方を開発するには倍以上の費用がかかることを認識し、iPhone/iPad用アプリを作成するのかAndroid作成するのか、それとも両方とも作るのかを先に決めておくようにしましょう。

7万社以上の企業データベースを持つ日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』には、多彩な会社が数多く登録されていますので、お客様あらかじめ決めている予算や要望に合わせてお選びいただくことが可能です。

専門のコンシェルジュが完全無料にて対応していますのでなによりも安心です。
まずは気軽にお問い合わせしてみてください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください