無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

物流倉庫会社の費用相場が
いますぐわかる!

更新日:2022年1月5日

物流倉庫の外注のメリット・デメリット【2022最新版】

物流倉庫を外注で利用すれば、自社運用でかかる工数や無駄なコストを削減できるだけでなく、専用システムを活用してコスト管理や商品管理が容易に行えるようになります。今回は物流倉庫を外注する具体的なメリット・デメリット、外注する時の成功のコツ・失敗例などを紹介しながら、外注先選びに役立つ情報をまとめました。自社の課題・目的と照らし合わせて、物流業務を最適化するための参考に役立ててください。

物流倉庫会社に外注した場合のメリット

物流倉庫会社に外注した場合の代表的なメリットを紹介します。

コスト削減に役立つ

自社で物量倉庫を運用する場合、莫大な倉庫の入手コストに加え、人件費、光熱費、設備投資費用など、さまざまなコストが必要となります。もちろん物流倉庫を外注した場合にも同様にコストはかかりますが、外注の場合は委託する物量によって費用が変動するのが自社運用との大きな違いです。
まず自社運用の場合、倉庫内の物量に関わらず、自社で倉庫を有している限りは常に同一の固定費が発生します。一方、外注の場合は、繁忙期や閑散期に応じた増減に伴い、必要コストも変動。年間を通じて見た時のトータルコストでお得になる場合がほとんどです。

コスト管理が容易

内容に関わらず、企業では無駄なコストを省くことが求められます。そのためにはあらゆるコスト管理を徹底し、「どの程度のコストが発生しているのか」を常に把握する必要があるでしょう。物流倉庫を自社運用する場合、このコスト管理に大きな手間がかかるのがネックです。

・光熱費
・倉庫内での消耗品費
・毎月の人件費
・備品コスト

このように細かなコスト管理は企業にとって大きな負担となるだけでなく、明確なコストをリアルタイムで把握するのは簡単ではありません。一方、物流倉庫を外注すれば、必要なコストは外注先から請求という方法で提出されます。自社の負担を軽減しながら細かな部分までコスト管理が容易に行えるようになるでしょう。

自社の工数を削減できる

「物流」という業務は、単に物品を倉庫に保管するだけでなく、入出庫、検品、ピッキング、仕分け、梱包など、物品を流通させる上で必要なあらゆる工程をまかなう必要があります。もちろん自社で流通倉庫を運用する場合、これら物流関連の業務を社内でまかなうことになるため、相当な工数が必要です。
ですが現在の物流倉庫の外注サービスでは、物品の入出庫から検品、仕分けに至るまで物流に関する一連の作業をまとめて任せられるものが多いため、自社運用の際にかかる工数を大幅に削減することが可能です。
物流に割くところだった工数が削減されれば、その分自社のコア業務に注力できるようになり、結果的には生産性向上も期待できるでしょう。

商品管理が効率化できる

物流倉庫会社は文字どおり「物流に特化した物流のプロ」です。また、物流というサービスを提供して顧客に満足してもらうために、コスト削減やスピーディな商品発送など、独自のメリットを生み出す工夫を凝らして運営されています。
特に最近の物流倉庫では商品管理において、在庫管理システムを導入。商品の入出庫状況や在庫管理、棚卸管理などがシステムを活用して容易に行えるメリットがあります。

物流倉庫会社に外注した場合のデメリット

物流倉庫会社に外注する場合にはメリットだけでなく、いくつかのデメリットも存在しますので、メリット・デメリットの両方を踏まえて自社にとってベストな選択を下すことが大切です。
ここでは代表的なデメリットを紹介しますので、参考にしてみてください。

自社運用より自由度は低い

物流倉庫を外注する場合、当然ながら倉庫内での作業や動き方について現場で逐一直接的な指示は出せません。もちろん物流倉庫会社も顧客からのニーズに合わせて現場で臨機応変に対応してくれますが、自社で直接倉庫を運用する場合に比べるとやはり自由度は低くなるでしょう。また、何らかの指示や確認の際には物流倉庫会社を通す必要があるため、情報伝達に時間差が生まれる点も念頭に置いておく必要があります。
そのため、外注先選びの際には「どの程度の要望を聞いてもらえるか」「自社独自のニーズに合わせた柔軟な対応が可能か」など、物流会社の対応内容を確認してから比較・検討を進めると良いでしょう。

品質保持が難しい

物流倉庫を外注して、商品の入庫・管理・エンドユーザーへの発送など一連の業務を任せる場合、品質保持の難しさはデメリットとして考えておくべきでしょう。物流倉庫会社では商品発送のシステムが用意されていますが、「こういった形で発送して欲しい」という顧客のニーズが反映されているとは限らず、エンドユーザーからのクレームで初めて気づくケースも少なくありません。
こうしたリスクをカバーするには、あらかじめニーズのすり合わせを行って認識を共有しましょう。また、テスト出荷などを通じて品質面の相性を確認することが大切です。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数ある物流倉庫会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

物流倉庫の外注先の選び方・ポイント

物流倉庫における外注先の選び方・ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

物流倉庫を外注するときの成功のコツ・失敗例

物流倉庫を外注するときの成功のコツ・失敗例を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

まとめ

物流倉庫の外注は、自社での運用と比べてコストや工数のカット、業務効率化などさまざまなメリットを生み出してくれます。ですが物流倉庫会社ごとにサービスの性質や料金は異なるため、相性の良い会社を見つけ出すにはそれなりの時間と労力が必要でしょう。
アイミツでは、外注先選びに便利な一括資料請求や一括見積もりを随時受け付けていますので、物流倉庫の外注をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

物流倉庫会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!