Web広告代理店の費用を知る アイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

更新日:2023年1月10日

Youtubeの広告掲載費用は?相場など紹介【2023年最新版】

YouTube広告をうまく活用することで売上を伸ばしている企業を多く見受けられます。しかしながら、YouTube広告をどれぐらいの費用で始められるのかがわからずに悩んでいる企業もあるでしょう。今回はYouTube広告を運用する目安となる金額を紹介するとともに、広告の作り方や期待できる成果について紹介します。

【関連ページ】
あなたの目的別にweb広告代理店をお探しいただけます。
YouTube広告運用に強いWeb広告代理店一覧

広告を掲載する時の目安費用

広告には様々な種類があり、広告費も異なりますが、運用初期の段階では1日あたり1,000~5,000円程度の枠で実施するのが一般的です。YouTubeの公式ページにも、まずは1日1,000円程度から始めることが推奨されています。急ぎの案件でなければ月額で3万円程度から始めるのがよいでしょう。

一方で月額3万円で運用したが期待する成果が見られない場合は、広告の出し方や広告の種類が適切でない場合があります。また、LPページや商品・サービス自体の質に問題がある場合はそれらの修正を先に実施するようにしてください。

YouTube広告の種類

YouTube広告は、YouTubeサイト上にて表示される広告です。YouTubeの使用頻度は個人によるものの、日本では約1億人に対するアプローチの可能性を秘めています。YouTube広告は機能や表示箇所によって、以下の5つの種類に分けられます。

YouTube広告の費用相場
インストリーム広告 2〜25円
バンパー広告 1,000回再生ごとに500円程度
インフィード広告 2〜6円
アウトストリーム広告 10〜500円
マストヘッド広告 1日あたり数百万円程度


それぞれの広告の特徴や課金発生ポイント、費用相場等について詳しく紹介します。

インストリーム広告

インストリーム広告は、YouTube動画の前後、もしくは途中に表示されるスキップ可能な動画広告です。5秒間は確実に表示され、5秒経過後にユーザーによるスキップが可能となります。インストリーム広告は30秒以上動画が視聴された場合や、動画途中でクリックがなされた際に料金が発生します。一方で、5秒間の視聴だけであれば料金が発生しません。料金の目安は2~25円程度です。インストリーム広告はできるかぎり多くのユーザーにアプローチしたい企業におすすめの方法です。もし5秒以内に大きなインパクトを与えられる動画を作れば、大きな予算をかけずに高い成果が期待できるでしょう。

バンパー広告

バンパー広告は、YouTube動画の開始時もしくは途中で表示される6秒間の動画広告です。バンパー広告はスキップ不可のため、YouTubeユーザーに動画全体で訴求できるという特徴を持ちます。1,000インプレッションごとに料金が発生する仕組みで、1,000回再生毎に500円程度の費用がかかります。バンパー広告は6秒という短い時間で終了してしまうため、ユーザーをサイトに引き込むというよりは、商品やサービス、ブランドの認知度を高めるのに効果的です。インパクトのある短編動画でより多くの人に知ってもらうことを目的とするとよいでしょう。

インフィード広告

インフィード広告は、YouTube検索結果やYouTubeの関連動画の横、YouTubeモバイルのトップページに表示される広告です。インフィード広告はサムネイルとテキストによって構成されており、クリックすることで動画が再生されます。広告をクリックし、動画を再生した場合に課金されます。検索結果や関連動画に表示されることから、他社の商品やサービスに興味を持っているユーザーを獲得するのに適しています。競合が多い分野では特に効果を発揮するでしょう。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告は、モバイル専用の広告です。Google動画パートナー上のWebサイトやアプリ上で音声なしで再生され、クリックすることで動画が拡大され、音声と共に視聴できます。YouTubeのプラットフォーム以外でも広く訴求できるため、広告効果をより高めたい企業におすすめです。クリック後に2秒以上再生されると課金される仕組みとなっており、1,000回インプレッション毎に料金が発生します。

マストヘッド広告

マストヘッド広告は、YouTubeホームフィードの上で音声なしで再生される動画広告です。Googleの営業担当者を通じた予約ベースでのみ利用可能となっている特殊な広告です。Google担当者の協力のもとで多くの再生が期待できるため、短期間で商品やサービスの認知度を高めたい企業に向いています。インプレッション単価制で課金されますが、料金プラン等はGoogle担当者との相談の上で決まります。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるweb広告代理店からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

YouTube広告を掲載するまでの目安費用

YouTube広告を利用するには、広告のもとになる動画を制作する必要があります。もちろん自社で内製も可能ですが、成果をあげるには質の高い動画が必要です。動画の外注方法についても理解しておくとよいでしょう。
広告動画の制作費用は制作する動画のタイプによって異なりますが、6秒以内のバンパー広告用動画で2万円~、30秒程度の動画で5万円~程度かかります。企画や撮影も依頼する場合には追加の費用が発生するのが一般的です。
アイミツおすすめの動画制作会社を以下で紹介するので、興味のある方は参考にしてください。

おすすめ記事:YouTube動画制作に強い動画制作会社

動画広告の制作費用を安く抑える方法

動画広告の制作費用をできる安く済ませるには以下の方法があります。
・制作会社に既存素材を活用してもらう
・動画広告を自作する

動画広告を初めて運用するなど、まずはコストをかけずに取り組みたい方は試してみるとよいでしょう。

制作会社に既存素材を活用してもらう

動画製作会社に依頼する場合、オリジナル性の高い動画を要求すると制作費が高額になります。一方で、すでに出来上がっているアニメーションや素材を積極的に利用してもらうことで、動画制作会社の作業量を減らせるため、結果として制作費が安くなります。動画制作会社に依頼する際に、できる限りコストを抑えるために既存素材を積極的に使ってほしいことを伝え、見積もりを依頼するとよいでしょう。

動画広告を自作する

自社で広告動画を制作した場合は、動画編集ソフトや素材の購入費のみで動画制作が可能です。昨今では高いクオリティの動画素材が無料もしくは格安価格で販売されています。それらを効果的に利用することで、自社制作であっても質の高い動画広告が制作可能です。
例えば、動画編集ソフト1ヶ月利用4,000円+素材購入費6,000円=1万円程度で自社制作することもできます。
ただし、動画編集に取り組む従業員のコストはかかる点には注意しましょう。

費用対効果を比較

YouTube動画の平均コンバージョン率は2.06%といわれています。一方でリスティング広告では業界によって幅が大きく、1~10%程度です。これらを比較すると、一見リスティング広告のほうがコンバージョンに効果的なように感じます。
しかしながら、リスティング広告は利用者が増えるにつれ、クリック単価が高まりつつあります。競合が多い分野においては、1キーワードあたり300~1,000円程度が必要になる場合があります。
一方でYouTube広告は1日1,000円からの運用が可能であり、1,000円の広告費を支払うだけでも複数の動画広告再生され、成果につながる可能性があります。
単純な比較は難しいとはいえ、YouTube広告では少ない予算で一定量のインプレッションが獲得でき、さらに2.06%という高いコンバージョン率が期待できます。もしコストを抑えつつ広告運用をしたいと考えているのならば、YouTube広告を利用してみるのがよいでしょう。

【料金シミュレーター】あなたのしたいWeb広告の相場感がわかります

YouTube広告掲載は、広告の種類や動画の長さによって費用感に差が出ます。制作会社に動画の作成を依頼する場合には、既存素材を使うかによっても費用は変化します。Web広告を運用する相場感が分かる料金シミュレーターを活用し、YouTubeをはじめ、Web広告の運用に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

Youtube広告に関する費用の具体事例

関連する費用事例です。様々な企業の実績をベースに費用事例として紹介しておりますのでぜひご覧ください。

【101万円~300万円】 スマートフォン販売(Google・Youtube)

業界
流通・小売(その他)
通信・IT・ソフトウェア(その他)
発注者規模
100人-250人未満
納期
〜1ヶ月
実績企業
株式会社コンセプトラボ
課題
スマートフォン販売店へのWEB上での集客導線
解決
Youtube動画の地域別コンテンツの投下
Youtubeからリスティングへの導線設計
効果
前代理店がCPA30,000からの乗り換えを弊社運用後CPA13,000まで引き下げできた
対応できる類似企業を探す

【301万円~600万円】 不動産売買査定の集客(Google・Facebook・Youtube・Twitter・LINE・Yahoo)

業界
不動産
発注者規模
100人-250人未満
納期
〜1ヶ月
実績企業
株式会社コンセプトラボ
課題
不動産売買のサービス立ち上げに伴う広告依頼
解決
クライアント様の査定の長所をしっかりとユーザーに訴求
各媒体の顧客データを活用して低CPAで査定を獲得する形を設計
効果
CPA10000円
対応できる類似企業を探す

【601万円~1000万円】 0から化粧品の商品開発を支援

業界
通販・ネット販売
化粧品販売
美容
発注者規模
10-25人未満
納期
6か月
オプション業務
ECコンサルティング
WEBマーケティング支援
WEB広告制作
クリエイティブコンサルティング
クリエイティブ設計・制作
サイト構築・運用管理
実績企業
FAST BPO株式会社
対応できる類似企業を探す

【まとめ】YouTube広告を依頼するなら経験豊富なWeb広告代理店へ

本記事では、YouTube広告を運用するための費用相場や動画広告別の特徴、課金の発生する仕組みなどを紹介しました。YouTube広告は動画制作が必要であることから参入のハードルは高いといえますが、少ない予算で大きな成果を発揮できるという特徴があります。もしよりよい広告運用を検討中でしたら、YouTube広告も視野に入れることをおすすめします。

いざYouTubeの広告掲載を発注するとなった際、最も気になるのは「依頼にはどのくらいの費用がかかるのか」ということでしょう。しかし内容や要素によって差万別なので、ある程度正確な価格を知るためには、複数の会社に見積もりを取るのが一番の早道です。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うWeb広告代理店を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
YouTube広告運用に強いWeb広告代理店一覧

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するWeb広告代理店一覧