無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年3月29日

YouTube広告の効果やメリット・デメリット【2022年最新版】

昨今、急速に勢いをつけているのがYouTube広告です。業種問わずさまざまな企業がYouTube広告を配信しており、優れた宣伝効果によって売上アップや認知度向上につなげています。
そこでこの記事では、「YouTube広告を配信してみたいが、どのようなメリット・デメリットがあるのか気になる」という方に向けて、その詳細から効果を高めるためのポイントまで徹底解説。YouTube広告の配信を検討中の方はぜひ参考になさってください。

【関連ページ】
YouTube広告にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にネット広告会社をお探しいただけます。
YouTube広告運用ができるネット広告会社一覧
動画広告の平均費用と料金相場|おすすめの動画制作会社もご紹介【2022年最新版】

YouTube広告に期待できる効果やメリットとは

はじめに、YouTube広告を配信することによって期待できる効果やメリットについて確認していきましょう。
YouTube広告を配信するメリットは数多くありますが、今回は以下の3点にしぼって紹介していきます。

コストパフォーマンスに優れている

YouTube広告を配信するメリットとしてはじめにあげられるのが、コストパフォーマンスに優れているというポイントです。広告を掲出・配信するとなると、どうしても気になるのが費用面。広告費用は高いというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。
しかしYouTube広告の場合は、目的や予算に合わせて広告フォーマットを選択でき、予算も1,000円程度の低価格からはじめられます。動画を視聴してもらえない場合は広告費が発生しないなど、無駄な費用を防止できるのもうれしいメリットでしょう。

ターゲティングや効果検証が簡単

動画広告に限らず、広告を配信する上では、ターゲティングや効果検証をいかに正確に、そしてスムーズに行うかが非常に重要です。ターゲティングが適切でないと、思うような広告効果は得られず、効果検証もきちんと行われなければ改善にはつながりません。
その点、YouTube広告では、セグメント機能を活用することによって、正確なターゲティングが可能。住んでいる地域や性別、年齢、よく利用している時間帯や曜日、さらには好みなどといった情報をもとにセグメント分けして広告を配信できます。高い効果に期待できるだけでなく、検証もスムーズです。

サービスの認知度アップに強い

YouTube広告の配信によって得られる効果として、サービスの認知度アップがあげられます。YouTubeは、1日に10億時間以上も再生されている動画配信プラットフォームです。日本国内だけでも、1ヵ月あたりのユーザー数は6,500万人(2020年9月時点)を記録しており、ターゲットできるユーザー数が圧倒的と言えるでしょう。
多くの人々に広告を再生してもらえるため、売上アップだけでなく、ひとまずはサービスの認知度を広めたいという場合にも非常に効果的です。

YouTube広告を配信するデメリット

続いては、YouTube広告を配信するデメリットについても確認しておきましょう。メリットだけでなく、デメリットも把握しておくことによって、配信する際の注意点をおさえられるはずです。

動画のクオリティによっては逆効果

YouTube広告は宣伝効果が非常に高いとして多くの人気を集めていますが、効果を発揮するのはあくまでもクリエイティブがきちんと制作されている場合です。YouTube広告に用いる動画制作を蔑ろにし、クオリティの低い広告を配信してしまえば、かえって商品やサービスに対してマイナスイメージを持たれてしまうかもしれません。
YouTube広告で効果を発揮させるためには、まず肝心の動画広告制作を慎重に行うよう心がけましょう。

見てもらえない可能性もある

多くの人に配信できるからと言って、必ず動画をみてもらえるわけではありません。YouTube広告のなかにはユーザー側でスキップできるものもあり、その場合は最初の5秒間しか広告を見てもらえないため注意が必要です。
また、YouTubeの視聴者には、画面をずっと見ているのではなく、耳で聴きながら他の作業をしているユーザーも少なくありません。そういった場合では、スキップされなくとも動画は見てもらえません。音を聴いているだけのユーザーにも訴求できるように、ナレーションやBGM、効果音などにもこだわるべきでしょう。

動画制作にコストがかかる

先ほど、動画広告をきちんと制作しなければYouTube広告であっても効果は出ないと説明しましたが、動画制作を行うためにはそれなりにコストがかかってしまいます。
制作会社やサービスによっては、15秒ほどの動画を10万円以内で制作できる場合も少なくありませんが、よりクオリティにこだわりたい場合には、費用が100万円以上かかることもめずらしくありません。
ボリュームゾーンとしては20~80万円ほどですが、動画の内容や長さによって費用は大きく異なります。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるネット広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

YouTube広告の効果を高めるポイント3つ

最後に、YouTube広告の効果を高めるポイントをご紹介していきます。以下の3つのポイントに注意しておけば、YouTube広告の効果をさらに高められるでしょう。

冒頭5秒が肝心

先ほどにも述べた通り、YouTube広告はユーザーにスキップされてしまうことも少なくありません。広告を確実に再生してもらえるのは、冒頭の5秒間のみ。この5秒間でユーザーの心を掴めなければ、スキップされてしまい宣伝効果は見込めないでしょう。
逆に言えば、冒頭の5秒間でユーザーの関心を集めることができれば、そのまま再生し続けてもらえるということ。動画を制作する際には冒頭の5秒間を重要視して作ることで、より効果を高めることができます。
また、認知拡大を狙う場合は、社名やブランド名、ロゴ、キャッチコピーなどといったユーザーに伝えたい情報を、冒頭の5秒におさめるようにしましょう。

KPIを適切に設定

YouTube広告で効果を高めるためには、KPI設定を適切に行うことも非常に重要です。まず、なぜYouTube広告を配信するのか、目的を明確にしておかなければなりません。
目的が不明瞭なまま広告運用を行っても、費用が膨らんでいくばかりで効果は見込めないでしょう。その点、広告運用をはじめる前に目標を明確にし、KPI設定をきちんと行なっておけば、効果検証や改善もスムーズに進められます。YouTube広告の効果をさらに高めることも可能です。

目的に合ったYouTube広告を選択

YouTube広告には、インストリーム広告やバンパー広告、ディスカバリー広告などさまざまな種類があります。そのため、目的にマッチしたフォーマットで配信することが非常に重要です。
たとえば、商品やサービスの認知度アップ、潜在層へのリーチなどを目的にYouTube広告を配信したいという場合には、インストリーム広告やバンバー広告がおすすめ。インストリーム広告は冒頭の5秒までは確実に再生され、バンパー広告は動画自体が6秒以下と短い代わりにスキップができません。必ず再生してもらえるというメリットを活かし、商品やサービス名、キャッチコピーなどを短い時間でアピールしましょう。
一方で、クリックされやすいものを配信したい、購買につなげやすい広告を配信したいという場合には、YouTubeの検索結果やYouTubeモバイルアプリ版のトップページなどに配信されるディスカバリー広告がおすすめです。Googleの調査(参考:「Surface your videos when viewers are looking for what to watch with TrueView discovery ads」https://www.blog.google/products/ads/trueview-video-discovery-ads/)によると、ディスカバリー広告はインストリーム広告の5倍もの割合でクリックされているというデータも残されています。

ネット広告料金表

ネット広告の費用をご紹介します。

ネット広告料金表
ネット広告の種類 費用相場
動画広告 10円〜/1再生
アフィリエイト広告 3万~5万円
Twitter広告   クリック課金:24~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000表示ごとに400~650円    
Instagram広告   クリック課金:40~100円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示ごとに500~1,000円    
Facebook広告    クリック課金:100~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示されるごとに100~500円    
LINE広告     クリック課金:24~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示ごとに400~650円    
TikTok広告 起動画面広告(インプレッション課金型):1,000回表示ごとに770円

ネット広告の費用をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターのご利用をおすすめします。

まとめ

今回は、YouTube広告を配信するメリット・デメリットや効果を高めるためのポイントを中心に解説してきました。日本のみならず世界中で多くのユーザーを持つ動画配信プラットフォームであるYouTubeは、今後もニーズの上昇に期待できます。より多くの人に効率的に宣伝を行いたいという場合には、YouTube広告が非常におすすめの手段だと言えるでしょう。
しかし、YouTube広告を配信すれば必ず成果が出るというわけではありません。社内に広告運用ノウハウがない場合や、広告運用に割く時間がないという場合は、ネット広告会社に相談するのがベストです。

アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うネット広告会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
YouTube広告運用ができるネット広告会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
動画広告の平均費用と料金相場|おすすめの動画制作会社もご紹介【2022年最新版】

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!