Web広告代理店の費用を知る アイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

更新日:2023年1月10日

Amazon広告費用を基礎から解説!【2023年最新版】

Amazon広告の基礎知識や特徴、広告の種類などを紹介するとともに気になる費用についてを徹底解説します。料金形態はもちろん、費用相場、他の広告と比べた上での費用対効果など、実用的な情報を交えながら解説していきます。

【関連ページ】
あなたの目的別にネット広告代理店をお探しいただけます。
ネット広告代理店一覧

Amazon広告料金表
Amazon広告の種類 平均費用の相場
スポンサープロダクト広告
スポンサーブランド広告
スポンサーディスプレイ広告
クリック単価:5~10円
月間出稿料:3万円~
AmazonDSP広告 出稿料+出稿料の10~20%の手数料

Amazon広告とは?基礎を解説

Amazon広告とは、世界最大のECモール「Amazon」内での検索結果や商品詳細ページ、トップページなどに表示される広告です。また、Amazon内部だけでなく、サイト外で配信できる仕組みの広告も用意されています。ここでは、さまざまなWeb広告におけるAmazon広告の立ち位置や特徴、広告の出し方などを解説します。他の広告との違いを正しく理解し、効果的な広告の運用に役立てましょう。

Amazon広告の特徴

代表的なWeb広告といえば、Yahoo!やGoogleといった検索エンジンが提供する広告媒体が有名ですが、Amazonは楽天と並びECプラットフォームとして国内で他を寄せ付けない売上高を誇っています。つまり、Yahoo!やGoogleと大きく異なるのは、「購入意欲の高いユーザーに訴求できる点」だといえます。Amazonに訪れるユーザーの多くは何らかの商品を買うことを目的としていますから、広告経由で購入に遷移する確率が高くなります。

Amazon広告の出し方

Amazon広告は、広告がクリックされた回数に応じて課金される「クリック課金型」となっており、Yahoo!やGoogleの広告設定に携わった経験があれば、簡単にはじめることが可能です。また、Amazon広告をはじめるためには「出品用アカウント」が必要であるため、すでに出品アカウントを持っているという場合はすぐにはじめられますが、持っていないという場合はまず出品用アカウントの登録を行いましょう。
注意したいのは、Amazon広告では複数の広告が用意されており、広告ごとにはじめ方・設定方法が異なる点です。特にAmazon広告を最大限に活用するには「大口出品者」であることが求められるため、大口出品用アカウントを用意した上で、運用する広告の種類を選ぶのがおすすめです。

Amazon広告の費用とは?

広告を運用する際は、かかった費用に対する効果を表す「費用対効果」が重要となるため、やはり費用面については事前に詳しく知っておく必要があります。ここでは、Amazon広告の料金形態、費用相場になどに関する情報を紹介します。

Amazon広告の料金形態

まず、Amazon広告では、広告がクリックされた場合に費用が発生する「クリック課金型」が採用されています。ユーザーが広告をクリック(タップ)するごとに費用が加算されていく仕組みであるため、かかるコストは「クリック単価×クリック数」となります。また、Amazon広告では出稿にあたって最低出稿料金がなく、広告主側で1日の予算・クリック単価の上限を設定可能なため、自社が希望する予算に合わせて運用できるメリットがあります。

Amazon広告の費用相場

前述のとおり、Amazon広告ではクリック型課金が採用されているため、「このサービスを利用すると何円かかる」といったような固定料金の概念がありません。費用は「クリック単価×クリック数」で決定されるだけでなく、人それぞれ予算が異なるため個人差が激しいわけです。この点を踏まえて、Amazon広告(3種類のスポンサー広告およびDSP広告)と代表的なWeb広告であるYahoo!、Googleのリスティング広告に関する費用相場をご紹介します。

・Amazon広告:1クリック/5~10円、月間の最低出稿金額は20万円~50万円程度が目安
・Yahoo!:月間の最低出稿金額は30万円前後に設定されるケースが多い
・Google:月間の最低出稿金額は30万円前後に設定されるケースが多い


※Yahoo!、Googleのリスティング広告におけるクリック単価は、キーワードによって大きく差があるため割愛

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるAmazon広告の代理店からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

主なAmazon広告は4種類!特徴と費用目安を解説

Amazon広告で主流となっているのは以下4種類の広告です。

1.スポンサープロダクト広告
2.スポンサーブランド広告
3.スポンサーディスプレイ広告
4.AmazonDSP広告


1~3までの冒頭に「スポンサー」と付く広告はAmazon内部に配信する広告で、AmazonDSP広告はAmazon外部で配信する広告です。この4つの主要な広告について、特徴や費用目安をそれぞれ解説します。

種類別Amazon広告の特徴と費用相場
広告の種類 掲載場所 特徴 平均的な費用
スポンサープロダクト広告
検索結果ページ、商品詳細ページ 商品自体が広告になるため、クリエイティブの手間がかからない クリック単価:5~10円
月間出稿料:3万円~
スポンサーブランド広告 検索結果ページ上部 掲載可能な情報が多く、スポンサープロダクト広告より強く訴求が可能 クリック単価:5~10円月間出稿料:3万円~  
スポンサーディスプレイ広告 商品詳細ページ、その他の商品関連ページ 競合他社の商品に関心があるユーザーを自社商品ページに誘導が可能 クリック単価:5~10円月間出稿料:3万円~  
AmazonDSP広告 Amazon以外のサイト Amazon以外のサイトからユーザーの誘導が可能 出稿料+出稿料の10~20%の手数料

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は、数あるAmazon広告の中でも特にはじめやすい広告です。掲載される箇所は、Amazon内の「検索結果ページ」および「商品詳細ページ」の2ヵ所で、キーワードに対して表示される検索連動型となっています。

【スポンサープロダクト広告の特徴】
・利用するには、「大口出品者または取引会社である」「おすすめ商品の資格を満たしている」など、いくつかの要件を満たしている必要がある
・表示される順位(目につきやすい箇所)は「広告ランク」によって変動する
・広告ランクは、「キーワードとの関連性」および「入札額」によって決まる
・商品自体が広告になるため、クリエイティブの手間がかからない

ちなみに費用目安については、クリック単価:5~10円、月間の出稿料:3万円程度~が目安となり、予算が少ない方でも運用できるのが魅力的です。

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は、Amazonの検索結果ページ内に「ブランドロゴ・カスタム可能な見出し・複数の商品」を1セットで表示する検索連動型広告です。掲載される箇所は、Amazon内の「検索結果ページ上部」となっており、スポンサープロダクト広告より一段上部に掲載されます。

【スポンサーブランド広告の特徴】
・利用するには、Amazonに「ブランド登録」している必要がある
・掲載可能な情報が多いため、スポンサープロダクト広告より強く訴求しやすい
・広告は「商品の宣伝」「ストアの宣伝」「動画広告」の3種類から選べる


費用についてはスポンサープロダクト広告と同様に、クリック単価:5~10円、月間の出稿料:3万円程度~が目安となり、こちらも低予算で運用可能です。

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告は、関連商品や商品カテゴリー、特定の興味・関心を持つユーザーなど、ターゲットを絞り込んで訴求するタイプの広告です。Amazon内の「商品詳細ページ」や「その他の商品関連ページ」に表示することが可能です。

【スポンサーディスプレイ広告の特徴】
・利用するには、大口出品者または取引会社である、Amazonに「ブランド登録」していることが条件
・自社の商品やサービスに興味を持つユーザーを追跡して広告を表示させる「リターゲティング機能」を搭載
・ブランドロゴや見出し内容のカスタマイズが可能
・Amazonのトップページにも掲載可能


費用については他のスポンサー広告と同様に、クリック単価:5~10円、月間の出稿料:3万円程度~が目安です。

AmazonDSP広告

AmazonDSP広告は、Amazon広告の中で唯一、Amazon外部で配信可能な広告となっており、Amazon外からの集客に効果的です。前述した「スポンサー広告」は購入に直接誘導することが主な目的であるのに対し、外部で配信できるAmazonDSP広告は、商品の宣伝に限らず、ブランドの認知や新規顧客獲得など多角的な目的に活用できるのが大きな強みです。

【AmazonDSP広告の特徴】
・Amazon内で商品を出品していなくても利用可能
・運用に関してはAmazonもしくは一部の代理店に依頼する必要がある
・Amazonでの閲覧/購入履歴データなどを活用した細かなターゲティングが可能


費用についてですが、AmazonDSP広告は代理店の運用サポートを受けるケースが多いため、出稿料に加え、目安として出稿料の10~20%の手数料がプラスされます。

Amazon広告選びのポイントとは?

Amazon広告ではさまざまなタイプの広告が用意されているため、効果的に活用するにはそれぞれの特徴を把握した上で、自社の狙いにマッチした物を選ぶことが大切です。広告の特徴を把握するための主なポイントを紹介しますので参考にしながら広告選びに役立ててください。

・広告に掲出される情報の違い
・広告が表示される場所
・広告を利用するための要件(大口出品者である、Amazonに「ブランド登録」していることなど)
・はじめ方や運用の難易度


これらのポイントに則り、「認知を目的とする場合は、ブランドロゴやカスタム可能な見出しを入れられるスポンサーブランド広告を選ぶ」といった形で、自社と相性の良い広告が何かを見極めていくと良いでしょう。

Amazon広告は費用対効果が高い?

現在、世の中には多種多様なWeb広告が存在していますが、利用するなら最も費用対効果の高い広告を運用するのがベストであるのは言うまでもありません。では肝心の「Amazon広告の費用対効果は?」という部分ですが、実は近年、従来人気が高かったGoogleやFacebookの広告からAmazon広告にシフトする企業が増えており、以下のような理由でAmazon広告は費用対効果の高さが評価されています。

・リスティング広告に比べるとクリック単価が低い
・運用の難易度が低く、人件費を抑えやすい
・商品を購入しにきた購買意欲の高いユーザーに訴求できる


つまり、Amazon広告は「コストが安く、成果に直結する効果を発揮する」性質を持っているといえるのです。

ネット広告会社(代理店)に依頼する手数料の目安

Amazon広告の運用を代理店に依頼すると、運用に関わる自社の負担を減らせるだけでなく、代理店のノウハウを活かして成果が出るまでの時間を短縮したり高めたりすることが可能です。とはいえ、代理店を利用すればコストがかかりますので、参考情報として代理店利用時のコストの目安をご紹介します。

【代理店利用時にかかるコストの目安】
・手数料の相場は、広告出稿料の20%前後
・初期費用として5万円程度
・手数料が10万円以降の代理店もある

【料金シミュレーター】相場感がわかります!

広告は費用を抑え過ぎては効果が低くなってしまいますし、逆に費用をかけ過ぎると売り上げが圧迫されてしまいます。そのため、コストとリターンのバランスを示す費用対効果がどの程度であるかを事前に予測することが大切です。
そこで、Amazon広告運用を専門の運用会社へ外注した場合、どの程度の費用がかかるのか相場感を知りたい方向けに料金シミュレーターを用意しました。
Amazon広告との相性や効果的な運用方法の参考にしてください。

【まとめ】Amazon広告を成功させるには?

Amazon広告では、性質の異なるさまざまな広告が用意されており、費用対効果の高さなどを理由に既存のWeb広告から乗り換える企業も増えています。とはいえ、広告の効果的な運用には知識・ノウハウが求められる場面も多いため、ネット広告会社(代理店)のサポートを受けるのもひとつの手です。

アイミツでは、お客様のお悩みや要望をヒアリングしながら、マッチした広告の選び方や相性の良い代理店などをご提案していますので、お気軽にお問い合わせください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ネット広告代理店一覧

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するWeb広告代理店一覧