無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

アプリ開発会社の費用相場が
いますぐわかる!

更新日:2022年11月24日

C言語はアプリ開発に最適?C言語の特徴やおすすめアプリを紹介【2022年最新版】

これからアプリ開発を始めるにあたり、どのプログラミング言語を選ぶか迷っている企業もいるでしょう。「C言語」は人気が高い言語の一つです。そこでこの記事では、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、C言語でのアプリ開発について基本から解説します。C言語での開発におすすめのアプリもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
アプリ開発にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にアプリ開発会社をお探しいただけます。
アプリ開発の平均費用と料金相場
全国のアプリ開発会社一覧

C言語はアプリ開発に最適?

C言語は、必ずしもアプリ開発に最適な言語とはいえません。「アプリ開発」と一言でいっても分野は多種多様です。開発するアプリの種類によっては相性が悪いこともあります。なお高速なアプリを開発できるのが、C言語のメリットです。一方で、難度が高く豊富な専門知識・スキルが求められる点はデメリットといえますこれからご紹介する内容を参考にして、C言語が適しているかを慎重に判断しましょう。

そもそもC言語とは?

そもそもC言語とは、1972年に誕生した歴史の長いプログラミング言語です。50年ほど前から存在するにも関わらず、現在でも多くの開発現場で採用されています。今でも根強い人気がある理由として、性能の高さが挙げられます。C言語で書いたプログラムは非常に高速で動作し、かつコンパクトです。そのため高い速度が求められるアプリを開発する際におすすめといえます。
ただし、習得難度が高いという点は覚えておきましょう。またプログラムの書き方に問題がある場合、データ領域を破壊する恐れがあるなど、扱いが難しい点にも注意が必要です。

C言語での開発がおすすめのアプリとは?

C言語のメリットを最大化するためには、開発に適したアプリを把握することが大切です。ここでは、C言語での開発がおすすめのアプリをご紹介します。

組み込み系のアプリ

C言語の得意分野とされているのが、組み込み系のアプリ開発です。組み込み系のアプリとは、電子機器に組み込んで制御するアプリのことを指します。テレビや炊飯器などの家電の多くには、C言語で記述されたプログラムが組み込まれています。
電子機器の制御では速度が重視されることが多いことから、高速なプログラムを作れるC言語が適しているといえるでしょう。また電子機器内では、使えるメモリ(データ領域)が厳しく制限されます。軽量なプログラムを作れるC言語は、リソースの限られるハードウェア内の動作にも適しています。

エッジAI系のアプリ

近年注目されているエッジAI系のアプリにも、C言語が適しています。エッジAIとは、タブレットのような端末(エッジ)内でAI(人工知能)を利用する技術のことです。
AIを端末で利用する場合、従来は端末がセンサーなどから収集したデータを送信し、データセンター側でAI処理するのが主流でした。一方で、これでは通信量が増えて動作が遅くなるという問題も発生していました。そこで、AI処理を端末側で行わせるエッジAIが注目されています。
なお膨大なデータを伴うAI処理をリソースの限られた端末で実現することは、簡単なことではありません。そのため、軽量で高速なプログラムを作れるC言語が採用されるケースが多いです。

とにかく速く動くアプリを作りたい

C言語は、とにかく速く動作するアプリを作りたい場合に適しています。上記2つ以外のアプリ開発を検討する際は、速度を重視するかどうかを一つの判断基準にするのがおすすめです。
具体的には、スマホアプリやゲームでも大量のデータを高速で処理することが求められる場合は、C言語が採用されることもあります。一方で、速度がそれほど重視されないアプリを開発する場合、C言語のデメリットが目立ってしまう可能性があるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるアプリ開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

C言語でアプリ開発を行う前に知っておきたいこと

C言語でアプリ開発するか決める前に、下記の3点について確認しておきましょう。

・制作したいアプリに最適のプログラミング言語か?
・C言語に精通した開発者がいるか?
・開発の時間が確保できるか?


それぞれについて、詳しく解説します。

制作したいアプリに最適のプログラミング言語か?

まず、制作したいアプリの開発にC言語が最適かどうかを考えましょう。歴史の長いC言語には、開発に役立つ多くのツールが存在するため、さまざまなアプリの開発が可能です。一方で、開発コストがかさみやすいというデメリットもあります。アプリによってはコストに見合わない成果に終わることも考えられるでしょう。
特定分野のアプリに強いほかのプログラミング言語のほうが、適している可能性もあります。具体的には、Webアプリを開発する場合は、Web系に特化した「PHP」のほうが適しているといえます。

C言語に精通した開発者がいるか?

C言語に精通した開発者を、自社で確保できるかも確認すべき点の一つです。前述の通り、C言語は習得難度が高いプログラミング言語です。また組み込み系のようにハードウェアを制御する場合には、高い正確性が求められます。
経験の少ない開発者がC言語を扱ったとしても、正しく動作するプログラムを作ることは難しいでしょう。なおC言語を使いこなせるレベルまで人材育成するには、多大な学習コストが必要です。C言語に精通した担当者がいない場合は、別のプログラミング言語を検討することをおすすめします。

開発の時間が確保できるか?

C言語を用いた開発のために、十分な時間を確保できるかも確認しましょう。C言語は無駄のないプログラムを作れる一方で、プログラミングには多くの時間がかかります。昔ながらの言語であるC言語は文法がシンプルな近年の言語と比べて、記述量が増える傾向にあるからです。
また作ったプログラムを動かすためには「コンパイル」と呼ばれる変換処理が欠かせません。プログラムに問題があった際は、修正するたびにコンパイルが必要です。このようにC言語は経験者でも開発に時間がかかる言語のため、十分な時間を確保することが大切といえます。

機能や目的に合ったプログラミング言語を選ぼう!

どのようなプログラミング言語にも、メリットやデメリットが存在します。アプリ開発を始める際は、機能や目的にあった言語を選ぶことが大切です。一方で、プログラミング言語は数百種類以上存在することから、最適なものを選ぶのは簡単なことではありません。
言語選びでお悩みの場合は、発注先を比較検討できる「アイミツ」の活用がおすすめです。言語選びを成功させて高品質なアプリを開発したい企業は、ぜひアイミツをご活用ください。

アプリ開発の費用相場

つづいては、アプリ開発を外注した際にかかる費用相場をご紹介します。

アプリのタイプ別開発費用の相場
アプリのタイプ 開発費用の相場
アプリ開発の平均費用相場 250万円~
ショッピングカート系 100万~300万円
カタログ・フリーペーパー系 50万~100万円
通話・メッセージアプリ系 100万~500万円
ツール系 50万~300万円
ゲーム系 300万~1,000万円
SNS位置情報系 500万~1,000万円
アプリ内課金/多言語/マップ対応 各10万~20万円
SNS連携/アクセス解析 各5万円
学習アプリ系 50万~300万円

アプリ開発の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】アプリ開発会社選びで迷ったらアイミツへ

今回は、C言語でのアプリ開発について解説しました。C言語は高速でコンパクトなプログラムを作れることから、今でも根強い人気を誇ります。なお最近では、エッジAI系のアプリ開発でも注目されています。ただし、C言語は習得難度が高い言語の一つです。そのため、自社でC言語に精通した開発者を確保するのが難しい場合は、プロのアプリ開発会社に外注することをおすすめします。自社に合ったアプリ開発会社を探したい企業には、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」がおすすめです。外注先を探す際には、ぜひアイミツへご相談ください。  

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
全国のアプリ開発会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
アプリ開発の平均費用と料金相場

アプリ開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するアプリ開発会社一覧