アプリ開発

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

翻訳アプリ開発
定評のあるアプリ開発会社7選

利用料0円

簡単 !3ステップ

優良会社の”価格”も比べられる!

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    手間なく見積もりが
    集まります

本当におすすめ出来る7社をピックアップ
翻訳アプリに定評のある開発会社をアイミツが徹底調査

あなたの発注をサポートするアイミツコンシェルジュのアプリ開発専門チームが、翻訳アプリに定評ある開発会社を、「実績」・「価格(コストパフォーマンス)」・「提案力」・「アンケート・口コミ」などの観点で徹底調査し、本当におすすめ出来る7社をピックアップしました。

翻訳アプリに定評ある開発会社の紹介だけではなく、「どんな人におすすめか」「失敗しないために、どういう点に注意すべきか」などのポイントもご紹介していきます!

アプリ開発会社をご紹介する前に、価格で失敗しないために、『アプリ開発の費用と料金相場』で相場や価格帯ごとの制作例を確認しておきましょう!

アプリ開発の平均相場は250万円ですが、Androidアプリ・iPhoneアプリは150万円から、ソーシャルゲームは3,000万円からと、タイプによって開発費用の総額にはかなりの幅があります。

搭載する機能や構成要素などにより開発規模が異なってきますが、アプリ開発会社のホームページを見ても、具体的な開発費用を記載していないところがほとんどです。

そのため、開発会社に見積もりを依頼するときのポイントとしては、どのような目的でアプリ開発を行うのかなど、しっかり要件定義することが重要になります。

「あの有名アプリみたいなものを開発したい」というように、ざっくりした要望での見積もりでは、希望の開発費用との間に大きな開きが生じて、失敗につながってしまうこともあるでしょう。

アイミツでは、経験豊富なコンシェルジュがお客様のご要望をうかがって、最適なアプリ開発会社の紹介を行っていますのでお気軽にご利用ください。

1. 格安で翻訳アプリが開発できる会社3選

1-1. 株式会社リットシティ

株式会社リットシティ

リットシティは、2001年設立の岡山県岡山市に拠点を持つ会社です。モバイルアプリケーション開発をはじめ、ITソリューション事業、ソフトウェア開発などを行っています。
海外のIT企業との業務展開や共同開発も行っており、グローバルネットワークを活かしたアプリ開発も可能です。翻訳アプリや多言語アプリなども、予算やニーズに寄り添った低価格な開発サービスで対応できます。
また、企業理念でもある「User First」を追求しており、使いやすい操作性や機能はもちろん、デザインにもこだわって開発を行っています。フィーチャーフォン全盛の頃からモバイルデバイスに対する取り組みを行うなど、これまでの経験で蓄積しているノウハウやスキルは大きな魅力と言えるでしょう。

こんな人におすすめ
・できるだけ費用を抑えて翻訳アプリ開発を行いたい方
・柔軟な対応ができるアプリ開発会社を探している方
・デザインにこだわって翻訳アプリを開発したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
2001年
従業員数
30-99人
会社所在地
岡山県岡山市北区磨屋町1番6号 岡山磨屋町ビル9F
電話番号
086-237-3111
会社サイト
http://www.litcity.ne.jp/

1-2. Betro systems株式会社

Betro systems株式会社

Betro systemsは、神奈川県川崎市と東京都千代田区に拠点を持つ会社です。アプリ開発をはじめ、ホームページ制作、システム開発、人材派遣などを行っています。
アプリ開発では、高度なチューニングを施した動画・デザインのアプリケーションや、最新の3D・AR技術を活用したアプリを開発。「スマートフォン・タブレットに強い企業100」に選ばれた実績もあり、予算にあわせて最適なアプリを作り上げています。
また、英語対応に強いことも大きな魅力です。英語翻訳に特化したスタッフが在籍しており、生きた英語による翻訳を叶えています。英語版アプリの開発や、英語の説明文、また、アプリを開発の上での海外顧客とのやりとりが可能です。費用を抑えたい方はもちろん、海外の利用者に向けてアプリを発信していきたい方にはおすすめの依頼先です。

こんな人におすすめ
・できるだけ費用を抑えて翻訳アプリ開発を行いたい方
・海外のユーザーに向けてアプリを発信していきたい方
・初めて翻訳アプリの開発を依頼する方

予算感
要問い合わせ
設立年
2013年
会社所在地
神奈川県川崎市幸区南加瀬2-26-4
電話番号
044-271-1193
会社サイト
http://betro-systems.co.jp/

1-3. 有限会社テンパス・フュジット

有限会社テンパス・フュジット

テンパス・フュジットは、2003年設立の東京都千代田区に拠点を持つ会社です。教育関連事業、金融関連事業、エンターテイメント事業といった3つの柱で事業を展開しています。
アプリ開発は、エンターテイメント事業の一環として提供。これまで教育・文化といったジャンルのスマートフォンアプリを中心に、クライアントの予算やニーズに寄り添って開発を行ってきました。
具体的には、子供向けの知育ゲーム、外国人観光客に日本の伝統芸能や文化を紹介するアプリなどを開発。日本語だけでなく、多言語向けのアプリも多数開発していることは、大きな魅力と言えるでしょう。
また、単に翻訳や多言語機能を用いたアプリを開発するだけでなく、エンターテイメント性を盛り込むことも特徴の一つ。アニメーションや動画を駆使して、使いたくなるアプリを作っています。

こんな人におすすめ
・できるだけ費用を抑えて翻訳アプリ開発を行いたい方
・実績豊富なアプリ開発会社に依頼したい方
・デザインにこだわって翻訳アプリを開発したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
2003年
会社所在地
東京都千代田区神田司町2-15-1 パレヤソジマ201号
電話番号
03-6811-7785
会社サイト
http://tempusfugit.jp/

格安で翻訳アプリが開発できる会社をご紹介しました。

一般的に、アプリ開発では「作業人数(人件費)× 期間」によって算出される金額が開発費用となります。
つまり、納品までの工数が増えるほど費用は大きく膨らんでいくと言えるでしょう。

「機能を充実させたいけどなるべく開発費用は抑えたい」
「質も費用も妥協できない」

という方は、自社にぴったりな発注先を探すのに時間がかかってしまうかもしれません。

アプリ開発会社を探す手間を大幅にカットしたい方は、ぜひアイミツにお問い合わせください。多くの料金相場を知り尽くしたコンシェルジュが、最適な発注先をおすすめします。

次に、翻訳アプリの開発実績豊富な会社をご紹介します。

2. 翻訳アプリの開発実績豊富な会社2選

2-1. 株式会社アドネット

株式会社アドネット

アドネットは、香川県善通寺市に本社を構える1990年設立の会社です。アプリ開発をはじめ、webシステム開発、webサイト制作、デザイン制作、印刷事業などを行っています。
アプリ開発では、多言語対応の観光アプリ、スペイン語や中国語の翻訳・学習アプリなどを開発。ほかにも、ビジネス向けアプリからゲーム、占い、便利ツールなど、数多くのアプリを開発してきた実績を持っています。
デザインからプログラミング、アプロのバックグラウンドで動くサーバーの設定まで、すべてをワンストップで対応しており、クライアントの細かな要望に応えるとともに、高い品質のアプリを開発可能です。開発前のヒアリングにも力を入れており、仕様書やデザインを作成し、クライアントに納得してもらってから開発作業を進めています。

こんな人におすすめ
・実績豊富なアプリ開発会社に依頼したい方
・業者とのコミュニケーションを重視する方
・初めて翻訳アプリの開発を依頼する方

予算感
要問い合わせ
設立年
1990年
従業員数
10-29人
会社所在地
香川県善通寺市上吉田町8丁目5-19 フォーレストビル1F
電話番号
0877-63-1933
会社サイト
http://adnet-web.com/

2-2. モパック株式会社

モパック株式会社

モパックは、2013年設立の東京都港区に拠点を持つ会社です。スマートフォン向けアプリ開発をはじめ、ソフトウェア開発、ITコンサルティング、ビクデータに関する調査・研究などを行っています。様々なジャンルのアプリを開発しています。
アプリ開発で重要としているのは、お客様第一の視点。高機能を追求するより必要最低限の機能に絞り、使いやすいアプリを作ることを念頭に置いています。
加えて、これまでの実績が豊富であるのもポイントの一つ。海外旅行者向けの音声会話集、英語・中国語・韓国語・日本語対応の東京観光アプリのほか、ホテルやレストランで働く人向けの接客英会話学習アプリなど、翻訳機能を持つ多数のアプリを開発してきた実績を持っています。
また、webブラウザから簡単にアプリの作成が可能な「スマートフォンアプリ作成支援サービス」も提供しています。

こんな人におすすめ
・実績豊富なアプリ開発会社に依頼したい方
・海外のユーザーに向けてアプリを発信していきたい方
・自作でアプリを開発したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
2013年
従業員数
1-4人
会社所在地
東京都港区六本木四丁目8番7号 六本木嶋田ビル7F
会社サイト
https://mopac.co.jp/

翻訳アプリの開発実績豊富な会社をご紹介しました。

アプリ開発の実績を見て依頼先を探すときには、iOS、Androidなどの対応OSはもちろん、これまで手がけたアプリの種類やジャンル、取引先企業の業種にも注目しましょう。

自社と同じ業種や似たようなアプリ開発の実績があれば、ノウハウの蓄積があり、スムーズなやりとりができる可能性が高まります。

アイミツでは、過去5万件以上の実績データから、要望に応じたおすすめのアプリ開発会社を無料で紹介しています。
実績のあるアプリ開発会社をお探しの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

それでは最後に、翻訳アプリ開発に定評のある技術力の高い会社をご紹介します。

3. 翻訳アプリ開発に定評のある技術力の高い会社2選

3-1. 株式会社エスケイワード

株式会社エスケイワード

エスケイワードは、愛知県名古屋市と東京都千代田区に拠点を持つ1963年設立の会社です。主に、アプリ開発、ホームページ制作、多言語翻訳サービス、カタログ・マニュアル制作、IT導入・運用支援サービスなどを提供しています。
アプリ開発では、主に医療分野に向けたサービスを提供。外国人患者の対応時に、看護師や医療スタッフが活用できる多言語コミュニケーションツールを開発しています。「とっさの時に直ぐ、微妙な表現まで、正しく伝える」というコンセプトのもと、持ち前の技術力で高い機能性を持った多言語・翻訳アプリの開発が得意です。
英語・中国語・韓国語・ポルトガル語といった言語に対応しており、機敏な表現を正しく伝えるため、機会翻訳と音声合成は使わず、翻訳者が一つひとつ翻訳を行っています。

こんな人におすすめ
・技術力の高い開発会社を探している方
・医療現場で活用する翻訳アプリを開発したい方
・初めて翻訳アプリの開発を依頼する方

予算感
要問い合わせ
設立年
1963年
従業員数
10-29人
会社所在地
愛知県名古屋市東区泉1-21-27 泉ファーストスクエア9F
電話番号
052-953-7161
会社サイト
https://www.skword.co.jp/

3-2. 株式会社高電社

株式会社高電社

高電社は、大阪府大阪市に本社を構える1979年設立の会社です。翻訳ソフトウェア開発、アプリケーション開発、クラウドサービスの提供などを行っています。
モバイルアプリにおいては、翻訳アプリをはじめ、通訳のアシスト、中国語辞典、翻訳キーボードなどのアプリを開発。翻訳が必要なときに手軽に使えるだけでなく、毎日1語ずつ学習できる機能や海外の文化を伝えるコンテンツなど、これまでの経験から培ってきた技術力を活かし、機能性の高いアプリケーションを開発しています。
また、国内トップクラスのユーザー数を誇る翻訳サイト「エキサイト翻訳」に翻訳エンジンを提供していることも大きな魅力です。高い翻訳技術を活かし、ポータルサイトやECサイト、複合施設などで実績を積み上げています。

こんな人におすすめ
・技術力の高い開発会社を探している方
・実績豊富なアプリ開発会社に依頼したい方
・柔軟な対応ができるアプリ開発会社を探している方

予算感
要問い合わせ
設立年
1979年
従業員数
30-99人
会社所在地
大阪府大阪市阿倍野区昭和町3-7-1
電話番号
06-6628-8880
会社サイト
https://www.kodensha.jp/

翻訳アプリ開発に定評のある技術力の高い会社をご紹介しました。

先端技術を活用して開発されたアプリの代表例としては、「ポケモンGO」「SNOW」などが有名ですが、翻訳アプリでも先端技術は多く活用されています。

自社にとって最適な翻訳アプリを開発するのであれば、慎重に業者選定を行い、技術力の高さなどを確認しなければなりません。

アイミツでは、コンシェルジュが丁寧にヒアリングした上で過去の実績を元に業者を選定するので、お客様に最適な会社がすぐに見つかります。
今回紹介しきれなかったアプリ開発会社に関する情報も、数多く保有しているので、業者選定でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

利用料0円

簡単 !3ステップ

優良会社の”価格”も比べられる!

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    手間なく見積もりが
    集まります

翻訳アプリ開発でアプリ開発会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

総務省も開発に取り組むなど、2020年のオリンピックイヤーに向けてニーズが高まっている翻訳アプリ。翻訳アプリの制作を得意とする会社はスマホ発売以前から翻訳ソフトの開発に携わっているところが多く、各社とも優れたノウハウを持っています。なかには研究機関と共同で翻訳技術の開発から取り組んでいる会社もあり、より高精度の翻訳アプリを目指すならそうした会社に依頼するのもおすすめです。また、翻訳アプリの開発ではなく、アプリ自体の翻訳(多言語化)を得意とする会社もあるので、ゲームや観光ナビなど手持ちのアプリがある場合はそうした会社も選択肢に入れておくと、インバウンド施策としてのアプリ活用の幅も広がるのではないでしょうか。