無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

アプリ開発会社の費用相場が
いますぐわかる!

更新日:2022年11月24日

Androidゲームアプリを開発したい!方法や言語について解説【2022年最新版】

「Androidゲームアプリを開発したいが方法や言語がわからない」
「どのような手順でアプリを開発するのか具体的に教えてほしい」
このような疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。本記事はAndroidゲームアプリを開発する方法と、使用するプログラミング言語をまとめています。またゲームアプリを得意とする開発会社をご紹介できる「アイミツ」が、ゲームアプリを開発する手順も解説するため、ゲームアプリ開発にご興味のある人は、ぜひご覧ください。

【関連ページ】
アプリ開発にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にアプリ開発会社をお探しいただけます。
ゲームアプリに強いアプリ開発会社一覧
アプリ開発の平均費用と料金相場

Androidゲームアプリを開発するのに必要なプログラミング言語

Androidのゲームアプリ開発で使用されるプログラミング言語は、以下の2つです。

・Java
・Kotlin


ここからは、2つの言語に関する基礎をご紹介します。

Java

Javaはオブジェクト指向を用いたプログラミング言語で、アプリ開発で使用される言語の1つです。200以上あるプログラミング言語の中でも人気が高く、数多くのアプリがJavaで開発されています。

仮想マシンを利用していることから、環境に左右されず動作できる点が魅力といえるでしょう。また、Androidアプリだけでなく業務システムやWebサービスも開発できます。他の言語と比較して歴史が長いため情報量が多く、Web上で必要な情報を収集可能です。ただし、Javaは他のプログラミング言語と比べて、コードの記述が複雑で難度が高く、習得に時間がかかるでしょう。

Kotlin

Kotlinは、2011年にリリースされたオブジェクト指向プログラミング言語です。Javaと同じく仮想マシン上で動作するため環境に依存しません。Javaで頻繁に起こるnullに関するエラーを回避するように開発されています。

またJavaよりも短く簡潔にコードを記述できることから、Kotlinのほうが習得難易度が低いといえるでしょう。Javaとの相互運用性が高く、既存のJavaコードにKotlinで新しい機能を追加することも可能です。デメリットとしては、比較的新しい言語のため日本語の情報が少ないことが挙げられます。

Androidゲームアプリを開発するのに必要な開発環境

開発環境には主に以下の4つが挙げられます。

・Unity
・Android Studio
・Xamarin
・React Native


以下では、それぞれの特徴をご紹介します。

Unity

UnityはUnity Technologiesが提供するゲームエンジン(ゲーム制作支援ツール)で、2Dだけでなく3Dゲームも開発可能です。さらに、ゲーム開発に加えて医療や建築分野でもUnityのバーチャル技術が活用されています。なお簡単な処理であれば、プログラミング言語でプログラムを記述せずに開発可能です。
Unityを使用する際はAsset Storeでアセット(素材)を購入すれば、効率的に開発できるでしょう。Asset StoreとはUnity Technologiesが公式に運営しているサイトで、Unityで使用できるアセットを販売しています。

Android Studio

Android StudioはGoogle公式の無料で利用できる開発環境です。Google公式が提供しているため、安心して利用できるでしょう。
効率的に開発を進めるための機能やアプリ開発用のツールが数多く搭載されています。具体的にはコードの自動補完や置換・検索が行える「インテリジェンスコードエディター」があります。インテリジェンスコードエディターを活用すれば無駄なくプログラムを記述でき、開発時間の短縮に繋がるでしょう。ゲームや学習系、便利系など制作できるアプリの種類も豊富にあります。

Xamarin

Xamarinは、クロスプラットフォームアプリ開発環境です。クロスプラットフォームアプリとは、さまざまなプラットフォームに対応した開発環境のことを指します。
Xamarinを利用すれば、AndroidやiOSのアプリを別々のプラットフォームで開発する必要がありません。AndroidとiOSの両方で使用できるアプリを作成したい場合、工数を大幅に削減できるでしょう。他にも、ネイティブアプリの開発が得意という点もXamarinの特徴の1つです。なお、オープンソースソフトウェアのため無料で利用できます。

React Native

React Nativeは、アプリ開発用フレームワークです。Xamarinと同様にクロスプラットフォームであるため、AndroidとiOSで同一のアプリを制作する際に、利用すべき開発環境といえるでしょう。
さらにReact Nativeには「ホットリロード機能」が搭載されています。ホットリロード機能とはソースコードを保存するタイミングで自動的にリロードが行われる機能のことです。修正の度に再度コンパイルする手間が省けて素早く開発が行えるでしょう。また「Instagram」や「Skype」といった有名なアプリもReact Nativeで開発されています。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるアプリ開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

Androidゲームアプリ開発の5ステップ

Androidゲームアプリ開発には、以下の5つのステップが必要です。

・企画
・設計
・制作
・テスト
・リリース


まずは「どのようなアプリを制作するのか」を企画して開発の軸を定めましょう。方針が決定したら設計に移り、具体的な内容を考えます。複数人で開発する際は、認識のズレがないように設計書を作成しましょう。

設計ができれば、次に制作を行います。先ほど挙げたプログラミング言語と開発環境を使ってプログラムを記述しましょう。アプリを制作した後は、問題なく動作するかをテストします。エラーやバグがないかリリース前に確認しましょう。テストが完了したらGoogle Playでアプリをリリースします。

本格的なゲームアプリなら外注も視野に入れよう

本格的なゲームアプリを開発する場合は、外注することをおすすめします。ゲームアプリで一般的に使用されるプログラミング言語はJavaかKotlinです。しかし、より本格的なゲームアプリを開発する場合は「C++」や「C#」、「Java Script」などのプログラミング言語も必要になります。扱う言語が増えるほどプログラミング言語の習得や制作、テストに工数がかかり、アプリ開発の難度が高くなるでしょう。アプリ開発後は、運用も行わなければなりません。運用まで対応可能な会社に依頼すれば、開発後も安心できます。

アプリ開発の費用相場

アプリのタイプ別開発費用の相場
アプリのタイプ 開発費用の相場
アプリ開発の平均費用相場 250万円~
ショッピングカート系 100万~300万円
カタログ・フリーペーパー系 50万~100万円
通話・メッセージアプリ系 100万~500万円
ツール系 50万~300万円
ゲーム系 300万~1,000万円
SNS位置情報系 500万~1,000万円
アプリ内課金/多言語/マップ対応 各10万~20万円
SNS連携/アクセス解析 各5万円
学習アプリ系 50万円~300万円

アプリ開発の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】アプリ開発会社選びで迷ったらアイミツへ

今回は、Androidゲームアプリを開発する方法と言語をまとめました。本格的にゲームアプリを制作する場合は、言語や開発環境に関する知識が必要です。そのため、アプリ開発を熟知しているプロに依頼することで、高品質なアプリを制作できるでしょう。
「ゲームアプリを外注したいが、自社のニーズに合う会社が見つからない」とお困りの人は、「アイミツ」へお問い合わせください。アイミツは無料で丁寧にヒアリングを行い、ニーズに適した会社を複数社ご紹介いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ゲームアプリに強いアプリ開発会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
アプリ開発の平均費用と料金相場

アプリ開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するアプリ開発会社一覧

Androidアプリに関連する記事

Androidアプリに関連する記事一覧を見る

ゲームアプリに関連する記事

ゲームアプリに関連する記事一覧を見る