無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年6月15日

Facebook広告費用の相場はいくら?料金の仕組みや目安を解説【2022年最新版】

Facebook広告は、ターゲティング精度の高さやリーチできるユーザーの多さが特徴のネット広告。Facebook広告の配信を検討しており、広告費用の仕組みや費用相場について知りたい方もいるのではないでしょうか。当記事では、Facebook広告の費用相場・料金の仕組み・課金方式・予算設定・支払方法など、広告費用全般について解説していきます。

【関連ページ】
あなたの目的別にネット広告会社をお探しいただけます。
Facebook広告の外注に対応のネット広告会社一覧

Facebook広告料金表
課金形態の種類 平均費用の相場
インプレッション課金(CPM) 1,000回表示ごとに100~500円
クリック課金(CPC) 1クリックあたり100~250円

Facebook広告の費用相場

Facebook広告は、広告枠を購入して広告の掲載を行うネット広告の一種であるため、利用するためには費用がかかります。これからFacebook広告を利用してみたい方は、現実的にどのくらいの広告費用を用意すれば良いのか把握しておきたいでしょう。
広告費用は広告の目的・規模・内容・ジャンル・競合性といった諸条件によって左右されますが、一般的には10万~30万円程度が相場であると言われています。ネット広告代理店に運用を依頼する際にも、大体このあたりの金額を提案されるケースが一般的です。
上記はあくまで相場であり、10万円以下の少額に収まっている小規模ビジネスもあれば、巨額の広告費用を投下している大手企業もあります。Facebook広告の費用はいつでも自由に変更を行えるため、これから始める方はまず10万円程度で様子をみて検証を行い、効果を確かめながら徐々に30万円程度まで増額していく方法がおすすめです。

Facebook広告の料金の仕組み

Facebook広告は、純広告のような買い取り型の広告ではなく運用型広告に分類されるため、明確な料金表というのは存在しません。最終的に支払う利用料金については、以下にご紹介する2種類の方法により決定される仕組みです。

・合計消化金額
掲載された広告で消化した金額を合計したもの。あらかじめ設定した予算・期間に対して金額が消化されます。
・獲得した結果の単価
広告配信で得られた結果の平均金額です。

Facebook広告の利用料金は、合計消化金額については予算、獲得した結果の単価については入札戦略を設定することで、ユーザーの意図した通りにコントロールすることが可能です。
課金方法については広告キャンペーンの目的・求める結果により異なるため、広告配信の目的・目標に合わせて予算・配信設定を行った上で費用対効果を高めていくことが、Facebook広告を活用する際のポイントとなります。

2-1.Facebook広告の最低出稿金額

Facebook広告をお試しで配信してみたい方や、少額の予算でテストマーケティングを行ってみたい方は、最低出稿額がいくらであるか知りたいのではないでしょうか。Facebook広告の最低出稿額は100円で設定されており、予算に応じて自由に出稿することが可能です。本当に出稿するだけであれば、100円の予算でも問題ありません。
しかし、100円では当然広告効果は見込めず検証を行うための十分なデータを集めることができません。お試しで配信する場合においてもテストマーケティングを行う場合においても、現実的な予算として1,000~1万円/日程度は見積もっておく必要があります。

2-2.予算と消化金額の違い

Facebook広告の料金の仕組みについて理解するには、予算と消化金額の違いを把握しておく必要があります。

・予算
広告掲載で消化する予定の金額
・消化金額
設定した予算に対して実際に消化された金額


予算と消化金額は一致するイメージを持つ方が多いと思われますが、必ずしも一致するとは限りません。消化金額は設定した予算の範囲内に収まりますが、次のような理由により広告の配信数が減り、予算を消化しきれないケースもあります。

・広告の訴求力に問題があり配信されない
・競合性が高くパフォーマンスを発揮できない
・細かく設定を絞り過ぎている


想定した予算をどうしても消化したい場合は、広告クリエイティブや設定の見直しを行うことも必要となってきます。

Facebook広告の課金方法

Facebook広告の出稿を検討している方は、広告料金がどのように課金されるのかも気になるところでしょう。Facebook広告では、「インプレッション課金(CPM)」「クリック課金(CPC)」という2種類の課金方式が採用されており、キャンペーンの目的によって選択可能な方式が異なります。
そのため、自身で課金方式を選ぶのではなく、広告配信の目的によって自ずと利用する課金方式が絞られてくるといった方が正しいでしょう。ここでは、上記2種類の課金方式ならびに各キャンペーン目的に対応した課金方式についてご紹介していきます。

3-1.インプレッション課金(CPM)

Facebook広告におけるインプレッション課金(CPM:Cost per Mille)とは、広告の表示回数に応じて課金される課金方式です。CPMの相場は100~500円/1,000回程度となっており、広告が1,000回表示されるたびに課金が行われます。インプレッション課金はクリックに対しては課金されないため、クリック率が高い場合はクリック単価を下げることが可能。その反面、全くクリックされなくても広告が表示されるだけで費用が発生するため、費用の無駄が生じる場合があります。
広告をたくさん表示したい場合にコストパフォーマンスを発揮できるので、主にブランドの認知拡大を目的とした配信を行う場合に適しています。

3-2.クリック課金(CPC)

クリック課金(CPC:Cost Per Click)とは、広告がクリックされるごとに課金が行われる課金方式です。オークション形式でクリック単価が決定されるため常に料金の変動がありますが、1クリックあたり100~250円程度が相場となります。
クリック課金では、クリックがされない場合は課金が行われないため、出稿した広告に反響が無い場合に無駄なコストが発生しないことが特徴です。一方で競合が多い場合は入札単価を高く設定しないと表示回数が減るというデメリットがあります。このような特性から、クリック課金は商品購入・サービス申込・資料請求といったユーザーのアクションを獲得したい場合の広告配信に適しているのです。

3-3.キャンペーンの目的と課金方式

Facebook広告の上記2種類の課金方式は、キャンペーンの目的によって選択できる課金方式があらかじめ決められています。以下は、キャンペーン目的と適用される課金方式をまとめた表となります。

キャンペーン目的別の課金方式
マーケティング目的 キャンペーンの目的 インプレッション クリック
認知 ブランドの認知度アップ ×
リーチ ×
検討 トラフィック
エンゲージメント ×
アプリのインストール
動画の再生数アップ
リード獲得 ×
メッセージ ×
コンバージョン コンバージョン ×
カタログ販売
来店数の増加 ×

インプレッションに対してはすべてのキャンペーン目的で選択可能ですが、リンククリックについてはトラフィック・アプリのインストール・動画の再生数アップ・カタログ販売の4つのみで選択可能です。
まずはどのような目的で広告を配信するのかを明確化して、適切なキャンペーンの目的の選択を行いましょう。その上で課金方式の選択が可能なキャンペーン目的であれば、よりパフォーマンスを発揮できる課金方式を検討していく運びとなります。

ここで最後に、上記の一覧の中で、最近注目されている課金方法についてご紹介します。

3-4.ThruPlay課金(動画の再生数アップ)

ThruPlay課金は、Facebookで動画広告を出稿する際に選択できる課金形式です。動画が15秒以上(15秒以下の動画の場合は97%)視聴された場合にのみ料金が発生します。動画広告を15秒以上視聴する傾向にあるユーザーに絞って配信できるため、「動画広告をなるべく長く視聴してほしい」という場合に特に適しているでしょう。

3-5.いいね数(エンゲージメント)やインストール数に応じた課金

Facebook広告には、「いいね!」の獲得を目的とした広告や、アプリのインストールを促す広告も用意されています。それぞれの概要は以下のとおりです。
いいね!広告:インプレッション課金もしくは広告への「いいね!」の数に応じて課金される形式を選択
アプリインストール広告:インプレッション課金もしくはインストール数に応じて課金される形式(CPI課金)から選択

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるネット広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

Facebook広告の上限予算設定

Facebook広告は、「広告アカウント>キャンペーン>広告セット>広告」という多重階層で構成されており、1つのアカウントでさまざまな広告施策を柔軟に実施できる仕組みとなっています。広告予算については、上記各階層ならびに広告単価に対して上限金額の設定を行うことができ、予算上限の設定により広告配信のパフォーマンス向上・予算管理の効率化を図ることが可能です。
また、各階層についてすべて手動で上限設定を行うことも可能ですが、キャンペーン階層には最適化機能が搭載。街頭キャンペーンに属する各広告セットが成果を最大化できるように予算を自動配分することもできます。上限予算を活用する場合は、アカウント・キャンペーンレベルから設定を行い、ある程度運用成果が予測できるようになったら徐々に下層へとブレークダウンしていく方法がおすすめです。以下に、広告の階層ごとの予算上限の概要・特徴・設定するメリット・設定時の注意点について解説していきます。

4-1.キャンペーンの上限予算

キャンペーンの上限予算とは、Facebook広告のキャンペーン単位で予算の上限を設定できる方法です。上限金額に達した時点で、該当するキャンペーンで使用している広告セット・広告が自動的に停止されます。設定をすれば、キャンペーンで消化する金額を予算の範囲内に必ず収めることができるため、あらかじめキャンペーンで使用する予算が限られている場合におすすめです。
キャンペーンの上限予算は、キャンペーンの通算予算に対しては機能しないため、設定を行うためにはキャンペーン予算の最適化を有効化しておく必要があります。キャンペーンの上限予算は、キャンペーンを目的別・施策別に複数使用している際の予算管理・予算配分を行うのに便利な機能です。

4-2.アカウントの上限予算

アカウントの上限予算とは、Facebook広告の広告アカウントで使用する通産予算の上限を設定する方法です。設定を行っておけば、アカウント内のキャンペーンの配信状況に関わらず、上限金額を超えることはありません。上限に達すると、該当アカウント内で使用しているキャンペーン・広告セット・広告すべての配信・課金が停止されます。
広告アカウントで使用するキャンペーン全体の通算予算を管理できるため、月額予算など特定の期間の予算を固定しておきたい場合や、あらかじめ決められた予算の範囲内で複数のキャンペーン施策を実施したい場合には、設定を行っておくことをおすすめします。

4-3.広告セット予算

広告セット予算とは、Facebook広告の広告セット単位で予算を設定することです。設定を行った広告セットの配信が行われた際に予算が消化されます。アカウント全体・キャンペーンに対して予算を設定するよりも、より細かく予算・配信をコントロールできるため、次のようなケースにおいて特に効果を発揮します。

・目的別に広告セットを複数設定している
・広告セットのパフォーマンスが大きく異なり、個別に管理したい
・広告セットごとに任意の予算を割り当てたい


Facebook広告では、ターゲット・エリア・プラットフォーム別に広告セットを細かく分けて配信するケースが多くあるため、運用に慣れてきたら広告セット予算を設定してコストパフォーマンスを高めることをおすすめします。

4-4.入札単価

Facebook広告の料金は、各結果を獲得した際の単価と合計消化金額によって決められます。このうち単価についてはオークション方式が採用されていますが、入札価格についてはFacebook広告の機能である入札戦略を使い分けることで制御が可能。

■結果優先
・最小単価
成果を最大化できるように自動入札
・バリュー最大化
予算を消化して最もバリューの高い購入を重視して自動入札

■コスト優先
・平均目標達成単価上限
入札単価を一定に保てるように自動入札
・最小ROAS
一定の費用対効果を発揮できるように自動入札

■手動
・入札価格上限
すべての入札価格上限を手動で設定する方法

広告配信の目的に応じて入札戦略を選択することで、スムーズに成果を得ることが可能です。

4-5.通算予算/一日予算

Facebook広告では、期間指定予算について以下の2種類の方法を指定できます。

・通産予算
通算予算とは、広告掲載期間全体に対して消化したい予算を指定する方法です。指定した予算額を超えたくない場合に適しており、掲載期間全体で均等に予算を消化するように自動で配信が調整されます。

・1日の予算
1日の予算とは、1日単位で消化したい予算金額を指定する方法です。指定した金額に近い結果を毎日得られるように配信が調整されます。成果を得るため超過して予算が消化される日もありますが、請求額は1週間平均で算出されるため、1日の予算で指定した額の7倍以内に収まるように調整されます。

両予算は、キャンペーン全体もしくは各広告セットに対して設定することができます。

Facebook広告料金の支払い方法

Facebook広告の利用料金の支払いは、以下4つの方法に対応しています。

・クレジットカード
最も多くの方が利用しているのが、クレジットカードによる支払いです。利用可能なカードを事前に登録を行っておけば、広告の利用金額に応じて毎月自動で請求されます。
・デビットカード(クレジット機能付)
クレジット機能付きのデビットカードであれば、クレジットカードと同様の方法で支払いを行うことができます。
・PayPal
世界中で活用されているオンライン決済システム。日本円決済の手数料が無料であることや、支払先にクレジットカード・口座情報を残さずに決済を行えるのが特徴です。
・オンライン銀行振込
広告アカウントのプリペイド残高へ入金を行っておきます。

クレジットカード・デビットカード・PayPalは自動決済を行う際の支払い手段であり、オンライン銀行振込は手動決済を行う場合の支払い手段です。自動決済・手動決済の概要・特徴について、それぞれ以下にご紹介します。

Facebook広告で利用可能な支払方法
支払方法 利用条件 決済方法 請求タイミング
・クレジットカード ・クレジット機能付きデビットカード 以下の国際ブランドのクレジットカード・デビットカードを有していること ・Mastercard ・Visa ・American Express ・Discover 自動決済 毎月請求
PayPal PayPalアカウントが必要 自動決済 毎月請求
オンライン銀行振込 ・広告アカウントの国で「日本」が選択されている ・通貨設定が日本円(JPY)である ・「手動決済」を選択している 手動決済 任意のタイミングでプリペイド残高に事前入金

5-1.自動決済

自動決済とは、あらかじめ設定しておいた請求単位額に達した場合に自動で請求・支払いが行われる方法のことです。クレジットカード・デビットカード・PayPalなどの支払い方法を選択している場合に利用可能。具体的な請求・支払いのイメージは以下のようになります。

■請求単位額を2,000円に設定している場合
・広告利用料金が2,000円に達した時点で支払
・広告利用料金が3,000円で配信を停止した場合は、2,000円時点で一度支払いを行い、残金は同月の請求日に支払
・広告利用料金が2,000円未満の場合は、毎月の請求日に支払
・任意のタイミングで残金清算も可能

自動決済は手間を省けるメリットがありますが、キャッシュフロー管理が疎かになりやすい点に注意しておきましょう。

5-2.手動決済

手動決済とは、Facebook広告アカウントに追加しておいた資金から広告の利用状況に応じた料金が引き落とされる方式です。残高が無いと広告を掲載することができないため、あらかじめ利用する広告料金を上回る予算を入金しておく必要があります。広告料金の引き落としタイミングは、最大で1日1回です。
手動決済は自動決済を除く国・地域別の決済手段で入金を行う必要があり、日本ではオンライン銀行振込が入金手段となります。手動決済は広告掲載前に入金を行う手間が発生しますが、入金した予算以上に広告料金を消費することがないため、予算・キャッシュフローの管理が行いやすいのが特徴です。

Facebook広告のメリット

ここまで説明したFacebook広告について改めてメリットを解説しておきましょう。

少ない広告費で広告配信できる

Facebook広告の最低出稿金額は既にご紹介した通り100円で、少ない広告費でも運用が始められます。世の中にはさまざまな広告がありますが、出稿にあたっては数十万〜数百万円もの費用が必要なものも決して少なくありません。その点、Facebook広告は少額から出稿できるだけでなく、予算も自由に設定できるため「限られた予算で広告を運用したい」「Facebook広告を実験的に使ってみたい」といった方にもおすすめです。

予算内に収めた広告運用ができる

Facebook広告では広告主が予算の上限を設定可能です。1日の予算を1万円に設定したとすると「クリック課金・1クリック100円」だった場合は「1万円÷100円=100クリック」に達した際に自動的に配信が停止されます。「予想外にコストが膨らんでしまった」という予算オーバーのリスクが少なく、コスト管理を容易に行えるというメリットがあります。

ターゲティングの精度が高い

ネット広告・SNS広告では対象者を絞り込んで広告を配信するターゲティングが可能ですが、中でもFacebook広告のターゲティングは高い精度に定評があります。実名性SNSであるFacebookは性別や年齢、居住地域、趣味・関心などに関するデータも豊富なため、細かに条件を設定した上で広告を配信可能。無駄のない効率的な広告運用を希望する場合にもうってつけと言えるでしょう。

Facebook広告運用はネット広告会社に相談するのも◎

ここまでFacebook広告の課金方法や費用に関してご紹介してきましたが、広告運用に関してプロであるネット広告会社に依頼するのも1つの手です。以下にネット広告会社に依頼する際のメリットや費用に関して解説します。

Facebook広告運用をネット広告会社に依頼するメリット

Facebook広告の運用をネット広告会社に依頼すると、以下のようなメリットが期待できるでしょう。
・広告運用の経験やノウハウが豊富なプロの助けを得られる
・正確かつ最新の広告関連情報を収集できる
・自社で運用する際の人件費や従業員の負担を削減できる
・ほかの広告運用についてのアドバイスも受けられる
特に広告運用の経験がない会社や、「人材不足で広告運用にかけられるリソースが少ない」といった会社は、ネット広告会社へ依頼するメリットが大きいのではないでしょうか。

Facebook広告運用をネット広告会社へ依頼した際の費用

ネット広告会社に運用を任せる場合、会社によって違いはありますが以下の方法で費用を請求されることがあります。

・手数料制:広告費用の約20%程度を「広告運用手数料」として請求されます。
・月額定額制:一定の金額を毎月支払う料金形態。予算より大きく請求されるリスクが少ない。
・完全成果報酬制:ある一定の目標を設定。目標が達成した時点で費用が発生する。

上記はあくまで手数料です。実費としてFacebookの広告費のほかに、初期費用としてアカウント設定費用なども発生する場合もあるので、しっかりと確認しましょう。

【料金シミュレーター】あなたのしたいネット広告の相場感がわかります

もしあなたのしたいFacebook広告の相場を知りたければ、こちらのシミュレーターをご利用ください。Facebook広告の外注に必要な費用が簡単に試算できます。

【まとめ】Facebook広告の外注相談ならアイミツへ

Facebook広告をビジネスに活用する際の現実的な費用相場は10万~30万円程度。運用スキル次第で高いパフォーマンスを発揮できるため、費用対効果に優れたネット広告です。広告配信の設定も難しくなく、低予算から始めて反応を見ながら露出を増やしていけるため、気になっている方は気軽に出稿してみることをおすすめします。
アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うネット広告会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
Facebook広告の外注に対応のネット広告会社一覧

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!