無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年3月29日

Facebook広告の種類やメリットをご紹介【2022年最新版】

Facebook広告は、大きく4種類に分けられます。広告の種類や配信先によって配置に違いがあるため、適切なフォーマットを選ぶことが重要です。
この記事では、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、Facebook広告について詳しく解説していきます。ぜひご覧ください。

【関連ページ】
Facebook広告にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にネット広告会社をお探しいただけます。

facebook広告の外注ができるWeb広告会社一覧
ネット広告の費用・相場

Facebook広告とは

Facebook広告は、Facebook上に自社の広告を配信できるサービスです。Facebookのほか、InstagramやAudience Network、Messengerでも広告を配信できます。
なかでもAudience Networkでは、Facebook社以外の企業が運営するWebサイトやサービスにも広告を配信可能。Facebook広告を利用すれば、幅広いターゲットにアプローチできます。

Facebook広告のメリット

Facebook広告には3つのメリットがあります。それぞれのメリットについて詳しく解説しましょう。

ターゲットを細かく設定できる

Facebookを利用する際には、実名登録が必要とされます。そのため、匿名性の高いソーシャルメディアと比較するとユーザーの属性が明確です。Facebook広告には、ユーザーの正確な情報やWeb上での動向をもとに、ターゲットを細かく設定できるというメリットがあり、効果的に広告を配信できます。

多数のユーザーにアプローチできる

Facebookは説明するまでもなく世界最大規模の有名なSNSです。全世界におけるFacebookのアクティブユーザー数は23億人を超えており、日本国内に限定しても2,600万人以上となります。そのため、Facebook広告には膨大な数のユーザーにアプローチできるというメリットがあります。

コストを抑えながら広告を配信できる

Facebook広告には、コストを抑えて広告を配信できるというメリットもあります。出稿に必要な最低金額は100円からです。予算に余裕がない場合でも気軽に利用できるでしょう。新しい客層を開拓するためのトライアルにも活用できます。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるネット広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

Facebook広告の種類と配置

Facebook広告には複数の種類が用意されています。ここからはFacebook広告の種類や配置を確認していきましょう。

写真広告

写真広告は、画像で広告を配信できるサービスです。配置は広告のフォーマットによって異なります。Facebookのニュースフィードや検索結果画面はもちろん、Instagramのストーリーズや発見タブへの配信も可能です。
特定のデバイス専用のフォーマットも用意されており、スマホではFacebookインスタント記事、PCでは右側の広告枠への表示に対応。写真広告に使用する画像は、JPGやPNGが推奨されています。画像サイズや解像度は広告のフォーマットによって異なるため、出稿する前にしっかり確認しておきましょう。

動画広告

動画広告は、FacebookやInstagram、Audience Networkなどで広告動画を配信できるサービスです。広告を配置できる場所は、おおむね写真広告と類似しています。Instagramのリールとインストリーム動画は、動画広告専用のフォーマットです。
インストリーム動画は画面全体に映像を表示するため、ユーザーの注目を集められる点がメリット。Instagramリールでは、縦長動画を投稿できます。リール広告を利用することで、インパクトのある広告配信が可能です。

カルーセル広告

カルーセル広告は、1つの広告枠に複数の画像や動画、テキストを表示できるサービスです。FacebookやInstagramはもちろん、Audience Networkでもカルーセル広告を配信できます。
Facebookでは、フィードやインストリーム動画などへの配置に対応。Instagramでは、ストーリーズやフィードへの配置が可能です。カルーセル広告を利用すれば、商品を複数の角度から紹介できます。画像や動画に連続性を持たせ、ストーリー形式で商品をプロモーションすることも可能です。

コレクション広告

コレクション広告は、スマホ向けの広告フォーマットです。上部のカバー画像(もしくは動画)と、複数の商品広告で構成されています。カタログ形式で商品を紹介でき、ユーザーが商品広告をタップするとフルスクリーンで商品ページを表示。
メインの画像・動画と関連性の高い商品を組み合わせて広告を配信することで、ターゲットの興味を強く惹きつけられるでしょう。Facebookフィードとインストリーム動画への配置に対応も対応しており、Instagramではストーリーズとフィードに配置できます。

Facebook広告は新規顧客獲得にも効果的な媒体

Facebook広告を効果的に運用できれば、見込み度の高い多くのターゲットへ自社の広告を配信できます。リスティング広告やディスプレイ広告では効果が出ないという場合は、Facebook広告を試してみるとよいでしょう。
一方で、Facebook広告を成果につなげるには、運用のノウハウが必要です。Facebook広告で高い効果を得たいのであれば、ネット広告会社への依頼も視野に入れるべきでしょう。

ネット広告料金表

ネット広告の費用をご紹介します。

ネット広告の費用相場
ネット広告の種類 費用相場
動画広告 10円〜/1再生
アフィリエイト広告 3万~5万円
Twitter広告     クリック課金:24~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000表示ごとに400~650円    
Instagram広告     クリック課金:40~100円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示ごとに500~1,000円    
Facebook広告   クリック課金:100~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示されるごとに100~500円    
LINE広告     クリック課金:24~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示ごとに400~650円    
TikTok広告 起動画面広告(インプレッション課金型):1,000回表示ごとに770円

より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターのご利用をおすすめします。

まとめ

Facebook広告の種類やメリット、配置について解説しました。Facebook広告を活用すれば、多くのターゲットへ自社の商品を宣伝できます。自社で効果的に広告運用を行うのが難しい場合は、プロのサポートを受けるのがベストでしょう。

アイミツでは、Facebook広告を得意とするネット広告会社を無料でご紹介しています。Facebook広告の運用を外注したい方は、いつでもお気軽にお問い合わせください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
facebook広告の外注ができるWeb広告会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ネット広告の費用・相場

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!