アプリ開発

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

学習(教育)アプリ開発
定評のあるアプリ開発会社7選

利用料0円

簡単 !3ステップ

優良会社の”価格”も比べられる!

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    手間なく見積もりが
    集まります

本当におすすめ出来る7社をピックアップ
学習アプリに定評のある開発会社をアイミツが徹底調査

あなたの発注をサポートするアイミツコンシェルジュのアプリ開発専門チームが、学習アプリに定評ある開発会社を、「実績」・「価格(コストパフォーマンス)」・「提案力」・「アンケート・口コミ」などの観点で徹底調査し、本当におすすめ出来る7社をピックアップしました。

学習アプリに定評ある開発会社の紹介だけではなく、「どんな人におすすめか」「失敗しないために、どういう点に注意すべきか」などのポイントもご紹介していきます!

アプリ開発会社をご紹介する前に、価格で失敗しないために、『アプリ開発の費用と料金相場』で相場や価格帯ごとの制作例を確認しておきましょう!

アプリ開発の平均相場は250万円ですが、Androidアプリ・iPhoneアプリは150万円から、ソーシャルゲームは3,000万円からと、タイプによって開発費用の総額にはかなりの幅があります。

搭載する機能や構成要素などにより開発規模が異なってきますが、アプリ開発会社のホームページを見ても、具体的な開発費用を記載していないところがほとんどです。

そのため、開発会社に見積もりを依頼するときのポイントとしては、どのような目的でアプリ開発を行うのかなど、しっかり要件定義することが重要になります。

「あの有名アプリみたいなものを開発したい」というように、ざっくりした要望での見積もりでは、希望の開発費用との間に大きな開きが生じて、失敗につながってしまうこともあるでしょう。

アイミツでは、経験豊富なコンシェルジュがお客様のご要望をうかがって、最適なアプリ開発会社の紹介を行っていますのでお気軽にご利用ください。

1. 格安で学習アプリが開発できる会社3選

1-1. 株式会社エレファンキューブ

株式会社エレファンキューブ

エレファンキューブは、東京都文京区に拠点を持つアプリ開発会社です。eラーニング・デジタル教材を専門とした会社であり、企業研修用教材、学校・学習塾向け教材、学習アプリケーション開発などを行っています。
アプリ開発では、ベストな教育効果を出すために、どのような構成・表現・UIにすべきかなど、クライアントとの徹底したヒアリングのなかで最適な提案を行っていきます。
学習アプリでは、内容の改訂や問題の追加など、開発後も随時修正が必要となるため、更新作業を行うたびに高い費用が発生しないよう、あらかじめメンテナンスを見据えた設計を施しています。開発時だけでなく、トータル的に費用を抑えられるので、お得な開発サービスです。問題集や単語帳をはじめ、通常学習・反転学習、辞書・資料集といった学習アプリを開発してきた実績があります。

こんな人におすすめ
・できるだけ費用を抑えて学習アプリ開発を行いたい方
・柔軟な対応ができるアプリ開発会社を探している方
・学習アプリ開発の実績豊富な会社に依頼したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
2008年
会社所在地
東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル4F
電話番号
03-6457-5801
会社サイト
http://makeapp.elephancube.jp/

1-2. 株式会社CAIメディア

株式会社CAIメディア

CAIメディアは、静岡県浜松市にある1995年設立の会社です。スマートフォン用アプリ開発をはじめ、webシステム制作、ロボット開発、ソフトウェアの販売などを行っています。
アプリ開発に関しては、これまで数々の実績とノウハウを蓄積しており、費用対効果の高いサービスを提供しています。きめ細やかな対応力も大きな魅力で、費用の削減にも貢献しています。
主なスマートフォン向けアプリ開発の実績としては、学習塾向けeラーニングアプリ、本格的な自分史を作るための素材作成アプリなどがあります。また、任天堂DSソフトの開発実績を持っていることも大きな特徴です。学研教育出版の「算数パズルで磨く 大人の思考センス」「中国語三味DS」「えいご三味DS」など、学習アプリのみならず様々な開発実績を持っています。

こんな人におすすめ
・できるだけ費用を抑えて学習アプリ開発を行いたい方
・学習アプリ開発の実績豊富な会社に依頼したい方
・初めてアプリ開発を依頼する方

予算感
要問い合わせ
設立年
1995年
会社所在地
静岡県浜松市中区砂山町348-12 オレンジビル2F
電話番号
053-413-2100
会社サイト
https://www.caimedia.jp/

1-3. ティ・アンド・ティ・ユナイテッド株式会社

ティ・アンド・ティ・ユナイテッド株式会社

ティ・アンド・ティ・ユナイテッドは、埼玉県和光市に拠点を持つ2011年設立の会社です。スマートフォンやタブレット向けのアプリ開発をはじめ、法人向けモバイル学習ソリューション開発、テキスト教材・問題集の電子出版などを行っています。
アプリ開発は教育系アプリに特化して開発を行っており、30以上の教育アプリをリリース。これまでの経験を活かして、予算やニーズに適したアプリ開発を行うことが可能です。
また、過去に開発した教育アプリでは年間1万件以上のダウンロードを達成した実績も持っています。教育機関、塾・予備校、出版社などと幅広く取引を行っている実績の多さも魅力です。実績に裏付けされた技術力と、柔軟な対応力と機動力で、数多くのクライアントから好評を得ています。

こんな人におすすめ
・できるだけ費用を抑えて学習アプリ開発を行いたい方
・学習アプリ開発の実績豊富な会社に依頼したい方
・アプリを開発したい教育機関の方

予算感
要問い合わせ
設立年
2011年
会社所在地
埼玉県和光市本町31-11-616
会社サイト
http://www.ttui.co.jp/

格安で学習アプリが開発できる会社を紹介しました。

一般的に、アプリ開発では「作業人数(人件費)× 期間」によって算出される金額が開発費用となります。
つまり、納品までの工数が増えるほど費用は大きく膨らんでいくと言えるでしょう。

「機能を充実させたいけどなるべく開発費用は抑えたい」
「質も費用も妥協できない」

という方は、自社にぴったりな発注先を探すのに時間がかかってしまうかもしれません。

アプリ開発会社を探す手間を大幅にカットしたい方は、ぜひアイミツにお問い合わせください。多くの料金相場を知り尽くしたコンシェルジュが、最適な発注先をおすすめします。

次に、学習アプリの開発実績豊富な会社を紹介します。

2. 学習アプリの開発実績豊富な会社2選

2-1. アジアクエスト株式会社

アジアクエスト株式会社

アジアクエストは、東京都千代田区に本社を構え、福岡県・大分県にもオフィスを構える会社です。アプリ開発をはじめ、webシステム開発、IoTソリューション、インフラ構築などを行っています。
アプリ開発は、BtoC、BtoBを問わず、様々な種類のアプリ開発が可能。業務系アプリ、PDFビューア・電子書籍ビューアプリ、写真・動画投稿アプリ、ニュースアプリなどを手がけてきた実績を持っています。
教育業界向けでは、スケジュール管理機能を搭載した学習系アプリを開発。このアプリでは、受験日や目標を設定し、スケジュール管理機能と連携されることで、効果的に学習することが可能です。
ほかにも、通信教育事業を展開するクライアントや、資格試験の予備校、学習塾などから、アプリ開発に関する依頼を多数受けています。

こんな人におすすめ
・学習アプリ開発の実績豊富な会社に依頼したい方
・スケジュール管理アプリを開発したい方
・初めてアプリ開発を依頼する方

予算感
要問い合わせ
設立年
2012年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都千代田区飯田橋3-11-13 FORECAST飯田橋6F
電話番号
03-6261-2701
会社サイト
https://www.asia-quest.jp/

2-2. 株式会社ユニティ

株式会社ユニティ

ユニティは、大阪府大阪市に本社を構え、東京都中央区に支社を持つ2003年設立の会社です。アプリケーション開発をはじめ、webシステム開発、ホームページ制作などを行っています。
アプリ開発では、これまでiPhone・ Android向けの学習系アプリを多数開発。脳トレやタイピング、パズルをはじめ、文字や音楽、図形認識、数字やお金の計算など、様々な機能を搭載したアプリをリリースしてきました。
企画から開発、ストア配信まで一貫してアプリ開発が行える体制を構築しており、クライアントの「できたら便利・あったら嬉しい」を形にしています。
また、システム開発でも、iPadやiPhoneと連携した使い勝手のいいシステムを開発。予約管理や集客支援など、クライアントの業務効率化にも貢献しています。

こんな人におすすめ
・学習アプリ開発の実績豊富な会社に依頼したい方
・子供向けの学習アプリを開発したい方
・学習アプリを開発したい大阪府の方

予算感
要問い合わせ
設立年
2003年
会社所在地
大阪府大阪市西区阿波座1-4-4 野村不動産四ツ橋ビル2F
電話番号
06-4391-8880
会社サイト
http://www.uni-ty.com/

学習アプリの開発実績豊富な会社を紹介しました。

アプリ開発の実績を見て依頼先を探すときには、iOS、Androidなどの対応OSはもちろん、これまで手がけたアプリの種類やジャンル、取引先企業の業種にも注目しましょう。

自社と同じ業種や似たようなアプリ開発の実績があれば、ノウハウの蓄積があり、スムーズなやりとりができる可能性が高まります。

アイミツでは、過去5万件以上の実績データから、要望に応じたおすすめのアプリ開発会社を無料で紹介しています。
実績のあるアプリ開発会社をお探しの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

それでは最後に、学習アプリ開発に定評ある技術力の高い会社を紹介します。

3. 学習アプリ開発に定評ある技術力の高い会社2選

3-1. スキルエンジン株式会社

スキルエンジン株式会社

スキルエンジンは、東京都新宿区に拠点を持つ2006年設立の会社です。アプリ開発をはじめ、ソフトウェア開発、システムコンサルティング、ITスクールの運営などを行っています。
社内にはアプリ開発担当のエンジニアとは別に、サーバサイド開発の経験豊富なエンジニアが在籍。データベースやAPIの設計、管理画面の作成、AWSを活用したサーバ環境の設計など、まとめて対応可能な技術力を持っています。
開発できるアプリのジャンルも幅広く、教育系アプリはもちろん、業務用アプリ、位置情報を利用したGPSアプリ、todo管理アプリなど、どんな分野のアプリでも開発可能です。開発後のアップデート、不具合対応などのサポートも万全体制を整えています。サーバサイドも含めたアプリでは、24時間のサーバ監視体制でセキュリティーの強化に努めています。

こんな人におすすめ
・技術力の高い開発会社を探している方
・幅広いジャンルに対応できる開発会社に任せたい方
・サポート体制万全のアプリ開発会社に依頼したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
2006年
会社所在地
東京都新宿区新宿1-36-12 サンカテリーナ6階
電話番号
03-6403-3010
会社サイト
http://skillengine.jp/

3-2. 株式会社想通

株式会社想通

想通は、2009年設立の東京都渋谷区に拠点を持つ会社です。スマートフォンアプリ開発をはじめ、コンシューマーゲーム企画開発、映像制作、webシステム開発などを行っています。
アプリ開発は、経験豊富なUI/UXデザイナー、プランナー、プログラマでチームを編成し、持ち前の高い技術力を活かして、クライアントの要望を形にしています。デザイン性の高さはもちろん、最新技術を活用した機能性の高いアプリを数多くリリースしています。教育アプリや知育アプリの開発実績も数多くあり、子供向けから大人向けまで、幅広いジャンルのアプリを開発可能です。
開発のコンセプトには「ブレ無く効率の良い開発」を掲げており、ブレずに迅速な開発を進めることで、クライアントとの信頼関係を深めています。

こんな人におすすめ
・技術力の高い開発会社を探している方
・デザインにこだわってアプリを開発したい方
・初めてアプリ開発を依頼する方

予算感
要問い合わせ
設立年
2009年
会社所在地
東京都渋谷区神南1-15-1 マリービル4F
電話番号
03-6452-5418
会社サイト
https://so2.co.jp/

学習アプリ開発に定評ある技術力の高い会社を紹介しました。

先端技術を活用して開発されたアプリの代表例としては、「ポケモンGO」「SNOW」などが有名ですが、学習向けのアプリでも先端技術は多く活用されています。

自社にとって最適な学習アプリを開発するのであれば、慎重に業者選定を行い、技術力の高さなどを確認しなければなりません。

アイミツでは、コンシェルジュが丁寧にヒアリングした上で過去の実績を元に業者を選定するので、お客様に最適な会社がすぐに見つかります。
今回紹介しきれなかったアプリ開発会社に関する情報も、数多く保有しているので、業者選定でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

利用料0円

簡単 !3ステップ

優良会社の”価格”も比べられる!

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    手間なく見積もりが
    集まります

学習(教育)アプリ開発でアプリ開発会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

教育・学習関連のアプリ開発を手掛けている制作会社は、教育コンテンツ制作に特化している会社が多く、受託開発とあわせて自社アプリにも力を注いでいるようです。会社としては中小規模ながらGoogle Playなどのアプリランキングで上位を獲得している会社も数多くあります。そうした自社開発アプリの多くは無料で利用できるので、実際にダウンロードして使ってみるとデザインや使い勝手など制作会社を選ぶうえでの参考になるかもしれません。また、最近ではあらかじめ用意された問題を短期間でアプリ化するサービスを提供する会社も増えています。eラーニング用コンテンツや研修資料が既に手元にあるのなら、そうしたサービスを利用することでコストを大きく削減できるでしょう。