無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年3月30日

Google動画広告とは?種類やメリットも解説【2022年最新版】

Youtubeをはじめとする動画共有プラットフォームが登場したことで、多くの人にとって動画コンテンツは親しみのある存在となりました。エンターテイメントとして消費するのはもちろん、近年は広告においても動画の運用が進んでいます。今回は、Googleが提供する動画広告の運用方法について、種類やメリットとともにご紹介します。

【関連ページ】
動画広告にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にネット広告会社をお探しいただけます。
ネット広告の費用と料金相場
動画広告に強いWeb広告会社一覧

Google動画広告とは

Google動画広告は、画像やテキストのみならず、映像を使ってプロモーションを行うことのできる、Googleが提供する広告枠の一種です。Googleは世界で最も有名な検索エンジンであるだけでなく、無数の広告提供枠を保有しています。動画広告枠を申し込むことで、自社で用意したCMや映像をニーズに最適な形でユーザーに届ける事ができます。近年は4G回線の普及やスマホの普及によって、動画広告であっても円滑に閲覧できる仕組みがユーザーの間で整っています。動画広告を通じて、印象的な体験を提供可能です。

Google動画広告の種類

Google動画広告には、複数の種類が用意されています。ここで主な動画広告の手法を確認しておきましょう。

インストリーム広告

インストリーム広告は、Youtubeの動画コンテンツの中に差し込まれるCMを指しています。動画の冒頭や最後、あるいは中間に挟まれる動画広告で、視聴者層をある程度ターゲティングしながら配信できるため、高い訴求効果が期待できます。}インストリーム広告の再生時間も幅広く、15秒程度の一般的なものから、3分以上の広告としては長編のコンテンツも放映可能です。汎用性が高く、動画広告運用においては欠かせない存在です。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告は、主にモバイルユーザーに向けて動画広告を配信したいという場合に運用する広告手法です。Google動画広告のパートナーに認定されているサイトでの再生が行われ、音声なしでのCM放送が行われるというユニークな仕掛けを有しています。音声が再生されないのでユーザーへの不快感を抑え、興味を持ってもらえた場合には音声アリでの再生に切り替えられるため、利便性にも優れています。比較的リーズナブルな広告手法でもあり、多くの企業が採用しています。

バンパー広告

バンパー広告は、インストリーム広告をさらに短くして運用するための広告です。短い時間で視聴者にメッセージを届けられる広告枠で、よりスピーディかつ簡潔な情報を届けるのに最適な手法と言えます。バンパー広告であれば6秒間は、広告スキップの懸念もないため、確実に伝えたいことや印象がある場合には有効な手法です。

ディスカバリー広告

ディスカバリー広告は、Youtubeの検索結果に表示されたり、関連動画の一環として表示されたりする動画広告です。モバイルアプリにおいてはトップページに表示されることもあり、クリックすることでユーザーは広告主のYoutubeチャンネルへと遷移し、動画の閲覧ができます。インストリーム広告などに比べ、自社コンテンツへの興味が強いユーザーにアプローチが可能な点が特徴です。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるWeb広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

Google動画広告のメリット

Google動画広告の運用は、多くの面でメリットが期待できます。ここでは期待されている動画広告の効果について、確認していきましょう。

多数のWebサイトに動画広告が配信できる

まず、Googleの動画広告は通常のリスティング広告などと同様、幅広いサイトに向けて発信ができるため、強力な認知度拡大効果が見込めます。基本的にインストリーム広告などはYoutubeに限定されていますが、アウトストリーム広告やバンパー広告は外部のサイトにも発信ができるため、Youtubeにあまり関心のないユーザーにもアピールできます。インターネット利用者へ広く訴求できる強みを有効活用しましょう。

潜在ユーザーへの訴求にもつながる

2つ目のメリットは、潜在ユーザーへの訴求が実現する点です。自社と接点がありそうなユーザーを把握することはできても、ユーザーに自社を意識してもらうことは難しいものです。Googleの動画広告は、ユーザーをターゲティングしながら、最適な形で動画広告を発信できるため、テキストや画像よりも強力なインパクトを残す事ができます。動画広告枠は複数用意されているので、ユーザーの関心度に合わせた手法の選択も良いでしょう。

精度の高いターゲティングが可能

Google動画広告は、オーディエンスとコンテンツという2つの軸からターゲティングを行う事ができます。例えばそのユーザーが住んでいる地域や性別、職業や年齢から、配信すべきユーザーを特定する事ができます。あるいはコンテンツの特性、例えば健康食品系の商材をプロモーションしたい場合、美容や健康関連のサイトで広告を配信できる設定を行えます。多角的なアプローチを実現し、最適な広告運用を可能にします。

Google動画広告で成果をあげるためには

Google動画広告の運用は非常に簡単です。広告費用も従量課金制であるため、最近では個人でGoogle広告を運用し、ネットビジネスに活用しているケースも見られます。ただ、広告を使うことはできても、効果が出るように仕向けるためには相応の運用ノウハウが求められます。お試しで利用してみる分には自ら利用してみるというのは有効ですが、本格的に成果を重視したい場合、ネット広告を扱う会社へ一度相談してみることをおすすめします。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるネット広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

まとめ

今回は、Google動画広告の種類や、具体的な運用メリットについてご紹介しました。リスティング広告などと合わせて運用することで、動画広告は強力なプロモーション効果を発揮します。アイミツでは、そんなGoogleの動画広告運用をより効果的なものへとするべく、あなたに最適なネット広告会社のご紹介をおこなっています。動画広告運用をご検討の際には、お気軽にアイミツまでご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
動画広告に強いWeb広告会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ネット広告の費用と料金相場

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!