新たにソーシャルゲームを開発する際の費用はどれくらい必要か

笑顔の女性

更新日:2017年09月15日 | 公開日:2016年10月12日

費用もかかる制作期間もかかるのがソーシャルゲームアプリ開発の現状

ガラケーの時代はFlashやPHPなどの開発言語で、MobageであればMobageの開発規約、GREEであればGREEの開発規約に従ってアプリの開発を行えばよかったのですが、スマートフォンが主流となった現在ではAppleのiOSとGoogleのAndroidと環境が大きくわかれており、それぞれのOSに合ったアプリ開発を行う必要があります。
もしどちらにも対応しようとするのであれば、それぞれ違う開発言語で2つのアプリを作る必要があり、単純に考えると費用も倍、さらに開発期間も倍かかるということになるのです。

また、スマートフォンの画面サイズや画質といった性能が高まったこともあり、より綺麗でクオリティの高い映像を提供しなくてはならず、ソーシャルゲームアプリの開発コストは上がることはあっても下がることはまずないのです。

ほとんどの開発業者は苦悩の雨に中にいる

アイコンが並んだスマホ画面

ソーシャルゲームのアプリを作って、その売り上げで運営費を賄ったり、開発費さえも回収しようとどの開発業者も考えますが、ほとんどのソーシャルゲームアプリは赤字となっているといってもいいでしょう。

例えば開発したソーシャルゲームが好評で月1,000万円の売り上げがあったとすると、1年で1億2千万円。開発費に1億円かかっていたとすると10ヶ月で開発費は回収できるという計算になりますが、実際はそうではありません。

売り上げの1,000万円から最初にAppleやGoogleに手数料として30%を支払わなくてはならないため、それを差し引くと700万円で、さらにそこからサーバー代、人件費、広告費といったコストも発生します。
仮にそのコストが200万円かかったとすると残りが500万円となるため、1億円の開発費を回収するためには20か月かかることになります。
月々の売り上げも1,000万円より下がることも当然あるため、それを考えるとそれ以上の年月がかかることが想定されます。

そうした状況から体力(資金力)のない企業は生き残れずに消滅していく運命にあるというわけです。

宝くじは買わないと当たらない

マウスとキーボード

「宝くじは買わなければ当たらない」という言葉を聞くことがありますが、ゲームアプリの開発に関しても同じようなことが言えます。
ソーシャルゲームはヒットすれば赤字であったとしても一気に解消することができる「当たれば大きい」というチャンスもあります。

一例を挙げると、ファイナルファンタジーの大ヒットで知られているスクェア(現スクウェア・エニックス)は、開発したゲームのヒットに恵まれず業績が悪化し倒産寸前までになった時期がありました。
これが売れなければ会社を畳もうと考えていた時にリリースしたのが「ファイナルファンタジー」で、52万本という売り上げを記録し、それまでのマイナスをプラスに変えました。
その人気はシリーズとなり、現在も続いています。

また、SNSサービスで名を馳せたmixiが不振とささやかれていた時期に「モンスターストライク」というソーシャルアプリをリリースし、そのヒットによりそれまでの経営不振は一気に解消し、株価も右肩上がりとなったというエピソードもあります。

ソーシャルゲームはヒット作がひとつでも出せれば、それまでの経営不振などは一気に吹き飛んでしまうのです。
そうした大逆転を常に夢見て、ソーシャルゲームアプリを作成している開発会社が多数あるのです。

【まとめ】ソーシャルゲームを作り続ける会社を応援します!

アプリ開発でソーシャルゲームを作成し運営して行くためには、開発費以外にも運営費が必要となります。
運営費は主に携わったスタッフの人数分の給与、サーバーなどのインフラ費、AppleやGoogleに支払う手数料、広告費、その他の諸経費などです。
やはり、ソーシャルゲームアプリはリリースしても少なくとも2~3年はサービスを続けないと元が取れない計算になります。

どんなゲームでもヒットする、ヒットさせるという気概で開発しているのは間違いないのですが、実際にヒットするかどうかはやはりリリースしてみないとどうなるかは分からないものです。
それを理解したうえで、なおかつソーシャルゲームアプリを作り続ける果敢な開発会社には、エールを送りたいところですね。

日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』が管理している7万社以上の企業データベースの中にはアプリの企画・開発を行っている会社も数多く登録されています。
疑問や質問などがあれば専門のコンシェルジュが完全無料にてお答えしていますので、いつでも気軽に相談してみてください。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください