動画制作・映像制作会社をお探しですか? アイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

動画制作・映像制作の発注は初めてですか?
無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

更新日:2023年1月20日

デジタルサイネージの面白い事例や効果的な使い方を紹介【2023年最新版】

デジタルサイネージを活用することでターゲット層に効果的に訴求でき、結果として集客率の向上が期待できます。そこでこの記事では、動画・映像制作など、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、デジタルサイネージの面白い事例や効果的な使い方をご紹介!またデジタルサイネージの動画広告の作り方やポイントなども詳しく解説していきます。

【関連ページ】
動画制作にかかる費用・相場感や、あなたの目的別に動画制作会社をお探しいただけます。
動画制作の費用・相場
デジタルサイネージ動画に強い動画・映像制作会社一覧

デジタルサイネージ広告とは

デジタルサイネージ広告とは、液晶・LEDディスプレイに動画や静止画を流す形態の広告のことを指します。屋外や屋内、電車内、タクシーの車内などで流れています。
通常の看板やポスターと比較して、より多くの情報をタイムリーに配信できる点が魅力です。またインパクトのある動画広告を配信できることも強みといえるでしょう。なお配信する時間帯やコンテンツの内容は自由に設定できるため、特定のターゲット層に訴求することも可能です。

デジタルサイネージで活用するコンテンツの種類

デジタルサイネージで活用できるコンテンツは、静止画と動画の2種類があります。それぞれ特徴が異なるため、ターゲット層や設置場所・配信する目的などに応じて、より適した方を選ぶことが大切です。以下では、静止画と動画の違いについて解説します。

静止画

静止画は、動画よりも低コストでかつ時間をかけずに制作できる点が魅力です。看板やポスターと同様の効果が得られますが、LEDや液晶ディスプレイで表示するため、より鮮明に表示できます。また配信する内容や時間帯を自由に変更できる点は、看板やポスターよりも優れている点といえるでしょう。

動画

動画は、静止画よりも多くの情報を配信できる点が魅力です。また静止画よりもインパクトがあり、訴求力が高いこともメリットといえるでしょう。さらに、動画は音声やBGMも付けられるため、視覚だけでなく聴覚に訴えかけることも可能です。人間の五感を刺激することから、インパクトを与えられるでしょう。

デジタルサイネージの面白いアイディア・事例5選

デジタルサイネージは、ただ単に静止画や動画を配信するだけでは十分な効果は期待できません。ただし、アイディア次第で訴求力は高められます。以下では、デジタルサイネージの面白いアイディア・事例を5つご紹介します。

Chibo's Kitchenららぽーと甲子園店

Chibo's Kitchenららぽーと甲子園店は、横並び2台のマルチディスプレイを活用している点が特徴として挙げられます。1台のディスプレイで配信する場合と比較して、より多くの情報を配信できる面白いアイディアといえるでしょう。
なお左のディスプレイでメニューの写真と価格を表示、右のディスプレイでお好み焼きなどのメニューを作っている動画を表示などの工夫をしている点も魅力の一つです。

Chibo's Kitchenららぽーと甲子園店様のデジタルサイネージの表示

出典:YouTube「Chibo's Kitchenららぽーと甲子園店様のデジタルサイネージの表示」https://www.youtube.com/watch?v=MSC57PyS6sE&t=6s

タツノコホーム デジタルサイネージ  たつの市役所内

タツノコホームは、たつの市役所内にデジタルサイネージを設置しています。社名と名称が似ている施設に設置している点が面白いアイディアといえるでしょう。また市役所の庁舎案内図の横に設置することで、来庁する市民の目に留まりやすくしていることも工夫の1つです。なお広告のデザインは赤と黄の暖色系が基調とされていることから、遠くからでもよく目立ちます。

タツノコホーム デジタルサイネージ  たつの市役所内

出典:YouTube「タツノコホーム デジタルサイネージ たつの市役所内」https://www.youtube.com/watch?v=mnVAfVTKOTA&t=2s

dTV

dTVは、ストーリー形式のアニメーション動画で広告を配信しています。吹き出しの文字を大きくすることで、遠方からの視認性を高めている点が特徴の1つです。遠方で音声が聞こえない場合でも、ストーリー展開がよくわかる仕様に仕上げられています。なお1分間の動画を観ることで視聴できる作品や料金などがわかることから、申し込みにつながりやすい内容といえるでしょう。

広告用動画 動画配信サービス「dTV(ディーティービー)」OL編

出典:YouTube「広告用動画 動画配信サービス「dTV(ディーティービー)」OL編 (Crevo制作実績)」https://www.youtube.com/watch?v=3kmE9pMEFPA&t=9s

British Airways

British Airwaysは、イギリスのロンドンにあるビルの上に設置されているデジタルサイネージを活用しています。上空を見上げながら歩いている子どもが登場し、実際に上空を飛んでいる飛行機を指差すと、その飛行機の便名や行き先などがディスプレイに表示されるという内容です。海外ならではの面白いアイディアといえるでしょう。

British Airways - #lookup in Piccadilly Circus #DiscoverBA

出典:YouTube「British Airways - #lookup in Piccadilly Circus #DiscoverBA」https://www.youtube.com/watch?v=GtJx_pZjvzc

【番外編】注目媒体:クロス新宿ビジョン

注目を集めている媒体として、新宿駅東口駅前広場の前に設置されている「クロス新宿ビジョン」が挙げられます。3Dの立体映像のように見える点が大きな特徴です。猫の映像を流した際、本物の猫が動いているように見えたことから、国内外から注目を集めました。見ている人に与えるインパクトは大きいといえるでしょう。また人が集まる新宿駅東口駅前広場に設置されているため、多くの方の目に留まりやすい点も魅力の1つです。

【猫さま出演】にゃっさんデイズ(21/12/14-20)

出典:YouTube「【猫さま出演】にゃっさんデイズ(21/12/14-20)」https://www.youtube.com/watch?v=lGQ1ikhrPAU

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数ある動画・映像制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

デジタルサイネージの動画広告の作り方・ポイント

デジタルサイネージの動画広告は、動画制作会社に外注することがおすすめですが、自製する場合は、いくつかのポイントを意識して制作することが大切です。ここでは、デジタルサイネージの動画広告の作り方やポイントなどをご紹介します。

利用者の目を引くよう意識する

デジタルサイネージの動画広告は、人の目を引くという点を意識して制作することが大切です。インパクトを与えられる内容にするため、文字や配色などにも配慮しましょう。文字はできる限り大きくすること、配色は赤や黄などの遠くからでも目立つ色にすることなどがポイントです。なお予算が十分にある場合は、知名度が高い有名人を起用するのもおすすめといえます。

ターゲットを明確にする

ターゲットを明確にすることも、動画広告を制作する際の重要なポイントの一1です。通行人のすべてに訴求できる動画広告を制作するのは難しいため、ターゲットを絞る必要があります。
なおターゲットを設定する際は、性別や年齢、職業、ライフスタイルなどを可能な限り細かく設定することが大切です。宣伝する商品のニーズを徹底的に調べることで、ターゲット像が見えてくるでしょう。

設置場所の特性を意識

デジタルサイネージは設置場所によって、広告効果が変わってきます。なお設置場所を選定する際は、ターゲットが多く集まる場所を選ぶことがポイントです。また設置場所によって動画の内容を変更するのも有効といえるでしょう。
具体的に学生がターゲットの場合であれば、学校の近くにデジタルサイネージを設置することで、広告効果をより高められます。

サイズや縦型・横型などを意識する

動画広告を制作する際は、デジタルサイネージのサイズや縦型・横型などを意識することも大切です。縦型のデジタルサイネージの場合、YouTube広告などの横長の動画はリサイズが必要といえます。
なおデジタルサイネージは横型が多いですが、縦型のデジタルサイネージもあります。縦型のデジタルサイネージは、店舗の立て看板として活用するのがおすすめです。

動画制作・映像制作の費用相場

続いて、動画制作・映像制作を外注した際にかかる費用相場を映像の種類ごとにご紹介します。

動画制作・映像制作費用相場
種類 費用
インタビュー撮影 5万円~
セミナー・イベント撮影 15万円~
Webムービー制作 30万円~
会社紹介PR映像制作 50万円~
テレビCM制作 80万円~

動画制作・映像制作の費用相場を映像の種類ごとにご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は、料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】デジタルサイネージ動画の相談はアイミツへ

デジタルサイネージ広告の面白い事例を把握しておくと、広告を制作する際に役立ちます。一方で、インパクトを与えられる面白い広告を素人が制作するのはハードルが高いといえるでしょう。自社で制作が難しい場合は、外注することをおすすめします。自社にノウハウがなくとも、デジタルサイネージ動画に強い動画制作・映像制作会社であれば、安心して依頼できるでしょう。
アイミツではご要望を伺った上で、条件に合う動画制作・映像制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たい方はこちら】
デジタルサイネージ動画に強い動画・映像制作会社一覧
【費用感を知りたい方はこちら】
動画制作・映像制作の平均費用と料金相場

動画制作・映像制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連する動画制作・映像制作会社一覧