無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年3月29日

ランディングページ(LP)の効果を高める方法【2022年最新版】

ランディングページ(LP)は、商品やサービスを宣伝するための効果的なツールです。集客や販売促進を目的にランディングページを活用したいと考えている方も多いでしょう。
この記事では、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、ランディングページの特徴やメリット、注意点、コンバージョンを高める方法について解説していきます。

【関連ページ】
Web広告制作にかかる費用・相場感や
あなたの目的別にネット広告会社をお探しいただけます。

ネット広告の費用・相場
ネット広告制作に強いネット広告会社一覧

ランディングページ(LP)とは

ランディングページとは、検索エンジンの結果などを通じて最初に訪れるページのことです。いわゆる「ホームページ」とは、利用目的と構成に違いがあります。
ランディングページは、商品やサービスの購入・問い合わせなど、特定のコンバージョンに絞って作成されるため、1ページ構成でコンバージョンを得られるデザインが必要です。一方のホームページは、事業紹介をはじめ幅広い目的で利用されるもので、一般的には複数のページで構成されます。

ランディングページ(LP)のメリット

ランディングページの意味や目的を理解したところで、メリットについても詳しくみていきましょう。以下では3点に絞ってランディングページを活用するメリットについてご紹介していきます。

ユーザーの離脱率が低い

Webサイトはページの遷移が発生すればするほど、離脱率が高くなる傾向にあります。その点、ランディングページは1ページで構成されるため、ユーザーの離脱率が低いことが特徴です。
たとえば、商品やサービスの購入を目的とする場合、ページ数が多いと購入率が下がってしまうため注意が必要です。ランディングページなら、ほかのページに遷移するようなリンクを減らして商品紹介に絞って作成されるため、ユーザーの離脱を減らせます。

1ページ完結型で訴求効果を高められる

先述したように、ランディングページは基本的に1ページで完結するようにレイアウトを組むため、訴求効果の高いページを作成できます。1ページ構成でも、画像を活用し文字サイズに変化をつけることで、効果的にユーザーにアプローチすることが可能です。
また、画面をスクロールするだけで商品やサービスに関する情報を網羅的に理解できるため、コンバージョンを得られる確率も高くなります。

効果測定・改善がしやすい

ランディングページを運用する際は、似たページを作成してABテストを行うだけで、インプレッション数やコンバージョン率などの効果を簡単に測定できます。たとえば、画像やボタンの配置、文字のサイズ、記事の内容など、一部分のみを変えることはそう難しくありません。データを分析しながら修正と改善を繰り返すことで、目的に合ったよりよいランディングページを作成できます。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるネット広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ランディングページ(LP)と相性のいい商品・サービス

ランディングページには、相性のいい商品と悪い商品サービスがあります。たとえば、健康食品や化粧品、サプリメント、ダイエットグッズなどは相性のいい商品です。
一方で、口コミや評価を重視される飲食系やアパレル系は、ランディングページと相性が悪いと言えるでしょう。飲食系ではグルメアプリなどを使用するユーザーが多く、アパレル系は1ページ構成ではなくラインナップを豊富に掲載できるWebサイトの方が適しています。

ランディングページ(LP)のコンバージョンを高める方法

実際にランディングページを作成し、コンバージョン率を高めるにはどうしたらよいのでしょう?ここからは、ランディングページのコンバージョンを高める方法について詳しくご紹介していきます。

数字などで説得力を持たせる

ランディングページのコンバージョンを高めるには、数字やグラフを活用してユーザーに訴求することが大切です。具体的なデータを紹介することで、信頼度を上げてランディングページに説得力を持たせることができます。
たとえば、「〇万人が使用した実績あり」「20××年に△△△を受賞」などと記述すると、ユーザーを安心させることが可能です。できる限りシンプルで直感的に理解できるようなページ作成を意識しましょう。

流入経路を増やす

ランディングページのコンバージョンを高めるには、インプレッション数を増やすための流入経路が大切です。主な流入経路には、検索エンジンやメルマガ、SNSなどがあります。それぞれを組み合わせれば、コンバージョンを高めることが可能です。
また、リスティング広告を活用してみるのもおすすめ。Google Analyticsなどの分析ツールを利用しながらアクセスを解析し、改善施策を実施することも大切です。

SEO・LPO対策を行う

ランディングページでは訴求力を高めるために、多くの画像や文字を追加することも少なくありません。ページ内に盛り込んだ情報の効果を測定するには、ヒートマップなどの活用が必須。ユーザーのニーズに合わせた「LPO(ランディングページ最適化)対策」の実施が重要です。
また、Googleなどの検索エンジンへの最適化を意味する「SEO対策」では、価値の低いサイトと評価されないための施策を施す必要もあります。競合サイトの分析や検索エンジンのしくみを理解することも大事です。

ランディングページ(LP)を作る際の注意点

ランディングページでは、ターゲット層を明確化してコンバージョンを高めることが大切です。複数のターゲットを設定すると訪問者が混乱するようなページになってしまうため、離脱ユーザーが増加してしまう恐れもあります。そのため、複数のターゲット層にアプローチしたい場合は、それぞれに合わせたランディングページを用意しなければなりません。
また、ランディングページの作成には知識が必要なのも事実。自社にノウハウや経験がない場合は、Web制作会社に依頼するのがベストです。制作費は依頼先によって異なるため、あらかじめ相場を把握しておきましょう。

ネット広告料金表

ネット広告の費用をご紹介します。

ネット広告の費用相場
ネット広告の種類 平均相場
動画広告 10円〜/1再生
アフィリエイト広告 3万~5万円
Twitter広告     クリック課金:24~200円/1クリックインプレッション課金:1,000表示ごとに400~650円    
Instagram広告     クリック課金:40~100円/1クリックインプレッション課金:1,000回表示ごとに500~1,000円    
Facebook広告     クリック課金:100~200円/1クリックインプレッション課金:1,000回表示されるごとに100~500円    
LINE広告   クリック課金:24~200円/1クリックインプレッション課金:1,000回表示ごとに400~650円    
TikTok広告 起動画面広告(インプレッション課金型):1,000回表示ごとに770円

より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターのご利用をおすすめします。

まとめ

ランディングページにはユーザーの離脱率が低く、改善しやすいというメリットがあります。一方で、コンバージョンを高めるにはSEOやLPO対策、流入経路を増加させる工夫が必要です。そのため、効果が出るランディングページを作成するには、やはりプロへの依頼がおすすめ。

ランディングページの作成にお悩みの方は、ぜひアイミツに問い合わせください。無料でランディングページの制作を得意とする会社をご紹介いたします。複数社からの見積もり取得に関するサポートも可能です。いつでもお気軽にご利用ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ネット広告制作に強いネット広告会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ネット広告の費用・相場

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!