アプリ開発会社を
お探しですか? PRONIアイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

アプリ開発発注は初めてですか?

PRONIアイミツは最適な出会える
ビジネスマッチングサービス
です

無料で一括見積もり
電話で相談する

フリーダイアル 0120-917-819 営業時間 平日10~19時

【業界別】AR活用事例10選|メリット・今後の展望など徹底解説!【2024年最新版】

更新日:2024.01.24

AR活用の情報収集をはじめたけれど「活用方法が幅広くて驚いた」「結局のところ、自社のサービスに導入できる技術なのか分からない」といった悩みを抱える方が多くいらっしゃいます。
そこで本記事では、20万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービス「PRONIアイミツ」が、ARの活用を具体的にイメージするための情報を漏れなく解説!ARの活用法や業界別導入事例、ARを活用するメリット・デメリット、実績豊富なAR会社の紹介、さらにARの今後の可能性などについても分かりやすく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

このページについて

このページについて
ページに掲載されている内容は記事作成時の情報であり、現在は変更になっている場合があります。また、ご依頼内容や納期等の条件によって案件の難易度が変化するため、当ページで紹介されている企業へご依頼される場合は自己責任にてお願いいたします。
PRONIパートナーとは
PRONIアイミツと記事掲載契約を締結している企業です。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

AR(拡張現実)とは

AR(拡張現実、Augmented Reality)とは、CG(コンピュータグラフィックス)を用いた3D映像などのデジタルコンテンツを現実世界に重ね合わせ、拡張することを可能としたテクノロジーのことです。スマートフォンやタブレットなど、昨今では手元のデバイスで手軽に体験できるようになったため、ますます注目を集めています。

あくまでも現実世界を軸として、それを拡張するところにポイントがあり、カメラを通じて映し出された実際の風景にデジタルコンテンツを追加することで、まるで本当に存在するかのように視覚させながら、新たな世界を構築できるのが特徴です。現在では、ゲームを始めとするエンターテインメント分野のほか、製造・小売・教育などビジネスの世界でも幅広く活用されています。

AR活用イメージ

MUGHEN will update mankind to an "evolved world" where "digital" and "nature" merge.

VRとの違い

ARと混同しがちな概念にVR(仮想現実、Virtual Reality)がありますが、こちらはコンピュータによって仮想的な空間を創り出し、まるでそこに入り込んだかのような体験を可能とするテクノロジーです。あくまでも現実世界を軸として、それを拡張した世界を創り出すARとは異なり、現実とは全く別の、新たな仮想世界を構築できるところに大きな特徴があります。つまり、実際にはあり得ないような風景を実現したり、現実を超えるような体験を提供したりすることも可能です。

MRとの違い

MR(複合現実、Mixed Reality)とは、上述したARおよびVRを組み合わせたようなテクノロジーで、ARと同様、コンピュータによって創り出された仮想的なデジタルコンテンツを投影することで実際の空間を拡張しながら、現実世界とのより高度な融合を可能としたものです。ARのように現実世界に重ね合わせられたデジタルコンテンツを視覚できるのみならず、VRのようにそれに触ったり、操作したりできます。ARと同様、現実世界を軸としながらも、VRのような現実を超えた仮想体験が実現できるところに特徴があるのです。

ARを活用するメリット

ARを活用するメリットには、さまざまなものがあります。ユーザーは、現実世界と組み合わされた付加情報を分かりやすく得られることで、楽しみながら直感的・視覚的に理解を深めることが可能です。特に、ストレスに溢れた現代社会において、非日常を求める人々が多い世の中にあっては、刺激的な体験として歓迎されるのも当然と言えます。これにより、ビジネスにおける生産性向上や、シミュレーションによる技術習得などを、効率的かつスピーディに進められるのです。

さらに、これらがスマートフォンやタブレットなどで手軽に実現できることも大きなメリットと考えられます。

ARを活用するデメリット

ARは、今後も発展が大いに期待されるテクノロジーですが、現時点ではデメリットや注意点が存在します。以下、ARの実現方法ごとに説明します。

ARには、GPSによる位置情報と現在位置を組み合わせてコンテンツを表示するロケーションベースARという実現方法がありますが、この方法はGPSの精度や周辺の磁気に影響を受けてしまうため、状況によっては正確にコンテンツが表示されないケースがあるのです。また、マーカーと呼ばれる特定の図形を目印としてARを実現するマーカー型ビジョンベースARという方法では、マーカーの状況によってはカメラがそれをうまく認識できず、やはり正確にコンテンツが表示されません。

さらに、マーカーがなくても物体や空間を認識できるマーカーレス型ビジョンベースARという方法では、高いスペックのハードウェアと高度な技術が要求されるため、コストが膨らんでしまうというデメリットがあります。

発注先探しのコツは?
費用や品質を比較するために複数の企業に問い合わせることが一般的です。
実際に問い合わせをした人の多くは平均4,5社見積もりをとっています。
4,5社の見積もりが揃うまでにかかる期間は?
4,5社の企業探しから打ち合わせ、見積もり取得するまでには2〜3週間ほどかかる場合が多いでしょう。PRONIアイミツなら最短翌日までに最大6社の見積もりがそろいます。
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

ARの主な活用方法

さまざまなメリットに加えて、デメリットも存在するARですが、すでに幅広いシーンで活用され、今後もさらなる発展が期待されていることは間違いありません。以下より、ARの主な活用方法について、順に解説します。

業務効率化

ARの活用により、多くのビジネスシーンにおいて効率化を図ることが可能です。

例えば、現場にいる担当者が、ARにより現実風景に重ね合わせて表示された指示内容や操作手順を、タブレットやARグラスなどを通じてリアルタイムに参照しながら作業を進めることで、分厚いマニュアルを読み込むような手間や時間をかけることなく、効率的に業務を遂行できます。これをさまざまな現場に適用し、総合的な効率化が実現できれば、業務リソースが圧縮され、近年多くの企業が悩まされている人手不足の解消につなげることも可能です。

販売促進・プロモーション

ARは、小売業界やECサイトなどにおける商品の販売促進やプロモーションにも活用できます。

例えば、カメラに映し出された自らの姿にARによってモデリングされた洋服を重ね合わせることで仮想的に試着できれば、消費者は購入前にイメージを膨らませることが可能
です。また、紙媒体によるチラシやパンフレットにARマーカーを掲載し、スマートフォンやタブレットで映し出すことによって立体的なデジタルコンテンツが表示されれば、より効率的に多くの情報を伝達できる上、紙媒体の付加価値を向上させることにもなります。

マーケティング

ARを活用し、マーケティングを効率的に実施したり、効果を高めたりすることも可能です。上述したような購入前の仮想的な試着などによる販売促進に加え、実店舗においても、ARを活用したさまざまな取り組みがあります。

例えば、顧客がスマートフォンのカメラで商品を映すことで、それに即した情報が表示されたり、プロモーション動画が流れたりすれば、購買意欲を大いに喚起することが可能
です。また、それらの利用履歴を蓄積し、傾向などを分析することで、顧客の興味・関心が把握できる有効なマーケティングデータとして活用できます。

シミュレーション

上述した洋服の試着に近いものですが、カメラで映し出された自分の部屋に、ARによって仮想的に家具を配置し、購入後の様子をシミュレーションできるアプリケーションがあります。また、このように営利を目的としたビジネス以外の分野でも、新たな体験を提供するためのシミュレーションにおいてARの活用が盛んです。

例えば、現実の街の風景に重ねて、洪水によって押し寄せてくる水や漂流物などを映し出すことで、リアルな浸水体験を可能とし、防災意識を高める取り組みが行われています。また、医療現場では、実際の人体映像をARによって3Dモデル化し、現実に近い状況を創り出すことで、実践的な手術シミュレーションを実現するシステムの導入が広がりつつあるのです。

教育・研修・訓練

学校や企業、病院などにおける教育・研修・訓練でも、ARが活用されています。ARによって現実では再現しにくいような状況でもリアルに体験できる上、現実風景に重ねて表示されるデジタル情報によって理解を深めながら、それを何度でも繰り返すことが可能なため、学習効果を飛躍的に高められるからです。

例えば、基本的に失敗の許されない医療現場では、映し出された人体模型に重ねて表示されるデジタル情報により、臓器のしくみや位置関係を視覚的に学習することで、研修医などにおける実践的な理解の促進を加速させています。また、熟練者の手術の様子をAR動画で確認しながら、実際に手を動かして学べるようなシステムの導入も進んでいます。

ARの活用事例・アイデア10選

上述したとおり、さまざまな活用方法が考えられるARですが、実際の事例にはどのようなものがあるのでしょうか。以下より、ARの活用事例やアイデアについて順に解説します。

5-1.ゲーム・アプリ|大ヒットを記録した「ポケモン GO」

『Pokémon GO』ARマッピングタスク

ゲームアプリは、ARにおける代表的な活用分野の1つです。そのなかでも最も有名で、世界的に大ヒットを記録したのが、ポケモンとNianticが共同開発したARゲーム「ポケモン GO」です。

ユーザーは、スマートフォンをかざして実際に街中を歩き回りながら、現実世界に潜んでいるさまざまなポケモンを探し出し、バトルしたり捕獲したりして楽しめます。GPS機能による位置情報と、実際の風景にポケモンの映像を重ね合わせるAR技術を組み合わせ、ゲームと現実が融合した新たな世界を創り出しているところが大きな特徴です。また、それこそがヒットの要因であるとも言えます。※

※ 出典:株式会社ポケモン・Niantic社 「ポケモン GO」 https://www.pokemongo.jp/

5-2.音楽・映像・動画|ARを活用したMV「どろん」

若者を中心に高い人気を誇るロックバンド「King Gnu」のMV(ミュージックビデオ)では、AR技術を活用した演出が話題となりました。ARが活用されているのは、アルバム「CEREMONY」の収録曲である「どろん」のMVで、「盲目の視線」を表現したと言われるARの目玉画像が出現し、その視線が不気味に動くことで、インパクトのある作品に仕上がっています。ARが、ほかの多くの事例にあるような顧客体験の向上や業務効率化の実現に利用されるのみならず、斬新な表現を視覚化する方法の1つとしても活用できることが分かる事例です。※

※ 出典:CCCミュージックラボ株式会社 King Gnu、AR技術を駆使した「どろん」のMVを公開 https://rollingstonejapan.com/articles/detail/33187

5-3.医療|遠隔支援ツール

北海道札幌市に本社を構えるダットジャパンは、医療現場における遠隔画像診断支援や医療画像処理装置の操作習熟に向けた教育支援を目的として、AR技術を活用した遠隔支援ツール「どこでも君・医療(仮称)」の実証実験を、杏林大学医学部付属病院とともに開始しています。

ツールでは、医療画像処理装置を操作する際、ARによってモデリングされた熟練者の手を表示することで画面越しの指差し指示を実現するなど、遠隔からの的確なサポートを可能とし、これまでの支援ツールが抱えていた課題を解決しました。


※ 出典:株式会社PR TIMES AR技術を用いた遠隔支援ツール「どこでも君・医療(仮称)」の実証実験を開始【ダットジャパン株式会社】 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000076984.html

5-4.製造業|ビール工場を遠隔管理

アサヒグループホールディングスでは、国内にあるビール工場を1つの拠点から遠隔管理するためのしくみの構築を開始しました。その一環として、ARグラスを活用した遠隔からの製造ライン確認や技術指導を実現するための検証を進めています。

海外の工場では、すでにARグラスを利用した技術指導が行われており、日本の工場でもこれが実現すれば、遠隔地にある工場へ移動する手間や時間を削減できる上、現場作業員の迅速な技術習得を推進することが可能
です。将来的には、委託先工場での立ち会いや監査などへも適用を見込んでいます。※

※ 出典:株式会社インプレス X アサヒグループHD、国内すべてのビール工場を遠隔から管理する体制へ https://dcross.impress.co.jp/docs/usecase/002235.html

5-5.保守・メンテナンス業|作業支援AR

エアコンの保守やメンテナンスに何冊ものマニュアルを利用していた企業では、エアコンの室外機に作業手順や点検箇所を重ねて表示できるARソリューションを導入しました。

これにより、かさばるマニュアルを現場に持ち込む必要がなくなったほか、マニュアルでは表現しきれないノウハウや注意事項も的確に共有できるようになり、作業品質と効率性の大幅な向上を実現したのです。さらに、作業履歴の記録によって報告書の作成が不要となったため、事務処理業務の負担も軽減されました。※

※ 出典:サイバネットシステム株式会社 産業向け活用例:AR/VRソリューション https://www.cybernet.co.jp/ar-vr/example/

5-6.観光業|スタンプラリーで周遊を促す

AR技術を活用したスタンプラリーによって、観光地の周遊を促す取り組みもあります。「ぐるっと巡る秋のスタンプラリー」は、秋田県・岩手県をまたいで複数の観光施設を巡り、そこに設置されている「ARスタンプラリー スタンプGETポスター」を専用のスマホアプリで読み込むことでスタンプを集め、その数によって景品が当たるキャンペーンに応募できるというものです。今や誰もが保有しているスマートフォンと、ARを利用したアプリケーションを組み合わせ、テクノロジーによって地域経済の活性化を図る好例と言えます。※

※ 出典:株式会社かづの観光物産公社 ぐるっと巡る秋のスタンプラリー 〜湯らり 秋田・岩手 十和田八幡平 紅葉と温泉キャンペーン〜 https://www.ink.or.jp/~antler/onsen/

5-7.小売業|自宅やオフィスで家具設置シミュレーション

Journey through Space Unfolded

スウェーデン発祥の家具量販店として日本でも人気を博しているイケアを展開するイケア・ジャパンは、自宅・オフィス・スタジオなどのあらゆる場所にイケアの家具を仮想的に設置できるARアプリケーション「IKEA Place」を配信しています。

アプリケーションの活用によって、ユーザーは現実空間がどのように変化するかをリアルに体験しながら、家具の購入前にイメージを膨らませることが可能
です。なお、「IKEA Place」は、Appleが提供しているAR開発のフレームワーク「ARKit」が基盤となっています。※

※ 出典:株式会社PR TIMES イケア・ジャパン、自宅に家具をバーチャルで設置できるアプリ「IKEA Place」の配信スタート https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000136.000006550.html

5-8.スポーツ|興行・エンタメの魅力を高めるテクノロジー

男子プロバスケットリーグ(Bリーグ)に所属しているバスケットボールクラブ「広島ドラゴンフライズ」は、試合会場に設置された「AR選手パネル」にスマートフォンのカメラをかざすことで、映像内で選手が動き出し、一緒に記念撮影ができるという臨場感溢れるARコンテンツを開発しました。

これまでも設置されていた選手パネルをAR技術と組み合わせることで、スポーツが持つエンターテインメントとしての魅力を高め、試合会場に足を運ぶ楽しみが増えるというこの試みは、大きな話題となった
のです。※

※ 出典:株式会社OnePlanet AR導入事例|プロスポーツチーム 広島ドラゴンフライズ様 https://ar-marketing.jp/interview_dragonflies/

5-9.建築・建設業|現場の技能継承支援

インフラ・環境・防災・エネルギーなどに関わるソリューションを提供している応用地質は、手軽にARコンテンツを内製できるという東芝デジタルソリューションズの現場業務デジタル化ソリューション「Meister AR Suite」を活用し、数十ページにおよぶマニュアルの電子化を実現しました。ARによって試験装置の操作箇所に紐付いた注意事項や作業指示を現実空間に重ね合わせて表示することで、熟練者がそばでサポートすることなく基本的な操作のマスターが可能となり、技能継承にかかる手間や時間が大きく削減されたのです。※

※ 出典:東芝デジタルソリューションズ株式会社 現場における技能継承をAR(拡張現実)で支援
直感的な操作で簡単にARコンテンツを作成できるMeister AR Suite https://www.global.toshiba/jp/company/digitalsolution/case/articles/case2021/oyc.html

5-10.運輸・物流|DHL倉庫内作業

ドイツの国際輸送物流会社であるDHLは、Googleが開発した法人向けウェアラブルデバイス「Glass Enterprise Edition」を倉庫内でのピッキング作業(荷物をピックアップし、集める作業)に導入することを発表しました。従前から、倉庫におけるピッキング作業にAR技術を導入し、仮想的に表示された指示内容によって荷物を移動することなどにより、平均で15%の生産性向上を実現していましたが、新型デバイスの導入によってそれを加速させ、さらなる業務効率の向上を図る狙いです。※

※ 出典:株式会社PR TIMES DHLがグーグルの新型スマートグラス「Glass Enterprise Edition」を倉庫内作業に導入 https://techable.jp/archives/100727

ARの今後の可能性・展望

ARは、近年大きく進化を遂げ、着実に活用の場を広げてきました。今後、第5世代の移動通信規格である5Gの普及とともに、大容量のARコンテンツが今以上に高速でストレスなく送受信できるようになれば、その傾向はさらに加速するものと思われます。実際、将来に向けたAR関連市場の成長率は過去以上になるとも言われており、テクノロジーの進化とともに、さらなる発展が期待されている分野です。

また、ARの発展において重要なカギを握るのがARグラスなどの専用デバイスです。価格などの面でまだまだ一般的であるとは言い難く、現状は一部企業での利用がほとんどで、一般消費者においてはスマートフォンに頼っているのが実情と言えます。今後、ARを活用したスマホアプリの増加とともに、専用デバイスの一般化が実現すれば、ARの発展により拍車がかかることは間違いないでしょう。

AR活用はプロへの相談がおすすめ!

ARを効果的に活用するには、前述したようなメリット・デメリットをしっかりと把握し、ほかの事例なども参考にしながら、明確な目的を持って活用スキームを組み立てる必要があり、その実現は決して簡単ではありません。また、開発や制作には高度なスキルやノウハウが不可欠となり、相応の手間や時間を要します。そのため、潤沢な予算があり、優秀な人材が豊富に用意できるといった状況でもない限り、ARの活用は外部のプロフェッショナルであるAR開発会社やAR動画制作会社に依頼するのがおすすめです。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「PRONIアイミツ」にお問い合わせください。数あるアプリ開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

実績豊富なAR開発・AR動画制作会社3選

では、実際にARの活用を外部のプロフェッショナルに依頼するにあたり、どのような会社を選定すれば良いのでしょうか。ここでは、実績豊富なAR開発・AR動画制作会社を、厳選して3つ紹介します。ぜひ参考にしてください。

株式会社x garden

株式会社x gardenのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社x garden https://x-garden.co.jp/

こんな人におすすめ ・XRで世界を面白くするという理念に共感できる方
・ARを活用した新規事業を立ち上げたい方

x gardenは、東京都渋谷区に本社を構えるAR開発会社です。ARのみならず、VRやMRを含めたXRの実績が豊富で、AR/MRグラスアプリを制作可能な「X STORE」やバーチャルなモデルルームを構築できる「AR内見」、手軽なAR導入が可能なECサイト運営者向けサービス「RITTAI」などのソリューションを提供。AR/VRを活用した新規事業に対するコンサルティングや、アプリ開発を支援するサービス「XR-Hub R&D」も展開しています。

予算感 バーチャルモデルルーム生成サービス「AR内見」
プレミアムプラン:月額5,000円~
設立年 2019年
取引先情報 ・総合不動産会社「東急不動産」
・日本最大手の電気通信事業者「NTTドコモ」
会社所在地 東京都渋谷区渋谷2-14-13 岡崎ビル 803号室

株式会社クロスリアリティ

株式会社クロスリアリティのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社クロスリアリティ https://www.crossreality.co.jp/

こんな人におすすめ ・ARを活用した教育・研修コンテンツを開発したい方
・AR活用による現場従業員の支援を検討している方

クロスリアリティは、京都府京都市に本社を構えるAR開発会社です。AR/VRを活用したトレーニングコンテンツをノーコードで作成できる「EON-XR」や、遠隔地から現場従業員の作業を支援できる「ARアシスト」を提供しており、企業における手軽なARの活用に数多く貢献していることも特徴。AR/VRの専門家を育成するスクール運営を中心としたアカデミー事業のほか、保有する技術力を活用したXRソリューションの受託開発などを行っています。

予算感 オンラインコミュニケーションツール「VR Meet」
オリジナル3D建築・空間制作:22万円~(税込)
設立年 2019年
取引先情報 ・埼玉県の国立大学「埼玉大学」
・東京スカイツリータウンにキャンパスを持つ「千葉工業大学」
会社所在地 京都市下京区四条通烏丸東入ル 長刀鉾町8 京都三井ビルディング5階

株式会社LUVAS

株式会社LUVASのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社LUVAS https://www.luvas.red/

こんな人におすすめ ・高品質なAR動画を求めている方
・コストを抑えてAR動画を制作したい方

LUVASは、東京都渋谷区に本社を構えるAR動画制作会社です。イベント用動画やインフォグラフィック動画の制作のほか、AR動画専門の制作サービス「AR動画制作所」を提供しており、バーチャル世界と現実世界を融合した革新的な視覚体験を提供する質の高いAR動画を制作してきた豊富な実績が特徴。AR動画を専門に取り扱うことで、業務の効率化と機材コストの削減を実現し、格安価格での制作が可能なことも大きなポイントです。

予算感 AR動画制作所
ライトプラン:5万円~
設立年 2017年
取引先情報 ・林業や不動産事業を展開する「住友林業」
・言わずと知れた国立大学「東京大学」
会社所在地 東京都渋谷区円山町5番5号 Navi渋谷Ⅴ3階
電話番号 03-6555-5350

こんなアプリ開発会社探していませんか?

アプリ開発の費用相場

つづいては、アプリ開発を外注した際にかかる費用相場をご紹介します。

アプリのタイプ別開発費用の相場
アプリのタイプ 開発費用の相場
アプリ開発の平均費用相場 250万円~
ショッピングカート系 100万~300万円
カタログ・フリーペーパー系 50万~100万円
通話・メッセージアプリ系 100万~500万円
ツール系 50万~300万円
ゲーム系 300万~1,000万円
SNS位置情報系 500万~1,000万円
アプリ内課金/多言語/マップ対応 各10万~20万円
SNS連携/アクセス解析 各5万円
学習アプリ系 50万円~300万円

アプリ開発の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】AR活用のご相談はPRONIアイミツへ

以上、AR活用のメリット・デメリットや業界別の導入事例、今後の展望などに触れながら、実績豊富なAR開発・AR動画制作会社を厳選して紹介しました。前述したとおり、ARの効果的な活用は決して簡単なことではないため、外部のプロフェッショナルである開発会社や制作会社に依頼するのも有効な選択肢の1つです。

その際は、ぜひPRONIアイミツをご利用ください。ご要望をお伺いした上で、それに見合った会社を「無料」で複数ご紹介します。お気軽にご相談ください。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

発注先探しのコツは?
費用や品質を比較するために複数の企業に問い合わせることが一般的です。
実際に問い合わせをした人の多くは平均4,5社見積もりをとっています。
4,5社の見積もりが揃うまでにかかる期間は?
4,5社の企業探しから打ち合わせ、見積もり取得するまでには2〜3週間ほどかかる場合が多いでしょう。PRONIアイミツなら最短翌日までに最大6社の見積もりがそろいます。
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

アプリ開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 一括見積もりサイトだと多数の会社から電話が・・・

    一括見積もりサイトだと
    多数の会社から電話が・・・

  • 相場がわからないから見積もりを取っても不安・・・

    相場がわからないから
    見積もりを取っても不安・・・

  • どの企業が優れているのか判断できない・・・

    どの企業が優れているのか
    判断できない・・・

PRONIアイミツなら

発注先決定まで最短翌日

発注先決定まで
最短翌日

  1. 専門コンシェルジュが
    あなたの要件をヒアリング!
  2. 10万件の利用実績から
    業界・相場情報をご提供!
  3. あなたの要件にマッチした
    優良企業のみご紹介!
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

この記事に関連するアプリ開発会社一覧

詳細条件から発注先を探す

ARアプリに条件を追加して企業を探す