無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年3月29日

metaタグとSEOの関係性とは?書き方も解説【2022年最新版】

Web運用で成果を出すは、しっかりとSEO対策に取り組むことが重要です。なかでもmeta(メタ)タグの存在は重要な位置を占めており、それなりの知識が必要だと言えるでしょう。本記事では、検索エンジンの最適化に不可欠なmetaタグ運用の基礎知識について、活用のポイントとともにご紹介していきます。

【関連ページ】
SEO対策にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にSEO対策会社をお探しいただけます。

SEO対策の費用・相場
SEO対策が依頼できる会社一覧

metaタグ(メタタグ)とは?

metaタグは、検索エンジンやブラウザが内容を把握するために読み込むためのHTMLタグです。検索エンジン上での順位表示は、独自のアルゴリズムによってコンテンツを分析した上での相対評価によって決まります。metaタグは検索エンジンが効率よくコンテンツを読み込むために情報を提供する役割を担っているというわけです。

metaタグとSEOの関係性

SEO対策では、さまざまなアプローチからコンテンツを総合的に分析します。metaタグも評価軸の一種として考えられていますが、結論から言うとひと昔前ほどの重要性はありません。とはいえ、間接的にSEO評価にかかわるため、無視できない部分だと考えられています。
従来ではmetaタグ内にWebページに関する重要キーワードやポイントを詰め込む必要がありましたが、SEOアルゴリズムが進化した近年では、ある程度意識するだけでも十分です。

meta keywords(メタキーワード)について

metaタグを理解する上で重要なのが、メタキーワードと呼ばれる概念です。メタキーワードはHTMLを介して情報をクローラーに読み込ませるためのもので、かつては上位表示につなげたい内容を盛り込む必要があるとされてきました。
しかし近年では、検索エンジンがWebサイトのコンテンツ全体を評価する仕組みにシフトされています。そのため、メタキーワードの対策は必須ではなくなりました。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるSEO対策会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

metaタグの主な種類

metaタグにはいくつかの種類があり、それぞれクローラーに伝える情報が異なります。ここではタグの役割について理解を深めていきましょう。

titleタグ(タイトルタグ)

titleタグは名前のとおり、コンテンツのタイトルを指定するために用いられるmetaタグです。タイトルは基本的に30文字前後で設定するのがよいとされていますが、理由としては検索結果に全容を表示させるため。ただし、近年はスマートフォンからの利用者も増えており、たとえ30文字程度でタイトルを設定しても、スクリーンサイズの都合上表示されないケースも増えています。なるべく簡潔に要点を掴めるタイトルをつけるよう心がけましょう。

meta description(メタディスクリプション)

メタデスクリプションは、コンテンツの内容を簡潔にまとめた概要文のような存在です。検索結果ページでタイトルの下に表示されるため、ページ内容をアクセス前に把握するための参考とされます。コンテンツのアピールポイントをわかりやすく表記させることで、訪問者を増やすことができる大事な部分だと言えるでしょう。
従来では120文字前後がよいとされてきましたが、タイトルタグ同様、スマホユーザーの増加に伴い、100文字以内で伝え切る重要性が高まっています。

h1タグ

h1タグはtitleタグと混同されることもありますが、実際には微妙に違う役割を担っているmetaタグです。h1タグもコンテンツのタイトルを指定する際に使用されますが、表示箇所が異なります。
titleタグは検索結果に表示されるタイトルの定義に用いられますが、h1タグはサイトを開いた際のタイトル部分に表示されるタグです。表示させたい場所にタイトルが反映されないなどのトラブルがあった際には、どちらかに抜け漏れがないか確認ましょう。

文字コード

文字コードはmeta charset属性とも呼ばれている、HTML文書の文字エンコーディングを行うためのタグです。文字コードをあらかじめ指定しておかないと、ユーザーの利用環境によっては文字化けが起きてしまいます。コンテンツが正しく表示されない原因となるため、あらかじめ文字コードが正確に指定されているかを確認しておくことが重要です。

meta viewport(ビューポートタグ)

ビューポートタグは、モバイル端末からアクセスした際に表示されるページの形式を指定するためのタグです。PCとモバイル端末では画面サイズが異なるため、ビューポートタグによってレスポンシブデザインを実現させる必要があります。タグづけを行うことで、スマホに最適化した縦長の表示が可能です。スマホユーザーが主体となっている近年では欠かせないmetaタグだと言えます。

Open Graph Protocol(OGPタグ)

OGPタグは、TwitterやFacebookといったSNSでコンテンツがシェアされた際に、画像やタイトルなどが正しく表示されるために用いられるmetaタグです。検索流入のほか、近年ではSNSからのアクセスも集客に大きく影響するため、OGPタグの設定も重要。活用することでSEOに頼らないWeb集客の実現も可能でしょう。

metaタグの書き方

metaタグの書き方を理解する上では、HTMLコードの仕組みに関する知識が必要です。HTMLコードの文頭にあるheadタグと呼ばれる部分には、コンテンツ上に表示されない情報が書き込まれます。metaタグが記述されるのは、すべてこのheadタグ内です。きちんとタグづけを行えば、ソースを表示しない限りはユーザーからは見えません。

SEO対策外注費用の料金表

SEO対策の費用相場をご紹介します。

項目 初期費用の相場 月額費用の相場
固定報酬型SEO対策 5万~20万円 20万~40万円/月
成果報酬型SEO対策 5万~20万円   1キーワードにつき 1万5,000円~30万円/月  
SEOコンサルティング 10万円~ 10万円〜30万円/月
コンテンツSEO ~30万円   1記事につき1,000円〜3万円/月  
SEO内部対策 応相談   10万〜100万  
外部SEO被リンク対策 応相談 3万円〜15万円

SEO対策の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターのご利用をおすすめします。

まとめ

今回は、SEO対策を理解する上で欠かせないmetaタグについてご紹介しました。metaタグの重要性は近年薄まっているものの、簡潔にコンテンツの属性を伝える上では重要な役割を果たしています。

アイミツでは、metaタグの活用方法に詳しいWebマーケティング会社のご紹介も可能です。SEO対策にお悩みの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
SEO対策が依頼できる会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
SEO対策の費用・相場

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!