無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

物流倉庫会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年8月5日

物流倉庫業界の基礎知識│特徴・動向を解説【2022年最新版】

社会の変化、物流の需要に日々対応している物流倉庫業界。この記事では、そんな物流倉庫業界の特徴や、現状と動向、今後の予想と抱えている課題などについて解説しています。物流倉庫業界売上高ランキングも紹介。物流倉庫会社の「今」を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
物流倉庫にかかる費用・相場感や、あなたの目的別に物流倉庫会社をお探しいただけます。  

物流倉庫会社一覧
物流倉庫の平均費用と料金相場|早見表つき

物流倉庫業界の特徴

物流倉庫とは、商品の仕分け・配送を行うための施設のことです。物流倉庫業界は、その物流倉庫において提供されるサービス(内容は後述します)を提供している業界のことを指します。業種の大分類としては、運輸・情報通信業に分類されることが多いです。

業界の特徴として挙げられるのは、目立つ仕事とは言いづらいながらも、物流において非常に重要な部分の業務を担っているという点。単に荷物を預かるだけではない、「倉庫」という言葉から連想される以上のサービスを提供している業界です。

物流倉庫業界・物流業界・倉庫業界の違い

物流倉庫業界のほかに、「物流業界」と「倉庫業界」があります。物流業界は、主にさまざまなものをさまざまな場所に届けるサービスのことです。物流倉庫業界が支えている業界であるといっても良いでしょう。物流業界がサービスを提供するなかで、利用するのが物流倉庫だからです。

一方、倉庫業界は、物流にかかわる倉庫に限らず幅広く倉庫にかかわるサービスを提供している業界を指します。物流倉庫は一時保管の場である場合が多いですが、倉庫は単純に物を保管しておく場であることも多いです。

物流倉庫業界の主なサービス

物流倉庫業界の主なサービスは、以下のとおりです。

・検品
・入庫
・流通加工
・ピッキング
・仕分け
・荷揃え
・出庫


物流倉庫は、荷物を一時的に入庫し、再び出庫することを目的に利用される倉庫です。荷物は多くの場合商品で、必要なタイミングで必要な商品が取り出されます。そのため、ピッキングや仕分けといった作業が発生しますが、物流倉庫の場合はそういった作業もサービス提供者が担っている場合が多いです。物流倉庫の仕事内容については以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

物流倉庫業界の現状と動向

次に、物流倉庫業界の現状と動向について解説します。物流倉庫業界のトレンドを把握しておくことで、より自社に合った物流倉庫の利用が可能になるでしょう。

自動化技術の導入

物流倉庫業界では近年、自動化技術の導入が進んでいます。商品のサイズを測定し、適切なダンボールを準備して梱包まで行う機械も出てきているほどです。オートメーションの技術は日々向上しています。

技術の進歩はもちろん理由としてありますが、このほかに自動化の大きな理由として挙げられるのが、人手不足です。倉庫作業員が不足しているため、大手企業は可能な限り自動化を導入しています。ただ、一方で中小企業はコストや導入の工数といった問題などにより自動化を導入できない場合も多いです。

物流量の増加で需要拡大

物流量(貨物量)は増加しているため、物流業界が提供するサービスの需要が拡大しているという点も把握しておきたい現状・動向です。この要因の1つには、インターネット通販の普及が挙げられます。

巣ごもり需要も追い風となり、近年インターネット通販を利用する消費者は増加しているため、それにともない物流倉庫も需要が増しているのです。物流倉庫(物流施設)の軒数・面積も増加していることが国土交通省の調査により判明しています。

異業種の参入、倉庫の多様化

近年の動向としては、異業種の参入が増加していることも見逃せません。物流倉庫業のみを展開している会社だけでなく、生命保険会社や不動産会社が物流倉庫業を始めるというケースも、近年では多く見られます。

このほか、倉庫のあり方も柔軟に変化していることは押さえておきたいポイントです。温度管理・空調管理が可能な倉庫はもちろん、物流加工が行える倉庫が登場するなど、サービスの幅が広がっているという動きも見られます。

きめ細かなサービスの提供

先ほどお伝えしたとおり、物流倉庫業の企業が提供している主なサービスは検品・入庫・流通加工・ピッキング・仕分け・荷揃え・出庫といった物流の流れをサポートするサービスです。このサービスのなかでも、より手の込んだ流通加工を行う企業や、複雑な梱包に対応する企業など、物流倉庫を利用する企業のニーズに合ったきめ細やかなサービスを提供する企業が増加しています。

これは、近年見られる大きな業界の特徴といって良いでしょう。クライアントに合わせた、よりニッチなサービスにニーズが集まっているのです。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数ある物流倉庫会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

物流倉庫業界売上高ランキング

ここからは、物流倉庫業界の売上高ランキングを紹介します。1位は郵船ロジスティクス、2位は近鉄エクスプレス、3位は上組、4位は三井倉庫ホールディングス、5位は三菱倉庫です。これら5社は、「国際貨物輸送に強い」「きめ細やかなサービスが魅力」「港湾運送に強みがある」など、それぞれの企業に特徴があります。強みを生かして、現在まで物流業界を大きく支えてきた5社だといえるでしょう。

このような大手の物流倉庫業者に関して、詳しくは以下の記事で解説しています。どの会社の物流倉庫サービスを利用するか悩んでいる場合や、それぞれの特徴をつかみたい場合はぜひ参考にしてください。

物流倉庫業界の今後と課題

物流倉庫業界において今後懸念される問題として、「2024年問題」が挙げられます。2024年問題とは、働き方改革関連法により自動車運転の業務に勤務時間の上限規制が適用されることに関わる問題です。自動車運転の業務に関しては、時間外労働時間には年間960時間という上限規制が適用されます。これにより、物流企業の利益が落ちてしまうことが予想されるのです。

物流企業の利益が落ちてしまうということは、物流企業を支える物流倉庫サービスを提供している企業の利益も連動して落ちてしまうおそれがあります。しかし、働き方改革は現代の労働者に必要とされる改革です。
ここで課題となるのは、「効率化」でしょう。物流業界も、物流倉庫業界も、一人ひとりの生産効率を上げ、労働時間あたりの利益を向上させることが求められます。先に挙げた自動化も、1つの課題解決の方法でしょう。

【まとめ】物流倉庫会社選びで迷ったらアイミツへ

ここまで、物流倉庫業界の特徴や、物流倉庫業界の現状と動向、物流倉庫業界の今後と課題などについて解説してきました。物流企業にとっては欠かせない存在である物流倉庫業ですが、社会環境の変化により変革の時期も迎えているといえるでしょう。

アイミツでは、変化に対応できる柔軟性と強さを持つ物流倉庫会社の情報を多く保有しています。どの物流倉庫会社を利用するか悩んでいる場合は、ぜひBtoB業者の一括比較サービス「アイミツ」をご利用ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
物流倉庫会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
物流倉庫の平均費用と料金相場|早見表つき

物流倉庫会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!