無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2021年12月8日
更新日:2021年12月8日

コンテンツSEOとは?外注ポイントや事例、おすすめの会社も紹介

コンテンツSEOとは、検索結果での上位表示を目的として検索ユーザーにとって有益な情報を充実させたコンテンツ作りを行う手法です。
今回は、コンテンツSEOのメリット・デメリット、外注する際のポイントなどを解説します。

佐藤
アイミツコンシェルジュの佐藤です。
Web広告会社をお探しの方に、私たちコンシェルジュがアドバイスします!さらに、アイミツでは完全無料で一括見積もり・比較も可能です!会社探しの手間を減らすお手伝いをしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

このページについて

このページについて
:当ページに掲載されている内容は記事作成時の情報であり、情報が変更となっている場合があります。またご依頼内容の複雑さや納期等の事情によって依頼内容の難易度が変化するため、当ページで紹介されている業者へご依頼される場合は自己責任にてお願いいたします。
アイミツパートナーとは
:アイミツと記事掲載契約を締結している企業です。

コンテンツSEO対策はなぜ必要か?

検索エンジンでは、検索されたキーワードに関連したページを独自の評価基準にもとづき「順位付け」した上で一覧表示する仕組みとなっています。しかしひと昔前には、ページ内の大量の検索キーワードや被リンクを入れ込むだけなど、小手先の対策だけを施した質の低いページが検索上位に表示される事態が起きていました。

そこでGoogleは対策として、「検索ユーザー目線でのコンテンツの質」を重要な評価基準に置くことで、低品質なページを除外する方針にシフトしました。結果として現在ではコンテンツ提供者側でも「質」を意識したコンテンツSEO対策が求められるようになっています。

コンテンツSEOのメリットと事例も紹介

近年、SEOの分野でスタンダードとなるほどコンテンツSEOは注目されています。
ここでは具体的な事例を交えながら、代表的なメリットを紹介しますので、自社で対策を施す際の参考にしてみてください。

ブランディングに貢献が可能

検索キーワードから検索ユーザーのニーズを読み取り、ユーザーが求めているコンテンツを提供することは、結果的に自社商材の理解促進やユーザーからの信頼度向上につながり、自社のブランディングにまで好影響を及ぼします。
典型的な事例として、近年圧倒的な知名度を誇るレシピ投稿サイト「クックパッド」の事例を紹介しましょう。同社では、キーワード調査に基づいてユーザーのニーズを調べ、自社の強みを活かしてユーザーニーズにフィットするコンテンツ制作を実施しました。
さらに、順位を逐一チェックしながらコンテンツ追加・タイトル調整などを進めることで、需要にマッチするコンテンツ提供を実現。結果的に流入の増大化、および自社のブランディングに成功しています。

潜在顧客にアプローチができる

コンテンツSEOで多くのユーザーをWebサイトに集めることができれば、購買意欲の高いユーザーだけでなく、潜在ニーズを持った顧客にまで広くアプローチすることが可能となります。さらに、継続的なアプローチを進めることで潜在的なニーズを育成させられるため、より多くの顧客獲得につなげられることも期待できるでしょう。
例えば、世界最大級の総合人材サービス会社「ランスタッド」では、コンテンツSEO後発で、担当者全員SEO経験なしという状況の中、自社サイトへ2万人の送客を実現しました。
また、目先の顧客獲得だけでなく、未来の顧客と信頼をつなぐコンテンツ作りを意識することにより、大量の潜在顧客へ向けたアプローチを実現しています。

安定性のある集客が見込める

Web広告は、クリック数などに応じてコストが発生するため、費用をかけるほど多くの集客が見込めますが、長期的に継続的な流入を達成するには高額のコストをかけなければなりません。一方コンテンツSEOでは、作成したコンテンツがサイト内に残っている限り、常に集客に貢献し続けてくれるため、安定した長期的な集客と相性の良い手法だといえます。
代表的な事例として、ECサイトメディア「北欧、暮らしの道具店」では、月に30ページの豊富な情報量や親しみやすさを意識したコンテンツ配信により、ファンを飽きさせることなく安定的な集客を実現。さらに、コンテンツに沿って商品を仕入れ、都度発信するスタイルを取ることで、Webによる集客と購買までの流れをマッチさせています。

コンテンツSEOのデメリット

先にコンテンツSEOのメリットを紹介しましたが、ここからはデメリットについて解説します。メリット・デメリットの両方を知ることで、自社に合った効果的なコンテンツSEOに役立てましょう。

効果が出るのに時間がかかる

検索エンジンによる順位付けは、コンテンツを作成→検索エンジンがページ情報を収集→順位決定に必要なデータを蓄積→順位表示という複数のプロセスを経て進むため、検索エンジンが適切な評価を下すまでにはある程度の時間を要します。
また、コンテンツの数が多いほど成果が出やすいという側面もあるため、即効性のある施策とはいえません。目安として数カ月~1年程度の時間がかかることを念頭に置いた取り組みが必要となります。

リライトなど定期的なメンテナンスが必要

コンテンツの数が多いほど成果が出やすいコンテンツSEOでは、さまざまなコンテンツを作成・追加していくのが基本ですが、中には思うように検索順位が上がらないものも出てきます。こうした際に「順位が上がらないから終わり」ではなく、リライトやタイトル変更など、メンテナンスを加えることで上位表示させられる可能性があります。
しかしもちろん、メンテナンスにはその分手間や人件費などがかかりますので、上位表示のためとはいえ、工数が増える点はデメリットでしょう。

検索ワードをうまく組み込まないと成果が出ない

ユーザーは検索時に「Web 集客」などのワードを入力して検索しますが、コンテンツ作成時には「どんなワードで検索するか?」を想定し、該当するワードをコンテンツ内に盛り込むことが大切です。検索ワードの出現率が少ないと、検索エンジンから「検索ワードにマッチした情報が掲載されていない」と認識されてしまうからです。
キーワード選定にはある程度の知識が求められるため、SEO関連の知識を持つスタッフがいない場合はネックとなるでしょう。

コンテンツSEOにおすすめのツールを紹介

【ミエルカ】
提供会社:株式会社Faber Company
料金:月額15万・20万プラン・個別お見積りプラン(初期アカウント構築費10万円)
サービスの特徴:SEO施策の提案、コンテンツ立案、アクセス解説レポート、順位調査機能などを搭載

【ラッコツールズ】
提供会社:ラッコ株式会社
料金:無料
サービスの特徴:見出しタグの抽出、サジェスト(検索エンジンにて入力されたワードと関連のあるワードを予測表示する機能)抽出、特定サイトのメタディスクリプション抽出などが可能

コンテンツSEOを意識した記事作成が大事

コンテンツSEOでは文字どおりコンテンツ、つまり記事の内容・品質に比重を置いた施策を取ることが大切です。
そこでここからは、コンテンツSEOで効果的な記事作成の具体的なポイントを解説していきましょう。

対策キーワードの選定と分析を行う

記事制作では、コンテンツのテーマや内容の柱となる「対策キーワードの選定と分析」から始めるのが基本です。
キーワードを選ぶ際には、ユーザーの検索意図を把握し、キーワード候補の洗い出し・絞り込みを行いますが、この際の分析がキーワード選定のカギを握ります。検索キーワードの競合の激しさ、上位競合ページの設計や頻出キーワードを知ることで上位表示しやすいキーワードを知る、といったポイントを踏まえた分析が効果的なキーワード選定のポイントです。

記事構成を考える

記事構成とは、いわゆる「記事の骨組み」のようなもの。あらかじめ骨組みを作っておくことで狙いを外さずにコンテンツを作りあげやすくなります。
特に、構成案作成者とライティング担当者が分かれている場合やライティングを外注する場合、記事構成は「指示書」となります。そのため「誰に向けて、何を書いてほしいか」「盛り込んで欲しいキーワード」などをできるだけ細かく指示した上で構成案を作り込むことが大切です。

ペルソナ設計を行う

ペルソナとは「サービスや商品の架空のユーザー像・人物モデル」を示すマーケティング用語です。
Webに限らず、新たなサービスや商品を開発する際には、年齢や性別、居住地、職業、年収、趣味といった提供対象者の細かな想定を行います。コンテンツSEOでも同様にペルソナの設定をすることで、検索ユーザーの知りたい情報やニーズを具現化するとともに、コンテンツ制作に関わる人全員でそのイメージを共有しながら、各プロセスでのズレを防ぎます。

上位サイトを分析する

検索エンジンの順位付けは、さまざまな評価基準をもとに決定されます。つまり、上位表示されているページには「上位表示という成果にたどり着いた答え」が詰まっているのです。
そのため、コンテンツSEOを意識した記事制作では、上位表示サイトの構成やコンテンツ内容、組み込まれたキーワード、視覚的な見せ方などを分析し、上位表示に貢献していると思われる要素を参考にしながら記事制作を進めることが大切になります。

情報を網羅する

検索キーワードに関連した情報をどれだけ網羅できているかは、コンテンツSEOの重要なポイントのひとつです。例えば「Web 集客」という検索キーワードの場合、Web経由の集客方法を知りたいという人もいれば、Web集客の成功例を探している人もいるでしょう。
このように、一つの検索キーワードには複数の検索意図が潜んでいるため、より多くの検索意図をカバーできる網羅性の高い記事は、結果的に検索エンジンからの評価を高めやすくなります。

独自性を出す

Googleは、「独自のコンテンツ・情報が提供されていることが高品質なページの前提である」ことを公表しています。もちろん上位表示サイトの要素を参考に記事を作成するのは効果的ですが、単にまねをしただけでは独自性は生まれません。
調査・分析の結果をもとにユーザーの検索意図を把握し、その上で検索意図に沿っていながら上位表示サイトにはないオリジナルコンテンツを盛り込むことで、独自性という強みを生み出しましょう。

内部SEO施策を適切に行う

前述のとおり、検索エンジンはコンテンツの質だけで評価しているわけではありません。そのため、効果的に上位表示を狙うには内部SEO施策を適切に行うことも大切です。検索エンジンにページを認識してもらう「クロール対策」、コンテンツ内容を理解してもらう「インデックス対策」など、内部施策にはさまざまなものが存在しますが、記事制作と並行して適切な内部施策を施すことが効果を高めるポイントです。

コンテンツSEOで成果を出すには?

コンテンツSEOで成果を出すには、質の高い記事制作以外にも押さえておきたいいくつかのポイントがあります。ここでは代表的なポイントについて、具体例を交えながらわかりやすく解説します。

社内でも対応できるようにする

コンテンツSEOで成果を出すには、随時対応可能な社内体制を整えておくことが大切です。もちろんすべて外注する方法もありますが、完成した記事のちょっとした修正やこまめなメンテナンスを都度外注するのは非効率です。また、素早く適切な対応がコンテンツSEOのポイントでもあるため、やはり専任者を社内に置くことをおすすめします。
社内体制が整っていれば、自社の強みや課題を反映したコンテンツ制作が可能になるため、質を担保する上でも大きな意味を持ちます。

完全外注ではなく部分的に依頼をするのもポイント

コンテンツSEOに必要な工程をすべて社内でまかなうには相当な工数がかかりますし、それぞれのプロセスで専門的な知識が求められる場面があるのも事実です。そのため、すべて内製化するのではなく、部分的に社外へ依頼することで負担を減らすとともに、専門的なノウハウに基づいた施策を進めやすくなるでしょう。
外注をうまく活用できれば、社内だけではまかなえない細かなSEOの知識をカバーし、より効果的な施策を実現する助けとなります。

成果が出ない場合はテクニカルSEOも検討

テクニカルSEOとは、Webサイトの内部構造を整備することで、サイトの土台を最適化するための施策です。コンテンツSEOはメディアやブログといった「テキストで読んでもらう情報が中心のサイト」と相性が良く、テクニカルSEOは求人・不動産などの「データベースが主軸となるサイト」と相性が良い特性を持ちます。
コンテンツSEOで成果が出ない場合は、自社サイトの性質を踏まえてテクニカルSEOを検討するとよいでしょう。

コンテンツSEO対策でおすすめの会社3選

コンテンツSEO対策関連のサービスを提供している会社の中から、特におすすめできる会社を厳選して3つピックアップしました。それぞれの会社の特徴をまとめますので、参考にしてみてください。

株式会社doubLe


出典:株式会社doubLe https://doubledouble.co.jp/

doubLeは、2008年の創業以来10年以上にわたりWebに特化した事業を展開している会社です。豊富なノウハウを活かしたコンテンツSEO支援サービスを提供しています。
Webサイト支援の分野では、特にSEM(検索エンジンからの訪問者を増やすマーケティング手法)領域でこれまでに4,000社以上をサポートしてきた実績があります。調査・分析にとどまらず、専門的なノウハウを活かしたプランニングまで提案してくれるため、自社に必要な施策を無駄なく実施する助けとなるでしょう。

こんな人におすすめ
・検索エンジンに詳しい会社をお探しの方
・分析からプランニングまでサポートしてほしい方

予算感 月額30万円~50万円
設立年 2008年
会社所在地 東京都新宿区西新宿1-22-15 グラフィオ西新宿13F
電話番号 03-6302-0410

ナイル株式会社


出典:ナイル株式会社 http://nyle.co.jp/

ナイルは、リモートを活用した全国対応でのSEOマーケティング支援サービスを提供する会社です。これまでに小学館や楽天、JTBなど、さまざまな企業との取引実績があります。
大きな特徴は、目的に合わせて複数の支援サービスを提供している点。包括的な「SEOコンサルティング」はもちろん、アクセス解析を軸にして分析・改善提案を行う「コンバージョン改善・サイト分析」、記事制作に特化した「コンテンツ・記事制作代行」など、コンテンツSEOのニーズを幅広くカバーできるサービスを細分化して提供しています。

こんな人におすすめ
・コンテンツSEO関連の提供サービスが豊富な会社をお探しの方
・記事制作の代行を依頼したい方

予算感 要問い合わせ
設立年 2007年
従業員数 100-499人
会社所在地 東京都品川区東五反田1-24-2 東五反田1丁目ビル7F
電話番号 03-6409-6766

株式会社フルスピード


出典:株式会社フルスピード http://www.fullspeed.co.jp/

フルスピードは、インターネットマーケティングやアドテクノロジーを事業とする会社です。20年以上の実績を活かした総合的な「SEOコンサルティングサービス」に加え、コンテンツ制作に特化したサービスを強みとしています。
記事コンテンツ制作支援においては、BtoB・BtoC、業種・業界を問わず、これまでに10万記事以上という圧倒的なコンテンツ制作実績を誇ります。2001年から検索エンジンを研究してきた豊富なノウハウを活かし、集客に貢献するコンテンツ制作を実現してきました。

こんな人におすすめ
・コンテンツ制作を依頼したい方
・記事制作実績が豊富な会社をお探しの方

予算感 要問い合わせ
設立年 2001年
従業員数 100-499人
会社所在地 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー8F
電話番号 03-5728-4460

まとめ

コンテンツSEOは、現在の検索エンジンの特性において、特にテキストが中心のコンテンツを配信するWebサイトでは非常に有効な手法であるといえます。しかし、十分な成果を出すにはさまざまなポイントを押さえる必要があるだけでなく、要所要所で専門的な知識が求められるとともに、それなりの工数がかかるのも事実です。

アイミツでは今回ご紹介した企業のほかにも、コンテンツSEOで役立つ企業をご案内できます。詳しく知りたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!