スマホアプリに強い
アプリ開発会社を
お探しですか? PRONIアイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

スマホアプリ発注は初めてですか?

PRONIアイミツは最適な出会える
ビジネスマッチングサービス
です

無料で一括見積もり
電話で相談する

フリーダイアル 0120-917-819 営業時間 平日10~19時

フリマアプリ開発でおすすめの開発会社6選!費用も解説【2024年最新版】

更新日:2024.01.24

あなたの発注をサポートするアイミツコンシェルジュのアプリ開発専門チームが、フリマアプリで実力のある開発会社を、「実績」・「価格(コストパフォーマンス)」・「提案力」・「アンケート・口コミ」などの観点で徹底調査し、本当におすすめ出来る6社をピックアップしました。

フリマアプリ開発が得意な会社の紹介だけではなく、「どんな人におすすめか」「失敗しないために、どういう点に注意すべきか」などのポイントもご紹介していきます!

PRONIコンシェルジュ 横島
PRONIコンシェルジュ 横島

アイミツコンシェルジュの横島です。
アプリ開発会社をお探しの方に、私たちコンシェルジュがアドバイスします!さらに、アイミツでは完全無料でアプリ開発会社の一括見積もり・比較も可能です!会社探しの手間を減らすお手伝いをしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

このページについて

このページについて
ページに掲載されている内容は記事作成時の情報であり、現在は変更になっている場合があります。また、ご依頼内容や納期等の条件によって案件の難易度が変化するため、当ページで紹介されている企業へご依頼される場合は自己責任にてお願いいたします。
PRONIパートナーとは
PRONIアイミツと記事掲載契約を締結している企業です。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

格安でフリマアプリを開発できる会社2選

はじめに、リーズナブルな価格でフリマアプリ開発を依頼できる会社をご紹介します。

株式会社メクマ

株式会社メクマのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社メクマ https://mekuma.jp/

こんな人におすすめ ・費用を抑えてフリマアプリを開発したい方
・なるべく早くフリマアプリを開発したい方
・フリマアプリを開発したい九州・沖縄エリアの方

メクマは、沖縄県宮古島市に本社を構えるアプリ開発会社です。フリマなどのシェアリングエコノミープラットフォームの運営、ソフトウェア開発、コンサルティング事業などを行っています。
大きな魅力は、パッケージを利用した月額プランを用意しており、低価格でスピーディにアプリの運用を開始できることです。スタンダードプランは月額4万9,800円。プレミアムプランは月額7万9,800円。どちらも全ての機能が利用できますが、プレミアムプランにすることで、決済手数料が1%安く、無料での本人確認も100件増加します。また、地方創生プランとして、プレミアムプランと同じ条件のものを用意。30日間は無料でお試し運用をできるため、実際に使ってみての使用感や運用コストなどのシミュレーションも簡単にできます。
素早くリスクを抑えてフリマサービスを展開したい方におすすめの会社です。

予算感 アプリ開発:月額4万9,800円
設立年 2017年
会社所在地 沖縄県宮古島市平良東仲宗根20-2F

株式会社ナノ・メディア

株式会社ナノ・メディアのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社ナノ・メディア http://www.nanomedia.jp/

こんな人におすすめ ・費用を抑えてフリマアプリを開発したい方
・iOS版とAndroid版のどちらも作りたい方
・業者とのコミュニケーションを重視する方

ナノ・メディアは、東京都品川区に本社を構えるアプリ開発会社です。デザインやシステム開発、ファンクラブサイトの運用、VRコンテンツの開発など幅広い業務を行っています。
フリマアプリなどのシェアリングエコノミーアプリのパッケージ開発によって、低価格でのアプリ開発が可能なことは最大の魅力です。すでに必要な機能が盛り込まれたパッケージがあるため、人員を削減して短期間で開発するため格安での開発ができます。また、本来は別々に開発するiOS版とAndroid版を同時に開発できるため、さらなるコストカットが可能です。
クレジット決済はもちろん、Apple IDを仕様した決済機能の搭載やSNS連携、ユーザー評価など、フリマアプリに必要な機能が最初からセットしてあるほか、フルスクラッチでの開発支援も行えるため、要望にあったアプリ開発が可能です。

予算感 要問い合わせ
設立年 1999年
会社所在地 東京都品川区平塚1-12-12

格安でフリマアプリを開発できる会社をご紹介しました。

一般的に、アプリ開発では「作業人数(人件費)× 期間」によって算出される金額が開発費用となります。
つまり、納品までの工数が増えるほど費用は大きく膨らんでいくと言えるでしょう。

「機能を充実させたいけどなるべく開発費用は抑えたい」
「質も費用も妥協できない」

という方は、自社にぴったりな発注先を探すのに時間がかかってしまうかもしれません。

そんな方は、ぜひアイミツの発注コンシェルジュにご相談ください。
ご要望の予算や作成したいアプリの要件から最短1日でご要望にピッタリなアプリ開発会社をご紹介いたします。
無料で利用できますので、以下の「一括見積もりをする(無料)」からお問い合わせください。


次に、フリマアプリ開発の実績豊富な会社をご紹介します。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

フリマアプリ開発の実績豊富な会社2選

ここから、フリマアプリ開発で実績が豊富な会社をご紹介します。

株式会社フラッシュエッヂ

株式会社フラッシュエッヂのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社フラッシュエッヂ https://www.flash-edge.com/

こんな人におすすめ ・フリマアプリ開発の実績豊富な業者に依頼したい方
・マーケティングに強い開発会社に依頼したい方
・インバウンド向けプロモーションを行いたい方

フラッシュエッヂは、沖縄県那覇市に拠点を持つアプリ開発会社です。webデザインやシステム開発、アプリ事業、ゲーム事業、ポータルサイト運営事業など幅広い事業を展開しています。
システム開発においては10年以上の歴史があり、peachやsolaseed Airと共同でサービス開発、運営を行うなど豊富な実績を持っています。フリマアプリを含むシェアリングエコノミーでは、ベーシック、スタンダード、コンサルティングの3つのプランを用意。システムの開発はもちろん、マネタイズやマーケティングなど開発後のこともアドバイスを行っています。
沖縄県庁や那覇市などの自治体の行政課題解決やインバウンド向けプロモーション、多言語情報配信など沖縄ならではの実績が豊富です。ASEAN各国などアジア向けに施策を打ちたい方にもぴったりな会社です。

予算感 アプリ開発:180万円〜
設立年 2008年
従業員数 10-29人
会社所在地 沖縄県那覇市曙2-23-9 やまたいビル4F
電話番号 098-866-3900

株式会社アイエンター

株式会社アイエンターのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社アイエンター https://www.i-enter.co.jp/

こんな人におすすめ ・フリマアプリ開発の実績豊富な業者に依頼したい方
・最新技術をフリマアプリに取り入れたい方
・全国対応のアプリ開発会社を探している方

アイエンターは、東京都渋谷区に本社を持つアプリ開発会社です。システム開発や開発支援、各種アプリ企画などのシステムソリューション、AWS導入、設計、移行などのクラウドインテグレーション、IoT、XRなどの先端技術研究開発などを行っています。
最大の強みは、スマホ黎明期からアプリ開発を手がけている経験と、年間100本を超えるアプリ開発の豊富な実績です。ラボ型開発と受託型開発のどちらにも対応しており、アジャイル開発にもウォーターフォール型の開発にも対応できます。
また、人材が豊富で規模のある会社のため、海外人材をチームに入れての多言語翻訳、多言語対応、デザイナーやディレクター、コンサルタントまでワンストップでサービス提供をできる体制が整っています。東京都以外にも、大阪、福岡、札幌、仙台と全国に複数の拠点を構えて全国からの依頼に対応しています。

予算感 アプリ開発:100万円〜
設立年 2004年
従業員数 100-499人
会社所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目14-10 長沼ビル5階
電話番号 03-5778-4440

ここまで、フリマアプリ開発の実績豊富な会社をご紹介しました。

アプリ開発の実績を見て依頼先を探すときには、iOS、Androidなどの対応OSはもちろん、これまで手がけたアプリの規模や機能性、取引先企業の業種にも注目しましょう。

自社と同じ業種や似たようなアプリ開発の実績があれば、ノウハウの蓄積があり、スムーズなやりとりができる可能性が高まります。

「探している会社のイメージと違った……」
「多すぎて選べない……」


厳選して会社をご紹介しておりますが、実際に発注や案件相談をするとなると、詳細な依頼内容についての会話をせずに最適な会社を選ぶのは難しいですよね。

そんな方は、ぜひアイミツの発注コンシェルジュにご相談ください。
ご要望の予算や作成したいアプリの要件から最短1日でご要望にピッタリなアプリ開発会社をご紹介いたします。
無料で利用できますので、以下の「一括見積もりをする(無料)」からお問い合わせください。

それでは最後に、フリマアプリを短納期で開発できる会社をご紹介します。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

フリマアプリを短納期で開発できる会社2選

ここから、短い納期でフリマアプリを開発できる会社をご紹介します。

株式会社mofmof

  • PRONIパートナー
株式会社mofmofのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社mofmof https://www.mof-mof.co.jp/

こんな人におすすめ ・なるべく早くフリマアプリを開発したい方
・フリマアプリを開発したいスタートアップ企業の方
・業者とのコミュニケーションを重視する方

mofmofは、東京都新宿区に本社を構えるアプリ開発会社です。新規事業に特化したソフトウェアの開発やクラウドのウェブアプリケーション開発、スタートアップ向け開発チームの提供などを行っています。
大きな魅力は、いきなりMVPやいきなりシェアリングエコノミーという3日間で開発を行うサービスを提供していることです。始めから要件定義や詳細な部分まで作るとなると時間がかかりますが、サービスのMVPを形にするためわずか3日間で開発が可能です。新規事業やスタートアップ向けにサービス提供をしている実績と経験から、開発をしながら検証、改善、ユーザーテストなど、PDCAを高速で回しながらの開発を得意としています。
また、継続的に開発を続けたい場合には、開発チームの月額制レンタルなども行っており、要望に合わせて柔軟な開発が可能です。

予算感 アプリ開発:250万円〜
設立年 2015年
従業員数 10-29人
会社所在地 東京都新宿区新小川町5-5 サンケンビル5階
電話番号 050-5216-6829

株式会社カスタメディア

株式会社カスタメディアのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社カスタメディア https://www.kbb-id.co.jp/

こんな人におすすめ ・なるべく早くフリマアプリを開発したい方
・フリマアプリ開発の実績豊富な業者に依頼したい方
・初めてフリマアプリの開発を検討している方

カスタメディアは、兵庫県神戸市に拠点を持つアプリ開発会社です。自社プロダクトのカスタメディアの提供やwebサービス開発、業務システム開発、オフショア開発などを行っています。
最大の強みは、カスタメディアMASEという独自CMSにより、短期間でのサービス開発が可能なことです。建築資材のシェアリングエコノミーや個人間の楽器のシェアリングエコノミなど、様々な業種、用途に合わせたシェアリングサービス開発に利用されています。
大阪、東京、福岡、仙台など、日本全国に拠点を構え、日本全国にサービス展開をしている企業にも対応可能です。地方創生の取り組みであるニアショア開発や、カンボジアに拠点を構えるオフショア開発など、人材確保やコスト削減の取り組みも魅力の一つ。フリマを含むシェアリングエコノミー市場への理解がある企業です。

予算感 要問い合わせ
設立年 2008年
会社所在地 大阪府大阪市北区角田町1番12号 阪急ファイブアネックスビル
電話番号 0120-951-277

フリマアプリを短納期で開発できる会社をご紹介しました。

短納期でアプリ開発が行える業者は数多くありますが、納期の早さだけに注目するのは危険です。納品を早く行ってくれても、アプリの公開後にトラブルがあれば結果として、自社の理想を実現するまでに長い時間がかかってしまう可能性があります。

開発スピードが早いに越したことはないですが、しっかり開発前のヒアリングを行ってくれたり、自社にとって最適な提案をしてくれるなど、丁寧な開発を行ってくれるかどうかを確認しておきましょう。

「探している会社のイメージと違った……」
「多すぎて選べない……」


厳選して会社をご紹介しておりますが、実際に発注や案件相談をするとなると、詳細な依頼内容についての会話をせずに最適な会社を選ぶのは難しいですよね。

そんな方は、ぜひアイミツの発注コンシェルジュにご相談ください。
ご要望の予算や作成したいアプリの要件から最短1日でご要望にピッタリなアプリ開発会社をご紹介いたします。
無料で利用できますので、以下の「一括見積もりをする(無料)」からお問い合わせください。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

発注先探しのコツは?
費用や品質を比較するために複数の企業に問い合わせることが一般的です。
実際に問い合わせをした人の多くは平均4,5社見積もりをとっています。
4,5社の見積もりが揃うまでにかかる期間は?
4,5社の企業探しから打ち合わせ、見積もり取得するまでには2〜3週間ほどかかる場合が多いでしょう。PRONIアイミツなら最短翌日までに最大6社の見積もりがそろいます。
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

フリマアプリの開発費用相場

フリマアプリの開発費用は、一般的なECアプリよりも高額になる傾向にあり、1,000万円以上かかると言われています。

一般的なECアプリが300万円程度で開発できるのに比べ、なぜフリマアプリはここまで高額になってしまうのでしょうか?
理由は、開発内容が多岐にわたる点にあります。フリマアプリでは購入のほかに出品のためのシステムを構築する必要があり、商品の登録やコメント機能、銀行口座の登録、売り上げの出金機能など、一般的なECアプリと比べて多くの機能が求められます。
加えてデザインや複数OSへの対応なども依頼すると、開発費用が大幅に高くなるというわけです。

また、アプリ開発を依頼する前に知っておきたいのは、アプリ開発の費用は「作業人数×期間」で算出され、「人月」という単位で表されるという点です。最低限の機能で開発に人員も期間もかからなければ費用は安く抑えられますし、逆に開発難易度が高ければそれだけ費用も高額になっていきます。

そのほか、開発に携わる技術者によっても費用が異なるのも重要なポイント。
アプリ開発に関わる技術者には、プログラミングを担当するPG(プログラマー)と開発の管理など全工程に関わるSE(システムエンジニア)がおり、技術者のレベルや会社規模によっても単価の相場が異なります。

・PG(下請け・個人):40万~60万円/1人月
・PG(大手企業):50万~100万円/1人月
・SE(初級):60万~100万円/1人月
・SE(中級):80万~120万円/1人月
・SE(上級):100万~160万円/1人月


もちろん開発会社や依頼する範囲、搭載する機能によっても費用は異なるので、どこからどこまでをアプリ開発会社に依頼するのか、最低限必要な機能は何かという点は事前に明確にしておくと良いでしょう。

【低予算で作りたい方必見!】アプリ開発に使える補助金・助成金まとめ

アプリ開発の平均費用相場は、約250万円と非常に高額です。少しでも負担を軽減したいときは、補助金の活用を検討しましょう。これから、アプリ開発に活用できる代表的な補助金を3つご紹介します。補助金申請より前に契約していると【対象外】になるケースもあるため、発注先選びと並行して補助金情報を調べるのがおすすめです。

アプリ開発に使える主な補助金の種類と補助額
最大補助額 補助率 申請方法
IT導入補助金 450万円 1/2以内 電子
ものづくり補助金 5,000万円 1/2または2/3 電子
持続化補助金 200万円 1/4 電子または郵送

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金)

「IT導入補助金」は、ITを活用した中小企業や小規模企業の業務効率化・売り上げの向上を目的とし、ホームページ作成、クラウドツール・業務用ソフトウェアの導入にかかる費用の一部を補助します。最大補助額は450万円・補助率1/2以内です。

出典:IT導入補助金2023 https://www.it-hojo.jp/

ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)

「ものづくり補助金」は、中小企業・小規模事業者が制度変更などに対応するための革新的サービス開発、設備投資などを支援する補助金です。「通常枠」「デジタル枠」「グローバル市場開拓型」などが設定されています。最大補助額は5000万円で、補助率は1/2または2/3です。

出典:ものづくり補助金総合サイト https://portal.monodukuri-hojo.jp/

持続化補助金(小規模事業者持続化補助金)

「持続化補助金」は、小規模事業者が制度変更に対応し、持続的な経営を実現するために必要な、ホームページ制作など販路拡大に関わる経費を一部補助するものです。通常枠または特別枠(賃金引上げ枠・卒業枠・後継者支援枠・創業枠など)の申請類型いずれか1つの枠のみ申請可能。最大補助額は通常枠で50万、その他の枠で200万円で、ウェブサイト関連費の補助率は1/4です。

出典:小規模事業者 持続化補助金(一般型)https://r3.jizokukahojokin.info/

補助金について、さらに詳しい情報を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

補助金を利用する際は、申請スケジュールや必要書類の準備に注意しましょう!

補助金を利用する上で何より大切なのは、規定に沿ってきちんと申請を行うことです。事業計画書、経費明細書など、必要な書類は各補助金・助成金の公式ホームページに記載されているため、もれなく準備し、不備のないように記載しましょう。

しかし、補助金申請は揃える書類や申請項目も多く、業務が煩雑になりがちです。スケジュールをきちんと把握しておらず、「気がついたら申請期限を過ぎていた」なんてことが起こる場合も。

「アイミツ」は、申請をスムーズに進められる補助金に詳しいホームページ制作会社を厳選し、「無料」でご紹介可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

※補助金については2023年5月時点の情報をもとにご説明しています。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

アプリ開発の会社選びで失敗しないために

アプリ開発を検討している会社のほとんどが、『そもそもアプリ制作をするべきか分からない』という悩みを抱えています。

実際に、アイミツのコンシェルジュに相談をいただくもののうち、約50%は以下のようなご相談です。
『(似たアプリを一緒に見ながら)このようなアプリはいくらで出来るのか?
『このようなアプリを作った場合に、どのような効果があるのか?

どちらも、『アプリを作るかどうか判断をするために情報収集を行いたい』というものです。情報収集を進めていく上での一番のポイントは、作りたいもののイメージを一つひとつ固めていくことです。
たとえば、『ログイン機能はどうするのか?』『iOSとAndroidのどちらを利用するか?両方か?』など、業者に依頼する前に検討しておきたい項目は多いです。

「探している会社のイメージと違った……」
「多すぎて選べない……」


厳選して会社をご紹介しておりますが、実際に発注や案件相談をするとなると、詳細な依頼内容についての会話をせずに最適な会社を選ぶのは難しいですよね。

そんな方は、ぜひアイミツの発注コンシェルジュにご相談ください。
ご要望の予算や作成したいアプリの要件から最短1日でご要望にピッタリなアプリ開発会社をご紹介いたします。
無料で利用できますので、以下の「一括見積もりをする(無料)」からお問い合わせください。

発注先探しのコツは?
費用や品質を比較するために複数の企業に問い合わせることが一般的です。
実際に問い合わせをした人の多くは平均4,5社見積もりをとっています。
4,5社の見積もりが揃うまでにかかる期間は?
4,5社の企業探しから打ち合わせ、見積もり取得するまでには2〜3週間ほどかかる場合が多いでしょう。PRONIアイミツなら最短翌日までに最大6社の見積もりがそろいます。
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

アプリ開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 一括見積もりサイトだと多数の会社から電話が・・・

    一括見積もりサイトだと
    多数の会社から電話が・・・

  • 相場がわからないから見積もりを取っても不安・・・

    相場がわからないから
    見積もりを取っても不安・・・

  • どの企業が優れているのか判断できない・・・

    どの企業が優れているのか
    判断できない・・・

PRONIアイミツなら

発注先決定まで最短翌日

発注先決定まで
最短翌日

  1. 専門コンシェルジュが
    あなたの要件をヒアリング!
  2. 10万件の利用実績から
    業界・相場情報をご提供!
  3. あなたの要件にマッチした
    優良企業のみご紹介!
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

この記事に関連するアプリ開発会社一覧

詳細条件から発注先を探す

フリマアプリに条件を追加して企業を探す

iOSアプリに関連する記事

Androidアプリに関連する記事

スマホアプリに関連する記事

スマホアプリ開発に関連する事例

スマホアプリ開発でこんな効果やメリットが得られています。

課題
医師や弁護士など専門家へチャットにて質問やサポートを受けられる課金型アプリの開発
効果
専門家とコンサルタントのマッチングやアドバイザーへの支払い方法、運営会社の管理の効率化
みんなで作るバリアフリーマップ WheeLog!
  • 官公庁・公社・団体
  • 医療・福祉
  • サービス(その他)
  • コンサルティング・調査
  • 福祉
出典:一般社団法人WheeLog
課題
当初、他社にサンプルアプリの開発を依頼していましたが、完成物は「いかにもツール」といった魅力に欠けるものでした。ユーザーからの情報を集めるためにはユーザーが「能動的に発信したくなる」魅力が必要です。そんな中展示会で、ゲームに熱中する要素をシステムに組み込み、魅力的なサービスを開発するテクニックであるゲーミフィケーションの先駆者である弊社に出会い、既存サービスのリニューアルを依頼されるに至りました。
効果
現在WheeLog!は多くのユーザーに愛されています。 しかしまだまだ目標の途中です。WheeLog!の目標は情報で車いす生活を豊かにし、世界の車いすユーザーのために貢献すること。 その大きな目標達成に向け、ナノコネは織田さんの想いに賛同して集まった多くの仲間やユーザーと共に邁進し続けます。
経済産業省|中小企業向け事例集のウェブアプリ化
  • 官公庁・公社・団体
出典:経済産業省
課題
中小企業庁様では全国の中小企業や小規模事業者による事業の成功事例や、政策支援の効果的な活用事例をまとめ、事例集として定期的に作成し、Webや紙媒体で公開されています。しかし、作成された事例集の多くがPDF形式であったり、公開サイトが統一されておらず、中小企業それぞれのニーズに合う事例を簡易に素早く検索することが難しいといった課題を抱えていました。
効果
★デザインから開発完了まで6ヶ月で実現 ★アジャイルにより、定期的な認識合わせをすることができた