業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

メンタルヘルス相談の優良業者

社会保険労務士

最適業者がスグに見つかる

社会保険労務士とは、企業におけるヒト(社員)、モノ(書面)、カネ(賃金・保険)の管理を代行する労務管理のプロです。その業務内容は社会保険労務士法によって定められており、取り扱う法令だけでも100種類を超えるといわれています。このため、依頼する内容(社会保険、労働保険、年金、助成金、就業規則、人事制度、給与管理、労災など)と社労士の得意分野が合致している事務所を選ぶようにしましょう(アウトソーシング型か、コンサルティング型かも見極めましょう)。また、企業内のメンタルヘルス問題に悩んでいるようでしたら、うつ病予防対策や職場復帰支援に詳しい社労士にメンタルヘルス相談をしてみるとよいでしょう。企業が取るべきメンタルヘルス対策のアドバイスなどを行ってくれます。その社労士に信頼が置けるかどうかは、登録年数の古さや他社との取引実績から、ある程度把握することができるでしょう。実際に顧問契約を結ぶ場合、顧問費用に含まれる業務範囲がどこまでなのかを、確認する必要があります。書類やデータの管理状況も含めて、決定する前に、一度訪問してみることをおすすめします。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

メンタルヘルス相談の優良業者 社会保険労務士業者一覧

13件中110件の業者を比較中

運営形態
特殊形態 (NPO法人、公益法人など)
実績数
100~500
主な顧客規模(従業員数)
50~100
  • 初心を忘れずに常に反省をし、新サービスにも積極的に取り組みクライアント企業の発展に尽くしてまいります
  • 判断が難しい案件などは、常に複数の社労士が合議の上で、当社としてのアンサーを出しております。
  • 社労士会のSRPマークの取得に加え、プライバシーマークも取得しています。電子会議室を準備しています。
運営形態
個人事務所
実績数
20~50
主な顧客規模(従業員数)
100~500
  • 労務や労働契約にまつわるトラブルを未然に防ぐサポート体制
  • 経験によって得たノウハウと行動力でトラブルによるダメージを最小限に抑えることが可能
  • 労務設計図策定や様々な業務支援を通し、労働者と職場に最良の環境を提供
運営形態
個人事務所
実績数
~20
主な顧客規模(従業員数)
~10
  • 適正な雇用・労務管理の改善策を「人事」と「給与」両面からご提案
  • 各書類の作成・提出、手続きや申請などの業務を中心に請け負う
  • セミナーや講演、研修などのご依頼にも対応
運営形態
個人事務所
実績数
~20
主な顧客規模(従業員数)
50~100
  • 従業員の目線に立った就業規則の作成・見直し・変更に対応
  • 個々の能力が正当に評価され、その能力を十分に揮える人事労務制度を構築
  • 企業様が抱える課題やお悩みを、迅速かつ丁寧に解決
運営形態
個人事務所
実績数
100~500
主な顧客規模(従業員数)
50~100 100~500 500~1,000
  • ◇一部上場企業から小規模事業所まで◇ お客様は業種・規模が多様。豊富な経験と知識を蓄積しています。
  • ◇スタッフの平均年齢32歳◇ 業界の慣習に縛られない対応とフットワークのよさが自慢です。
  • ◇相談業務に特化◇ 労務トラブルを未然に防ぐ対応策や、「人」に関する課題解決が私たちの強みです。
運営形態
個人事務所
実績数
~20
主な顧客規模(従業員数)
50~100
  • 元監督官として数多くの企業を見て、指導を行ってきた十分な経験があります。
  • 40代半ばの年齢というものを武器に、機敏に行動します。
  • 訪問だけでなく、電話、メールを使って丁寧な対応を行います。お気軽に相談ください。
運営形態
特殊形態 (NPO法人、公益法人など)
実績数
20~50
主な顧客規模(従業員数)
~10 10~50
  • マイナンバー制にも責任をもって応えられる社会保険労務士法人です。
  • 自ら、助成金も積極的に活用しています。補助金など受給する身になってご提案します。
  • 代表者は35歳、平均年齢は30代前半の若い社会保険労務士法人です。
運営形態
個人事務所
実績数
100~500
主な顧客規模(従業員数)
10~50 50~100 100~500
運営形態
個人事務所
実績数
50~100
主な顧客規模(従業員数)
10~50
運営形態
個人事務所
実績数
50~100
主な顧客規模(従業員数)
10~50

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

メンタルヘルス相談の社会保険労務士会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 社会保険労務士に従業員のメンタルヘルスについて相談するメリットを確認する

    産業医によるさまざまな治療方法と異なり、会社の仕組み作りを期待できる
    平成27年12月から、従業員数50人以上の事業場で「ストレスチェック」の実施が義務化されます。実施促進のための助成金を受けられる制度もでき、これらにより企業のメンタルヘルス対策は今後どんどん広… 続きを見る

  • POINT 2 改善のためのメニューをしっかり持っているか確認する

    解決の方向性をじっくり相談できる社労士を選ぼう
    社会保険労務士の役割は、労働基準法、労働安全衛生法や各種経験にもとづき、メンタルヘルス対策の制度をしっかり作成することで、具体的には下記のような作業になります。   なぜメンタル… 続きを見る

  • POINT 3 改善のための仕組みづくりも行ってくれるか確認する

    悩み相談で終わらない、具体的施策を求めましょう
    メンタルヘルス問題では、マネジメントを行う直属の上司や人事担当者、中小企業であれば社長が一人で悩むことがないよう、組織全体の問題として就業規則の見直しをすることが重要です。   パ… 続きを見る

  • POINT 4 メンタルヘルス対応の産業医との連携はあるか

    社労士のバックグランドは充分か?
    メンタルヘルス問題は、パワハラ・セクハラ・いじめといった人間関係から生じるストレスなどが引き金になります。 従って、職場改善のプロセスでメンタルヘルス対応の産業医や保健師との連携が必要に… 続きを見る