無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

アプリ開発会社の費用相場が
いますぐわかる!

更新日:2022年11月22日

ロイヤルユーザーとは?ロイヤルユーザーを獲得するメリットと方法を紹介!【2022年最新版】

企業が提供する商品やサービスに対して、深く理解し愛着を持っているユーザーをロイヤルユーザーと呼びます。企業に多くのメリットを与えてくれる存在であり、重視すべき大切な顧客です。しかし、なかなかロイヤルユーザーが獲得できず困っている企業も少なくありません。今回の記事では、マーケティングを含めさまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、ロイヤルユーザーのメリットや獲得方法を紹介します。

【関連ページ】
アプリ開発にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にアプリ開発会社をお探しいただけます。
アプリ開発の平均費用と料金相場
全国のアプリ開発会社一覧

ロイヤルユーザーとは?

ロイヤルユーザーとはいわゆる熱烈なファンであり、特定の商品やサービスに愛着を持っている顧客です。頻繁に購入するだけでなく、ブランドのことを熟知し高く信頼しています。そのため、ほかのブランドが似たような商品やサービスをリーズナブルな価格で提供したとしても、目移りせず気に入ったブランドを愛用し続けるのが特徴です。特に、これ以上大きな変化が見込めない市場では、ロイヤルユーザーの獲得が企業の成長に影響を与えます。

ロイヤルユーザーとロイヤルカスタマーは別物?

ロイヤルユーザーと類似する言葉に「ロイヤルカスタマー」があります。表現は異なりますが、いずれも商品やサービスに対して愛着や信頼を持つ顧客であり、基本的な意味に違いはありません。
ただし、アプリの場合は利用者のことを「ユーザー」と呼ぶため「ロイヤルユーザー」を使うのが一般的です。一方、利用者や顧客を「カスタマー」と呼ぶジャンルにおいては「ロイヤルカスタマー」を使う傾向にあります。

ロイヤルユーザーを獲得するメリット

ロイヤルユーザーの存在は、企業にさまざまなメリットをもたらします。どのようなメリットがあるかを把握しておくと、ロイヤルユーザー獲得を目指す際の参考となるでしょう。続いては、ロイヤルユーザーを獲得するメリットを4つ解説します。

売り上げの安定化

ロイヤルユーザーはブランドの熱烈なファンであり、ほかのブランドに目移りすることなく、継続して商品やサービスを利用し続けてくれます。また、一般のユーザーと比べて年間で使うトータル金額が多いため、長きにわたり売り上げに貢献してくれるでしょう。
また、ロイヤルユーザーが増えれば増えるほど、売り上げが安定していきます。ロイヤルユーザーを大切にすることは、将来的な経営戦略を立てる上で大変重要なポイントです。

宣伝の代行

ロイヤルユーザーはブランドに対する想いが強く、自主的に商品やサービスの魅力を伝えてくれます。対象への知識が深く、自身が体感した確かな情報を発信してくれるため、信憑性が高いのも特徴です。自社で情報を伝えるよりもロイヤルユーザーによる口コミの威力は強く、聞く側も安心して受け取りやすいでしょう。結果的に、新規顧客獲得につながるケースも少なくありません。つまり、広告費を抑えてプロモーションができるメリットがあります。

商品やサービスに対する前向きな評価

ロイヤルユーザーは商品やサービスに対する想いが強いため、嘘偽りのない誠実な評価をしてくれる傾向にあります。適当ではなく率直な感想であり、ブランドを向上させる上で大切な評価です。
例えば小さな変化があった場合でも、普段から愛用しているロイヤルユーザーは見逃さないでしょう。その上で、愛情を持ってフィードバックしてくれるのが特徴です。ロイヤルユーザーからの評価を大切にして改善に励めば、ブランド自体の成長につながります。

新商品販売時の売り上げ

ロイヤルユーザーは、企業やブランド自体を応援したいという気持ちを持っています。そのため、普段愛用している商品やサービスだけでなく、同ブランドから発売された新商品はできるだけ購入したいと考えるでしょう。その結果、新商品発売時の売り上げアップにも大きく貢献してくれます。また、ロイヤルユーザーによって、新商品の情報が広く拡散されれば、新規顧客獲得にもつながり、さらなる売り上げも期待できるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるアプリ開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ロイヤルユーザーを獲得するための方法

ロイヤルユーザーは、企業に多くのメリットを与えてくれる存在です。しかし、獲得方法が分からず悩んでいる企業も少なくありません。続いては、ロイヤルユーザーを獲得するための4つの方法を詳しく解説します。

カスタマーサポートやヘルプデスクを充実させる

ユーザーにとって、疑問や問題をすぐに解決してくれる相談窓口は頼りになる存在です。ロイヤルユーザーを獲得するには、こうしたカスタマーサービスやヘルプデスクを充実させましょう。どのような疑問が起こりうるのかを事前にリサーチし、速やかに的確な答えを出せるように準備しておくと、顧客満足度アップにつながります。
万が一、トラブルが起こった場合でも慌てずに適切な対処をすることも重要です。そのため、カスタマーサービスやヘルプデスクを担当するスタッフの教育をしっかりと行う必要があります。

相互のコミュニケーションを積極的に図る

一般的なユーザーをロイヤルユーザーへと育成するためには、適度なコミュニケーションも大切です。例えばユーザーの意見を直接聞けるような座談会を設けると、実際に顔を見ながら会話ができるため親密度が高まるでしょう。
また、気軽に交流を図るならSNSを活用するのもおすすめです。SNS上で質問を受け付ける機会を設けたりライブ配信を実施したりすると、遠方に暮らすユーザーとも交流しやすいでしょう。

ロイヤルユーザー向けのサービスを充実させる

ロイヤルユーザーを獲得するのであれば、ユーザーのニーズに見合ったサービスを充実させることも大切です。そのためには、自社の世界観に偏ることなく、ユーザーがどのようなサービスを求めているかを把握する必要があります。アンケートを実施したり、直接ユーザーからの声が聞けるような機会を設けたりして、率直な意見を集めるようにしましょう。その上で、サービスに反映させると、よりニーズにマッチした内容になり、ロイヤルユーザーの獲得につながります。

ほかの商品にはない独特の魅力や価値を加える

商品やサービスが溢れている昨今、ユーザーの経験値も高くなっています。こうした中、自社の商品やサービスに注目してもらうためには、他社にはない独特の魅力や価値を加えることが大切です。
その結果、ユーザーの期待以上のサービスを提供できれば、ユーザーの満足度は劇的に上がるでしょう。事前に、ユーザーが求めることをしっかりとリサーチし、付加価値のアイディアを出していきましょう。

アプリ開発の費用相場

つづいては、アプリ開発を外注した際にかかる費用相場をご紹介します。

アプリのタイプ別開発費用の相場
アプリのタイプ 開発費用の相場
アプリ開発の平均費用相場 250万円~
ショッピングカート系 100万~300万円
カタログ・フリーペーパー系 50万~100万円
通話・メッセージアプリ系 100万~500万円
ツール系 50万~300万円
ゲーム系 300万~1,000万円
SNS位置情報系 500万~1,000万円
アプリ内課金/多言語/マップ対応 各10万~20万円
SNS連携/アクセス解析 各5万円
学習アプリ系 50万円~300万円

アプリ開発の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】アプリ開発会社選びで迷ったらアイミツへ

ロイヤルユーザーは、企業の売り上げを支えてくれる大切な存在です。ロイヤルユーザーが増えることで、長期的に安定した売り上げを得られるようになります。しかし、ロイヤルユーザーを獲得したいけれど、自社では対応しきれないという方も多いでしょう。こうした場合は、外注するのもおすすめです。自社にノウハウがなくとも、プロモーションに長けた開発会社であれば安心して依頼できるでしょう。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合う開発会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。  

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
全国のアプリ開発会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
アプリ開発の平均費用と料金相場

アプリ開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するアプリ開発会社一覧