無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

アプリ開発会社の費用相場が
いますぐわかる!

更新日:2022年11月24日

Webアプリケーションにおすすめの言語とは?開発手順も解説【2022年最新版】

「Webアプリを開発したいが手順が分からない」
「Webアプリ開発におすすめの言語は?特徴を教えてほしい」
とお困りの方に向けて、本記事ではWebアプリ開発におすすめのプログラミング言語を5つ厳選しました。さらにWebアプリを得意とする開発会社を複数ご紹介可能な「アイミツ」が、分かりやすくアプリの開発手順をご説明します。言語の特徴も詳しく解説していくため、ぜひご覧ください。

【関連ページ】
アプリ開発にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にアプリ開発会社をお探しいただけます。
アプリ開発の平均費用と料金相場
Webアプリに強いアプリ開発会社一覧

Webアプリケーション開発におすすめの言語5選

Webアプリ開発におすすめの言語は以下の5つです。

・PHP
・Python
・Java
・JavaScript
・Ruby


以下で言語ごとの特徴を詳しく解説します。

PHP

PHPは、構文がシンプルで分かりやすいプログラミング言語です。「Facebook」と「Slack」の開発にも使用されました。また「Laravel」や「CakePHP」といったWebアプリ開発に便利なフレームワークが多い点も特徴の一つです。開発時間の短縮につなげられるでしょう。
なお人気が高い言語のため、Web上にはPHPに関する情報が豊富に存在します。何か問題が起きたとしても、必要な情報を探しやすいといえるしょう。WordPressのカスタマイズやWebサービスの開発も可能なWeb全般で使用できる言語です。

Python

Pythonは読みやすいことから、初心者向けの言語の一つといえます。シンプルではありますが、データ分析や人工知能などの専門的な開発も可能です。特にAI分野で活用されています。
またPythonに関しては、Webアプリを効率よく開発するためのライブラリやフレームワークが充実しています。具体的には標準ライブラリである「sys」や「math」、また「Pillow」や「Django」などです。これらを活用することで、高速にプログラムを記述できるでしょう。

Java

Webアプリ開発におすすめの言語として、Javaもその一つといえます。オブジェクト指向が用いられていることから、拡張性と再利用性が高いです。世界的に主流な言語といえます。なお仮想マシンが利用されているため、Javaを使えばさまざまな環境で動作できるアプリを開発可能です。
またWebアプリだけでなく組み込み系アプリやAndroidアプリなど、多岐にわたる開発ができる点も魅力の一つです。Javaは速度が速く安定性のあるコンパイラ言語のため、特に素早い動作が求められるWebアプリの開発に適しています。

JavaScript

HTMLやCSSで作られた言語をJavaScriptといいます。Javaと名称が似ていますが、用途が異なる点には注意が必要です。JavaScriptは動作をイベントとして取得でき、サーバーと通信せずにWebアプリに動きをつけられます。例えば「ポップアップウィンドウの表示」や「カーソルを合わせると表示されるメニューの設置」などに使われています。なおユーザーの利便性を高めるためにも、アプリに動きのある機能は必要です。

Ruby

Rubyは、日本で開発されたオブジェクト指向プログラミング言語です。そのため、さまざまな日本語の情報が存在しています。コードが短いことから、習得難度は低いといえるでしょう。一方で「Ruby on Rails」のようなWebアプリで活用できるフレームワークもあるため、効率的に開発できます。なおRubyはコードを即時に実行できる「インタプリタ」を使えるため、エラーを見つけやすいです。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるアプリ開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

Webアプリケーション開発の手順

言語について把握できたところで、ここからはWebアプリを開発する手順をご紹介します。手順については以下の通りです。

・どのようなアプリを作るのか決めて設計する
・開発言語やフレームワークを選ぶ
・使用するWebアプリ開発ツールを選ぶ
・ドメインやサーバーを用意しアプリを公開する


詳しくご紹介します。

どのようなアプリを作るのか決めて設計する

アプリ開発で最初に行うのが設計です。「なぜアプリを開発するのか」といった目的を明らかにすることから始めます。その後、目的を達成するための手段を考えるという流れです。
アプリの概要が決まったら、具体的なレイアウトや機能を設計します。検索機能のあるアプリの場合は、データベースが必要になるでしょう。データベースを利用するのであれば、データベース設計も行います。

開発言語やフレームワークを選ぶ

設計が完了したら、開発したいアプリの内容に合わせて開発言語を決めましょう。前述したアプリ開発におすすめな言語を参考にしてください。
なお動的なアプリを作成するのであればJavaScript、バックエンド開発(サーバーサイド開発)を行うのであればPHPやRuby、Python、Javaなどを使用します。またデータベースを使用する場合は、データベース管理システム「MySQL」の学習も必要です。開発言語が決まった後は、その言語で使えるフレームワークを確認しましょう。

使用するWebアプリ開発ツールを選ぶ

開発言語とフレームワークの次は、使用するWebアプリ開発ツールを選びます。目的や動作環境に応じて適切なツールを選択しましょう。
Webアプリを開発できるツールは数多くありますが、複数人で開発する場合は「バージョン管理システム」が必須です。バージョン管理システムを活用することで、ファイルの変更履歴が確認できます。もし他人が変更したソースを意図せず上書きしてしまっても、任意の時点の状態にソースを戻せるため安心です。なおバージョン管理システムとしてよく使われるのが「Git」です。またGitを使用した開発プラットフォームの「GitHub」も利用されることが多いです。

ドメインやサーバを用意しアプリを公開する

アプリ制作後、Webアプリを公開します。そのためにドメインを取得しサーバーを用意しましょう。サーバーは自分で構築する方法とレンタルサーバーを借りる方法があります。
自分で立ち上げる際には、専門知識が必要です。また管理も難しいといえるでしょう。そのため初心者の方には、レンタルサーバーを借りることをおすすめします。レンタルサーバーの契約によってはドメインを無料で取得できるサービスもあるため、契約内容を確認しておきましょう。

アプリ開発の費用相場

つづいては、アプリ開発を外注した際にかかる費用相場をご紹介します。

アプリのタイプ別開発費用の相場
アプリのタイプ 開発費用の相場
アプリ開発の平均費用相場 250万円~
ショッピングカート系 100万~300万円
カタログ・フリーペーパー系 50万~100万円
通話・メッセージアプリ系 100万~500万円
ツール系 50万~300万円
ゲーム系 300万~1,000万円
SNS位置情報系 500万~1,000万円
アプリ内課金/多言語/マップ対応 各10万~20万円
SNS連携/アクセス解析 各5万円
学習アプリ系 50万円~300万円

アプリ開発の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】アプリ開発会社選びで迷ったらアイミツへ

今回はWebアプリを開発する手順ならびに、おすすめの言語についてまとめました。それぞれの言語の特徴を理解して使用する言語を決めましょう。一方で、アプリを開発するためには、Web全般の知識が必要です。自社で行うのが難しい場合は、外注することを検討しましょう。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うアプリ開発会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
Webアプリに強いアプリ開発会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
アプリ開発の平均費用と料金相場

アプリ開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するアプリ開発会社一覧