無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

アプリ開発会社の費用相場が
いますぐわかる!

更新日:2022年11月24日

アプリのチュートリアルは導入すべき?おすすめのチュートリアル機能も紹介!【2022年最新版】

昨今では「チュートリアル」を導入するアプリが増えています。しかし、チュートリアルという言葉を聞いたことはあっても、その重要性や機能についてわからない方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、アプリのチュートリアルに関して基本から解説します。アプリ開発でチュートリアルを実現したい企業の方は、ぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
アプリ開発にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にアプリ開発会社をお探しいただけます。
アプリ開発の費用と相場
アプリ開発会社一覧

アプリにおけるチュートリアルとは?

アプリにおけるチュートリアルとは、基本的な使い方をわかりやすく伝えるための教材を指します。英語のtutorial(個別指導の)に由来する言葉で、アプリの画面上から個々のユーザーに使い方を指導するイメージです。
例えばチャットアプリで「メッセージの送信は、ここをクリック」と表示されると、初めて使う人でもメッセージの送信方法がわかります。これはチュートリアルのほんの一例ですが、基本的にアプリ自体に実装されるのが一般的です。

アプリチュートリアルの重要性

スマホアプリはもちろん、Webアプリやオンラインゲームでもチュートリアルを実装するケースが増えています。チュートリアルを実装することの重要性が、アプリ開発全体に広まっているといえるでしょう。アプリにおいてチュートリアルが重要なのは、主に下記の3つのメリットが大きいためです。

・説明書の代わりになる
・アプリの利用イメージを伝えられる
・短時間で多様な機能の操作が習得できる


続いては、各メリットを詳しく解説していきます。

説明書の代わりになる

アプリにチュートリアルを実装すると、説明書の代わりになります。
据え置きゲームのソフトであれば、紙の説明書が付属されているのが一般的です。しかし、モバイル端末を経由してダウンロード・インストールするアプリには、紙の説明書がありません。例えば説明書が電子ファイルだと、アプリと説明書を交互に参照することになり非常に不便です。
その点、アプリ自体にチュートリアルが実装されていると、同じ画面内で使い方を学べます。紙の説明書を手に取ったり、電子ファイルの説明書を開いたりする必要がないため、ユーザーの利便性アップにつながるでしょう。

アプリの利用イメージを伝えられる

チュートリアルを実装すると、アプリの利用イメージをわかりやすく伝えられます。
アプリを初めて使う人であれば、各ボタンの機能や各操作の手順がわからないのは当然です。しかし、紙の説明書を1ページずつ読んでいくのでは、実際に使うイメージが湧かないことも多いでしょう。紙面と実画面では見え方が変わることもあります。
その点、ユーザー目線に立ったチュートリアルであれば、初めてのユーザーでも直感的に使い方がわかります。アプリ内から確認できるため、見え方が変わることもありません。

短時間で多様な機能の操作が習得できる

チュートリアルが実装されたアプリであれば、ユーザーは短時間で多様な機能の操作を習得できます。
紙の説明書は開くのが面倒な上に、何十ページにも及ぶケースが珍しくありません。大量の説明を読むのはユーザーにとって負担が大きく、学習効率も悪いです。
その点、チュートリアルにはスライド形式など効率的なものが多く、ユーザーが時間をかけずに多くのことを学べます。

アプリチュートリアルを作成する際の注意点

アプリにチュートリアルを実装する場合、どのような内容にするか設計から始めなければなりません。チュートリアルを作成する際の注意点は、下記の3つです。

・説明する項目や要点を絞る
・ユーザー目線での設計にする
・飽きさせない工夫を取り入れる


続いては、作成時の注意点について詳しく解説します。

説明する項目や要点を絞る

すべてを一度に伝えようとせず、説明する項目や要点を絞りましょう。あまりに多くの内容を詰め込むと、ユーザーが価値のある情報を見つけられなくなります。
アプリにはさまざまな機能がありますが、すべてを利用するユーザーは多くありません。例えば全30機能のうち5機能しか使わないユーザーにとって、残り25機能の説明があっても価値は低いでしょう。
どのユーザーにとっても価値のある情報は何かを考え、重要性の高い項目に絞ることが大切です。

ユーザー目線での設計にする

チュートリアルの設計では、ユーザー目線に立つことを意識しましょう。当然ながら、チュートリアルを利用するのはアプリのユーザーであり、初心者です。初心者のユーザーが使いにくい・理解しにくいチュートリアルでは、かえってアプリの満足度低下につながります。
アプリを全く使ったことのないユーザーが理解できるように、見た目や操作性に気を配りましょう。また、ユーザーが必要なときに必要な情報を得られるように、情報を出すタイミングを考えることも大切です。

飽きさせない工夫を取り入れる

ユーザーが途中で離脱することのないように、飽きさせない工夫を取り入れましょう。「アプリの使い方を学ぶ」という意味で、チュートリアルも一種の学習です。学習が少しでも楽しくなるように、アプリならではの工夫を取り入れることでチュートリアルの品質は向上します。
特に効果的なのは、アニメーションを入れてチュートリアルに動きを付けることです。動きのない紙の説明書と違い、イメージも湧きやすくなります。また、人間の集中力には限界があるため、チュートリアルの余計な部分を減らして極力コンパクトにしたほうがよいでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるアプリ開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

チュートリアルで取り入れたいおすすめの機能

チュートリアルの機能はさまざまですが、特におすすめは以下の3つです。

・ツアー・ウォークスルー
・ツールチップ
・コーチマーク


それぞれの特徴やメリットについて、順番に解説します。

ツアー・ウォークスルー

初回ログイン時などに、何枚かのスライドで基本的な使い方を伝えるチュートリアルです。スマートフォンのスワイプ操作や「次へ」ボタンなどによって、ユーザーの意志でスライドを読み進められます。実際の画面を添えつつ補足の説明を入れることで、視覚的に基本操作を伝えることが可能です。
ただし、ユーザーにとって不要な情報だったり、説明がわかりづらかったりすると離脱の恐れがあります。前述した注意点を押さえて、最後まで読んでもらえるチュートリアルを作成しましょう。

ツールチップ

特定のボタンや機能に対して、吹き出しやポップアップにより使い方を伝えるチュートリアルです。ユーザーがその機能を使うときにチュートリアルを表示することで、ピンポイントに説明できるメリットがあります。
ただし、あまり長すぎる説明だとしっかり読んでもらえないことも考えられます。表示する文章はできる限り、1~3行程度でシンプルにまとめましょう。

コーチマーク

アプリ画面上に、説明用の別画像を重ねて表示(オーバーレイ)するチュートリアルです。画面全体を暗くし、特定のボタンや箇所のみを明るくした画像を重ねることで、注目してほしい部分を強調できます。暗くした部分はすべて説明に使えるため、ツールチップよりも長い説明が必要なときに効果的です。
画面のどこかをタップすれば消せるものと、明るい部分をタップしないと消せないものがあります。後者だとユーザーの行動を制限することになるため、どうしても説明が必要な場合のみ利用しましょう。

アプリ開発の費用相場

つづいては、アプリ開発を外注した際にかかる費用相場をご紹介します。

アプリのタイプ別開発費用の相場
アプリのタイプ 開発費用の相場
アプリ開発の平均費用相場 250万円~
ショッピングカート系 100万~300万円
カタログ・フリーペーパー系 50万~100万円
通話・メッセージアプリ系 100万~500万円
ツール系 50万~300万円
ゲーム系 300万~1,000万円
SNS位置情報系 500万~1,000万円
アプリ内課金/多言語/マップ対応 各10万~20万円
SNS連携/アクセス解析 各5万円
学習アプリ系 50万~300万円

アプリ開発の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】チュートリアルの相談はアプリ開発会社へ

チュートリアルとは、基本的な使い方をわかりやすく伝えるためにアプリに実装する教材のことです。紙の説明書よりも利便性が高く使い方をイメージしやすいなど、ユーザーにとって多くのメリットがあります。アプリの満足度を向上させる上で、チュートリアルは積極的に実装したい機能です。
しかし、アプリ開発でチュートリアルを実現するためには、プログラミングやデザインなど多くの専門知識が求められます。自社で適したエンジニアの確保が難しい場合には、アプリ開発のプロに外注することも考えましょう。
チュートリアルの実現に適したアプリ開発会社を探す際には「アイミツ」の活用がおすすめです。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うアプリ開発会社を無料で複数社ご紹介します。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
アプリ開発会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
アプリ開発の平均費用と料金相場

アプリ開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するアプリ開発会社一覧