無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年6月17日

SNSマーケティングとは?主な手法と成功事例【2022年最新版】

SNSを利用するユーザーの増加とともに、重要度と注目度が高まっているSNSマーケティング。本記事では、SNSマーケティングへの参入を考えている方に向け、特徴や手法、メリットを解説します。併せて成功事例もご紹介するため、自社のSNSマーケティングに活用してください。

【関連ページ】
Web広告にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にWeb広告会社をお探しいただけます。 
Web広告の費用・相場
SNSマーケティングを相談できるWeb広告会社一覧

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングとは、TwitterやLINE、TikTokなどのSNSで展開するマーケティング手法です。商品やサービスの宣伝を行うだけでなく、自社の認知度や好感度の向上を目指した発信により、固定客の獲得も狙います。また、ユーザーとのコミュニケーションツールとして活用することで自社のファンを増やす効果も。さまざまな手段を用いて商品やサービスのアピールができるため、多くの企業が導入している手法です。

SNSマーケティングが注目される理由

近年、SNSの普及率は上昇の一途を辿っています。10~20代の若年層だけでなく、60代以上の高齢層にまで浸透しており、SNSを利用して情報を集めるユーザーも増加。入手した情報を基に商品の購入やサービスの利用を決定するケースも増えているため、SNSを活用したマーケティングに企業からも注目が集まっています。幅広いユーザー層が利用しているSNSであれば、ターゲットに合わせた効率的なアプローチも可能でしょう。自社商品に適したマーケティングが実施できるのです。

SNSマーケティングの手法5つ

ここからは、SNSマーケティングの手法を解説します。種類は大きく分類して5つです。それぞれメリットや内容が異なるため、自社の目的に沿った手法はどれなのかを確認しておきましょう。

SNS広告

SNS広告とは、SNSのプラットフォームに広告を配信するマーケティング手法です。画像や動画を使った宣伝活動が可能。管理画面内で出稿作業から効果測定までできるため、課題の明確化や対策もスムーズに実施できます。
メリットは、広告配信のターゲットを細かく設定できる点です。選択できる項目は、居住地・年齢・性別・趣味などのユーザー特性から、これまでに関心を示した商品やサービス、投稿の種類まで多種多様。的確なターゲティングにより、自社に興味を示す可能性の高いユーザーに絞って広告が配信できるため、テレビCMや新聞広告など大衆向けの広告に比べ高い費用対効果も期待できます。

SNSアカウント運用

公式アカウントを利用して、企業情報や商品・サービスの投稿を行うマーケティング手法がSNSアカウント運用です。企業からの一方的な発信だけでなく、ユーザーとのコミュニケーションが図れる強みを持ちます。コメント欄に記入された感想や要望への真摯な対応により、企業の信頼度は上昇。イメージの向上やユーザーとの関係性構築が可能です。
アンケート機能やダイレクトメッセージ機能などを活用することで、消費者のリアルな声が収集できる点もメリット。SNSアカウント運用は、ユーザーとの交流をとおしてファンを増やすと同時に、商品開発やサービス内容改善のための情報収集が行える手法です。

SNSキャンペーン

SNSキャンペーンは、ユーザーが参加できるタイプのマーケティング手法です。参加方法にはさまざまな条件が設定可能。たとえば「企業が指定したハッシュタグをつけて投稿する」「企業の投稿をリツイートする」「友だち登録する」などの事例があります。
メリットは、SNSの拡散力により多くのユーザーに自社をアピールできる点。「参加者の中から抽選で100名様に商品をプレゼント」などの企画を打ち出し拡散を狙うことで、企業認知度の向上や集客が期待できます。ユーザーが参加したくなる魅力的な企画により、自社イメージの向上も可能でしょう。フォロワーの獲得やファンの増加、購買行動の促進まで期待できる手法です。

インフルエンサーマーケティング

ユーザーからの信頼度や好感度が高い情報発信者をインフルエンサーと呼びます。インフルエンサーを活用し、自社商品やサービスを宣伝する手法がインフルエンサーマーケティングです。最大の強みは影響力の高さ。インフルエンサーには熱狂的なファンが付いているケースも多く、発信した情報がユーザーの行動や思考に大きく影響を及ぼす可能性が高いのです。そのため、ターゲットに合ったインフルエンサーの採用によりユーザーの関心を引き、購買行動に発展しやすくなります。
また、インフルエンサーマーケティングには広告的な要素が抑えられる特徴も。インフルエンサーが宣伝する商品やサービスは消費者に受け入れられやすい強みを持つため、広告に悪いイメージを抱くユーザーにも好印象を与えやすい点がメリットです。

ソーシャルリスニング

ソーシャルリスニングとは、ユーザーがSNSで発信した内容を集めて分析を行うマーケティング手法です。分析結果を基に、商品やサービスの改善を行います。これまで主流であったアンケート調査とは異なり、ユーザーの本意を正確に把握できる点がメリット。多くのユーザーから膨大な情報量が得られるため、課題を浮き彫りにしニーズに沿った改善案が立てられるでしょう。既存顧客の意見だけでなく、自社商品の購入や利用を検討しているユーザーの心理まで把握できるのも強みです。
また、競合他社に対するユーザーのイメージを分析できるメリットもあります。他社が展開する商品やサービスの評価を確認することで、自社の顧客以外のニーズを把握し、新たなサービスの開発などに活用可能です。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるWeb会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

SNSマーケティングで利用される主なソーシャルメディア

続いては、SNSマーケティングで利用される主なソーシャルメディアを6種類ご紹介します。利用者の年齢や性質、適したマーケティング手法はそれぞれ異なるため、どのSNSを利用するか迷った場合は下記を参考にしてください。自社に適したSNSの活用により、効果的なマーケティングを実現しましょう。

Twitter

Twitterは、140字以内の文章や写真、動画が投稿できるSNSです。幅広い世代に親しまれており、10~20代の利用率の高さが目立ちます。アカウントを仮名で開設できるなどの使いやすさが特徴。個人でも企業アカウントを気軽にフォローできるため、コミュニケーションが取りやすいSNSです。
リアルタイムでの投稿や情報収集に利用される頻度も高く、拡散性の高さが強み。ーケティングに活用する際は、強みを活かしたSNSキャンペーンがおすすめでしょう。公式アカウントのフォローに加え、リツイートやハッシュタグを付けた投稿を参加条件とするのが一般的です。フォロワーの拡大とツイートの拡散により、認知度向上やファンの増加が狙えます。

Instagram

Instagramは、写真や動画を主体とする投稿を行うSNSです。利用者は女性の割合が高く、10~20代を中心に40代まで多くの世代が活用しています。投稿から24時間で自動的に表示がストップする「ストーリーズ」や、リアルタイムでフォロワーとのコミュニケーションが取れる「ライブ配信」などの機能が特徴です。
インスタグラマーと呼ばれる、影響力の強い投稿者を活用したインフルエンサーマーケティングが効果的。多くのフォロワーを抱えるインスタグラマーに自社の商品やサービスをPRしてもらうことで、認知度の向上が狙えます。クオリティの高い画像・動画制作が期待でき、イメージアップにつながる点もメリットです。

LINE

LINEは、メッセージのやり取や、音声・ビデオ通話などができるSNSです。2020年9月時点での国内月間利用者数は8,600万人と、日本ではトップのシェア率を誇ります。10~60代までの幅広い年代が利用しており、特に20~30代の利用率は9割以上。さまざまな年齢層のターゲットにアプローチできるツールです。
おすすめのマーケティング手法は、LINE広告や公式アカウント運用。広告はトーク画面だけでなく、LINEニュースやLINEマンガなど豊富な関連サービスに掲載できます。公式アカウントでは、友だちへのメッセージ一斉配信やクーポンの配布、ポイントカードシステムの提供などが可能。友だちを増やすことで、新規顧客やリピーターの獲得につなげやすい点が強みです。

Facebook

実名での登録が必要なFacebookは、知人や友人とのコミュニケーションツールとして利用されるケースが多いSNSです。2019年7月時点で、国内の月間利用者数は2,800万人。30~50代のシェア率が高く、他のSNSよりも利用者の年齢層が上がる点が特徴。
マーケティングには、正確性の高いターゲティングが行えるFacebook広告が活用できます。性別や年代、学歴、役職、位置情報はもちろん、ユーザーの過去の消費行動や興味・関心の高いジャンルの絞り込みが可能。登録を実名で行うためデータの精度も高く、的確にターゲットに訴求できる点が強みです。実名制という特性上、アカウント運用を行う際に炎上しにくいメリットもあります。

YouTube

動画配信を行うツールとして人気の高いYouTube。配信された動画はパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットなどからも視聴できます。幅広い年齢層に利用されており、18~64歳の国内利用者数は2020年9月に6,500万人(月間)を超えました。
YouTubeでは、ユーチューバーを活用したインフルエンサーマーケティングがおすすめです。動画の広告収入を軸に活動するユーチューバーは、高いクオリティの動画制作が強み。登録者数が数十~数百万規模のケースも多く、自社の認知度向上が期待できます。さまざまなジャンルのユーチューバーが存在しているため、商品やサービスに適した人材の選択により購買行動の上昇まで期待できる手法です。

TikTok

TikTokはモバイルユーザー向けの動画配信サービスです。15~60秒程度のショート動画の投稿が可能。若者からの人気が高い印象を持たれやすいですが、実際の利用者は20~30代が中心です。また、男女比で見た場合、男性の利用者が女性を上回る点も特徴と言えます。
リーズナブルで手軽にスタートできる広告サービスが強み。広告動画の配信はユーザーのおすすめページで行われるため、ターゲットからの関心をひきやすく、消費者がアクションを起こしやすい点がメリットです。また、ハッシュタグを付けた投稿を促し宣伝を行う「ハッシュタグチャレンジ」の活用により、拡散効果を狙ったキャンペーンも展開できます。

SNSマーケティングのメリット

ソーシャルメディアの種類を把握したところで、続いてはSNSマーケティングを行った際のメリットを確認しておきましょう。SNSマーケティングの実施を検討している方は、以下の2点に着目してみてください。

費用を抑えて情報を広められる

SNSは、いいねやリツイートなどのシェア機能により拡散を狙いやすい特徴を持ちます。利用者が多いため、発信した情報が拡散されれば多数のユーザーの目に届けることが可能です。「他のユーザーに知らせたい」と思わせる投稿により、予想を超えて拡散されるケースもあります。そのため、順調に拡散されれば大きな効果を発揮することが可能。自社を認知していないユーザーに対してもアプローチができ、商品やサービスを知ってもらうチャンスも生まれるでしょう。

親しみやすい印象を与えられる

SNSは企業の一方的な情報発信だけでなく、ユーザーとのコミュニケーションが取れる場所として活用できます。たとえばユーザーが企業の投稿に対しコメントを残し、そのコメントに対し企業が返事をするなど、平等な関係でのやりとりが可能なのです。また、自社に関するユーザーの投稿にいいねやコメントでアクションを起こすことで、親しみやすい印象を与えられるでしょう。
こうした試みにより、ユーザーが企業に親近感や好感を抱きやすい点がSNSマーケティングのメリット。フォロワーへの発信やキャンペーンの開催などで信頼性を高め、購買行動やサービスの利用を促すことも可能です。

SNSマーケティングの注意点

SNSマーケティング最大の注意点は「炎上」です。多くの利用者が拡散を行うSNSでは、批判や誹謗中傷などで公式アカウントが炎上する可能性があります。実際に、2020年にはドン・キホーテが犯罪を助長するようなハッシュタグを利用し、Instagramで炎上を起こしました。「これは大喜利です」というハッシュタグを含めた投稿でしたが、ドン・キホーテはその後謝罪文を掲載し、該当の投稿を削除しています。※
炎上を発生させないためには、社会性を問われる内容の情報発信を避けるなどの注意が必要です。ユーザーと直接コミュニケーションが取れるSNSマーケティングでは、企業の担当者のネットリテラシーが問われることを認識しておきましょう。

※出典:livedoorNEWS 「みんなはドンキで何盗んだことある?」 10代メンバーによる公式インスタ、「攻めてる」ポストあえなく削除 https://news.livedoor.com/article/detail/18827166/

SNSマーケティングの成功事例

ここからは、SNSマーケティングの成功事例を3つご紹介します。どのケースも、利用するソーシャルメディアの機能や強みを活かしたマーケティングが特徴です。役立つ情報の発信やお得感の演出など成功のポイントが多彩に盛り込まれているため、内容を確認し自社のマーケティングの参考にしてください。

Twitterを使った成功事例

【GUの成功事例】
日本のファッションブランドGUが展開するキャンペーンの事例です。人気キャラクター「ちいかわ」とのコラボ商品販売を前に、限定の書下ろしアクリルスタンドが当たるキャンペーンを実施しました。
参加条件は「アカウントのフォロー」+「指定のハッシュタグを利用したコメント付きのリツイート」の2点のみ。手軽に参加できるため多くのユーザーが興味を示し、リツイート数は1万件超え。いいねの数も2万件以上におよびました。Twitterの即時性と拡散効果を活用し、フォロワーの増加や商品発売の宣伝に成功した事例と言えます。

Twitterを使った成功事例 GU
出典: GU https://twitter.com/gu_global/status/1532512390264172544

Instagramを使った成功事例

【ダイソーの成功事例】
全国に構えた店舗で100円商品を提供するダイソーの公式アカウントです。雑貨や季節商品、コスメ、食品など幅広いアイテムの紹介をしています。1つの投稿に対し複数の画像を設定することで、バリエーションが豊富な商品も瞬時に確認可能。画像に文字を添えるなど、分かりやすさに注力している点も特徴です。
商品の実用例を動画で紹介するお役立ち情報も発信しており、閲覧回数が42万件を超える投稿も。2022年6月時点でのフォロワー数は180万人以上と、ユーザー目線に立った情報発信によりファンを増やした成功事例です。※

Instagramを使った成功事例 ダイソー
出典: ダイソー https://www.instagram.com/daiso_official/

※本文出典:エムタメ! 100円均一ショップから学ぶ!小売り企業のInstagram活用術 https://mtame.jp/social/instagram_100-yen_store/#a03

LINEを使った成功事例

【株式会社アークミールの成功事例】
飲食店「ステーキのどん」や「しゃぶしゃぶすき焼 どん亭」などを運営するアークミールの事例です。店舗ごとにLINEの公式アカウントを用意し、新メニューやキャンペーン情報などを発信しています。来店客にアカウントの存在を案内し、友だち追加を推進。登録者には毎月クーポンを配布するなど、リピーターの獲得に向けたアプローチを展開しています。
2021年には「LINEで予約」を実装。サービスを利用した来店客は、導入後わずか5日でおよそ650組にのぼりました。当日予約も可能なLINE予約の活用により、新規顧客獲得やリピーター増加に成功した事例です。※

LINEを使った成功事例 株式会社アークミール
出典: LINE株式会社 導入から5日間で約650組が「LINEで予約」を利用!「ステーキのどん」が実感した「LINEで予約」の活用メリット https://www.linebiz.com/jp/case-study/arcmeal/ ※本文内容出典含む

SNSマーケティングの始め方

ここからは、SNSマーケティングを始める際の手順をご紹介します。
1.目的とターゲットの設定
自社の課題を基に目的を定めます。その上で、目的に沿ったターゲットを設定しましょう。性別や年齢、居住地、趣味趣向などを詳細にまとめると良いです。
2.SNSとマーケティング手法の決定
目的とターゲットを軸に、利用するSNSを選定します。ここでは自社の顧客層を意識することも大切です。マーケティング手法は複数手法を併用して活用することも検討しましょう。
3.運用と分析
マニュアルを作成し、意思統一を図った上で運用を行います。運用後は、データ分析による改善点の洗い出しも重要です。
上記の手順により自社での実施も可能なSNSマーケティングですが、導入を検討している場合は外注するのも手段の1つです。ノウハウのある会社に依頼することで、高いマーケティング効果が期待できます。  

【まとめ】SNSマーケティングのご相談はWeb広告会社へ

SNSマーケティングは、コストを抑えて幅広いターゲットにアプローチできる手法です。しかし、炎上の危険性などを秘めており、成功までの道のりには難しい要素もあります。アイミツでは、ご要望を丁寧にヒアリングした上で、SNSマーケティングを相談できるWeb広告会社を複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
SNSマーケティングを相談できるWeb広告会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
Web広告の費用・相場

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!