業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

くるみ製本対応の優良業者

印刷・プリント

おすすめ業者を一覧比較

印刷・プリントを発注する際には、サイズや加工(デザインなども含む)の種類がたくさんあるため、制作したい印刷物に合わせて業者を選択する必要があります。完全版下(そのまま印刷できるデータ)渡しで、定型のペラに印刷する場合は、各社のホームページに公開されている料金表を元に、クオリティを加味して選ぶと良いでしよう。それ以外の場合は、各社から相見積もりを取得して比較しましょう。用紙の種類などは素人には分からないので、可能なら「見本紙(実際に使う紙)」をつけてもらうようにしてください。冊子印刷などの場合は、表紙を1枚の紙で本文に巻きつけて製本するくるみ製本対応であれば、仕上がりがすっきりします。長く付き合うのであれば、営業担当者の人柄や相性も考慮に入れたいところです。自社に合った最適な印刷会社を見つけましょう。

初めての方はこちら!

完全無料

業者を一覧で比較する

くるみ製本対応の優良業者 印刷・プリント業者一覧

29件中110件の業者を比較中

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください

人気のキーワード

関連するカテゴリ

くるみ製本対応の印刷・プリント会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 くるみ製本のメリット・特徴をおさえておく

    特徴をおさえて最適な製本を!
    くるみ製本の製本形態は別名「無線綴じ」製本とも呼ばれる製本方法の一つで、最も一番人気のある冊子印刷方式です。くるみ製本は紙をまとめただけではなく、単行本のように表紙でくるんで仕上げた製本加… 続きを見る

  • POINT 2 くるみ製本の注意点をおさえておく

    綴じ方の基本を理解しておきましょう!
    くるみ製本は書籍のように閲覧しますので、まず右綴じ、左綴じのどちらにするかを決める必要があります。 くるみ製本とは 本の背表紙に当たる部分に糊を塗布して全体を綴じ込んだタイプになり… 続きを見る

  • POINT 3 くるみ製本発注の流れをおさえておく

    発注の流れをおさえてミスを無くす!
    くるみ製本仕上げの印刷では、オンデマンド印刷もオフセット印刷もどちらも使われます。オンデマンド印刷とオフセット印刷の違いですが、印刷にあたってあらかじめ「版」を用意するのがオフセット印刷、… 続きを見る

  • POINT 4 付加サービスは充実しているか

    自社で製本やデザインができる業者は、印刷のみなら高くてもトータルでお得になるケースも。
    印刷会社の中には、撮影スタジオやデザイン部門などを自社で抱えている会社があります。逆に、封筒や製本などの加工を専門会社に外注するケースもあります。これらをすべて自社でまかなえる「印刷・プリ… 続きを見る

  • POINT 5 入稿や校正を、素早く誠実に対応してくれるか

    入稿不備は頻繁に起きることを前提に、確認プロセスを事前打ち合わせ。
    入稿の不備は、考えているよりも頻繁に起こり得ます。そのようなとき、数日が経過してから連絡が入るようでは、納期にも影響しかねません。また、色校正は何回まで出してくれるのか、本紙校正(実際に使… 続きを見る