あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

東京にあるコンテナ輸送に強い
物流倉庫会社8選

東京にあるコンテナ輸送に強い物流倉庫会社

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、各社の強みを基準に、東京都にあるコンテナ輸送に強い物流倉庫会社を厳選!

・東京にある陸上コンテナ輸送に強い物流倉庫会社
・東京にある陸上・海上コンテナ輸送に強い物流倉庫会社
・東京にある陸上・海上・鉄道コンテナ輸送に強い物流倉庫会社

の3つに分けて8社紹介します。
物流倉庫会社選びで失敗しないためのポイントも解説。発注先にお悩みの方はぜひ参考にしてください!

アイミツ
物流倉庫会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.東京にある陸上コンテナ輸送に強い物流倉庫会社2選

まずはじめに、東京にある陸上コンテナ輸送に強い物流倉庫会社をご紹介します。

1- 1. 株式会社プライム物流

株式会社プライム物流
出典:株式会社プライム物流 http://prime-pd.com/

プライム物流は、東京都大田区の本社のほか、埼玉県草加市の物流倉庫・営業所を持つ物流会社です。港からトラックによる陸上コンテナ輸送、物流倉庫での商品一時保管・商品管理・流通加工・出荷、国内輸送などのサービスを提供しています。
世界から国内各地へ、国内から世界各国への総合物流サービスを目指しており、グループ会社も含めた北海道から九州・沖縄までの国内ネットワークを構築。トラクターヘッド30台、コンテナシャーシ94台の自社車両によるコンテナ輸送はもちろん、普通貨物・精密機械・冷凍食品・長尺物など、グループ会社の軽車両も含めてさまざまな商品・荷物の運搬に対応可能です。
自社物流倉庫での請負のほか、クライアントへの人材派遣にも対応する物流サービスとあわせ、物流全体の流れを把握したうえで最適な解決方法を提案、高品質な輸送サービスを提供しています。

こんな人におすすめ
・精密機械などの輸出品をコンテナ輸送してほしい方
・輸入品を物流倉庫で保管・管理・流通加工してほしい東京の方
・物流プロセス全体の課題を踏まえた最適な提案をしてほしい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1998年
会社所在地
東京都大田区東海4丁目9番12号 インタ-ナショナルエクスプレス(株)内6階
電話番号
03-3790-7271

1- 2. 株式会社青葉

株式会社青葉
出典:株式会社青葉 http://www.tokyo-aoba.co.jp/

青葉は、東京都江戸川区の本社のほか、千葉や群馬、埼玉県などに営業所・物流倉庫を持つ物流会社です。コンテナ輸送や積み込み・積み降ろし、物流倉庫での保管・荷役・包装・トラック輸送などのサービスを提供しています。
1983年にトラック運送会社として設立され、コンテナ積み降ろしの倉庫業にも業務を拡大。コンテナヤードから荷物が届けるまでのプロセスを自社でトータルに行える、一貫輸送システムを構築しています。
東京港に近い東京営業所は、保税蔵置場の許可を取っているため、コンテナヤードからの輸送もスムーズ。積み降ろし後の仕分けや検品、梱包、在庫管理、一時保管などの荷役作業は、夜間や早朝でも迅速に行ってくれます。
重量物や長尺ものでも作業可能なほか、クライアントから集荷した荷物をヤードまでコンテナ輸送することも可能。各地の倉庫を活用した物流サービスも提供しています。

こんな人におすすめ
・輸出品の集荷・コンテナ輸送を依頼したい企業の方
・東京の保税蔵置場を活用して迅速に荷物を配送してほしい方
・重量物や長尺ものの荷物にも柔軟に対応してほしい企業の方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
東京都江戸川区東葛西

コンテナドレージに対応し、自社倉庫を持つ物流倉庫会社であれば、コンテナの積み込み・積み降ろしはもちろん、バンニング・デバンニングといわれるコンテナからの積み降ろし・積み込み作業、管理・流通加工を含む物流倉庫作業まで依頼できるでしょう。

単発の依頼ではなく、定期的なコンテナ輸送が必要なケースでは、ドレージに対応する物流倉庫会社を選択するのがおすすめです。

東京港・横浜港だけでなく、名古屋・大阪・神戸をはじめ、海上コンテナ輸送の拠点となるエリアは日本全国にあります。「アイミツ」を活用して、自社にもっとも利便性の高いエリアの物流倉庫会社を探してみてはいかがでしょうか。

2.東京にある陸上・海上コンテナ輸送に強い物流倉庫会社2選

続いて、東京にある陸上・海上コンテナ輸送に強い物流倉庫会社をご紹介します。

2- 1. 株式会社ダイドウトランスプラネット

株式会社ダイドウトランスプラネット
出典:株式会社ダイドウトランスプラネット http://www.daido-trp.co.jp/

ダイドウトランスプラネットは、神奈川県横浜市の本社のほか、横浜市の物流倉庫、大田区の東京営業所を持つ物流会社です。海上国際輸送、陸上コンテナ輸送・トラック配送のほか、物流倉庫、輸出入通関などの事業を展開しています。
1941年に食料品・生糸輸出入と陸上輸送の会社として創業され、国際複合輸送まで業務を拡大。東京港・横浜港近くに物流倉庫を持ち、ドア・トゥ・ドアの物流サービスを展開しています。
協力会社も含め、約60台のトレーラーヘッド、約120台のシャーシを保有する陸上コンテナ輸送は、食料品・雑貨から機械・重量物・バラ貨物までどんな荷物にも対応。保税蔵置場としての自社物流倉庫での保管・管理・仕分け出荷はもちろん、トラック便での配送までを総合的にサポートしています。

こんな人におすすめ
・輸出入の海上・陸上コンテナ輸送をトータルに任せたい方
・どんな貨物も任せられる輸送・物流倉庫会社に任せたい東京の方
・ドア・トゥ・ドアの国際物流サービスを活用したい企業の方

予算感
要問い合わせ
設立年
1954年
会社所在地
東京都大田区東海4-3-1 東京海貨センター内
電話番号
03-3790-9141

2- 2. ケイヒン株式会社

ケイヒン株式会社
出典:ケイヒン株式会社 https://www.keihin.co.jp/

ケイヒンは、東京都港区の本社のほか、横浜・千葉・名古屋・大阪・神戸に複数の物流倉庫・支店を持つ物流会社です。トラック便・陸上コンテナ輸送を含む国内物流をはじめ、通関・海上コンテナ輸送・航空輸送を含む国際物流を主軸にしたサービスを展開しています。
ポイントは、中国・アジアの拠点を含む世界135か国とのグローバルネットワークを構築していること。海上コンテナ輸送・航空輸送・陸上輸送を駆使したドア・トゥ・ドアのサービスを第三国間でも実現しています。
海上コンテナの届く東京・横浜港から、物流倉庫間の陸上コンテナ輸送を支えているのは、グループ会社のケイヒンコンテナ急送です。物流倉庫までの陸送のみならず、検品や梱包ののち、チャーター便や共同配送などの多彩なトラック便で日本全国配送まで一貫して提供しています。

こんな人におすすめ
・日本を経由しない国際物流サービスを利用したい企業の方
・海上・陸上コンテナ輸送を活用した輸出入業務を任せたい企業の方
・通販フルフィルメント対応の物流倉庫サービスを利用したい東京の方

予算感
要問い合わせ
設立年
1947年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都港区海岸3-4-20
電話番号
03-3456-7801

今や国際輸送に欠かせない存在なのが海上コンテナ輸送ですが、両国の港を起点とした、それぞれの国内配送を無視するわけにはいきません。

輸入品を受け取るのみの場合、取引企業が東京港までの手配をしてくれるかもしれません。しかし、輸出品を扱う場合はそうもいかないこともあるでしょう。海上コンテナ輸送を含め、輸出国での陸上配送も依頼できる物流倉庫会社であれば、安心できるのではないでしょうか。

アイミツ
物流倉庫会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)

3.東京にある陸上・海上・鉄道コンテナ輸送に強い物流倉庫会社4選

最後に、東京にある陸上・海上・鉄道コンテナ輸送に強い物流倉庫会社をご紹介します。

3- 1. 日本ロジテム株式会社

日本ロジテム株式会社
出典:日本ロジテム株式会社 https://www.b-soudan.com/

日本ロジテムは、東京都港区の本社のほか、関東・中部・関西エリアに29カ所の営業所を持つ物流倉庫会社です。コンテナ輸送を含む輸送事業、3PLサービスを含む物流倉庫事業、アジアを軸にしたグローバル物流事業などを展開しています。
コンテナドレーンを含むアジアでの国際陸上輸送、船舶による海上コンテナ輸送によるネットワークを形成しており、通関業務を含む国際複合一貫輸送はもちろん、海外引越しにも対応可能です。
国内物流では、安全性・効率性と同時に環境にも配慮した輸送システムを構築。鉄道とトラックによるコンテナ輸送を組み合わせた「モーダルシフト」にいち早く取り組んだ企業でもあります。
流通加工・事務代行はもちろん、通販物流にも対応する物流倉庫サービスとあわせ、共同配送・小口配送・バルク輸送・軽自動車配送などの多彩なサービスをニーズに応じて使い分けられます。

こんな人におすすめ
・海上コンテナ輸送を組み合わせた国際複合一貫輸送網を活用したい方
・環境面に配慮した鉄道コンテナ輸送サービスを利用したい東京の方
・多彩な運送サービスと物流倉庫サービスをニーズにあわせて選びたい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1944年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都港区新橋5-11-3 新橋住友ビル
電話番号
03-3433-6711

3- 2. SBSロジコム株式会社

SBSロジコム株式会社
出典:SBSロジコム株式会社 http://www.sbs-logicom.co.jp/

SBSロジコムは、東京都墨田区の本社のほか、北海道から九州までの国内拠点、中国・インド・アジア各国の海外拠点を持つ物流会社です。世界各国での物流倉庫事業を展開しているほか、トラック・鉄道コンテナ輸送を含む国内物流事業、海上コンテナ輸送を含む国際輸送事業などを行っています。通販物流や3PLを含む物流アウトソーシングサービスを提供しており、国際航空輸送や梱包サービス、重量物・特殊輸送も依頼可能です。
国内物流事業で中心としているのは、流通加工はもちろん、百貨店物流から木枠梱包・値札付けまで対応する物流倉庫サービス。鉄道・陸上コンテナ輸送を併用したモーダルシフトも利用でき、保有する31ftコンテナを活用した荷役作業のスピード化を実現するとともに、幅広いニーズに対応するトラック輸送で高い評価を得ています。

こんな人におすすめ
・国内・海外物流倉庫が活用できる老舗企業に依頼したい方
・荷役作業をスピード化する鉄道・陸上コンテナ輸送を利用したい方
・北米もカバーできる国際物流サービスを利用したい東京の方

予算感
要問い合わせ
設立年
1940年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都墨田区太平4丁目1番3号
電話番号
03-3829-2895

3- 3. 株式会社日新

株式会社日新
出典:株式会社日新 https://www.nissin-tw.com/

日新は、神奈川県横浜市の本社のほか、千代田区の東京事務所、国内各地に拠点・物流倉庫を持つ会社です。国際輸送、国内輸送、3PLを含む物流倉庫サービスをはじめ、海外・国内引越などの事業を展開しています。
北米・欧州・アジアなどの24か国に海外拠点を持ち、世界150か所以上のグローバルネットワークを構築。世界標準のISOタンクコンテナでの液体輸送・化学品輸送に対応し、海上・陸上・鉄道をシームレスに活用したコンテナ輸送が可能です。
国際・国内輸送ともに対応する海上・陸上・鉄道コンテナ輸送だけでなく、航空輸送・トラック便も組み合わせた最適な物流を提案可能。液体・化学品・危険物はもちろん、自動車・食品・電気・衣料・医薬品など、それぞれに適した物流サービスでドア・トゥ・ドアの配送を行っています。

こんな人におすすめ
・液体・化学品・危険物のコンテナ輸送を依頼したい企業の方
・海上・陸上・鉄道でシームレスにコンテナ輸送してほしい東京の方
・物流倉庫作業を含む海外輸出入のアウトソーシングを検討している方

予算感
要問い合わせ
設立年
1938年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都千代田区三番町5番地
電話番号
03-3238-6666

3- 4. 鈴江コーポレーション株式会社

鈴江コーポレーション株式会社
出典:鈴江コーポレーション株式会社 https://www.suzue.co.jp/

鈴江コーポレーションは、東京都港区・神奈川県横浜市の本社のほか、札幌から福岡までの支社、北米・欧州・アジア各国の海外ネットワークを構築している物流会社です。国際・国内輸送事業、梱包を含む物流倉庫事業、不動産事業などを展開しています。
1908年に創業された老舗企業であり、日本全国での物流倉庫作業のほか、海外での貨物保管にも対応。各種通関業務はもちろん、日本を介さない三国間国際輸送も可能です。
世界的ネットワークが魅力の物流サービスでは、国内外を問わない海上・陸上・鉄道コンテナ輸送のほか、航空輸送、チャーター・小口混載・タンク・危険物などに対応するトラック輸送を活用。コンテナのラウンドユース・モーダルシフトの活用を含め、グループのリソースを結集した最適な提案が可能です。

こんな人におすすめ
・海外物流倉庫での貨物保管を検討している東京の企業の方
・各種コンテナ輸送を含めた最適な物流網を提案してほしい方
・タンク・サイロを含めた特殊な貨物保管に対応してほしい方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
東京都港区新橋1-11-7
電話番号
03-3575-8230

4.物流倉庫会社選びで失敗しないためのポイント

ここからは、物流倉庫会社選びで注意しておきたいポイント3つをご紹介します。

物流ルートと輸送方法を設計する


ISOタンクコンテナでの液体輸送を含め、コンテナ輸送には大量の荷物を一度に運べるメリットがありますが、すべての物流に適した方法だとはいえません。物流倉庫会社を選定する以前に、まずは自社商品の特性を踏まえたうえで、適切な物流ルートと輸送方法を設計するのが先決です。

たとえば、東京の企業が北海道・九州などに大量の荷物を送りたいのであれば、関東の物流倉庫で集荷したうえで鉄道・海上コンテナ輸送を活用するのがおすすめです。しかし、そもそも関東近県への配送が前提であれば、わざわざ陸上でのコンテナ輸送を選択する意味合いは低いと言わざるを得ません。

輸出入品を扱う物流倉庫の体制を確認する


海上コンテナ輸送などを活用した国際輸送で輸出入事業を展開する企業であれば、国内はもちろん、相手国での物流倉庫がどのような受け入れ態勢を持っているのか確認しておくべきでしょう。

国内での輸入品受け入れ態勢を例にとれば、保税蔵置場の許可を持つ物流倉庫があるかどうかは重要なポイントです。保税蔵置場とは、税関の輸入許可が下りていない状態で、関税を保留したまま貨物を留め置ける場所のこと。税関長の許可が必要となります。保税蔵置場を持つ物流倉庫会社であれば、許可が下りていない段階でも商品の仕分け・管理・流通加工が可能なため、リードタイムの短縮が期待できるでしょう。

国内・海外での配送体制を確認する


物流倉庫の受け入れ態勢にも関連しますが、その後の出荷・配送体制がどのように整えられているのかは、輸出入事業を展開する企業であれば確認しておくべきポイントです。

荷物の最終的な受け入れ先が、輸出されたすべての商品を受け取るとは限りません。もちろん、ドレージされてきたコンテナを保管しておくスペースのある受け入れ先が、多いとも思えません。受け入れ先の状況に応じてチャーター便・共同配送・特殊配送など、ニーズに応じた配送方法が用意されていなければ、スムーズな荷物の受入れができなくなってしまうでしょう。

【まとめ】物流倉庫会社選びで迷ったらアイミツ


eコマース市場の成長に象徴されるように、物流はますます重要なインフラとなりつつあり、反比例するようにドライバーの人材不足が深刻化しています。大口少頻度配送のコンテナ輸送を含め、効率的な物流ネットワークを確立するためにも、信頼のおける物流会社へのアウトソーシングが重要なのです。

しかし、企業の扱う商品は千差万別であり、納期や品質など、消費者が物流に求める要求も高まるばかりです。自社に最適なサービスを提供してくれる1社を見極めるのは簡単ではなく、候補先を絞り込むのすら迷ってしまうこともあるでしょう。

業者選定でお困りの際には、優良な物流倉庫会社が多数登録する「アイミツ」までご相談ください。経験豊富なコンシェルジュが、あなたの要望を丁寧にヒアリングしながら、おすすめできる数社をピックアップしてご提案いたします。

物流倉庫会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

コンテナ輸送 東京の物流倉庫会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

コンテナ輸送 東京で物流倉庫会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

物流倉庫・発送代行とはサードパーティロジスティクス(3PL)とも呼ばれ、ネットショップやカタログ通販、卸売り行う事業者のかわりに、入庫、保管、出荷、返品対応などの一連のフルフィルメント業務を代行するサービスになります。最適な業者を選ぶためには、倉庫の立地や保管方法、作業オペレーション、対応システムなど確認する項目が多くありますが、物流、倉庫の専門業者に依頼することでノウハウを活かし、人件費の削減、保管の最適化を実現、経営効率を高めることが期待できます。近年は中小規模の通販事業者の拡大に合わせ、導入目安である最低出荷量300件を下回る、数件~十数件からの小ロット出荷量に対応する通販物流代行業者も出てきています。

物流倉庫会社が
最短翌日までにそろう