無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

アプリ開発会社の費用相場が
いますぐわかる!

更新日:2021年12月10日

アプリ開発の自社対応と外注のメリット・デメリット【2022最新版】

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、アプリ開発会社に依頼したいとお考えの方に向けて、外注する際のメリット・デメリットを解説します。

また、アイミツではアプリ開発会社についての詳細や、お客様の疑問が解決するよう細かなヒアリングも実施していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

アプリ開発を自社対応する場合と外注する際の違い

業務の遂行に特化した業務アプリや、会社の公式アプリなど、企業がアプリ開発することがここ数年急速に増えています。アプリ開発と聞くと、「専門的な知識が必要なため、外注するしか方法はない」と思う方も多いでしょうが、スキルや知識を持ったスタッフが自社に在籍しているのであれば、内製化も可能です。

自社でのアプリ開発と外注することの大きな違いは、主に費用面とクオリティ面にあります。自社で賄う場合は、アプリ開発の知識やスキルを持った社員に開発を任せることができれば、費用面を抑えることができます。その反面、アプリ開発会社に外注をする場合は、さまざまな機種に対応するものや、高度な技術が必要なアプリまで開発することができます。

費用の面では、自社開発した方が抑えられますが、高クオリティで確実に成果につなげたいのであれば外注をおすすめします。

自社対応した場合のメリット・デメリット

アプリ開発を自社対応するか、外注するかを選定するうえで重要なのは両者のメリットとデメリットを正確に把握することです。まずは、アプリ開発を自社対応する場合メリットとデメリットを見ていきましょう。

自社対応した場合のメリット

アプリ開発を自社対応することの一番のメリットは、開発費用が抑えられる点でしょう。

アプリ開発を自社対応する場合、アプリ開発の知識やスキルを持ったスタッフに任せることになるわけですが、そのスタッフの人件費以外に大きな費用は必要ありません。パソコンなどの開発環境が整備されているのであれば、App Storeの登録費や、Google Play登録費などが必要になるくらいです。

また、自社でアプリ開発を行う場合は、社内プロジェクトとなります。スケジュールの調整や仕様変更などの融通が利きやすい点も自社開発のメリットでしょう。

自社対応した場合のデメリット

アプリを自社開発することの代表的なデメリットは、外注した場合に比べ、クオリティが低いものが出来上がる恐れがある点です。

自社開発する場合、アプリのクオリティは担当者の能力次第となってしまいます。十分な能力を持たない人が担当者になってしまった場合、ただ作っただけで何の成果にもつながらない低品質なアプリが出来上がってしまう可能性もあるでしょう。

また、自社開発する場合、担当者は本業の時間を割いて開発にあたることになります。アプリ開発に時間を取られるあまり、本来の業務に支障をきたしてしまう可能性があります。
さらに、アプリ開発を担える人材が社内にいない場合は、新しく人材を採用する必要も。開発後の運営など、長期的なスパンで考えると、アプリ開発会社に外注した方が安い場合もあるため、どのようなスキルが必要なのか、現状のままでも開発や運営が可能か、などを検討してみましょう。

アプリ開発会社に外注した場合のメリット・デメリット

次に、アプリ開発を開発会社に外注した場合のメリットとデメリットを見て来ましょう。自社対応するか外注するかを選ぶ際には、両者のメリットだけではなく、必ずデメリットも把握してください。

アプリ開発会社に外注した場合のメリット

アプリ開発を開発会社に外注することの最大のメリットは、高いクオリティのアプリが期待できる点でしょう。日ごろからアプリ開発を手掛けているプロフェッショナル集団に依頼することで、クオリティを上げられるだけでなく、アプリや会社のイメージアップにもつながります。

さらに、アプリの種類に応じて、その分野を得意とする会社を選ぶことができます。例えば「ECサイトの開発に定評のある会社」や、「公式アプリの開発実績が豊富な会社」といったように、それぞれの強みを生かしたアプリの開発会社を選択できます。

また、企画から開発まで、スケジュール通りに進めやすいというメリットもあります。「キャンペーン開始に合わせてのリリース」や、「新商品発売に合わせてのリリース」といったスケジュールありきの開発でも、日程の管理も含めて任せることができます。

このようなメリットから、高品質なアプリの開発や、リリースに向けてスケジュール通りに進めたいという方は、アプリ開発会社への外注がおすすめです。

アプリ開発会社に外注した場合のデメリット

アプリ開発会社に外注するデメリットとしては、費用がかかるという点です。依頼する会社によって価格は異なりますが、自社で開発するよりも高くなる場合が多いです。

ただし、自社で対応する場合も、アプリ開発ができる人材の採用や、高スペックなパソコンの準備などが必要な場合は、費用がかさむ可能性もあります。アプリの企画から開発、運営まで、数年単位や長期的に見ると、新たに人件費や固定費をかけるよりも、アプリ開発会社に発注する方が安いということも十分にありえるでしょう。

自社に設備や人材が揃っていない、クオリティの高いアプリを開発したい、スキルやノウハウがないという場合は、アプリ開発会社への外注がおすすめです。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるアプリ開発会社から貴社の要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

アプリ開発の外注先の選び方・ポイント

アプリ開発における外注先の選び方・ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

アプリ開発を外注するときの成功のコツ・失敗例

アプリ開発を外注するときの成功のコツ・失敗例を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

まとめ

アプリ開発を自社で対応する場合にも、外注する場合にもメリットとデメリットがありますが、高いクオリティのアプリを開発し、確実に成果につなげたいのであれば、アプリ開発会社に外注しましょう。

開発するアプリの種類や規模に応じて、依頼すべき会社は異なりますが、「どの会社に依頼すればいいかわからない」というお悩みをお持ちの方も多いかと思います。そのようなお悩みをお持ちの方は、ぜひアイミツにご相談ください。数ある開発会社の中から、ニーズや予算に最適な会社を複数紹介いたします。

アプリ開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するアプリ開発会社一覧

iOSアプリに関連する記事

iOSアプリに関連する記事一覧を見る

Androidアプリに関連する記事

Androidアプリに関連する記事一覧を見る

スマホアプリに関連する記事

スマホアプリに関連する記事一覧を見る