無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年5月9日

バンパー広告を作成する4つのポイントとは!メリットや設定方法なども解説

「YouTube広告を配信しようと検討中だが、きちんとユーザーに見てもらうためにはどの広告を選んだらいいのか?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、バンパー広告です。この記事では、バンパー広告とはどのような広告なのかといった概要の説明をはじめ、配信するメリットや気をつけておきたいポイントなどを解説していきます。

【関連ページ】
Web広告にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にWeb広告会社をお探しいただけます。
Webの費用・相場
バンパー広告を相談できるWeb広告会社一覧

バンパー広告について

バンパー広告とは、YouTubeで配信することのできる動画広告のうちの1つです。再生時間が6秒以内に定められている短い尺の動画広告で、短い時間の中で簡潔にユーザーに訴求し、ブランド認知度アップに貢献することを目的として広く活用されています。
YouTube広告の定番の1つであるTrueViewインストリーム広告と同様に、ユーザーの再生している動画コンテンツ内で配信することができ、デフォルトで音声がオンとなっているため耳からの訴求も可能とされています。

バンパー広告の特徴って何?

先にも触れている通り、バンパー広告はたったの6秒間という非常に短い時間の中でユーザーへとアピールするのが特徴の動画広告です。ユーザーが再生している動画コンテンツ内で配信されるため、動画を視聴しているユーザーはそのままの流れで広告を視聴してくれるという効果が期待できます。何か詳細を伝えるには短すぎる尺なので、会社やサービス、商品などの純粋な認知度アップに効果的と言えるでしょう。

バンパー広告とTrueView広告の違い

バンパー広告はたったの6秒間しか流れない動画広告である一方で、TrueView広告ではより長尺の動画広告を流すことが可能です。
TrueView広告は、広告視聴開始後5秒後にスキップすることのできるスキッパブル広告と、スキップすることのできないノンスキッパブル広告とに分かれており、どちらも最大15秒間配信することができます。スキップされなければ、単純に考えてバンパー広告の倍以上の情報をユーザーに伝えることが可能。しかし、スキップボタンを押さなければならない点や強制的に15秒間視聴せざるを得ない点が、ユーザーにとって不快感を与えるリスクもあるでしょう。

バンパー広告の費用は1,000回視聴ごとに課金

動画広告はクリックされない限り課金が発生しないことも多いですが、バンパー広告はクリックされなくても広告費が発生するため注意が必要です。バンパー広告ではCPM (Cost Per Mille :インプレッション課金)と呼ばれる課金方式によって広告費が算出されるため、1,000回表示されるたびに課金となります。逆に何度クリックされようと追加課金されることはないため、広告のクリック率をあげることができれば、1クリックあたりの単価を低下させることができるでしょう。

バンパー広告には入稿規定がある

繰り返しになりますが、バンパー広告には動画再生時間が6秒以内という入稿規定が設定されています。6秒よりも長い動画はバンパー広告としてアップロードすることはできないため注意しましょう。

バンパー広告を活用して得られる3つのメリット

ここからは、バンパー広告を活用することによってどのようなメリットがあるのか確認していきましょう。
・6秒以内の短い尺でブランド認知ができる
・ターゲットを絞り配信チャンネルを特定できる
・ディスカバリー広告との連動が効果的

この3つについて紹介していくので、バンパー広告を配信しようかどうかお悩みの場合にはぜひ参考になさってください。

6秒以内の短い尺でブランド認知ができる

バンパー広告を活用することによって、6秒以内という短い尺であってもブランド認知度アップ効果を期待することができます。バンパー広告は、ユーザーが視聴している動画コンテンツ内で再生され、TrueViewのスキッパブル広告のようにスキップすることはできません。そのため、6秒間という短い時間でありながらもユーザーに高確率で視聴してもらうことができ、デフォルトで音声がオンとなっていることもあって、視覚・聴覚どちらからもアピールすることができます。商品・サービスについて紹介・説明するには短い時間ですが、ブランド認知度を向上させるには非常に効果的でしょう。

ターゲットを絞り配信チャンネルを特定できる

バンパー広告を配信する場合は、ターゲットを絞って配信チャンネルまで特定できるのも大きなメリットです。バンパー広告を配信することのできるYouTube広告では、年齢・性別・就業状況・世帯収入・何に興味関心を持っているかなどといったデータを元にターゲティングを行うことが可能。広告を誰に表示するか、あるいは広告をどこに表示するのかを選択できます。とくにユーザーを対象としたターゲティングでは、興味関心をベースにターゲティングできることによって成果につながりやすいと考えられるでしょう。また、予約制でプレースメントを購入することもできるため、配信チャンネルを特定したい場合もおすすめでしょう。

ディスカバリー広告との連動が効果的

YouTubeディスカバリー広告は、YouTube内の検索結果画面や動画コンテンツ内、モバイルアプリのトップページに配信できる広告で、ユーザーがクリックすることによって課金となります。ブランド認知度アップに効果的なバンパー広告とあわせて活用することによって、バンパー広告による見込み客の育成から、ディスカバリー広告によるエンゲージメントの高いユーザーへのクロージングといった流れを確立できるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるWeb広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

バンパー広告を設定する流れ

ここからは、バンパー広告を配信するまでの流れを解説していきます。バンパー広告は、基本的に以下の流れで配信することが可能です。
・広告用動画をアップする
・キャンペーンを作成する
・広告グループを作成する
・リンクを設定する

上記フローを1つずつチェックしていきましょう。

STEP1:広告用動画をアップする

はじめに、バンパー広告用の動画を作成し、YouTubeにアップロードしましょう。先にも説明している通り、バンパー広告は6秒以内の動画でなければならないという入稿規定が存在します。動画が長い場合には、長さを編集してアップロードしてください。また、バンパー広告に使用する動画が全体公開とならないよう設定しておきましょう。

STEP2:キャンペーンを作成する

バンパー広告用の動画をアップロードしたら、Google広告にログインして広告キャンペーンを作成しましょう。管理画面から「新しいキャンペーン」へと進み、バンパー広告の配信で達成したい目標として「ブランド認知度とリーチ」を選んでください。キャンペーンのタイプは検索やディスプレイなどさまざまに用意されていますが、動画を選択しましょう。
また、キャンペーンのサブタイプ設定では「バンパー広告」を選んでから「続行」をクリックし、
・キャンペーン名
・入札戦略
・広告予算
・広告配信の開始日と終了日
・ネットワークや言語、地域
・除外コンテンツ

などを設定しキャンペーンを作成してください。

STEP3:広告グループを作成する

キャンペーンの作成まで完了したら、広告グループを作成しましょう。
広告グループの作成では、
・広告グループ名
・年齢や性別などのユーザー属性
・オーディエンス
・キーワード
・トピック
・プレースメント
・入札単価

を設定してください。

STEP4:リンクを設定する

広告グループの設定まで完了したら、リンク設定を行いましょう。バンパー広告として配信する動画のURLを入力し、広告フォーマットを選択する際に「バンパー広告」を選んでください。その後、広告に表示することのできるWebサイトのURLと、広告をクリックした際の遷移先となるWebサイトのURLを入力し、プレビューで確認して問題がなければ設定を保存します。ここまで終えれば、バンパー広告の設定は完了です。

バンパー広告を作成する際に気をつけたい4つのポイント

ここからは、バンパー広告を作成する際に気をつけておきたい4つのポイントについて紹介していきます。バンパー広告を作成・配信する際には、
・1動画につき1メッセージを意識する
・印象的なビジュアルで記憶に焼き付ける
・シリーズ化して認知させる
・効果測定をしながらPDCAサイクルを回す

上記4つのポイントについて注意しなければなりません。1つずつ詳細を確認していきましょう。

1動画につき1メッセージを意識する

バンパー広告を配信する際には、1つの動画につき1つのメッセージという点を意識するよう心がけましょう。バンパー広告は、たったの6秒間しか流すことのできない動画広告です。非常に限られた時間の中でユーザーの印象に残る広告を配信しなければなりません。それにもかかわらず、あれもこれもと伝えたいメッセージを絞ることができていなければ、結局はどのメッセージも伝わらない動画となってしまいます。バンパー広告において伝えるメッセージは1つに絞り、的確にアピールできるようにしましょう。

印象的なビジュアルで記憶に焼き付ける

バンパー広告を配信する際には、印象的なビジュアルでユーザーの記憶に焼き付けることも重要です。バンパー広告は、ユーザーの視聴している動画コンテンツ内でたったの6秒間だけ流れるため、あまり印象に残らないような仕上がりの動画の場合はそのままスルーされてしまいます。6秒間という短い時間を有効活用するためには、パッと目を引くような印象的なビジュアルでユーザーの興味を掻き立てることが重要でしょう。

シリーズ化して認知させる

バンパー広告を配信するにあたっては、シリーズ化も検討することを忘れないようにしましょう。1つひとつの動画の長さは非常に短いため、プロモーションしたい1つの商品やサービスに対し、◯◯編、◯◯編などとシリーズ化していくことによってブランド認知度や広告想起率アップが期待できます。何パターンも制作しておくことによって、ユーザーに「またこの広告かぁ」と不快感を感じさせるリスクも抑えることができるでしょう。

効果測定をしながらPDCAサイクルを回す

バンパー広告に限らず広告運用全般に言える話ですが、配信して終わりではなく効果測定を行いながらPDCAサイクルをスピーディに回していきましょう。バンパー広告を配信するにあたっては、効果測定において「ユニーク視聴者数」をチェックすることをおすすめします。この項目をチェックすれば、ユーザーにどれほどリーチできたのかを確認することが可能です。もしもこの数値が低いという場合には、ターゲティングが細かすぎてユーザーに届かない状況になっていると予想されるため注意しましょう。

バンパー広告の成功事例を紹介

ここからは、バンパー広告の成功事例を紹介していきます。Amazon・大塚製薬の2社における成功事例をチェックし、自社のバンパー広告運用にも活用していきましょう。

成功事例1:Amazon

Amazon社では、最大のショッピングデーイベントとして人気のAmazon Prime Dayを宣伝するためにバンパー広告を活用。6秒間の間でアピールされるのは、「驚きの価格が続々。お見逃しなく」というシンプルなコピーと開催スケジュールだけであり、シンプルだからこそ印象に残る広告に。開催間近となった限られた日数のみに集中してバンパー広告を配信し、多くの人々に繰り返しリーチすることによってサービス認知度を上げることに成功しています。

Amazon プライムデー 開催予告CM(6秒①)

出典:YouTube Amazon プライムデー 開催予告CM(6秒①) https://www.youtube.com/watch?v=z1C5Z-V-ZD8

※出典:KAIZEN PLATFORM 「バンパー広告|効果を最大化する2つの戦略とクリエティブの作り方」https://kaizenplatform.com/contents/bumper-ad#no2

成功事例2:大塚製薬(オロナイン)

大塚製薬社では、昔から多くの人気を集めているオロナイン軟膏の宣伝としてバンパー広告を活用。いつでもどこでも携帯できるチューブタイプが手のひらサイズで持ち運びやすいことが視覚的にわかるアニメーションとなっており、かわいらしいリズムも印象的です。シンプルなアニメーションだからこそ情報が入ってきやすいのが特徴で、どのような商品なのかわかりやすい仕上がりになっています。

オロナインCM|「新おうちチューブ」篇

出典:YouTube オロナインCM|「新おうちチューブ」篇 https://www.youtube.com/watch?v=gS8P3FyVWo8

※出典:Databeat 「YouTubeバンパー広告の費用がまるわかり!広告単価から制作費用・代理店手数料まで詳しく解説」https://www.data-be.at/magazine/youtube-bumper-ads-cost/

バンパー広告以外で自社の認知拡大に貢献してくれる広告

YouTube広告では、バンパー広告以外にも認知度アップに効果的な広告があります。商品やサービスの認知度をアップさせたいという場合には、以下で紹介するスキップ不可のインストリーム広告・拡散されやすいアウトストリーム広告をあわせて活用してみるのも1つの手でしょう。

スキップ不可のインストリーム広告

TrueViewインストリーム広告は、5秒間でスキップすることのできるスキッパブル広告と、15秒の間強制的に視聴させることのできるノンスキッパブル広告の2つがあると前述しました。2つのうち、ノンスキッパブル広告はバンパー広告と同様にブランド認知度アップに貢献します。バンパー広告は6秒間しか配信できない一方で、ノンスキッパブル広告の場合は15秒にわたって配信することができ、より多くの情報をユーザーにアピールすることが可能です。しかしユーザーにとっては、動画コンテンツを見たいにも関わらず、無理に15秒間広告を見せられているという状況になるため、不快感を与えてしまうリスクも高いでしょう。

拡散されやすいアウトストリーム広告

YouTube広告におけるアウトストリーム広告とは、モバイル専用の広告で、WebサイトやスマホアプリなどYouTube以外のGoogle動画パートナー上に表示されます。ネイティブ広告としても活用できることからブランド認知度アップにも効果的で、バンパー広告のような一般的なインプレッション課金ではなく、表示されている広告面積が50%よりも大きかった場合のみに課金となる視認範囲のインプレッション課金(Viewable CPM:vCPM)を採用。ユーザーが使用しているスマートフォンやタブレットの画面上にきちんと広告が表示されている場合のみ課金となるのが特徴です。

Web広告の費用相場

つづいては、Web広告を外注した際にかかる費用相場をご紹介します。

Web広告料金表
<Web広告の種類> <費用相場>
動画広告 10円〜/1再生
アフィリエイト広告         3万~5万円
Twitter広告 クリック課金:24~200円/1クリックインプレッション課金:1,000表示ごとに400~650円
Instagram広告  クリック課金:40~100円/1クリックインプレッション課金:1,000回表示ごとに500~1,000円  
Facebook広告 クリック課金:100~200円/1クリックインプレッション課金:1,000回表示されるごとに100~500円  
LINE広告 クリック課金:24~200円/1クリック インプレッション課金:1,000回表示ごとに400~650円  
TikTok広告  起動画面広告(インプレッション課金型):1,000回表示ごとに770円 

Web広告の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】バンパー広告の相談はWeb広告会社へ

今回は、YouTube広告の中でもバンパー広告について解説してきました。バンパー広告は6秒間という非常に短い間でしか流れない広告ですが、スキップできず必ず視聴してもらえるため、ブランド認知度アップには効果的です。とりあえず認知度をアップさせたい商品やサービス、イベントなどがあるという場合は、有効活用してみましょう。また、動画広告の配信・運用についてプロに相談したいという場合は、ぜひアイミツにお問い合わせください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
バンパー広告を相談できるWeb広告会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
Webの費用・相場

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!