無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

税理士事務所の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年8月4日

会計事務所とは|税理士法人との違いやおすすめの会計事務所をご紹介!【2022年最新版】

「会計業務の外注を検討しているが、会計事務所と税理士事務所で迷っている」「会計事務所と税理士事務所の違いがいまひとつわからない」とお困りの方も少なくないのではないでしょうか。
そこでこの記事では、会計事務所の概要や税理士事務所との違いの有無とあわせて、会計事務所に依頼できる業務内容や業務の流れ、依頼先を選ぶ時に注意したいポイントなどを一挙に解説していきます。さらに後半ではおすすめの会計事務所も紹介しますので、会計事務所選びでお悩みの方もぜひ参考にしてください。

このページについて

このページについて
:当ページに掲載されている内容は記事作成時の情報であり、情報が変更となっている場合があります。またご依頼内容の複雑さや納期等の事情によって依頼内容の難易度が変化するため、当ページで紹介されている業者へご依頼される場合は自己責任にてお願いいたします。
アイミツパートナーとは
:アイミツと記事掲載契約を締結している企業です。

会計事務所とは

会計事務所では、法人・個人向けの税務相談や各種税務の申告代行業務、記帳代行業務といったビジネスと展開する上で欠かせない経理・決算に関する業務をまとめてサポートしています。文字どおり会計業務のプロフェッショナルであるため、日々の帳簿作成はもちろん税務調査への立ち合い・折衝にいたるまで任せることが可能です。
法律に沿ってクリーンかつ適切な経営していくにあたっては、信頼性が高く頼りになる会計事務所を見つけておくことが非常に重要だと言えるでしょう。

会計事務所と税理士事務所に違いはない

「経理業務を外注するなら会計事務所と税理士事務所のどちらに依頼すべきなのか」とお悩みの方もいるかもしれませんが、会計事務所と税理事務所に違いはありません。税理士事務所は税理士法で「税理士事務所の設置義務を規定するとともに、その事務所は税理士事務所と称すること※」と定められているため、どの事務所も正式名称は「○○税理士事務所」です。「○○会計事務所」とされている場合は、その名称はあくまでも俗称だと言えます。
「○○会計事務所」と名乗る税理士事務所が多く存在する理由ははっきりとしていませんが、税務関連業務だけでなく日々の帳簿作成や仕訳入力などの業務をわかりやすく伝えることを目的としているのかもしれません。
出典:Web税理士法 第4章 第40条 https://www.kinzei.or.jp/search/regulation/chapter_4_14.html

税理士法人との違い

税理士事務所と税理士法人の大きな違いとしてあげられるのは、組織形態です。税理士事務所は税理士が個人事業主として事務所を開業・運営していますが、税理士法人は文字どおり法人であり2名以上の税理士が在籍しています。
2001年の法改正によって税理士の法人化が認められ、法人化するとほかにもさまざまな違いが生まれます。たとえば個人事業主の運営する税理士事務所は複数の場所に事務所を置くことは不可とされていますが、税理士法人であれば複数拠点を展開しても問題ありません。また、税理士事務所は税理士が病気や死亡によって業務の継続が困難となった場合には廃業を余儀なくされますが、税理士法人はそのまま経営を継続していくことが可能です。

会計事務所の種類

会計事務所は零細から大規模まで分かれ、それぞれ異なる特徴を持っています。100名以上が所属する会計事務所は大規模会計事務所に分類され、中でも「BIG4」と呼ばれるKPMGとEY、デロイト トーマツ、PwCは海外でのビジネス展開も盛んな大手企業が主な顧客となっています。
約100名の場合は組織化会計事務所と呼ばれ、東京都内の中堅会計事務所や地方都市にある大規模会計事務所が該当します。約40名の場合は中規模会計事務所とされ、基本的な税務・会計業務にくわえてコンサルティング業務を提供していることが多いようです。また、15名以下なら小規模会計事務所、5名以下なら零細会計事務所となりますが、数ある会計事務所の中でももっとも多くの割合を占めているのは零細会計事務所とされています。

会計事務所の業務内容

会計事務所・税理士事務所では資格による独占業務をベースに、それらに付随する業務を提供しているのが一般的です。なお、税理士の独占業務は以下の3つの業務となっています。
・税務代理
法人税や所得税などの申告・納付を、納税者に代わって行うことが可能です。
・税務書類作成代行
確定申告所をはじめとする税務書類を納税者に代わって作成できます。
・税務相談
納税額の算出や節税、税務署への対応など税務に関する相談に対応することができます。

基本業務の流れ

会計事務所における基本業務の流れは、以下のとおりです。
1.記帳代行
顧客から領収書を預かって仕訳業務を代行するほか、会計ソフトへの入力や月次決算書類の作成なども行います。
2.月次巡回
顧客のオフィスを訪問もしくはWebミーティングなどを通じて、月次決算に関する内容を解説します。顧客から質問・相談があれば随時対応します。
3.税務申告
税務申告に必要な各種書類を作成し、納税者に変わって税務署へ提出・申告します。税務調査が必要な場合の対応も可能です。

1年の業務の流れ

続いては、会計事務所・税理士事務所における1年間の業務の流れを紹介します。
・1〜 3月半ばまで
年末調整や法定調書の作成・償却資産税の申告・個人の確定申告に関する業務
・〜5月まで
3月決算の顧客企業の確定申告業務
・6〜10月(閑散期)
巡回監査や月次決算、年次決算などの通常業務のほか、税務調査への立ち会い業務など
・11〜12月
年末調整
年末調整業務がはじまる11月から3月決算の確定申告業務が行われる5月までは、法定調書作成や個人の確定申告とちった臨時業務も多いことから繁忙期にあたります。中でも年次決算が多いと想定される5月や11月、確定申告業務に追われる3月は特に忙しいと考えられるでしょう。

業務を依頼する会計事務所を選択する際のポイント

会計事務所に業務を依頼するにあたっては、どのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。ここからは、はじめて会計事務所との契約を検討しているという場合でも心配のないように
・直接会って担当者の資質を確認する
・技術・サービス以前に相性は良いか
・見積もりは妥当かを確認する

上記の3つのポイントについて詳しく解説していきます。

直接会って担当者の資質を確認する

会計事務所を選ぶ際には、税理士本人と対面して話を聞くプロセスが欠かせません。会計事務所が公開している情報を確認すればどのような事務所なのか大方のイメージはつくかもしれませんが、実態は担当者に直接会ってみなければわからないでしょう。
また、ひとことに会計事務所といっても「節税対策が得意」「税務調査に強い」「資金調達の実績が豊富」「事業承継に定評がある」など、得意分野はさまざまです。実際に話を聞いた上で「自社の求めているスキル・知識を持ち合わせている税理士が担当してくれるのか」を確かめて契約すれば、より安心して業務を任せられます。

技術・サービス以前に相性は良いか

会計事務所に業務を依頼するにあたっては、これまの実績や在籍する税理士のスキルはもちろん、担当の税理士との相性も非常に重要なポイントです。契約の締結後には日々の会計業務や決算業務、確定申告業務、節税対策などさまざまな業務を任せることになるため、「柔軟にコミュニケーションが取れそうか」「長期的な付き合いを前提としたビジネスパートナーとして問題ないか」といった部分を確認しなければなりません。
たとえば「問い合わせに対するレスポンスに時間がかかる」など気になる面があるという場合には契約を見送り、ほかの依頼先を検討するほうがよいでしょう。

見積もりは妥当かを確認する

見積もりの内容が妥当であるか否かを確認するのも、会計事務所を選ぶ際の大切なポイントです。会計事務所との契約にあたっては顧問契約を締結する際は月額報酬、記帳代行や決算申告、税務や融資に関する相談などをスポット(単発)で依頼する場合には都度報酬を支払うこととなりますが、報酬額の設定は会計事務所によって異なるものです。依頼主が個人なのか・法人なのかや法人の規模、専門性を求められる業界・業種であるかなどによっても費用は変動します。
同じ条件で複数の会計事務所から見積もりを取り、もっとも納得のいく見積もりを提示した会計事務所と契約するのがベストでしょう。

「自社にあった会計事務所が見つからない」「会計事務所選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数ある会計事務所・税理士事務所からあなたの要望にあった事務所をピックアップして無料でご紹介いたします。

独自の強みが特徴のおすすめの会計事務所4選

ここからは、独自の強みが特徴であるおすすめの会計事務所(税理士事務所)を紹介していきます。「資金繰りに強い」「創業間もない企業のサポートが得意」などそれぞれ異なる強みを持つ会計事務所を紹介しますので、ニーズと照らし合わせながらご覧になってみてください。

イナリ税理士事務所


出典:イナリ税理士事務所 https://www.inari-taxoffice.com/

イナリ税理士事務所は、東京都西東京市にある会計事務所・税理士事務所です。中小企業の資金繰り支援や不動産税務を中心にサービスを展開しています。
代表は税理士にくわえて宅地建物取引士やCFPの資格を保有しており、より多角的なアドバイス・サポートを実現。問い合わせ・質問から24時間以内に回答というスピーディーな対応やわかりやすい説明を心がける姿勢、顧問料にすべてのサービスが含まれている点なども魅力でしょう。

こんな人におすすめ
・不動産税務に強い税理士をお探しの方
・説明のわかりやすい税理士をお探しの方

予算感 月額顧問料 :2万円〜
会社所在地 東京都西東京市ひばりが丘北3丁目5番5号 白石ビル3F
電話番号 042-439-9515

二見達彦税理士事務所


出典:二見達彦税理士事務所 http://www.futami-tax.com

二見達彦税理士事務所は、東京都中央区に所在する税理士事務所(会計事務所)です。東京23区を中心に決算対策や税務申告、事業継承、節税などのサービスを提供しています。
設立したばかりの企業のサポートに注力しているのが特徴で、設立から2年以内・従業員5名以内・年間売上高1,200万円未満の場合は月額顧問料1万9,000円(税抜)、決算料12万円(税抜)で依頼が可能です。資金繰りも得意としているため、創業期の心強い存在となるでしょう。

こんな人におすすめ
・費用を抑えて依頼できる税理士事務所(会計事務所)をお探しの方
・会社を設立したばかりで、資金繰りに課題を感じている方

予算感 月額顧問料 :1万9,000円(税抜)〜
会社所在地 東京都中央区新富2-14-6 ONEZE1852ビル5F
電話番号 03-5540-4755

税理士法人better


出典:税理士法人better https://tax-better.com/

東京都中央区に所在する税理士法人betterは、相続関連の業務に特化したサービスを展開しています。相続のプロが多く在籍しており、経験で培った知見・スキルを生かしたサポートを強みとしているほか、課税遺産総額にもとづいた定額報酬制を採用しているのもうれしいポイント。相続関連の税務対策に精通しており、安心して依頼できる事務所をお探しの場合にうってつけと言えるでしょう。

こんな人におすすめ
・相続に強い税理士事務所(会計事務所)をお探しの方
・料金体系のわかりやすい税理士事務所(会計事務所)をお探しの方

予算感 報酬:55万円(税込)〜
会社所在地 東京都中央区日本橋人形町1丁目5番5号 芳町ビル3F
電話番号 03-6810-8408

税理士法人JMTz


出典:税理士法人JMTz https://jmt.cloud/group/jmtz/

東京都千代田区にある税理士法人JMTzは、税務申告や税務調査への立ち合いといった税務関連業務のほか、相続や不動産に関するコンサルティング、創業融資支援、助金・助成金の活用支援などを行っています。
グループ会社の社会保険労務士法人JMTYなどと連携しながら幅広いサービスを提供しているのが強みで、「窓口を1つにしてコミュニケーションコストを抑えたい」という場合にもぴったり。常に顧客に寄り添った親身な姿勢である点も魅力です。

こんな人におすすめ
・幅広いサービスのある税理士事務所・会計事務所をお探しの方
・親身に対応してくれる税理士事務所・会計事務所をお探しの方

予算感 要問い合わせ
会社所在地 東京都千代田区神田東松下町30TKビル
電話番号 03-6271-7945

国際税務・海外税務におすすめの会計事務所3選

続いては、国際税務・海外税務を強みとする会計事務所・税理士事務所を紹介します。グローバルにビジネスを展開している場合には、特に頼りになる存在となるのではないでしょうか。

信成国際税理士法人


出典:信成国際税理士法人 https://shin-sei.jp/

東京都新宿区にオフィスを置く信成国際税理士法人は、海外税務・移転価格コンサルティングや国際資産税関連業務にくわえて、税務申告や会計報告、記帳代行といったBPOサービスを通じて顧客企業のグローバル活動を全面的にサポートしています。
海外での起業を支援する「新規設立法人.com」や、海外との取引に対する税務調査に備える「国際税務調査.com」といった自社サービスを運営している点も特徴の1つ。ビジネスの海外展開を検討している方にぴったりでしょう。

こんな人におすすめ
・国際税務調査に強い会計事務所をお探しの方
・国際税務調査にも対応できる会計事務所をお探しの方

予算感 要問い合わせ
従業員数 10-29人
会社所在地 東京都新宿区新宿2-9-22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 050-3852-6795

愛宕山総合会計事務所


出典:愛宕山総合会計事務所 https://atagoyama.net/about/

東京都港区に所在する愛宕山総合会計事務所は、東京やシンガポール、タイ、ベトナムの会計税務やシンガポールでの法人設立サポートなどを提供する会計事務所です。東京のみならず各国にグループ会社を展開しており、日本とASEAN各国の会計業務に精通した税理士・公認会計士によるサービスに定評があります。
海外における内部監査やJ-SOX業務のアウトソーシングも対応しているため、さまざまな場面で頼りになるでしょう。

こんな人におすすめ
・アジアへのビジネス展開を検討している方
・海外における内部監査などについても相談したい方

予算感 要問い合わせ
会社所在地 東京都港区虎ノ門1-15-11 第2名和ビル10階
電話番号 03-3503-7531

TradeTax国際税務会計事務所


出典:TradeTax国際税務会計事務所 https://www.japan-jil.com/

TradeTax国際税務会計事務所は、東京・大阪のほかタイ・バンコクやスリランカ・コロンボにも拠点を展開する国際税務・会計事務所です。所長は税理士にくわえて通関士の資格を保有しており、国内・国際税務や貿易通商に関するコンサルティングなど幅広いサービスを提供しています。
また、難易度の高い案件では元国税局の調査官との協力のもとで調査を行うなど、高いサポート力を備えている点も魅力です。

こんな人におすすめ
・海外へのビジネス展開を検討している方
・国際税務に関する調査に強い税理士をお探しの方

予算感   関税・VAT・税関事後調査・安全保障貿易:2万〜3万円/1時間〜  
会社所在地 東京都千代田区麹町4-3-5 Kioicho435ビル 3F
電話番号 03-3264-5271

会計事務所の費用相場

税理士の主な業務と、業務別の費用相場をご紹介します。
・記帳代行
日々の領収証や請求書をもとに経費や支出のデータを会計ソフトへ入力する業務で、のちの決算や税金の申告のベースとなります。記帳代行の料金は一般的にクライアントの売り上げ高や従業員の数によって変動し、一般的な価格帯は月額5,000~3万円です。
・顧問契約
毎月の決算書類(総勘定元帳や試算表)の作成、決算内容の説明に加えて税務相談や経営に関するアドバイス、コンサルティングなどの費用が含まれます。平均費用は月額7万7,500円。顧問料金は税理士のスキルや知識に加え、依頼する企業の年間売上高によって大きく変わってきます。
・申告代行
一年分の記帳と書類作成をまとめて依頼するサービスです。費用は比較的安価ですが、サービスは最低限の内容に絞られています。年額7万5,000円から最大25万円ほどで依頼できるケースが多いようです。「依頼前に税理士の費用相場についてもっと詳しく知りたい!」という方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

まとめ

この記事では会計事務所と税理士事務所、税理士法人の違いを解説するとともに、会計事務所に依頼できる業務や業務の流れ、おすすめの会計事務所についても紹介してきました。
会計事務所・税理士事務所は非常に数が多く、自社のニーズにマッチした事務所を探し出すのは決して簡単ではありません。「会計事務所を選ぶ基準がわからない」「依頼先選びに時間を使うのが難しい」という場合は、ぜひ「アイミツ 」へご相談ください。

税理士事務所探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!