無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年3月29日

ディスクリプション(description)とは?基礎から書き方、文字数まで解説!【2022年最新版】

Webページの制作に触れたことがある人なら、ディスクリプション(description)という言葉を目にしたことがある人は多いのではないでしょうか?

この記事では、営業・バックオフィスなど、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、ディスクリプション(description)について、SEO効果の有無や適切な文字数、書き方、記述ポイントなどを詳しくまとめています。わかりやすいディスクリプションを挿入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
SEO対策にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にネット広告会社をお探しいただけます。

SEO対策の平均費用と料金相場|早見表つき
SEO対策代行に強いネット広告会社一覧

ディスクリプション(description)とは

インターネットにおけるディスクリプション(description)とは、Webサイトの内容を解説する文章のことを指します。

Googleなどの検索エンジンで検索結果が表示された際にページタイトルの下に表示されることが一般的で、Webページ上では表示されません。Webページを構成する「metaタグ」を用いて記述されるため、「メタディスクリプション」とも呼ばれます。

ディスクリプションをWebページに挿入する主な目的は、検索エンジンにコンテンツの内容を理解してもらうためです。検索エンジンは、「検索エンジン内のロボットがWebページの内容を把握し、検索が行われた際にキーワードに合ったページを結果として表示する」という仕組みを取っています。

メタディスクリプションを挿入していると、ロボットがWebページの内容をより適切に判断しやすくなるのです。

ディスクリプションはSEO効果はある?

SEOの観点から見ると、適切なメタディスクリプションを挿入することは、クリック率とユーザーの利便性の2点に影響を与える可能性があると言えます。詳しく確認していきましょう。

2-1.クリック率に影響を与える

一般的にメタディスクリプションは検索結果のページタイトル下に表示されます。検索を実行したユーザーは、ページタイトルとメタディスクリプションを読んで、そのWebページを表示するか(クリックするか)どうかを決めている可能性が高いです。

メタディスクリプションを読んで「このページは求めている情報がありそうだ」と思わせることができれば、クリック率(CTR)は上がるでしょう。

Googleは明言していませんが、CTRが上がれば検索結果の表示順位も上昇する可能性が高いと言えます。「CTRが高い=多くの人が必要とする有用な情報を掲載しているページである」と判断してもらえる可能性が高いためです。

2-2.ユーザーの利便性に影響を与える

適切なメタディスクリプションの挿入することでユーザーは求めている情報があるかどうかを素早く判断できるため、ユーザーの利便性向上につながると言えるでしょう。「Googleが掲げる10の事実」を確認すると、Googleはユーザーの利便性を第一に考えていると明言しています。Googleという検索エンジンにもその考えは反映されているでしょう。

ユーザーの利便性が高くなるよう努めているページは、評価が高くなることが予想されます。直接的な影響とは言えないものの、そのような観点から、メタディスクリプションの挿入はSEO対策として実行しておくべきだと言えるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるネット広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ディスクリプションの文字数

メタディスクリプションに最適な文字数は、70文字前後であると言えます。実際に検索結果を確認するとわかりますが、メタディスクリプションは70文字前後しか表示されないためです。

しかし、「検索エンジンにコンテンツの内容を理解してもらう」という挿入理由もあるため、ユーザーの目を気にして必ず70文字前後に留める必要はないでしょう。実際は70~120文字程度で、Webページ(コンテンツ)の内容をわかりやすく表記できれば問題ありません。

ディスクリプションの書き方

ディスクリプションは、以下のような流れで作成することが一般的です。

①上位表示したいキーワードをピックアップする
②キーワードを含めながらコンテンツ(Webページ)の内容を簡単に説明する
③「読むことでどのような利益を得られるのか」を記載する
④同じような記事とどのように違うのかを記載する
⑤読んでほしい人が求めている情報が含まれているか確認する


大切なのは、ピックアップしたキーワードを用いて検索を実施したユーザーの気持ちになって考えることです。ユーザーがどのような情報を求めているのかを想像し、どのようなページタイトルとディスクリプションであればクリックしたくなるかを考えながら記述していきましょう。

ディスクリプションの例

実際のディスクリプションのなかでも、参考にしたいディスクリプションを記述している企業のWebサイトをピックアップしました。(2022年3月現在)

・日本製鉄(鉄鋼メーカー)
日本製鉄のオフィシャルサイトです。新日本製鉄と住友金属が統合して誕生した新日鉄住金は、2019年4月に商号を変更し、日本製鉄として新たなスタートをきりました。(79文字)

・デニーズ(ファミリーレストラン)
デニーズは旬の素材を使用したハンバーグ、デザートやステーキ、ライスプレート、パスタ、サラダ、和膳、ランチなどを提供するファミリーレストランです。facebookで随時情報を更新中(89文字)

・アナグラム(Web広告代理店)
リスティング広告、Facebook広告などのご相談は、 運用型広告コンサルティング専門アナグラム株式会社へ(53文字)

どれも会社として伝えたいメッセージがはっきりしています。どのような事業を展開している会社・店舗なのかが簡潔に理解でき、コーポレートサイト(企業のWebサイト)のメタディスクリプションとしての役割を果たしていると言えるでしょう。

ディスクリプションを記述する際のポイント

ディスクリプションを記述する際は、以下のようなポイントに気をつけましょう。

簡潔な表現を用いる
ここまでお伝えしてきたとおり、ページの内容をわかりやすく表現するよう心がけましょう。

前半50文字に大切な内容を記載する
検索結果を見たユーザーに伝えたいことを前半に盛り込み、ロボットに理解してほしい内容やキーワードは後半に入れ込んでバランスを取っていくと作りやすくなるかもしれません。メタディスクリプションの「Webページの内容をロボットに正しく理解してもらう」という役割も意識して作成してみましょう。

ページごとに適切な内容を記述する
検索キーワード次第では、TOPページ以外のページにアクセスが集中する可能性があります。たとえば、有用な情報を記載した企業ブログは、その記事にのみアクセスが集中するということも考えられるでしょう。そのため、TOPページの内容を使い回さず、ページ一つひとつに適切なメタディスクリプションを記述してあげることが大切です。

ネット広告料金表

ネット広告の費用をご紹介します。

ネット広告料金表
ネット広告の種類 費用相場
動画広告 10円〜/1再生
アフィリエイト広告 3万~5万円
Twitter広告     クリック課金:24~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000表示ごとに400~650円    
Instagram広告    クリック課金:40~100円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示ごとに500~1,000円    
Facebook広告    クリック課金:100~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示されるごとに100~500円    
LINE広告     クリック課金:24~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示ごとに400~650円    
TikTok広告 起動画面広告(インプレッション課金型):1,000回表示ごとに770円

ネット広告の費用をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターのご利用をおすすめします。

【まとめ】SEO対策を依頼するならネット広告会社へ

メタディスクリプションの設定を含むSEO対策は、専門知識が必要なため、外注している企業も多くあります。自社にノウハウがなくとも、SEO対策の実績があるネット広告会社であれば、安心して依頼できるでしょう。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うネット広告会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
SEO対策代行に強いネット広告会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
SEO対策の平均費用と料金相場|早見表つき

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!