無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

印刷会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2021年12月9日

印刷の流れ・手順をわかりやすく解説【2022年最新版】

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、印刷会社に依頼したいとお考えの方に向けて、印刷の流れや手順をを解説します。

また、アイミツでは印刷会社についての詳細や、お客様の疑問が解決するよう細かなヒアリングも実施していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

印刷とは

「印刷」とは、版を作り、その版にインクをつけて紙やフィルムに転写することで複製物を作り出すことを言います。

印刷のメリットは、同じ模様の印刷物を素早く大量に作成できることです。また、一度版を作ってしまえば、その版が壊れるまで何度でも繰り返し同様の印刷物が作れます。
一方デメリットとして、印刷には大がかりな装置が必要になること、デザインを変更する際には版を作り直す必要があることなどが挙げられます。

印刷の方法は、自社内で印刷機等を用いて実施する方法と、印刷会社に外注する方法があります。自社内での印刷は即座に実施できる、外注は質の高い印刷が期待できるなど、それぞれにメリットがあります。

プリントと印刷の違いとは

印刷とよく似た言葉として「プリント」があります。プリントは、パソコンなどから送られてきたデジタルデータを直接紙に出力する方法です。プリントはオンデマンド印刷とも言われるように、印刷方法の1つとして広く利用されています。

プリントは版を作る必要がないため、デザインの修正が繰り返し必要になる事案に適しています。また、小ロットの印刷物を準備したい場合にもプリントが好まれる傾向にあります。一方で、印刷に時間がかかる、複製の質は印刷の方が高いなどの違いもあるため、必要に応じて使い分けるとよいでしょう。

印刷の大まかな流れ・手順

印刷の具体的な流れについて紹介します。自社内で実施する場合と外注する場合では手順が大きく異なるため、別々に説明します。

①印刷機の準備

まずは印刷に必要な印刷機等を準備する必要があります。印刷物の内容によって機材が変わってきます。印刷機や複合機は高額なため、リースを利用している会社もあります。

・モノクロ印刷を大量に実施したい → 印刷機(製版機)
・様々なデザインを状況に応じて印刷したい → プリンタ、複合機
・カラー印刷を大量に実施したい → カラー対応印刷機(製版機)


このように依頼内容によって、使用する機械が異なる場合が多く、スピードやクオリティに合わせた機械が必要になります。

②複製する資料と印刷媒体の準備

複製する資料を紙媒体もしくはデータ形式で準備します。同時に印刷媒体となる用紙やフィルム等を準備します。用紙はさまざまな特徴のものが市販されているため、印刷物のデザインやコンテンツ等に合わせて適切なものを選ぶとよいでしょう。

③印刷の実施

準備した機材や用紙媒体を用いて印刷を行います。基本的には製版機能を利用した場合には印刷スピードが速くなり、プリンタや複合機を利用した場合には遅くなります。
速いものでは1分間あたり200部程度印刷できます。印刷のクオリティや配色具合は、印刷機等によって大きな影響を受けます。高品質の印刷をしたいのであれば、それに応じた機材を準備する必要があります。

④印刷物の分類や製本

複数の印刷物をまとめて資料を作成したり、製本機などを用いてブック形式にしたりします。印刷機によってはホッチキス機能や分類機能、製本機能などが含まれている場合もあります。

印刷を外注する際の流れ

印刷を外注する際には、以下のような流れで実施します。外注は印刷会社の選定やヒアリング等で時間がかかりますが、印刷業務や加工業務は代行してくれるため、時間を少しでも節約したい方に向いています。

①依頼をする印刷会社の選定

複数の印刷会社の中から、自社の条件に適した印刷会社を選定します。料金や対応範囲、納期などが異なるため、慎重に選ぶ必要があります。

②打ち合わせ

印刷会社が印刷部数や印刷方法、サイズ、印刷媒体、納期などをヒアリングします。対面やオンラインでの打ち合わせ、メールや電話でのやりとりにより依頼したい内容を適切に伝えます。
質問等がある場合には打ち合わせ時に質問するとよいでしょう。

③見積もりとスケジュールの提供

依頼内容を正しく伝えることができれば、印刷会社が見積もりと納品スケジュールの目安を提案してくれます。問題無ければ契約を締結してください。

④印刷データの共有と支払い

印刷するデータを印刷会社に共有します。デザインが完成していない場合には、自社で作成するか、もしくは印刷会社にデザイン制作を依頼します。印刷会社によっては、業務提携時に支払いが必要となる場合があります。

⑤校正

印刷会社にデザインを依頼した場合や、印刷物の質にこだわりたい場合には、校正作業が加わります。実際に1部印刷し、印刷物のできばえを確認します。公正に関しては飛ばして実施することも可能です。

⑥印刷

いよいよ印刷を行います。高性能の機材を利用するため、クオリティの高い印刷物完成が期待できます。印刷物の量や条件等により必要な日数は変わります。

⑦加工

必要であれば印刷後に加工をしてもらいましょう。断裁や折り、製本、特殊加工などが可能で、依頼のあった形やサイズに合わせた依頼ができます。印刷会社によってサービスが異なるため、事前にチェックをしておくのがおすすめです。

⑧発送と受け取り(支払い)

印刷会社が印刷物を発送、もしくは直接配達をします。印刷会社によっては、受け取り時に支払いが必要になることもあるため、事前に確認をしておきましょう。

印刷の外注先の選び方・ポイント

印刷を外注するときの選び方や、ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

印刷の相場・費用

印刷を外注するときの相場・費用を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

まとめ

電子データの活用が増えてきたとはいえ、イベントや会議など印刷を必要とする場面は多くあります。
大量の印刷が必要になる場合は、印刷を自社で実施するのか、外注するのかで従業員の作業時間に大きな影響を及ぼすため、慎重に検討したいところ。
企業の業務効率化を図りたい方や質の高い印刷物を作成したい方は、外注の利用を検討してみるとよいでしょう。

印刷会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!