無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年3月30日

パンダアップデートとは?実施内容、SEO対策の考え方を解説【2022年最新版】

パンダアップデート以降、Googleはコンテンツの質を重視する傾向にあります。この記事では、SEO対策やWeb広告など、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、Googleのパンダアップデートについて解説!SEO対策への影響や検索アルゴリズムについても詳しく解説します。

【関連ページ】
SEO対策にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にWeb広告会社をお探しいただけます。

SEO対策の平均費用と料金相場|早見表つき
SEO対策代行に強いWeb広告会社一覧

検索アルゴリズムとは

検索アルゴリズムは、Webページを評価し、検索キーワードとの関連性が高いと考えられる順番でページを表示するプログラムです。検索エンジンのユーザーに対して、ネット上にある大量のWebページのなかから、質の高いコンテンツを提示するために運用されています。

ネットを活用した集客やビジネスにおいて、検索アルゴリズムの傾向を理解しておくことは非常に重要です。検索エンジンでの評価が高く、上位表示されたページほど、多くの検索流入が期待できます。

集客や情報発信のためにWebサイトを制作しても、検索アルゴリズムの評価を得られなければ、検索流入によるアクセス獲得は困難です。検索流入を増やすには、シェアの高いGoogleの検索アルゴリズムへの対策が欠かせません。

Googleの検索アルゴリズムについて

Googleはユーザーに有益な情報を提供するために、日々アルゴリズムを改良しています。Googleの検索アルゴリズムは、単一のアルゴリズムではありません。検索アルゴリズムの種類やアップデートの歴史をご紹介します。

2-1.Googleの検索アルゴリズムの種類

Google検索で用いられる主なアルゴリズムとして以下の5つが挙げられます。

・MFI(Webページのモバイル端末との親和性を評価するアルゴリズム)
・QDD(検索結果に多様性を持たせるアルゴリズム)
・QDF(情報の鮮度を評価するアルゴリズム)
・MUM(AIを活用して特定のユーザーに最適化したコンテンツを提示するアルゴリズム)


Google検索では、複数のアルゴリズムを利用して検索順位を決定しています。

2-2.Googleコアアップデートの歴史

Googleでは、継続的に検索エンジンのコアアップデートを実施しています。近年、特に大きな影響を及ぼしたコアアップデートをご紹介しましょう。

2011年 パンダアップデート
2015年 モバイルフレンドリーアップデート
2016年 ペンギンアップデート
2017年 医療健康アップデート


コアアップデートによって、自社サイトの順位が大きく変動することも。Webサイトの運営者は、検索エンジンの最新の動向を把握しておく必要があります。

パンダアップデートとペンギンアップデートの違い

パンダアップデートとペンギンアップデートは、どちらもコンテンツの質を評価するアルゴリズムです。2つのコアアップデートによって、コンテンツの質が重視されることに。それぞれのコアアップデートの違いを解説します。

3-1.パンダアップデートとは

パンダアップデート以前は、検索キーワードを多く含むコンテンツが上位表示される傾向にありました。コンテンツの質が低くても、検索キーワードの含有率が高ければ上位表示されていたのです。

白黒はっきりさせるという意味で、パンダアップデートという名称が採用されたといわれています。パンダアップデート以降、Googleは記事の品質はもちろん、情報の発信者や独自性など、よりコンテンツの質を重視する方針にシフトしました。

3-2.ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートは、ブラックハットSEOへの対策を強化するために実施されたコアアップデートです。ブラックハットSEOの1つとして、被リンクの購入が挙げられます。

ペンギンアップデート以前は、コンテンツの質に関わらず、被リンク数が多いサイトが上位表示されやすい傾向にありました。ペンギンアップデート以降は、被リンクの質も重視される傾向に。ペンギンアップデートも白黒つけるという意味で、ペンギンが名称に採用されたといわれています。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるWeb広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

パンダアップデートの実施内容

2011年に最初のパンダアップデートが実施されて以来、Googleは現在でもアップデートを継続しています。パンダアップデート以前は低品質なコンテンツが上位表示されるケースも少なくありませんでした。

初期のパンダアップデートでは、無断で複製されたページやプログラムで自動生成したページなどの評価を下げることに重点が置かれていました。中身のないアフェリエイトサイトや誘導ページも順位を下げることに。

現在でも基本的な傾向は変わっていません。パンダアップデートによって、ユーザーにとって価値のないWebページが順位を下げる一方で、品質の高いコンテンツが上位表示されやすくなり、ユーザーの利便性が向上しました。

パンダアップデートで分かるSEOへの影響

パンダアップデートは低品質なコンテンツの検索順位を下げるためのアップデートです。SEOへの影響も大きく、今後も独自性の低いコンテンツや内容の薄いページ、広告だらけのサイトが上位表示されることはないでしょう。

被リンクは、現在でも検索順位に影響を与える重要な要素ですが、不自然に増えた外部サイトからのリンクは、SEOにネガティブな影響を与える可能性があります。被リンクの購入は、Googleのガイドラインに抵触する恐れも。検索順位の操作を目的とした被リンク対策は、避けた方がよいでしょう。

今後のSEO対策について

パンダアップデートやペンギンアップデートによって、プログラムで自動的に生成したコンテンツや被リンクの購入など、小手先だけのSEO対策の効果は薄れつつあります。重要なのはGoogleの方針を理解することです。方針をしっかり理解しておけば、アップデートに振り回されることもなくなるでしょう。

GoogleのWebマスター向けガイドラインには、ユーザーの利便性を最優先してページを作成するよう記載されています。ユーザーの利便性を考慮した質の高いコンテンツを作成すれば、アップデートの影響を受けにくいページを作成できるでしょう。

Web広告の費用相場

つづいては、Web広告を外注した際にかかる費用相場をご紹介します。

Web広告料金表
<Web広告の種類> <費用相場>
動画広告 10円〜/1再生
アフィリエイト広告         3万~5万円
Twitter広告 クリック課金:24~200円/1クリック インプレッション課金:1,000表示ごとに400~650円  
Instagram広告  クリック課金:40~100円/1クリック インプレッション課金:1,000回表示ごとに500~1,000円  
Facebook広告 クリック課金:100~200円/1クリック インプレッション課金:1,000回表示されるごとに100~500円  
LINE広告 クリック課金:24~200円/1クリック インプレッション課金:1,000回表示ごとに400~650円  
TikTok広告  起動画面広告(インプレッション課金型):1,000回表示ごとに770円 

Web広告の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】SEO対策を依頼するならネット広告会社へ

パンダアップデートやSEOの考え方を解説しました。国内最大級の法人向け一括見積もりサービス「アイミツ」では、ご要望に合わせてSEO対策に強いWeb広告会社を無料でご紹介しています。コンシェルジュが希望や条件をうかがった上で、複数の会社を一括でお見積り可能です。

ヒアリングは10分程度で完了するので、時間もかかりません。「SEO対策をどこに発注すればよいのかわからない」という方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
SEO対策代行に強いWeb広告会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
SEO対策の平均費用と料金相場|早見表つき

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!