無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

営業代行会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2021年12月10日

営業代行にかかる期間・スケジュール【2022最新版】

営業代行を依頼する際、事前準備にかかる期間や実施期間といったスケジュールが気になる方も多いでしょう。そこでこの記事では、営業代行に必要な期間やスケジュールについて解説していきます。

営業代行を依頼するのに必要な期間とは

はじめに、営業代行を依頼するのに必要な期間について確認していきましょう。
何にどのくらいの期間がかかるのかを把握しておくことによって、営業代行を依頼する際のイメージが湧いてくるはずです。

営業代行会社の選定・準備期間

営業代行を依頼しようと決めた際、まずはどの会社に依頼するのか選定しなければなりません。どの会社に依頼しようか迷えば迷うほど時間がかかり、問い合わせなどを繰り返しているうちに1ヶ月以上かかってしまうこともめずらしくありません。

会社の選定期間・準備期間を無駄にしないためには、企業をまとめて比較できるサービスを利用したり、外注先の選定と同時に、商品やサービスの特徴をまとめておく、営業状況のわかるデータを用意するなど、スムーズに依頼できるよう準備を整えておくのが良いでしょう。

依頼〜営業活動前の期間

営業代行会社を選定できたら、その会社と契約を結びましょう。ここで重要なのが、営業活動を開始したい期日より2週間〜1ヵ月ほど前もって契約するということ。営業代行会社によって差はありますが、依頼されてからすぐに営業活動を始められるというわけではありません。営業代行会社も複数の案件を並行して対応しているため、依頼があった際には人員の確保から行う必要があります。多くの案件が重複してしまっている時期の場合、人員が確保できるのを待たなければならないため、営業活動を始められるまで1ヵ月ほどかかってもおかしくはないでしょう。

最大で1ヵ月ほど余裕をもって依頼しておけば、営業活動をスタートさせたいタイミングに間に合わないリスクを抑えられます。依頼した際、用意したデータに加えてさらに情報が必要という場合には、この期間に準備・用意しましょう。

営業活動開始〜依頼完了までの期間

準備が完了したら、営業活動をスタートさせます。事前準備段階で決めておいた依頼期間の間、営業代行会社と二人三脚で営業活動を進めます。

1ヵ月の短期間だけ依頼する場合もあれば、半年ほどにわたって依頼することもありますが、営業代行会社によっては代行できる期間に制限があります。詳しくは後述しますが、中には短期間すぎる依頼を受け付けていない会社もあるため、最低でも1ヶ月以上と見積もっておきましょう。

営業代行依頼のスケジュール

ここからは、営業代行会社へ依頼した場合の具体的なスケジュールを確認していきましょう。どのような準備を行うべきかもわかるため、営業代行の依頼を検討中の方はぜひ参考になさってください。

①営業代行がなぜ必要なのか現状を整理する

営業代行の依頼を決断した際には、なぜ外注する必要があるのかを改めて確認しておくことが必要です。人員不足だからなのか、商談でつまづいてしまうからなのか、あるいは短期決戦で営業に注力したいからなのかなど、営業代行を利用する理由を明らかにしておかなければなりません。なぜなら、どういった目的で営業代行を利用するのかによって、依頼するべき会社が変わってくるからです。前もって現状把握を行い課題を洗い出し、自社の弱みをカバーしてくれる会社を探しましょう。

②営業代行会社を選定する

なぜ営業代行会社に依頼するのかといった理由を洗い出せたら、営業代行会社の選定に移ります。営業代行会社と一口に言ってもさまざまで、テレアポに強い会社もあれば、受注獲得に強い会社、営業戦略の立案に強い会社など多種多様な特徴を持っています。また、大きな差が出やすいのが報酬についてです。

固定報酬型を採用しているのか、成果報酬型か、両方の複合型なのかが会社によって異なるだけでなく、リーズナブルな会社から相場よりも高額な会社まで幅広いため、「予想以上に割高な料金がかかってしまった……」というミスを防ぐためにも、きちんと見積もりをとりましょう。

③商品・サービスに関して整理する

会社の選定を進めると同時に、営業してもらいたい商品やサービスに関してきちんと整理しておきましょう。営業代行会社は、クライアント企業から得たデータを元に営業活動を進めます。曖昧な情報ばかりだと成果につなげることができないため、重要なポイントを漏れなく伝えられるよう準備しておきましょう。

商品・サービスはどのような特徴があるのか、競合製品・サービスとどのような点で差別化されているのか、購入するメリット・デメリット、料金についてや保証についてのほか、値引き交渉の場合にはいくらまで値引きできるのかなどを中心に、わかりやすくまとめておくことが重要です。

④ターゲットを設定しておく

商品・サービスについてだけでなく、どのような層をターゲットとするのかも明確に定めておかなければなりません。どのような層・業界・業種がターゲットとなるのかだけでなく、企業の開発部門や人事部門など、どの部門なのかというところまで指定しておくと安心です。また、もしもこれまでの営業実績の中で顧客候補のリストが作成されているという場合には、そのリストの情報を共有すればスムーズでしょう。

この場合、リストを共有することに対し、情報漏えいなどが気になるという場合が少なくありません。なるべくリスクを抑えるためにも、秘密保持契約をきちんと結んでもらえる営業代行会社を選んでおくことをおすすめします。

⑤販売ポリシー・販売戦略を明確にする

営業代行を依頼するにおいて、自社の譲れない販売ポリシーや販売戦略についてもまとめておきましょう。ポリシーや戦略などが共有されまま営業活動を進められてしまうと、後々トラブルに繋がりかねません。

「自社製品はクオリティにこだわって開発されたものであることから、ディスカウントはよほどのことがない限り行わない」「改善点などのフィードバックがあれば随時共有してほしいため、製品の仕様や機能についてきちんと説明してもらいたい」「まだ新たにリリースしたばかりの製品で競合も少ないため価格設定に不安がある。妥当な金額はいくらなのかを、営業活動を通して探ってほしい」など、どのように営業活動を進めてほしいのかを忘れず共有しましょう。

⑥どこまで依頼するか決める

営業代行会社にどこまで依頼するのかも忘れずに定めておきましょう。営業代行だからと言って丸投げにしていいわけではありません。もちろん、営業戦略の立案からアポイント獲得、受注までまとめて依頼できる会社も多いですが、商談のような意思決定のされる重要なフローは自社で対応した方が効果的な場合もあります。顧客リストの作成から任せるのか、顧客情報の収集も依頼するのかなど、細かな部分まで決めておくと後々スムーズです。

⑦どのくらいの期間で何を達成したいか決める

営業代行会社にどのくらいの期間依頼するのか、そしてその期間内で達成したい目標は何かを決めていきましょう。例えば、営業代行会社に依頼する期間は3ヵ月、この間に30社からアポイントを獲得してほしいため、150社には電話をしてもらう、というような具体的な内容です。

このような依頼内容の場合、150社への架電に対しては3ヵ月分の固定報酬を支払い、アポイントを獲得するにつき別途成果報酬を支払うなど、複合型の報酬がマッチします。依頼内容によって適切な報酬形態が変わるため、会社選定の際の参考にしましょう。

⑧営業代行会社と契約する

具体的な目標数値なども定め、大方事前準備が完了したら、選定できた営業代行会社と契約を進めましょう。先にも述べている通り、実際に営業活動を始めたい期日から2週間〜1ヵ月ほど余裕をもって依頼することをおすすめします。人員確保や情報共有などに時間がかかっても問題ないように、少し早めに契約を進めておくと安心です。また、複数社候補があるという場合には、それぞれに依頼内容をヒアリングしてもらい、比較検討してから契約を決めましょう。

⑨営業活動をスタートする

契約が済み、人員確保や情報共有が完了したら、営業活動をスタートさせます。先に定めておいた、どこまで依頼してどこから自社で対応するのかをもとに、連携を取りながら進めていきましょう。

この際、商談も外注するという場合であっても、同席することをおすすめします。プロの営業スキルを実際に目にすることによって、今後自社で活用することのできる営業ナレッジを、実践を通し蓄積させていくことが可能です。また、同時に効果検証を行い、検証・改善を繰り返しながら進めることも忘れないようにしましょう。

営業代行のスケジュールを組むときのポイント

営業代行を依頼する際、スケジュールを組む上で気をつけておきたいのが、営業代行会社によって依頼できる期間が決まっているということです。

営業代行会社によっては、最低契約期間が1ヵ月、あるいは2ヵ月以上などと定められていることが少なくありません。これは、あまりにも稼働期間が短いと利益にならないからです。例えば、1ヵ月だけという非常に限られた時間の中、100件ものアポイントを取ってほしいと依頼された場合、商材の売りやすさなどによっては、事前準備にかかってしまう業務コストや、短期決戦に対応できるだけの人件費などをふまえると、利益がほとんど出ないこともあります。

そのため、最低契約期間が設けられていることもあるのです。また、最低契約期間は設けられていないものの、1ヵ月あたりの最低売上が設定されている会社もあります。スケジュールを組む際には、自社が依頼したい期間に問題はないかどうかを確認しておきましょう。

営業代行を外注するときの成功のコツ・失敗例

営業代行を外注するときの成功のコツ・失敗例を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

営業代行の外注先の選び方・ポイント

営業代行の外注先の選び方やポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

まとめ

今回は、営業代行を依頼する際のスケジュールについて解説してきました。営業代行会社によっては、依頼から1週間程度というスピード感で営業活動を始めてくれる会社もあります。もしもお急ぎの場合には、そのようなスピーディさが魅力の会社を探してみましょう。

しかし、数ある営業代行会社の中から1社を探し出すのは難しいもの。失敗しないよう慎重に選定していたら、時間が予想以上にかかってしまうことも少なくありません。そのような事態を防ぐためには、ぜひアイミツにご相談ください。貴社の要望にぴったりな営業代行会社を複数ご提案するので、外注先選びが大幅にスムーズになります。最大限手間をカットしたいという方は、ぜひお問い合わせください。

営業代行会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!