あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

【動画制作のやり方】編集方法を初心者向けに解説!手順やコツも

【動画制作のやり方】編集方法を初心者向けに解説!手順やコツも

SNSや5Gなどの通信技術の進展により、動画コンテンツの需要が年々と高まっています。いまや、時代に即したマーケティングを行うためには、魅力的な動画コンテンツは欠かせません。

とはいえ、「動画制作」と聞くと「自分には無理だ」と思う方も多いのではないでしょうか。実は、初心者の方でも方法さえ間違えなければ、動画を制作すること自体は簡単です。

本記事では、初心者の方向けに動画制作の方法や失敗しないためのポイントを解説します。

目次
アイミツ
動画制作・映像制作会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

動画制作・編集の手順

動画制作の手順や方法は、非常にシンプルなものです。ここでは、動画制作や編集の基本的な流れを解説します。

企画

動画制作ではじめに着手するのが企画です。どのような動画を制作するのか、動画で誰に何を伝えるのかなどの内容をまとめていきます。動画制作の工程のなかでも、もっとも重要な工程と言ってもいいでしょう。企画内容によって動画の構成が大きく変わるからです。

たとえば、特定の商品を売り込むための動画と、企業のイメージアップのための動画では、最適な動画構成がまったく違います。動画の目的によって、実写動画が合っているもの、アニメーション動画の方が向いているものなどもあるでしょう。ターゲットの性別や年齢によっても最適な動画は違ってきます。

企画段階で動画の目的やターゲット、コンセプトを明確にして、最適な構成をまとめていきましょう。

パソコンと動画編集ソフトを準備する

動画制作にはパソコンが欠かせません。スマートフォンでも動画の編集自体は可能ですが、尺の長い動画や高画質な動画を編集するにはスペックが足りず、編集の自由度も制限されてしまいます。

定期的に動画を制作していく予定であれば、パソコンを用意しましょう。ストレスなく編集を行うにはある程度のスペックが必要です。メモリは最低でも16GB以上、4Kや8Kなどの高画質動画を編集するのであれば32GB以上のものが適しています。

編集ソフトは、Windowsであれば「ビデオエディター」、Macなら「iMovie」が標準搭載されているため、まずは試しに利用してみましょう。実際に一度編集してみれば、自分に必要な機能が掴めるはずです。

絵コンテの作成

動画のコンセプトが固まったら絵コンテを作成しましょう。絵コンテは、動画全体の設計図のようなもので、撮影中にスタッフが迷わないための指標です。複数人で動画を制作する場合は欠かせません。

企画から撮影、編集までひとりで行うケースでも、絵コンテを作成することをおすすめします。なぜなら絵コンテがないと、当初思い描いていたものと、実際に撮影した内容が違ってしまう可能性が生じるからです。動画の方向性を維持するためには、一人での動画制作でも絵コンテが必須だと言えます。

「絵に自信がない」という方もいるかもしれませんが、絵コンテで重要なのは絵の上手さではなく、ストーリーを把握するための必要な要素です。スタッフ間でイメージが共有できれば、棒と丸で描いた簡単なイラストでも構いません。

動画撮影

実際に動画を撮影する工程では、絵コンテに合わせて各シーンを撮影していきます。動画撮影の際にとくに気をつけたいのが映像の長さです。

長い映像であれば、あとからいくらでもカットできますが、短い映像を長くすることは難しいでしょう。そのため、素材に困らないように、あらかじめ各シーンを長めに撮影することをおすすめします。

映像素材は少なくて困ることはあっても、多くて困ることはありません。固定シーンも動きのあるシーンも角度を変えて数パータン撮影しておいてください。また、基本的にカメラは三脚などで固定しておきましょう。カメラを固定することによって、初心者にありがちな手ブレを防げます。

ソフトに動画素材をアップロードする

撮影した映像素材を動画編集ソフトにアップロードします。映像素材はパソコンに保存するだけでは編集できません。パソコン内にある動画データのフォルダにアクセスし、映像素材を動画編集ソフトに読み込ませる(アップロードする)ことで、編集ソフトを使って編集できるようになります。

アップロードの方法は編集ソフトによってさまざまですが、メニュー画面の「読み込み」や「アップロード」からアップロード画面に遷移できるものが一般的です。なお、Windowsの「ビデオ エディター」の場合は「新しいビデオプロジェクト」を、Mac「iMovie」は「+マーク」をクリックするとアップロード画面に切り替わります。使いたいBGMや画像があれば同時にアップロードしておきましょう。

動画素材を切り貼りする

撮影した映像素材を編集ソフトにアップロードしたら、映像を編集する工程に移ります。

映像を編集する際の指針となるのが絵コンテです。組み立て説明図なしではプラモデルの作成難易度が一気に上がるように、初心者にとっては絵コンテなしでの編集は非常に難しいでしょう。用意した絵コンテに沿って、各シーンの素材をつなげたり、不要なシーンをカットしたりといった切り貼りをしていきます。

また、初心者がとくに注意すべきなのはエフェクトの使い方です。エフェクトは映像素材に加える特殊効果で、動画の印象を大きく変えられます。プロのような演出効果が簡単に出せるため、多用してしまいがちです。しかし、乱用すると逆に安っぽい映像になってしまったり、メッセージが伝わらなくなる可能性もあります。まずはエフェクトを最小限にし、シンプルな動画を心がけましょう。

公開する

編集した動画を公開するには、出力という工程が必要です。動画編集における出力とは、動画を適切な形式に変換することを指します。

出力方法は主にパソコンやスマートフォンから動画を閲覧できる「データ」と、動画をDVDやブルーレイディスクなどで視聴できる「メディア」のは2種類。YouTubeなどの動画配信プラットフォームを利用する場合はデータ、動画を販売したい場合はメディアといったように、ターゲットの視聴環境に応じた出力方法を選んでください。

出力した動画の再編集は、編集ソフト上でプロジェクトを保存していない限りできません。そのため、出力の前には修正箇所がないか、今一度チェックしましょう。また、出力時間は動画の長さやパソコンのスペックによって変わります。目安としては動画再生時間の1.5倍程度です。

パソコンとスマホにおける動画制作の違い

パソコンでもスマートフォンでも動画の制作は可能です。また、どちらにもメリットはあります。

スマートフォンを利用する一番のメリットは、ほぼ初期投資なしで動画を制作できる点です。いまやほとんどの方がスマートフォンを保有しているうえ、無料で利用できる編集アプリも多数リリースされています。とはいえ、4Kや8Kといった高画質な動画や長尺動画、特殊なエフェクトを効かせた動画の撮影や編集はやはり難しいです。

一方でパソコンを利用するメリットは、やはり高度な編集ができる点にあるでしょう。高画質動画や長時間動画に対応できるうえ、さまざまなエフェクトを活用して本格的な動画が制作できます。ただ、ストレスなく編集を行うには高スペックなパソコンが必要となるため、数十万円の初期費用がかかる可能性があるのはデメリットです。

このように、どちらの方法にもメリット・デメリットがあるため、作りたい動画に適した方法を選んでください。

動画制作・編集する際のコツ

初心者でもコツを押さえれば、クオリティの高い動画を作成することが可能。ここでは、撮影時と編集時のコツをお伝えします。

撮影のコツ

カメラを手持ちで撮影すると手ブレが起こり、撮影した動画が非常に見づらくなる可能性があります。あえて手ブレさせることで臨場感を与えるなど、特別な意図がない限りは三脚などでカメラを固定して撮影しましょう。

また、撮影時カメラはできる限り水平になるように意識してください。カメラが傾いたまま撮影してしまうと、映像全体が傾いてしまいます。被写体だけでなく、水平の基準となる背景も狙うことでカメラの傾きを防げるため、気をつけてみましょう。

ズームの使い方にも注意が必要です。ズームは便利ですが、使いすぎると視聴者に違和感を与えてしまいます。また、画質も低下するため、アップが必要な際はできるだけズームを使わずに被写体に近づくようにしましょう。

編集のコツ

テロップはわかりやすさと飽きさせない工夫として必要な演出です。しかし、テロップを入れる位置がバラバラだと一気にクオリティが落ちてしまいます。テロップを入れる際は、横位置を中央ぞろえにし、高さもきちんとそろえましょう。

また、重要ではないシーンはできる限りカットしてください。不要なシーンをカットすることで、再生時間がコンパクトになり、的確に意図を伝えられる内容の濃いものになります。見ている側も飽きづらくなり、離脱率も低下するでしょう。

そして、エフェクトを使いすぎると何が伝えたいのかわかりにくい動画になってしまうため、エフェクトの使い過ぎにも注意が必要です。

アイミツ
動画制作・映像制作会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

動画制作・編集で失敗しないためのポイント

ここでは、動画制作や編集時に失敗しないための3つのポイントをお伝えします。

動画の目的・ターゲットを明確にする

動画制作においてもっとも重要なことは、動画の目的やターゲットを明確にすること。とくにプロモーション動画の作成では重要です。

目的を定めていない動画は、視聴者に何を訴えたいのかがわかりません。また、すべての人に共感される動画を作成するのは非常に困難ですが、特定のターゲットの共感は得られます。そのため、目的とターゲットは明確にする必要があるのです。

ポイントは、できるだけ具体的に決めるということ。たとえば、「多くの人に動画を見てもらう」というあいまいなものではなく「自社の商品を、SNSを活用している20代の女性に知ってもらう」などと一歩踏み込むことで動画の方向性が明確になります。

オープニング部分にこだわる

動画によるマーケティングでは、オープニングで視聴者の心を掴むことが大事です。

たとえばYouTube動画では、もっとも離脱率が高いのは最初の15秒だと言われています。最初の数十秒で多くの視聴者が離脱してしまえば、どれだけ質の高い内容を動画に盛り込んでいても届きません。オープニングが響かなければ、最後まで見てもらえない可能性が高くなるのです。

そこで、オープニングでインパクトを与え、動画を見るメリットも併せて提示できれば、視聴者の離脱を防ぐことができます。

入念に事前準備する

動画制作でもっとも重要なのは、撮影技術でも編集技術でもありません。確かに、撮影技術も編集技術も高いに越したことはありませんが、最重要なのは入念な準備です。

とくに「どんな動画をどのような人にどうやって届けるか」といった企画や構成の工程は、動画の質に直結します。企画や構成がおざなりになってしまえば、いくら撮影技術や編集技術が高くても、目的を達成できる動画にはならないでしょう。

また、実際に撮影に入るまでの準備も大切です。撮影を効率良く進めるためには、機材はもちろん、撮影のアウトライン、出演者やスタッフの手配など、準備することがたくさんあります。入念な準備を行い、万全な体制で撮影に臨みましょう。

まとめ

動画制作の方法について解説しました。方法と手順さえ踏まえれば、動画を制作することはそこまで難しくないことがおわかりいただけたのではないでしょうか。

とはいえ「動画の制作方法はわかったけれど時間がない」という方もいらっしゃるはずです。そういった方には動画制作のプロに外注することをおすすめします。制作会社についても知りたいという方は、ぜひアイミツにご相談ください。10万件以上の利用実績を持つアイミツが、ニーズとご予算に沿っておすすめの制作会社を無料でご紹介いたします。

動画制作・映像制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

動画制作・映像制作会社が
最短翌日までにそろう