あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

中国への輸送に強い物流倉庫会社9選

中国への輸送に強い物流倉庫会社

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、「価格」「実績」「スピード」を基準に実力のある物流倉庫会社を厳選!

・中国への輸送に強い格安物流倉庫会社
・中国への輸送実績が豊富な物流倉庫会社
・中国へスピーディーな輸送が可能な物流倉庫会社

の3つに分けて9社ご紹介します。
物流倉庫会社選びで失敗しないポイントも解説。会社選びでお悩みの方はぜひ参考にしてください!

アイミツ
物流倉庫会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.中国への輸送に強い格安物流倉庫会社3選

まずは、中国への輸送に強い格安の物流倉庫会社をご紹介します。

1- 1. 株式会社スコア・ジャパン

株式会社スコア・ジャパン
出典:株式会社スコア・ジャパン http://www.scorejp.com/

スコア・ジャパンは、東京都江東区に本社を構え、国内14か所に営業所を置く物流倉庫会社です。物流倉庫関連の事業を中心に、国際宅配便事業、航空運送代理店業などを手がけています。
日本・中国間の輸送に幅広く対応しており、料金は日本から中国への発送が1kgあたり1,260円から、中国から日本への発送も1kgあたり1,260円からとリーズナブルな価格設定です。集荷からお届けまでのプロセスを分割し、それぞれを効率的な方法で進めているため、コストを抑えることができます。中国に営業所を複数箇所置いているため、提携先とのネットワークを活用できる点も強みです。
また、長年中国での輸送業に携わってきたこともあり、荷物検査を受けてから輸出入の許可を取得し税関を通る中国独特の通関事情にも精通している点も魅力の一つ。そのため、スムーズかつ確実に荷物を届けることができます。

こんな人におすすめ
・中国への輸送が格安な物流倉庫会社をお探しの方
・中国に拠点を持っている物流倉庫会社に依頼したい方
・中国や中華圏に特化した物流倉庫会社をお探しの方

予算感
日本から中国:1kgあたり1,260円から
中国から日本:1kgあたり1,260円から
設立年
1998年
会社所在地
東京都江東区亀戸1-1-13
電話番号
03-5628-3591

1- 2. 順豊エクスプレス株式会社

順豊エクスプレス株式会社
出典:順豊エクスプレス株式会社 https://www.sf-express.com/jp/ja/

順豊エクスプレスは、東京都江東区に本社を構え、大阪府大阪市にビジネスステーションを置く物流倉庫会社です。1993年に中国の広東省順徳で設立されて以来、物流配送業務を中心とした中国を含む国際物流サービスを展開してきました。
料金は重量ごとに変動するシステムが採用されており、重量が重くなるほどキログラム単位の料金がお得になります。日本から中国への輸出を依頼する場合、最安値が1kgあたり900円(税抜)から、中国から日本への輸入を依頼する場合は最安値で1kgあたり760円(税抜)からと、リーズナブルな価格で依頼できる点が最大の魅力です。
また、急いで運びたい重い荷物を空港まで届けてくれる「空港止め」や第三者に受取を委託できる「代理受取サービス」など、便利なオプションも充実しているため、ニーズに合った柔軟な対応が可能な物流倉庫会社といえます。

こんな人におすすめ
・中国への輸送が格安な物流倉庫会社をお探しの方
・まとまった量の荷物をお得に輸送したい方
・オプションサービスが豊富な会社をお探しの方

予算感
日本から中国:1kgあたり900円(税抜)から
中国から日本:1kgあたり760円(税抜)から
会社所在地
東京都江東区塩浜2-2-10 ヒキタカ木場ビル 2F
電話番号
0120-683-683

1- 3. 株式会社ノーパット

株式会社ノーパット
出典:株式会社ノーパット http://global-logistics.jp/

ノーパットは、東京都千代田区に本社を構える物流倉庫会社です。国際輸送サービスや広告代理店事業、国内・海外マーケティングコンサルティング、ホームページ制作・運用代行など幅広い事業を展開しています。
国際輸送の分野では、中国国内に配送拠点を置いている強みを活かし、中国全土への輸送に対応。国際輸送関連サービスでは、書類1通・貨物1個から1,000kg超えの荷物にまでさまざまな規格を取り扱っています。世界最大の航空配送企業などの国際サービスを利用しており、重量次第では船よりも安い費用で輸送が可能です。
生鮮食品の国際輸送や電池、可燃物などの危険品の海外配送にも対応。インターネット通販サイトを通じた電子商取引である越境EC配送など、ジャンルの異なる輸送方法やサービスに柔軟に対応している点も大きな魅力でしょう。

こんな人におすすめ
・中国への輸送が格安な物流倉庫会社をお探しの方
・中国全土への輸送に対応した物流倉庫会社をお探しの方
・幅広い輸送サービスに対応できる物流倉庫会社をお探しの方

予算感
要問い合わせ
設立年
2010年
従業員数
5-9人
会社所在地
東京都千代田区神田神保町1-16-3 TSI神保町ビル5階
電話番号
03-6365-6230

ここまで、中国への輸送に強い格安の物流倉庫会社を3社ご紹介しました。

中国を含む国際輸送の分野においては、現地での拠点の有無や国際ネットワークの整備具合などにより、輸送コストが大きく変動するものです。そのため、価格で比較する際は、輸送先や輸送物の種類・量などをある程度固めた上で、該当条件の輸送費を複数社で比較することをおすすめします。また、依頼する物流倉庫会社によって、オプションサービスなども異なるため状況に応じた会社を選ぶようにしましょう。

アイミツでは、今回紹介した3社以外にも格安な物流倉庫会社の情報があります。ヒアリングを行いニーズに合った会社の提案もできますのでぜひ一度ご相談ください

2.中国への輸送実績が豊富な物流倉庫会社3選

次に、中国への輸送実績が豊富な物流倉庫会社をご紹介します。

2- 1. 株式会社ジェネック

株式会社ジェネック
出典:株式会社ジェネック http://www.geneq.co.jp/

ジェネックは福岡県北九州市に本社を構える物流運送会社です。日本全国はもちろん中国の大連をはじめとした海外にもネットワークを展開。国際輸送や物流倉庫、通関、飲食品及び酒類の卸、販売及び輸出入など幅広い事業を手がけています。
1949年に設立して以来、輸送・物流の分野で豊富な経験と実績を積み重ねてきました。中国・日本間の輸送においては、グループ会社も含めた両国間のネットワークによる連携体制を活かし、輸送はもちろん、倉庫保管や輸出入手続に関するご相談などに幅広く対応しています。
また、陸・海・空と輸送パターンを組み合わせることで、スムーズな輸送が可能。「ドアtoドア」の一貫輸送サービスを提供できる点が大きな強みです。博多港を中心に、九州の主要地区に物流倉庫を所有しているため、貨物を安全に管理するだけでなく、顧客の多様なニーズに応えることができます。

こんな人におすすめ
・中国への輸送経験が豊富な物流倉庫会社をお探しの方
・充実した倉庫をもつ物流倉庫会社をお探しの方
・一貫輸送サービスに対応可能な会社をお探しの方

予算感
要問い合わせ
設立年
1949年
会社所在地
福岡県北九州市門司区港町9番11号門司港レトロスクエアセンタービル3階
電話番号
093-331-2101

2- 2. インターナショナルエクスプレス株式会社

インターナショナルエクスプレス株式会社
出典:インターナショナルエクスプレス株式会社 https://www.iecjp.com/

インターナショナルエクスプレスは、東京都港区に本社を構える物流倉庫会社です。日本全国各地および海外に多数の拠点を置き、国内・国外輸送や物流倉庫、保険代理店など幅広い事業を展開しています。
1956年に創業して以来、物流・貨物の分野で長年にわたり実績を積み重ねてきました。香港や上海、台湾などに海外現地法人を設置しているほか、海外代理店との物流・情報ネットワークを構築している点も魅力の一つ。国際輸送に関する顧客の多様なニーズに、応えられる体制を整えています。
中国・日本間の輸送においては、上海、青島、香港、深圳から日本主要港との間で定期混載サービスを展開。商品サンプルや50kgまでの小口貨物などを対象に依頼ができる「IEC SPS」 など、複数のサービスを提供しています。

こんな人におすすめ
・中国への輸送実績が豊富な物流倉庫会社をお探しの方
・小口荷物の輸送をご希望の方
・中国・日本間の輸送サービスが豊富な会社をお探しの方

予算感
要問い合わせ
設立年
1956年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都港区海岸2-1-17
電話番号
03-3452-5531

2- 3. 株式会社近鉄エクスプレス

株式会社近鉄エクスプレス
出典:株式会社近鉄エクスプレス https://www.kwe.co.jp/

近鉄エクスプレスは、東京都港区に本社を構える物流倉庫会社です。香港をはじめとした世界各地に拠点を置き、貨物利用運送や航空運送代理店、物流倉庫事業などを展開しています。
1948年に創業して以来、国際総合物流企業として豊富な実績を積み重ねてきました。中国・日本間の輸送においては、主要都市間の定期混載便やGPSなど衛星を介した運行システムなどのサービス・ネットワークが完備されています。中国国内には13の拠点があり、海上輸送や航空輸送サービスが充実している点も魅力。
また、物流全般に関わるサービスや保管・管理を担うロジスティクス事業も展開しているため、調達物流から販売物流まで安心して任せることができます。ニーズに合わせて最適な物流ソリューションを提供している物流倉庫会社といえるでしょう。

こんな人におすすめ
・中国と日本間の輸送実績が豊富な物流倉庫会社をお探しの方
・中国国内に拠点がある物流倉庫会社をお探しの方
・ロジスティクス事業を展開している物流倉庫会社に依頼したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1970年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟24階

ここまで、中国への輸送実績が豊富な解体工事会社を3社ご紹介しました。

国内物流と異なり、国際輸送においては各国の物流事情や通関事情が大きく関わってきます。それぞれの国や地域における物流事情に精通していることが、安定的な輸送サービスの実現には大切です。
その点、国際物流の分野で長年事業を継続している会社は、信頼性やサービスの質などの面でも期待が持てます。そのため、物流倉庫会社に依頼する際は事前にどのような実績があるか、確認しておくと良いでしょう。

アイミツでは、今回紹介した3社以外にも実績豊富な物流倉庫会社の情報があります。ヒアリングを行いニーズに合った会社の提案もできますのでぜひ一度ご相談ください

アイミツ
物流倉庫会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)

3.中国へスピーディーな輸送が可能な物流倉庫会社3選

つづいて、中国へのスピーディーな輸送が可能な物流倉庫会社をご紹介します。

3- 1. ダイエー株式会社

ダイエー株式会社
出典:ダイエー株式会社 http://www.daiei-inc.co.jp/

ダイエーは、大阪府東大阪市に本社を構える物流倉庫会社です。国際複合一貫輸送や各種生産・製造品の輸出入、委託加工貿易などの事業を展開しています。
海外輸送の分野では、現在出荷貨物の7割が中国向けとなっており、日本・中国間の輸送に強い点が魅力。通常のコンテナ船ではなく、業務提携を結んでいるフェリーを用いて中国へ輸送するため、通関業務をスムーズに進めることが可能です。そのため、通常の場合輸送に5日かかるところを3日で輸送できます。
また、各種梱包サービスを得意としており、精密機械、工作機械をはじめ、自動車関連部品、製造機器など製品に合った梱包形態にも対応。安全かつ確実な梱包サービスを提供しています。特に中国への輸送時には、フェリー出航スケジュールに合わせて梱包作業を行うことにより、スピーディーに中国へ輸送することが可能です。

こんな人におすすめ
・中国への輸送がスピーディーな物流倉庫会社をお探しの方
・日本と中国間の輸送に強い会社をお探しの方
・各種梱包サービスが充実している会社をお探しの方

予算感
要問い合わせ
設立年
1970年
会社所在地
大阪府東大阪市箕輪2丁目8番26号
電話番号
072-964-1981

3- 2. 株式会社エーアイテイー

株式会社エーアイテイー
出典:株式会社エーアイテイー http://www.ait-jp.com/

エーアイテイーは、大阪府大阪市に本社を構える物流倉庫会社です。東京、愛知、福岡に拠点を置き、国際輸送をはじめ通関業、倉庫業、輸出入代行、損害保険代理店業などの事業を展開しています。
中国や東南アジアでの輸送に特化しており、特に上海・青島・香港などの主要港から、1週間に30便以上もの混載サービスを提供する「ホットデリバリーサービス」が魅力。こちらのサービスでは、最短2日での輸送が可能です。提携先である日立物流のネットワークを最大限に活用し、顧客のご要望に合わせた最適な経路、タイミングを柔軟に調整することができます。
また、輸送中のお荷物のトラッキングや現地情報の取得・発信によりクオリティの高いサービスを実現。貨物情報をリアルタイムでお知らせサービスもあるため、納期管理や業務の効率化を徹底したい方におすすめの物流倉庫会社といえます。

こんな人におすすめ
・日本と中国間の輸送がスピーディーな物流倉庫会社をお探しの方
・ニーズに合った物流システムを提案してほしい方
・サービスが充実している物流倉庫会社をお探しの方

予算感
要問い合わせ
設立年
1988年
会社所在地
大阪府大阪市中央区本町2-1-6 堺筋本町センタービル15階
電話番号
06-6260-3450

3- 3. 株式会社アイ・トランス

株式会社アイ・トランス
出典:株式会社アイ・トランス http://www.i-trans.co.jp/

アイ・トランスは、大阪府大阪市に本社を構える物流倉庫会社です。東京都と中国の複数か所に拠点を置き、国際複合一貫輸送や海運代理店業、海上保険代理店業などの事業を展開しています。
国際輸送の分野では、日本・中国間の輸送に特化。輸入コンテナ数は年間1万TEU(コンテナ本数を20フィートコンテナに換算した単位)にもおよび、中国から「早く、安く、小口」で輸入したいというニーズに応えることができます。複数のルートの中でも、上海・青島からの混載貨物は「ホットデリバリーサービス」に対応しており、一般の船より1〜2日ほど輸送期間を短縮可能です。
また、日本側の専任担当者が中国側の輸出から日本への輸入、国内配送までを一貫してサポートしています。中国税関の検査やトラブルが生じた際も、適切に対応し、現地情報も逐次ご報告するため安心して輸送を任せることができるでしょう。

こんな人におすすめ
・日本と中国間の輸送に強い物流倉庫会社をお探しの方
・小口荷物の輸送をご希望の方
・スピーディーな輸送が可能な会社をお探しの方

予算感
要問い合わせ
設立年
2003年
会社所在地
大阪府大阪市中央区本町1-5-6 山甚ビル
電話番号
06-6268-5203

4.物流倉庫会社選びで失敗しないためのポイント

最後に、物流倉庫会社選びで失敗しないためのポイントを3つご紹介します。

コストはトータルで考える


輸送時のコストは、輸送方法やネットワークの充実度などにより差が出るものです。コスト比較を行う際には、単なる「最安値」に注目するのではなく、自分たちが希望する輸送先や輸送方法、また輸送期間など、条件を細かく設定した上で比較するようにしましょう。会社によっては小口輸送が安い会社、特定のルートが安い会社、長期契約が安い会社など、特定の条件においてコストパフォーマンスが高くなる場合もありますので、注意が必要です。

物流倉庫会社の強みを理解する


国際輸送の分野では、自社ルートの確保や協力会社との提携など、物流倉庫会社ごとに独自の強みを持っているケースが多く見受けられます。提供サービスが同じであっても、備わっている強み次第でスピードや質・確実性などの面に差が出ることも十分考えられるでしょう。そのため、輸送サービスを利用する際は、会社ごとの強みを把握するとともに、必要な各種サービスや対応などをあらかじめ確認しておくことが大切です。そうすることによって、適切な物流倉庫会社を選ぶことができるでしょう。

経験や実績は細かくチェック


中国での現地通関は手続きが煩雑であり特殊なため、イレギュラーな対応が求められるケースも少なくありません。こういった不測の事態が起こった際でも柔軟に対応するためには、過去の経験や実際の取引の中で得た知識・ノウハウが重要な役目を果たします。
様々な可能性を考慮し、確実な仕事を依頼したいのであれば、物流倉庫会社の取引実績はもちろん、所属スタッフの経験などについても合わせて確認しておくと安心でしょう。

【まとめ】物流倉庫会社選びで迷ったらアイミツ


ここまで、中国への輸送に強い物流倉庫会社を9社ご紹介してきました。

国内とは異なる中国の物流事情に精通した会社に依頼すれば、より確実な質の高い輸送サービスを受けることができるでしょう。
しかしながら、数ある物流倉庫会社の中から自社のニーズに合った会社を見つけ出すのは容易ではありません。

アイミツ」では今回ご紹介した物流倉庫会社以外にも、中国への輸送に強い物流倉庫会社に関するありとあらゆる情報を取り揃えています。お客様の要望や悩みを専門コンシェルジュが丁寧にヒアリングし、おすすめの会社をご紹介しますので、お気軽にお問い合わせください

物流倉庫会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アイミツに貴社を掲載しませんか

輸送 中国の物流倉庫会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

輸送 中国で物流倉庫会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

物流倉庫・発送代行とはサードパーティロジスティクス(3PL)とも呼ばれ、ネットショップやカタログ通販、卸売り行う事業者のかわりに、入庫、保管、出荷、返品対応などの一連のフルフィルメント業務を代行するサービスになります。最適な業者を選ぶためには、倉庫の立地や保管方法、作業オペレーション、対応システムなど確認する項目が多くありますが、物流、倉庫の専門業者に依頼することでノウハウを活かし、人件費の削減、保管の最適化を実現、経営効率を高めることが期待できます。近年は中小規模の通販事業者の拡大に合わせ、導入目安である最低出荷量300件を下回る、数件~十数件からの小ロット出荷量に対応する通販物流代行業者も出てきています。

物流倉庫会社が
最短翌日までにそろう