無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年3月30日

SEOキーワードの分析方法とは?無料、有料ツール、外注の選び方も紹介【2022年最新版】

SEOを進めるにあたってキーワード分析の種類や方法を理解することは重要なポイントです。キーワード分析の種類や方法を理解していなければ、効果的なSEOやWebマーケティングが実施できない可能性もあるでしょう。この記事では、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、キーワード分析の種類や方法を詳しく解説していきます。

【関連ページ】
Web広告にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にWeb広告会社をお探しいただけます。

Web広告の費用・相場
Web広告会社一覧

キーワード分析とは

キーワード分析とは、「市場のニーズ」と「自社のマーケティング戦略」を整合させるために、それぞれを検索キーワード化して分析する方法。ユーザーがどのような悩みや課題を持っており、Web上でどのようなキーワードで検索するかを考え、自社のWebページと整合させることで、マーケティングの目的を達成するための手法です。キーワード分析によって洗い出したユーザーの悩みをもとにしたコンテンツ制作や広告運用も効果的な手法でしょう。

キーワード分析の種類

キーワード分析は「キーワードの検索意図を分析」「競合キーワード分析」「自社キーワード分析」の大きく3種類に分類できます。それぞれの特徴を理解することで、より精度が高いキーワード分析を実現できるでしょう。

キーワードの検索意図を分析

キーワードの検索意図を分析する方法とは、ユーザーのニーズから検索キーワードを分析するものです。例えば「ユーザーの抱えている悩み」や「ユーザーの持っている課題」「ユーザーの欲求」などを考えてキーワードを選定します。机上で考えるだけでなく、ユーザーの生の声をヒアリングして、Webでアンケートを取る方法も1つです。既存ユーザーはもちろん、見込み客が何に悩んでおり、それを解決する方法は何かをキーワードで分析しましょう。

競合キーワード分析

競合キーワード分析は、自社と同様の商品やサービスを提供している競合他社が、どのようなキーワードをターゲットにSEOや広告運用しているかを分析する方法です。例えば「競合のWebサイトにはどのようなキーワードが多く含まれているのか」や「どのようなキーワードから競合のWebサイトへユーザーが流入しているか」を調べます。競合と自社の立ち位置を認識した上で、自社の強みや弱みをキーワード化すると良いでしょう。

自社キーワード分析

自社キーワード分析は、自社のWebサイトに導入されている「Google Search Console」や「Google Analytics」などを活用し、キーワードを抽出する方法です。例えばGoogle Search Consoleでは、どのようなキーワードから自社のWebページに流入しているかを把握できます。狙っていたキーワードから自社のWebページに想定通り流入しているかどうかをチェックすることで改善点を見つけられるでしょう。

キーワード分析を行う方法

キーワード分析するには「キーワード分析ツール」と「アクセス解析ツール」の2つを活用する方法が一般的です。それぞれの方法を解説していきます。これらのツールを活用すれば、効率的にキーワード選定ができるでしょう。

キーワード分析ツール

キーワード分析ツールでは、ユーザーが自社のWebサイトへ流入した際に使用した検索キーワードを調査できます。キーワード分析ツールで有名なものは、例えば「ラッコキーワード」や「Ubersuggest」です。キーワード分析ツールを活用することで、キーワード分析に必要なさまざまなデータを収集できます。その結果、ユーザーの検索意図が想定しやすくなり、より高い品質のコンテンツ作成に役立てられるでしょう。

アクセス解析ツール

アクセス解析ツールでは、ユーザーが自社サイトに流入している検索キーワードを調査できます。例えばGoogle Analyticsの場合、集客ページの「キャンペーン」「オーガニック検索キーワード」の順にクリックすることで、自社のWebサイトに流入した際に検索されたキーワードを一覧表示可能です。流入キーワードとあわせて直帰率も確認できるため、ユーザーの検索意図とWebページのコンテンツが一致しているかどうかを確認でき、ページ改善が必要かどうかの判断材料にもなるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるWeb広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

無料・有料ツール・外注どれがいい?キーワードの分析パターン

ここからはキーワード分析するための無料ツール、有料ツール、外注のそれぞれの特徴を紹介していきます。自社のキーワード分析の目的や目標に合わせて、どのツールや外注が適しているのかを判断していきましょう。

無料ツールを活用したキーワード分析の特徴

無料ツールでもキーワード分析は十分に活用できます。例えば「Googleキーワードプランナー」や「Google Search Console」が無料ツールです。また「Keywordmap」では、「自然検索調査」と「ユーザーニーズ調査」の機能のみ無料で利用可能。無料ツールは多くのユーザーが利用しています。そのため、インターネット上に多くの情報が掲載されており、自社でもキーワード分析に活用しやすいことが特徴です。

有料ツールを活用したキーワード分析の特徴

有料ツールを活用したキーワード分析の特徴は、機能の豊富さと品質の高さです。例えば、基本的な機能である「検索ボリューム調査」「サジェスト調査」「検索順位調査」「被リンク調査」などは制限なく使用できることが多くなっています。また、有料版の「Keywordmap」では「競合獲得ワード」や「季節要因調査」「共起語分析」なども利用可能です。ただし有料ツールは高機能なため、多くの機能を使いこなすためには、ある程度の経験が求められるでしょう。

プロに依頼するキーワード分析の特徴

プロにキーワード分析を依頼するメリットは、最新のSEO知識とスキルを持った担当者が、コンバージョンまで見込めるキーワードを提案してくれる点です。キーワード分析では検索結果で上位表示することを中心に考えがちですが、プロは最終的な成果であるコンバージョンを見込める検索キーワードを提案してくれるでしょう。プロに依頼する場合、自社では見つけられなかった付加価値を提案してくれる会社に外注することが大切です。

キーワード分析のポイント

キーワード分析をする際は、大きく2つのポイントに注意する必要があります。1つ目は「ユーザー理解」により、ユーザーの課題や悩みを十分に理解すべきという点です。ユーザーが抱いている課題は何か、その課題は大きいのかを十分に理解することが重要となります。
2つ目は「自社の理解」で、自社の商品の強みを理解すべきという点です。自社の商品やサービスの強みを理解できていない状態でキーワード分析しても、的外れなキーワードを選択してしまうリスクがあります。

SEO対策外注費用の料金表

SEO対策の費用相場をご紹介します。

項目 初期費用の相場 月額費用の相場
固定報酬型SEO対策 5万~20万円 20万~40万円/月
成果報酬型SEO対策 5万~20万円   1キーワードにつき 1万5,000円~30万円/月  
SEOコンサルティング 10万円~ 10万円〜30万円/月
コンテンツSEO ~30万円   1記事につき1,000円〜3万円/月  
SEO内部対策 応相談 10万〜100万
外部SEO被リンク対策 応相談 3万円〜15万円

SEO対策の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターのご利用をおすすめします。

【まとめ】キーワード分析の相談はWeb広告会社へ

この記事では、SEOに必要なキーワード分析の種類や方法(ツール)を紹介しました。キーワード分析の種類や方法を理解できれば、効果的なSEOやWebマーケティングによって、見込み客やリード獲得を実現できるでしょう。自社でツールを活用してキーワード分析することも可能ですが、プロに依頼すればより効果的に分析可能です。外注先に迷ったらアイミツまでお問い合わせください。あなたの希望にピッタリの発注先をご紹介します。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
Web広告会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
Web広告の費用・相場

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!