無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

アプリ開発会社の費用相場が
いますぐわかる!

更新日:2022年6月6日

アプリのサーバーの費用相場、開発後のコストを解説【2022年最新版】

アプリ開発では、開発中の人件費だけでなく、サーバー費用やリリース後の保守・運用費用など、さまざまなコストが発生します。そこで今回は、アプリ制作会社などさまざまな外注先を比較検討できる「アイミツ」が、アプリ開発時・リリース後にかかる費用をはじめ、サーバーの費用相場、アプリの開発ポイントや注意点などを解説します。

【関連ページ】
あなたの目的別にアプリ開発会社をお探しいただけます。

こんなアプリ開発会社を探していませんか?

アプリ開発時・リリース後にかかる費用とは

アプリ制作では、「アプリ開発時」と「リリース後」の2つの工程で費用が発生します。以下で順に確認していきましょう。

アプリ開発時にかかる費用

アプリ開発時にかかる費用は、アプリの種類や開発期間・工数によって大きく変動するため、100万~3,000万円以上と大きな差が生まれます。主な費用の内訳を以下にまとめましたので参考にしてください。

エンジニアの人件費 60万〜180万円
プログラマーの人件費 40万〜180万円
デザイン費用 10万〜100万円
サーバー費用 数百円〜数万円


ちなみにアプリの開発中にかかる費用の大半は人件費であるため、工数や開発期間が長くなるほどトータルコストも高額になります。

リリース後にかかる費用

アプリは開発終了後、リリースすれば終わりというわけではありません。リリース後にも以下のようなコストがかかるため、頭に入れておきましょう。

・毎月のサーバーレンタル代
・ドメイン料(Webアプリの場合)
・OSアップデート時の対応費用
・アプリの不具合や機能改善を行う際の対応コスト
・アプリのアップデート費用


アプリは不具合の改善や機能の追加、改善などを継続的に行うことが重要であるため、リリース後にもさまざまな運用コストが発生します。

アプリ開発におけるサーバーの主な種類

一般的なアプリ開発では、以下3種類のサーバーを使い分けながら開発が進められます。それぞれの用途や役割を確認していきましょう。

開発サーバー

開発サーバーとは文字どおり、アプリ制作の初期段階である開発段階で開発者用のテスト環境などに利用されるサーバーです。
アプリ開発では複数の開発者が協力しながら進めていくケースが多いため、複数人が1台の開発サーバーに同居して作業を進める手法を取ることもあります。メンバー間で開発サーバーにおけるテストの結果や進捗結果を共有することで、スムーズに開発を進められる点がメリットです。

ステージングサーバー

ステージングサーバーは、本番環境に限りなく近い環境を用意し、主に最終テストとして用いられる動作確認のためのサーバーです。動作確認では以下のような点がチェックされます。

・本番環境でのシミュレーション
・開発環境と本番環境間の設定の差によって起こる検証漏れの確認
・使用感のチェック


利用目的があくまでも「本番環境で問題なく動作するか」をチェックすることであるため、ステージングサーバーはより本番環境に似せた状態を用意する必要があります。

本番用サーバー

本番用サーバーは、文字どおりユーザーへのリリース後に運用するためのサーバーです。私たちが普段使用しているアプリやWebサービスなどはすべて本番用サーバーに置かれているものです。本番環境を用いるということは、「すでにリリースされている」ということで、事前の動作確認や検証などはすべてステージングサーバーで完了しておく必要があります。本番環境で手順書・仕様書にない作業を行うと正常に稼働しなくなる危険性があるため注意が必要です。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるアプリ開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

こんなアプリ開発会社を探していませんか?

サーバーの費用と料金相場

アプリ開発では、開発段階だけでなくリリース後にもサーバーが必要なため、毎月サーバーのレンタル料が発生します。レンタルサーバーの費用相場は月額数百円~数万円程度ですが、ユーザーの数や通信量に比例してスペックの高いサーバーが必要で、規模の比例して月額料金も上がるため要注意です。
サーバーを選ぶ際には、アプリの開発・運用に必要なスペック、セキュリティ、サポートの充実度など、必要な要件を整理した上でマッチするものを選びましょう。

最適なサーバーの選び方

サーバーはアプリの開発をする場合、常に必要なもので毎月レンタル料が発生します。なるべく低価格のサーバーを選びたいと感じるかもしれませんが、料金面だけを優先するのはおすすめできません。価格だけ選んでしまうと、アプリへのアクセスが集中した際に通信エラーが発生するなど、致命的なトラブルを招くリスクが高まってしまいます。
大切なのは、アプリの規模や想定される接続数などを考慮し、最適な性能を持つサーバーを利用することです。基本的にサーバーの料金は、接続可能なユーザー数が多いほど値段が上がる仕組みとなっているため、利用者が少ない初期段階は低価格のサーバーを利用し、サービスが成長した際には増強するなど、段階的に対応するとよいでしょう。

アプリの作成費用を抑える方法

ここではアプリの作成費用を抑えるために覚えておきたい具体的な3つのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

必要な機能を正しく決める

アプリの開発コストは工数が増えるほど、開発期間が長くなるほど膨らんでいくため、アプリの利用目的を明確にした上で、実装する機能をあらかじめ固めておくことが大切です。
実装機能があいまいな状態でスタートすると、どうしても時間・工数がかさみやすくなるため、最初は搭載する機能を最小限にし、リリース後にユーザーの反応や意見などを参考にしながら段階的に改善していくのもひとつの手でしょう。

自社で対応できる部分を洗い出す

当然ではありますが、アプリ作成に関わる工程を外注に頼るほどトータルコストは膨れ上がります。もちろん内製化が難しい場合は外注がおすすめですが、自社で対応できる部分を洗い出すことにより、内製化して費用を抑えられるかもしれません。
近年では、アプリ制作に役立つ便利なツールも数多く提供されているため、要件定義やデザインなど、自社で対応できそうな部分は内製化してコストを節約しましょう。

レベニューシェアの検討

レベニューシェアとは、依頼者と制作会社がアプリ開発費用・運営費用を分担した上で、リリース後に得られる収益についてもあらかじめ決めた割合で分配する方法です。この方法は、開発費用を抑えられるだけでなく、リリース後に定められた配分以上の支払いが発生しないため、依頼者側には大きなメリットがあります。
ただし、制作会社側からすれば、リリース後にある程度収益が見込めるような提案でなければうまみが少ないため、企画力が求められる方法です。

こんなアプリ開発会社を探していませんか?

アプリ開発で注意すべき3つのポイント

最後に、アプリ開発で失敗しないために、とくに注意すべき3つのポイントを以下にまとめました。しっかり確認しておきましょう。

事前に課題を整理する

質の高いアプリを作成するには、「どのような人に、どのような場面で、どんな形で役立つのか」を明確化させることが大切です。そのため、事前に解決すべき課題を整理しておかなければいけません。
たとえば社内アプリであれば、活用を想定している部署における現状の課題を調査し、「何を優先的に解決したいのか」を整理しましょう。この際、社内にノウハウが不足しており、適切な判断が難しい場合は外部のプロの助けを得ることも視野に入れるのがおすすめです。

開発後には運用・保守費用がかかる

アプリはリリースして終わりではなく、リリース後に不具合の修正や、利用者の声を反映した機能追加・改善が必要です。もちろん、こうした開発後の保守・運用には費用がかかります。
毎月のレンタルサーバー代などのランニングコストはもちろん、手を加える場合には人件費が発生するため、開発を検討している段階で「開発後にも費用がかかる」ことを念頭に置いた上で予算を立てましょう。

複数の見積もりで比較する

アプリ開発では専門的なスキルやノウハウが求められる場面がいくつもあるため、必要に応じて外注を利用するのは効果的な選択です。ただし、外注先によって規模やクオリティが異なるだけでなく、料金についても大きな開きがあるため、外注する際には複数の見積もりを取ることをおすすめします。
比較検討時には、費用面だけでなく、各社の強みや特徴を理解した上で、「料金に見合った提供サービスとなっているか」を基準に相性の良い会社を選びましょう。

こんなアプリ開発会社を探していませんか?

【料金シミュレーター】あなたのしたいアプリ開発の相場感がわかります

アプリ開発費用のより具体的な相場感を知るために役立つ料金シミュレーターを用意しました。自社のニーズに当てはめながら、どの程度の費用がかかるのかをぜひチェックしてみてください。

【まとめ】アプリ開発会社選びで迷ったらアイミツへ

アプリ開発にかかるコストの大半は、エンジニアやプログラマーなどの人件費です。コストを抑えるには無駄をそぎ落としながら、自社で対応できる部分は内製化するなど、工数・開発期間を抑える工夫が大切。
ただし、外注する際の料金は制作会社によって異なるため、予算に収まる範囲内ならやはりすべて外部に任せた方が手間はありません。アプリ開発会社選びにお困りの方は、アイミツをお気軽にご利用ください。資料や見積もりの一括請求だけでなく、ご要望に沿った候補をピックアップすることも可能です。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
アプリ開発会社一覧

こんなアプリ開発会社を探していませんか?

アプリ開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するアプリ開発会社一覧

iOSアプリに関連する記事

iOSアプリに関連する記事一覧を見る

Androidアプリに関連する記事

Androidアプリに関連する記事一覧を見る

スマホアプリに関連する記事

スマホアプリに関連する記事一覧を見る