無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の費用相場が
いますぐわかる!

更新日:2022年4月5日

【目的別】SEOおすすめツール12選!導入のメリットや注意点も解説【2022年最新版】

「SEO対策に注力していくならSEOツールを導入するのがおすすめと聞いたが、具体的にはどれを活用するべきなのかわからない……」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、SEOツールを利用する目的やメリット、SEOツールの選び方について解説するほか、おすすめのSEOツールも紹介していきます。SEOツールの導入でお悩みの方は、ぜひチェックしてみてください。

【関連ページ】
ネット広告にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にネット広告会社をお探しいただけます。

SEO対策の平均費用と料金相場|早見表つき
SEO対策代行に強いネット広告会社一覧

SEOツールとは

SEOツールとは、名前の通りSEO対策をより効率化できるようにサポートしてくれるツールのことですが、SEOツールと一口に言ってもさまざまなタイプに分けることができます。

例えばコンテンツSEOに特化したコンテンツSEO対策ツールをはじめ、Webサイトの内部構造のリサーチに長けたSEO内部対策ツール、外部対策を行いたいときに便利な被リンク調査ツール、さらにはターゲットとするキーワードを調査したい場合に効果的なキーワード調査ツールなどがあり、目的に応じて使い分けることによってSEO対策をスムーズに進めることが可能です。

SEOツールを導入するメリット

それでは、SEOツールを導入するとどのようなメリットがあるのでしょうか。SEOツールの導入によってみられるメリット・効果について、具体的に確認していきましょう。

2-1.SEO対策を効率化して時間短縮できる

SEOツールを導入することによって、SEO対策を効率化して時間を短縮できるのは大きなメリットの1つです。

SEOツールは、内部対策・外部対策をはじめ、コンテンツSEOやそのために必要なキーワード調査などを簡単に行えるように提供されているツールなので、「SEO対策でやらなければならないことが多すぎる……」とお悩みの場合にはぴったり。それぞれの目的別にツールを使いこなせば、これまでに手作業でターゲット調査やコンテンツSEO対策などを行っていたときより、大幅に業務を効率化できます。

SEO対策はあくまでもWebマーケティングの一環として必要な作業であり、本業ではないことがほとんどです。SEO対策にばかり時間と人員を割かれてしまい、コア業務になかなか集中できないという場合は、SEOツールを有効活用するべきでしょう。

2-2.詳細にデータを分析でき細やかな対策が実施できる

SEOツールを導入することによって、より詳しくデータを分析でき、細やかな対策が実施できるのもうれしいポイントです。

とくにはじめてSEO対策に注力するという場合には、データ分析や効果測定結果に応じたページ改善などが重要とはわかっていても、どのように進めるべきでどこまで調べるべきなのかなど不明な点も多いでしょう。また、正しく分析できているのか不安なことも多いかもしれません。

しかしSEOツールを活用すれば、SEO対策の初心者であってもデータ分析をディテールまで行うことができ、より効果的な対策を打ち出せるはずです。正確で詳細なデータ分析に基づき、成果につながるSEO対策を行っていきたい場合には、SEOツールの導入が必須と言っても過言ではありません。

SEOツールを選ぶときのポイント

続いて、SEOツールを選ぶときのポイントを確認していきましょう。
SEOツールを選ぶ際にお悩みの場合には、以下の2つのポイントについて注目してみてください。

3-1.目的や費用に応じてツールを選択する

SEOツールを選ぶときは、目的や費用に応じてツールを選択するよう心がけましょう。

先ほど説明しているとおり、SEOツールと一口に言ってもその種類はさまざまです。コンテンツSEOに特化したツールもあれば、SEO外部対策に特化したツールもあるため、それぞれの目的に沿ったものを導入しなければ意味がありません。もちろん、コンテンツSEOも外部対策も効率化したいという場合は、いくつかのツールをまとめて活用することも効果的でしょう。

しかし、月額数万円程度のランニングコストがかかることも少なくないため、無理なく継続して使い続けられるかどうかを注意して導入しなければなりません。とくに複数のツールをまとめて活用したい場合には要注意でしょう。

3-2.レポート作成やCSV対応など使い勝手を重視する

SEOツールを選ぶときは、レポート作成やCSV対応など使い勝手を重視して選ぶよう心がけましょう。

SEOツールに限った話ではありませんが、業務効率化やそれに伴う生産性向上を期待してツールを導入しているにもかかわらず、「ツールが使いづらくなかなか業務の効率化が進まない」、「機能に物足りなさを感じてしまう」といった状況になってしまえば、導入費用は無駄と化すでしょう。

そのような失敗を未然に防ぐために、SEOツールの選定を始める前に必ず社内で要件を整理し、実際にSEOツールを活用する現場の声を取り入れながら、どのようなツールを導入するのか固めておくべきです。また、無料のトライアルなどを利用し使いやすさも確認することを忘れないでください。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるネット広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

内部対策でおすすめのツール

ここからは、SEOの内部対策におすすめのSEOツールを紹介していきます。SEOの内部対策をより改善したいという場合は、以下の2つをチェックしてみましょう。

4-1.DeepCrawl

DeepCrawlは、「世界水準のテクニカルSEOツール」として多くの人気を集めているSEOツールです。自社サイト内をクロールして、nofollowページや無効リンクなどいった内部構造における問題点を調査してもらえるのが便利なポイント。クロールは自動で行われるため、常に内部対策をブラッシュアップしながらWebサイトを運営することができるでしょう。

料金はベーシックプランで年間36万(税抜)、より高機能なエンタープライズ版は応相談です。

4-2.ScreamingFrog

Screaming Frogは、分析したいサイトのURLを入力すると、内部をクローリングしてもらえるSEO内部対策向けのツールです。titleタグやhタグなどの確認、リダイレクトとcanonicalタグとでループしてしまっているページはないか、エラーページはないかなどを確認できます。

初心者が活用するには難しい機能も多くみられるため、それなりにSEO対策に関する経験や知見のある人におすすめのツールでしょう。

外部対策でおすすめのツール

ここからは、SEOの外部対策におすすめなツールを紹介していきます。被リンク調査を効率化したいという場合は、以下の2つのツールをチェックしてみましょう。

5-1.Majestic SEO

Majestic SEOは、Trust Flow(トラストフロー)やCitation Flow(サイテーションフロー)と呼ばれる独自の指標を用いて被リンクの質や量をチェックできる、有料の被リンクチェッカーツールです。

他社サイトの上位被リンクのチェックや任意の2つのWebサイト間における相互リンクのチェックなど、競合サイト調査にも活用することができます。もっともリーズナブルなLITEプランで月額49.99ドルです。

5-2.Semrush

Semrushは、月額119.95ドルから利用できる競合分析に特化したSEOツールです。競合サイトの被リンク調査やアクセス解析をはじめ、自社サイトの改善点の自動診断、キーワード調査などSEO対策に関する分析業務をまとめてカバー。

さらに競合企業のSNSアカウントをトラッキングできるほか、競合サイトが出稿しているリスティング広告やディスプレイ広告の分析まで行えるなど、SEMに関する機能がオールインワンにまとまっています。無料トライアルを利用することも可能です。

キーワード調査でおすすめのツール

ここからは、キーワード調査を行いたい場合におすすめのSEOツールを紹介していきます。ターゲットキーワードの選出をスムーズに行いたいという方は、以下のツールを活用してみましょう。

6-1.ラッコキーワード

ラッコキーワードは、1日あたり合計50回までのキーワード調査であれば無料で利用できるキーワード調査ツールです。

検索欄に調査したいキーワードを入力するだけで、GoogleやBing、YouTubeなどまで網羅したサジェストキーワードや関連Q&A、さらには共起語や見出しまでまとめて取得でき、ユーザーの検索糸を把握したい場合や、どのような検索ニーズがあるのかをチェックしたい場合には非常に効果的です。

6-2.Ubersuggest

Ubersuggestは、2,999円から利用できるSEOツールです。7日間の無料トライアルも用意されています。キーワード調査機能は無料で提供されており、競合サイトのドメインやキーワードを検索欄に入力するだけで、ターゲットとするべきキーワード候補を把握することが可能です。

そのほかにも、被リンクデータのチェックやSNSへのシェア率・被リンク率などが高いコンテンツの調査などをまとめて行えます。

検索順位をチェックするときにオススメのツール

ここからは、検索順位をチェックしたいときにおすすめのSEOツールを紹介していきます。自社の現状位置を把握しつつSEO対策を行っていきたい場合は、以下のツールを活用すると便利でしょう。

7-1.GRC

GRCは、Google・Yahoo・Bingの全検索エンジンにおいて順位をチェックできるSEOツールです。クリック1つで全検索キーワードの順位を把握でき、最新の順位動きや過去の順位変化などもグラフィカルにレポート。自社で行ったSEO対策と照らし合わせながらチェックすることで、どの施策が効果的だったか一目で把握できるでしょう。

調査できる項目数に制限はありますが無料でも利用ができ、有料版は月額495円(税込)から利用可能です。

7-2.Rank Tracker

Rank Trackerは、SEO PowerSuite内に含まれるキーワード調査とランクモニタリングを行えるツールです。

自社サイトのターゲットキーワードにおける順位を確認できるほか、競合サイトの検索エンジンにおける順位変動のトラッキング、ターゲットキーワードのグループごとによる管理などが可能で、SEO PowerSuite自体は無料でダウンロードできます。

競合調査をするときにおすすめのツール

ここからは、競合調査を進めていきたいときにおすすめなSEOツールを紹介します。自社の状況把握だけでなく競合の被リンク調査なども行いたい場合は、以下の2つのツールをチェックしてみましょう。

8-1.Ahrefs

Ahrefsは、これまでに60万人ものユーザー数を誇る被リンク調査ツールです。保有しているリンクデータ数はなんと14兆にも及び、ページURL数にして1.8兆までカバー。

競合サイトにおける上位表示コンテンツのリサーチや、SNSで話題となっているコンテンツの調査を行えるほか、自社・競合サイトの双方におけるキーワード難易度もチェックできるなど、便利な機能が1つにまとまっています。もっともリーズナブルなライトプランであれば、1万1,500円で利用可能です。

8-2.SimilarWeb

SimilarWebは、検索欄からURLを入力してリサーチするだけで、アクセス状況などを簡単に把握できるSEOツールです。

Chromeなどで利用可能なトラフィック分析を行える無料拡張ツールを併用すれば、どのWebサイトのパフォーマンスについても一目で把握ができます。7日間の無料トライアルを利用でき、1ユーザーまでリサーチインテリジェンスを試すことが可能です。

Google公式ツール

ここからは、Googleが公式に提供しているSEOツールを紹介していきます。SEO対策を行う上で基本となるツールなので、どちらも活用方法を把握しておくべきでしょう。

9-1.Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、ユーザーがWebページに流入するまでの行動を取得するのに便利なSEOツールです。どのようなキーワードで流入してきたのか、検索エンジンやリスティング広告、SNSなど何を経由して流入してきたのかなどを把握できます。

現段階のSEO施策が効果的かチェックできるのみならず、ユーザーが求めているコンテンツを汲み取り、今後打ち出すべきSEO対策を検討するにあたっても非常に効果的でしょう。

9-2.Google広告キーワードプランナー

Google広告で提供されているキーワードプランナーとは、Googleで広告を出稿する際にターゲットキーワードの調査に用いられるツールですが、SEO対策におけるキーワード選定にも非常に便利なツールです。

キーワードごとに検索ボリュームや競合性、さらには関連キーワードまでチェックできるため、多くの流入が期待できるキーワードを選定しコンテンツを作成していきたい場合にはうってつけでしょう。

SEOツールをつかう際の注意点

最後に、SEOツールを使用する際の注意点について紹介していきます。SEOツールは非常に便利ですが、活用するにあたっては以下の2つのポイントに注意しましょう。

10-1.ツールの数値を100%信じてはいけない

SEOツールを活用する際は、SEOツールによって算出されている数値を100%信用するのを避けましょう。とくに無料のSEOツールを使用している場合には、詳細のデータまでは把握できないことが多いため、あくまでも参考程度におさめておくことが重要です。

大幅に数値がずれることは考えづらいかもしれませんが、100%信じ切って対策に活かしてしまうのは避けるべきでしょう。

10-2.SEO対策はつねに変化を続けている

SEOツールを使用する際は、検索エンジンの変化に伴い、SEO対策も常に変化し続けていることを念頭に置きましょう。

SEO対策において何が評価に値するのかは刻一刻と変化し、一度対策をしたらそこで終わりではありません。継続して効果測定を続け、新たなトレンドに合わせて対策を打ち出していく必要があります。SEOツールによる分析結果などだけでなく、常に最新のSEOトレンドにキャッチアップするよう心がけましょう。

Web広告の費用相場

Web広告とSEOを上手に併用すれば、より多くのユーザーを自社サイトに誘導できるようになります。ここではWeb広告を外注した際にかかる費用相場をご紹介します。

Web広告料金表
<Web広告の種類> <費用相場>
動画広告 10円〜/1再生
アフィリエイト広告         3万~5万円
Twitter広告 クリック課金:24~200円/1クリックインプレッション課金:1,000表示ごとに400~650円
Instagram広告  クリック課金:40~100円/1クリック インプレッション課金:1,000回表示ごとに500~1,000円  
Facebook広告 クリック課金:100~200円/1クリックインプレッション課金:1,000回表示されるごとに100~500円  
LINE広告 クリック課金:24~200円/1クリック インプレッション課金:1,000回表示ごとに400~650円  
TikTok広告  起動画面広告(インプレッション課金型):1,000回表示ごとに770円 

Web広告の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】SEO対策を依頼するならネット広告会社へ

今回は、SEO対策に欠かせないSEOツールについて紹介してきました。SEOツールは、目的に沿った活用により大きな効果が見られます。しかし、社内でのSEO対策に限界を感じてしまうこともあるかもしれません。

もしもSEO対策でお悩みの場合は、ぜひアイミツにお問い合わせください。要望をヒアリングしたのち、SEO対策やWebマーケティングに強いネット広告会社を複数提案いたします。SEO対策で成果をあげたい方は、いつでもご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
SEO対策代行に強いネット広告会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
SEO対策の平均費用と料金相場|早見表つき

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するWeb広告代理店一覧