あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

神奈川県で実力のある社会保険労務士事務所7選

本当におすすめできる7社をピックアップ
神奈川県の社会保険労務士をアイミツが徹底調査

あなたの発注をサポートするアイミツコンシェルジュの社会保険労務士チームが、神奈川県で実力のある社会保険労務士を、「実績」・「価格(コストパフォーマンス)」・「提案力」・「アンケート・口コミ」などの観点で徹底調査し、本当におすすめ出来る7社をピックアップしました。

神奈川県の社会保険労務士の紹介だけではなく、「どんな人におすすめか」「失敗しないために、どういう点に注意すべきか」などのポイントもご紹介していきます!

コンシェルジュ

しつこい電話などは一切なし!

アイミツを利用して優良業者を探す

9万社
が利用

無料で依頼する

神奈川県で社会保険労務士をお探しの担当者・経営者必見!
社会保険労務士選びで失敗しないために

社会保険労務士は、企業に代わって労働関係や社会保険に関するさまざまな手続きを代行する士業です。社労士とも呼ばれており、その業務内容は100種類を超えると言われています。

顧問契約を結ぶのであれば、依頼内容や自社の社員数によって異なりますが、社員数10人未満なら月額2〜3万円、30人までなら4〜5万円程度の場合が多くなっています。
顧問料の中に含まれる業務は、労働者階保険に関する手続き、労務相談などが一般的です。
助成金の申請代行や就業規則の作成などは、別途料金が必要になるケースが多いので、事前に料金表を取り寄せるなどあらかじめ確認しておきましょう。

アイミツでは、社会保険労務士事務所に関する深い知識を持つコンシェルジュが、あなたのご要望をうかがった上で、最適な業者を紹介することが可能です。ささいな疑問やお悩みでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

1. 格安で依頼できる神奈川県の社労士事務所3選

1-1. 大高社会保険労務士事務所

大高社会保険労務士事務所

大高社会保険労務士事務所は神奈川県横浜市にある社労士事務所です。労働保険や社会保険の手続き、コンサルティングなどの業務を手がけています。
なかでも強みとして挙げられるのは安価な顧問料金です。同事務所では3種の労務顧問サービスを用意しており、最も安価な「エコノミーコース」ではメールによる労務相談が被保険者が29名以内の場合は月額5,000円で依頼することができます。さらに、労務手続きの依頼は1スポット2,000円とこちらも利用しやすい価格設定です。

「ベーシックコース」は2種類あり、労働保険と社会保険の申請手続きとメールでの相談が含まれたプランが被保険者数4名以下で月額1万円となっています。「スタンダードコース」は、労働保険と社会保険の申請手続きや相談に応じるほか、月に1回の訪問がセットになっています。

こんな人におすすめ
・費用を抑えて社労士事務所に依頼したい方
・手続きは自社で行うので労務相談だけしたい方
・神奈川県の社労士事務所を探している方

予算感
月額顧問料:5,000円~
取引先情報
非公開
受賞・執筆歴
非公開
会社所在地
神奈川県横浜市中区鷺山61−3
電話番号
045-663-3526
会社サイト
https://sharou4.com/

1-2. フェリタス社会保険労務士法人

フェリタス社会保険労務士法人

フェリタス社会保険労務士法人、労働・社会保険の手続きや相談顧問などを手がける神奈川県厚木市の社労士事務所です。
利用しやすい料金設定が特長としてあげられます。労働保険や社会保険の手続き顧問は被保険者が5名以下の場合は月額1万5,000円、6名から10名の場合は2万円で依頼が可能です。費用はお客様の業種や事業所数によって変動するケースがありますが、格安といえるでしょう。また、就業規則の作成は、顧問契約しているお客様は15万円で依頼することができます。賃金規定の作成は3万円~、育児介護休業の規定作成は1万5,000円、就業規則のハンドブック作成は15ページ以内で5万円です。
そのほか、キャリアアップ助成金や人材開発支援助成金、65歳超雇用推進助成金ほか、さまざまな助成金の申請に対応しています。

こんな人におすすめ
・費用を抑えて社労士と顧問契約をしたい方
・資金調達の一環として助成金に興味がある方
・神奈川県で社労士事務所を探している方

予算感
労働・社会保険諸手続き(顧問報酬/月額)
被保険者5名以下の場合:1万5,000円
設立年
2004年
従業員数
5-9人
取引先情報
非公開
会社所在地
神奈川県厚木市旭町1-22-20 ハラダ旭町ビル6F
電話番号
046-230-6861
会社サイト
http://www.ishikawa-sk.com

1-3. 社会保険労務士法人アールワン

社会保険労務士法人アールワン

社労保険労務士法人アールワンは、東京都千代田区にある社労士事務所です。東京にくわえて神奈川県などのお客様を対象に相談顧問や就業規則の作成などの業務を提供しています。
なかでも強みとして挙げられるのが、安価な料金です。人事労務における相談顧問は従業員数が19名以下であれば月額2万5,000円、従業員数が80~99名以下の場合でも月額6万円となっています。顧問契約をしているお客様は、通常20万円の就業規則の新規作成が10万円で依頼可能です。会社のコンセプトや経営者の考えが反映された就業規則の作成も特長といえます。
そのほか、M&Aの買収前に行う労務デューデリジェンス(労務面におけるリスク評価)や助成金・給付金の受給申請手続き、企業行動基準の作成なども手がけています。

こんな人におすすめ
・限られた予算のなかで社労士に依頼したい方
・就業規則を安価に作成したい方
・神奈川県対応の社労士事務所をお探しの方

予算感
被保険者19名以下の相談顧問料:月額2万5,000円
設立年
1996年
従業員数
10-29人
取引先情報
非公開
会社所在地
東京都千代田区麹町1-3 ニッセイ半蔵門ビル3F
電話番号
03-5215-1361
会社サイト
https://www.office-r1.jp/

格安で依頼できる神奈川県の社会保険労務士事務所をご紹介しました。

単純に費用の安さだけで比較してしまうと、顧問契約の内容や範囲にボタンの掛け違いが生じるケースがあります。現在社労士の報酬基準は撤廃されており、顧問料などは各事業所によって自由に設定することが可能です。そのため単に費用体系だけを見るのではなく、どのような業務を任せられるか必ず確認することが重要です。

続いて、実績が豊富な神奈川県の社会保険労務士事務所をご紹介します。

コンシェルジュ

しつこい電話などは一切なし!

アイミツを利用して優良業者を探す

9万社
が利用

無料で依頼する

2. 実績が豊富な神奈川県の社労士事務所2選

2-1. 株式会社マーシャル・コンサルティング

株式会社マーシャル・コンサルティング

マーシャル・コンサルティングは神奈川県横浜市にある社労士事務所です。代表の上岡氏は社会保険労務士にくわえて米国公認会計士(USCPA)、ファイナンシャルプランナー(FP)、と複数の資格を有しており、採用・労務・会計に関する幅広い相談を請け負ってきた実績があります。
英語に対応しているのも特長で、各国の法律の違いやビジネス慣習の違いをふまえた適切な手続きを得意としています。たとえば米国に本社のある外資系企業の日本法人の人事担当者に代わって、本国の担当者への英語での説明を依頼することも可能です。手続きの代行だけではなく、手続きに関する説明業務も含めて依頼したいという方におすすめの社労士事務所といえるでしょう。
そのほか、外資系企業の日本国内へのビジネス進出のサポートを行っているのも特長としてあげられます。

こんな人におすすめ
・実績が豊富な社労士事務所をお探しの方
・日本語・英語対応が可能な社労士をお探しの方
・神奈川県の社労士事務所をお探しの方

予算感
顧問契約:月額3万2,400円(被保険者4名以下の会社の場合)
取引先情報
非公開
受賞・執筆歴
非公開
会社所在地
横浜市西区北幸2丁目9-40 銀洋ビル8階
電話番号
045-594-7315
会社サイト
http://www.mashr.co.jp/

2-2. 社会保険労務士法人横浜中央コンサルティング

社会保険労務士法人横浜中央コンサルティング

社労保険労務士法人横浜中央コンサルティングは、社会・労働保険の手続きや助成金の申請サポートなどを手がけている神奈川県横浜市の社労士事務所です。1975年の創業以来、40年以上にわたって業務を行ってきた実績があります。その豊富な経験に基づいたスピーディで的確なアドバイスには定評があり、これまでの顧客には大手企業も含まれています。行政書士事務所を併設しているほか、税理士や弁護士などの他の士業とのネットワークも構築されているため、経営に関するあらゆる相談への対応が可能です。
また、過去に同事務所に依頼をした顧客からは親身で丁寧な対応を評価する声も多く寄せられており、経験や実績はもとより、信頼性の高い社労士事務所であることがうかがえます。

こんな人におすすめ
・中長期的に頼れるパートナーをお探しの方
・実績が豊富な社労士事務所を探している方
・神奈川県の社労士事務所を探している方

予算感
非公開
取引先情報
非公開
受賞・執筆歴
非公開
会社所在地
横浜市中区羽衣町3丁目55番地1 VORT横浜関内BLD4F
電話番号
045-231-8023
会社サイト
https://www.himawari-office.com/

豊富な実績をもつ神奈川県の社会保険労務士事務所をご紹介しました。

実績が豊富な社労士事務所には、その経験で培ったノウハウが蓄積されていることが期待できます。自社と同じ、もしくは近しい業種での顧問契約をもつ社会保険労務士に依頼することによって、よりスムーズな業務が実現するのではないでしょうか。

最後に、サポートに定評のある神奈川県の社会保険労務士事務所をご紹介します。

コンシェルジュ

しつこい電話などは一切なし!

アイミツを利用して優良業者を探す

9万社
が利用

無料で依頼する

3. サポート力に定評がある神奈川県の社労士事務所2選

3-1. あおい社会保険労務士法人

あおい社会保険労務士法人

あおい社労保険労務士法人は、神奈川県横浜市に所在する社労士事務所です。労務相談や社会保険手続きや就業規則の作成などの業務を手がけています。
サポート体制が充実しているのが特長で、努力する社員を正当に評価するための賃金制度や評価制度の設計にくわえて、ブラック企業にならない労働環境の作りかた、事務作業の効率化推進、社員の定着率向上のためのアドバイス、人材採用に関するアドバイスなど、円滑な組織運営に役立つ労務アドバイス得意としています。
代表の平山氏は、社労士資格のみならずキャリアコンサルタントの資格を保有しているため人材採用についても相談が可能です。労働・社会保険手続きに留まらず、労務コンサルティングもできる社労士を探している方に最適な社労士事務所といえるでしょう。

こんな人におすすめ
・社労士のサポート力を重視する方
・労務コンサルティングができる社労士を探している方
・神奈川県の社労士事務所を探している方

予算感
人事労務顧問契約:月額2万円~
設立年
2002年
取引先情報
非公開
会社所在地
横浜市中区太田町6-79 アブソルート横濱馬車道ビル4F
電話番号
045-264-8515
会社サイト
http://www.roumu-shi.com

3-2. さくら社会保険労務士事務所

さくら社会保険労務士事務所

さくら社会保険労務士事務所は、労働・社会保険の手続きや就業規則の作成、助成金の申請支援などを手がける神奈川県横浜市の社労士事務所です。
きめ細やかで親身な対応が強みで、経験豊富なスタッフが些細な不安でも解消できるようにしっかりとサポートしています。個別相談も実施しており、個別の状況に応じてさまざまな解決策を提示しています。
手続きを代行するだけの「手続き顧問」ではなく、お客様と膝を突き合わせて会社のあらゆる問題解決にに真剣に取り組む経営パートナーとなることをめざしています。
労務顧問契約では人事労務に関する相談へのアドバイスに加えて、労働保険・社会保険の手続きも行っています。被保険者数が5名以下で月額2万円と比較的利用しやすい顧問料も魅力です。

こんな人におすすめ
・サポート力に定評ある社労士事務所をお探しの方
・費用を抑えて社労士と顧問契約を締結したい方
・神奈川県の社労士事務所をお探しの方

予算感
顧問契約:月額2万円(1~5人の事業所の場合)
設立年
2003年
取引先情報
非公開
受賞・執筆歴
非公開
会社所在地
神奈川県横浜市港北区綱島東5-4-5-108
電話番号
045-716-6080
会社サイト
http://sakura-management.net/

サポート力に定評のある神奈川県の社会保険労務士事務所をご紹介しました。

ささいな疑問や不安でも相談がしやすいというのは重要です。また、窓口となる担当者が社労士本人なのか、それとも他のスタッフなのかによって対応に要する時間が変動します。
話をスムーズにまとめたい緊急時など、窓口が知識の豊富な社労士でなければ、対応に時間がかかる可能性もあります。

また、専門用語を極力使わずにわかりやすい説明が受けられる社労士事務所を選ぶことにより、業務の内容をしっかりと理解した上で進行することができるでしょう。

アイミツでは、あなたのご要望に合わせて社労士事務所の紹介が可能です。
今回紹介しきれなかった社労士事務所に関する情報も数多く保有しているので、業者選定でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

利用料0円

簡単 !3ステップ

優良会社の”価格”も比べられる!

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    手間なく見積もりが
    集まります

神奈川県で社会保険労務士会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

神奈川県の社会保険労務士事務所は、就業規則の作成に力を入れているところが多いのが特徴です。就業規則は「会社の憲法」とも言えるほど重要なもの。従業員10人以上の会社では作成が義務付けられていますが、近年では労使トラブルの増加にともない、10人未満の場合でも作成するのが一般的です。もちろん、ただ法令に則っただけの定型的なものでは十分とは言えず、業態や勤務体系など企業の実情をふまえた具体的なルールである必要があります。就業規則の作成をメインの目的として社労士事務所を選ぶ際は、これまでの作成件数だけではなく、具体的な事例・成果にも目を向けてみましょう。