あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

箸袋印刷でおすすめの印刷会社8選【2020年最新版】

箸袋印刷に定評のある印刷会社

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、「価格」「実績」「バリエーション」を基準に包装紙印刷に強い印刷会社を厳選!

・箸袋印刷を低価格で提供する印刷会社
・箸袋印刷の実績が豊富な印刷会社
・箸袋印刷のバリエーションが豊富な印刷会社

の3つに分けて8社紹介します。
箸袋印刷で失敗しないためのポイントも解説。印刷会社選びでお悩みの方はぜひ参考にしてください!

箸袋に強い印刷会社の一覧もご用意しています。

アイミツ
印刷会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.箸袋印刷を低価格で提供する印刷会社3選

まずは、箸袋印刷をリーズナブルに提供する印刷会社を紹介します。

1- 1. ラクスル株式会社

ラクスル株式会社
出典:ラクスル株式会社 https://raksul.com/

ラクスルは東京都品川区に本社を置き、京都市下京区にオフィスをもつ会社です。印刷・広告サービス「ラクスル」、運送サービス「ハコベル」の運営を手がけています。
「ラクスル」は、チラシやフライヤー、名刺、シール、封筒、冊子など幅広い印刷物を格安で提供しているのが特長のサービスです。箸袋印刷にも対応しており、4型8寸の箸袋印刷は最小ロット1万枚で1枚あたり0.8円、5型ハカマの箸袋印刷は最小ロット1万枚で1枚あたり1.2円で依頼が可能。いずれも納期は受付から14営業日後となっています。
無料のデザインテンプレートを提供しているのも魅力のひとつ。企業や店舗のロゴ入りの箸袋デザインが簡単に作成できるので、社内にデザイナーが不在の場合でも安心です。

こんな人におすすめ
・リーズナブルに箸袋印刷を利用したい方
・デザインテンプレートを利用して箸袋を作成したい方
・幅広い印刷物対応の印刷会社をお探しの方

予算感
箸袋印刷:8,760円~/1万部(送料込み)
設立年
2009年
従業員数
30-99人
会社所在地
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル1F
電話番号
03-6632-9048

1- 2. 株式会社ウエーブ

株式会社ウエーブ
出典:株式会社ウエーブ https://www.wave-inc.co.jp/

ウエーブは京都府京都市に本店を置き、滋賀県や宮城県に事業所をもつ印刷会社です。チラシやフライヤー、カード・名刺、冊子、封筒、圧着DM、飲食店ツール、販促・オリジナルグッズなど多種多様な印刷物製作を行なっています。
箸袋印刷は4型6寸/4型8寸/5型6寸/5型8寸/5型ハカマの5種類でオフセット印刷に対応。リーズナブルに利用できるのが特長で、4型6寸の箸袋印刷は1万部で7,520円、4型8寸の箸袋印刷は1万部で7,900円、5型8寸の箸袋印刷は1万部で1万1,710円となっています。デザインは片面フルカラーで、データ作成用テンプレートを無料で提供しているのも嬉しいポイント。
スピーディーな対応も魅力で、受付から7営業日以内での出荷が可能です。低価格・短納期で箸袋印刷を利用したいと考えている方におすすめといえます。

こんな人におすすめ
・費用を抑えて箸袋印刷を利用したい方
・箸袋印刷のデザインテンプレートのある印刷会社をお探しの方
・短納期対応が可能な印刷会社を探している方

予算感
箸袋印刷:7,520円~/1万部
設立年
1985年
従業員数
100-499人
会社所在地
滋賀県守山市勝部六丁目2番1号
電話番号
077-518-7788

1- 3. プリントネット株式会社

プリントネット株式会社
出典:プリントネット株式会社 https://printnet.jp/

プリントネットは東京都千代田区に本社、鹿児島県に本店・カスタマーセンターを置く会社です。「プリントネット」と「PrintPro」の2種の印刷サービスを手がけています。
なかでも「プリントネット」は格安でのサービス提供が特長で、チラシやポスター、冊子・パンフレット、名刺・カード、封筒などさまざまな印刷物の製作に対応。箸袋は4型6寸/4型8寸/5型6寸/5型8寸/5型ハカマの5種類を取り扱っており、4型8寸の箸袋印刷1万部で8,640円となっています。
土日・祝日も営業していることやスピーディーな対応も魅力のひとつ。2019年5月にGMOリサーチ社が実施した調査において「総合満足度」「商品クオリティ」「問い合わせ時の分かりやすさ」でトップクラスの評価を得たことからも、質の高いサービス提供がうかがえます。

こんな人におすすめ
・費用を抑えて箸袋印刷を依頼したい方
・顧客評価の高い印刷会社を利用したい方
・土日・祝日も営業している印刷会社をお探しの方

予算感
箸袋印刷:8,640円~/1万部
設立年
1987年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル7階
電話番号
03-3217-5355

リーズナブルに箸袋印刷を依頼できる印刷会社を紹介しました。

費用を抑えることは企業にとって重要ですが、「料金が安いから」という理由だけで依頼先を決定するのはおすすめできません。料金だけでなく、サービス内容や用紙・印刷の質、納期なども印刷会社を選ぶ際の重要なポイントです。さまざまな要素を踏まえて総合的に判断することで、コストパフォーマンスの高いサービスが利用できるでしょう。

2.箸袋印刷の実績が豊富な印刷会社3選

続いて、箸袋印刷の実績が豊富な印刷会社を紹介します。

2- 1. 東京カラー印刷株式会社

東京カラー印刷株式会社
出典:東京カラー印刷株式会社 http://www.tcpc.co.jp/

東京カラー印刷は、東京都足立区に本社を置く印刷会社です。オフセット印刷・オンデマンド印刷の双方に対応し、チラシ・フライヤー、冊子、名刺、ポストカード、ポスター、封筒、カレンダーなどさまざまな印刷物の製作を手がけています。
1987年の設立以来、30年以上にわたって事業を展開してきた経験・実績が最大の強み。「日本一の安さ・早さ・きれいに挑戦」をモットーに事業に取り組んでいます。箸袋印刷は専用の印刷機による製作が特長で、4型8寸/5型6寸/5型8寸/5型ハカマの4種類に対応、両面フルカラー印刷が可能なのも嬉しいポイントです。
そのほか、メニューやコースター、スタンプカードといった飲食店用の商品を取り扱っているのも魅力のひとつ。箸袋に限らず、店舗で使用する印刷物を一括で依頼したいと考えている方にもおすすすめといえます。

こんな人におすすめ
・豊富な実績をもつ印刷会社をお探しの方
・箸袋の専用印刷機をもつ会社に依頼したい方
・メニューやスタンプカードなどの印刷も依頼したい方

予算感
箸袋印刷:1万544円~/1万部
会社所在地
東京都足立区千住関屋町5-27
電話番号
0120-132-304

2- 2. 株式会社帆風

株式会社帆風
出典:株式会社帆風 http://www.vanfu.co.jp/vms/

帆風(バンフー)は、東京都新宿区に本社を置く会社です。印刷サービスをはじめ、プリントコンサルティング、web・映像制作などの事業を手がけています。
印刷サービスは、店舗とオンライン、営業窓口のから窓口が選べるのが特長。1980年の設立以来、さまざまなお客様へ印刷物製作を提供してきた豊富な実績も魅力です。チラシ・フライヤー、ポスター、印刷にくわえて箸袋の印刷も取り扱っており、4型8寸/5型6寸/5型8寸/5型ハカマの4種類に対応。4型8寸の箸袋印刷は1万部で9,600円からと利用しやすい料金設定も魅力です。
そのほか飲食店向けの商品に特化した「atta」を運営しているのも特長のひとつ。メニューブックやテーブル用品、店頭用品など幅広い商品を提供しています。

こんな人におすすめ
・豊富な実績をもつ印刷会社をお探しの方
・箸袋印刷をリーズナブルに依頼したい方
・飲食店向け商品もあわせて購入したい方

予算感
箸袋印刷:9,600円~/1万部
設立年
1980年
会社所在地
東京都新宿区下宮比町2-29
電話番号
03-5229-8200

2- 3. 株式会社川島商会

株式会社川島商会
出典:株式会社川島商会 http://www.kawashima-s.com/

川島商会は、静岡県浜松市に本社を置く会社です。紙製品をはじめとする販売促進品の企画からデザイン、印刷までをワンストップで提供しています。
1984年の設立から35年以上の経験を通じて培った技術・ノウハウを活かした業務提供が最大の強み。ネット印刷の分野では「川島通販」という名称でサービスを展開しており、チラシやボールペン、メモ帳、ポケットティッシュ、タオル、うちわ、カレンダーなど幅広い商品への印刷に対応。箸袋印刷は4型8寸と5型ハカマの2種類を取り扱っており、5型ハカマの場合はクラフト紙や和紙による製作が可能です。店舗のイメージにあわせて箸袋の用紙が選べるのは嬉しいポイントといえるでしょう。
そのほか、コースターや名札などの飲食店向け用品の印刷に対応しているのも魅力です。

こんな人におすすめ
・豊富な実績を持つ印刷会社に依頼したい方
・クラフト紙や和紙を使用した箸袋印刷を希望する方
・コースターや名札の印刷もあわせて依頼したい方

予算感
箸袋印刷:1万1,000円~/1万部
版代:2,000円(初回のみ)
設立年
1984年
会社所在地
静岡県浜松市中区元城町105-18
電話番号
053-455-4616

箸袋印刷の豊富な実績を持つ印刷会社を紹介しました。

会社選びに迷った時にひとつの判断材料となるのが「実績の数」です。豊富な実績をもつ印刷会社には、これまでの経験を通じて培った技術やノウハウの蓄積が期待できます。とはいえ、印刷会社の強みや特長は、会社によってさまざまです。印刷会社を選ぶときは、各社が得意とする分野や箸袋印刷への対応を必ず確認するようにしましょう。

アイミツ
印刷会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)

3.箸袋印刷のバリエーションが豊富な印刷会社2選

続いて、箸袋印刷のバリエーションが豊富な印刷会社を紹介します。

3- 1. 株式会社アスペック

株式会社アスペック
出典:株式会社アスペック http://hashibukuro.biz/

アスペックは、徳島県徳島市に本社を置く会社です。販売促進商材の企画・販売、オリジナルグッズ・プロモーショングッズの企画・販売、ホームページ制作、ビジネスコンテンツ制作など幅広い事業を手がけています。
ニッチなビジネスに着目し、商材ごとに専用のネット通販サイトを運営しているのが最大の特長です。箸袋印刷の分野では、「箸袋.biz」という名称でサービスを展開。オリジナルデザインの箸袋制作を得意としており、4型6寸/4型8寸/5型6寸/5型8寸/5型ハカマ/4型ミニ/箸置型と7種類もの箸袋を取り扱っています。表面はもちろん、裏面のデザインに対応しているのも嬉しいポイントです。
そのほか箸帯に特化した「箸帯.com」というサービスも提供しており、4種類のタイプから選ぶことができます。

こんな人におすすめ
・さまざまな箸袋印刷に対応している会社をお探しの方
・箸帯の印刷にも対応した会社をお探しの方
・箸袋の裏面デザインが可能なサービスをお探しの方

予算感
費用目安:8,600円~/1万部
会社所在地
徳島県徳島市川内町榎瀬488-6

3- 2. 株式会社孔栄社

株式会社孔栄社
出典:株式会社孔栄社 https://www.k-koueisha.co.jp/

孔栄社は、宮城県仙台市に本社を置く会社です。オリジナル用品の印刷やデータ作成などの事業を手がけています。
オリジナル用品印刷は、プリントウェアやオフィス用品、ノベルティ、飲食店用品と幅広く対応しているのが特長です。箸袋印刷は4型8寸/5型6寸/5型8寸/5型ハカマの4種類を取り扱っており、両面フルカラーのオフセット印刷に対応。「野菜シリーズ」や「法事シリーズ」「仙台城下町百景」といった既存の箸袋への名入れも行なっているので「オリジナル箸袋を手軽に制作したい」という方にもぴったりだといえます。
そのほかコースターや紙ナプキン、おしぼりの印刷にも対応しているのも嬉しいポイント。箸袋とデザインが統一されたコースターや紙ナプキンの製作が可能です。

こんな人におすすめ
・箸袋印刷を手軽に利用したい方
・コースターや紙ナプキンなどもあわせて依頼したい方
・豊富なバリエーションから箸袋を選びたい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1970年
会社所在地
宮城県仙台市青葉区立町16番13号
電話番号
022-262-4545

4.箸袋印刷で失敗しないためのポイント

最後に、箸袋印刷で失敗しないためのポイントを解説していきます。

品質とコストのバランスを確認する


箸袋印刷に限らず「コストパフォーマンスのいいサービスを利用したい」と考える方は少なくないでしょう。ただ安いだけでなく、質の高い箸袋印刷を利用するためには、候補にあがっている印刷会社のトータル取引先数・印刷部数を確認するのがおすすめです。多くの印刷を手がけている会社にはスケールメリットがあるため、印刷費用が抑えられる可能性があります。また、取引者数が多いということは、それだけのお客様から信頼が寄せられている証だといえます。
印刷会社によってはサンプルの提供を行なっている会社もあるので、「事前に品質を確かめたい」という場合はそうした会社を利用するとよいでしょう。

利用者の声や満足度を確認する


箸袋は飲食店を運営する限り、半永久的に必要となるツールのひとつです。発注の手間を考えると、同じ印刷会社を利用し続けるのが得策です。
しかし、箸袋印刷に限らず、印刷物の品質は機材の種類や状態によってもばらつきが生じるものです。そのため、印刷会社のサービス品質を事前にはかるのは困難だといえます。そうしたときに参考になるのが「第三者の声・評価」です。利用者から好評の声が多く寄せられている会社、高いリピート率をうたう会社は高品質なサービスを提供していると考えられるので、印刷会社を選ぶ際の大切な要素といえます。

コミュニケーションを取りやすい印刷会社を選ぶ


箸袋などの消耗品の印刷を発注する場合は長期間にわたる取引が考えられるので、コミュニケーションのとりやすさも重要なポイントです。また、印刷物の注文がはじめての場合は、「わからないことばかりで不安」という方も少なくないでしょう。
そうした不安を軽減させるためにも確認したいのが、印刷会社の連絡体制です。「急ぎの場合は電話」「急ぎ出ない場合はメール」など、連絡方法を事前に確かめておくことで、お互いにストレスの少ないスムーズなコミュニケーションが期待できます。

【まとめ】印刷会社選びで迷ったらアイミツ


この記事では、箸袋印刷に強い印刷会社を紹介するとともに、箸袋印刷で失敗しないポイントを解説してきました。

印刷会社を選ぶ際は、もちろん料金や短納期対応も重要ですが、印刷物の品質やサポート体制も大切な要素です。特に品質はなによりも重要となるため、印刷会社選びは慎重に行う必要があります。

アイミツ」では、今回紹介した箸袋印刷対応の印刷会社のほかにも、さまざまな印刷会社の情報を保有しています。経験豊富なコンシェルジュが、お客様の要望をうかがった上でおすすめの印刷会社を紹介しますので、お気軽にご相談ください

印刷会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

箸袋の印刷会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

箸袋で印刷会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

印刷・プリントを発注する際には、サイズや加工(デザインなども含む)の種類がたくさんあるため、制作したい印刷物に合わせて業者を選択する必要があります。完全版下(そのまま印刷できるデータ)渡しで、定型のペラに印刷する場合は、各社のホームページに公開されている料金表を元に、クオリティを加味して選ぶと良いでしよう。それ以外の場合は、各社から相見積もりを取得して比較しましょう。用紙の種類などは素人には分からないので、可能なら「見本紙(実際に使う紙)」をつけてもらうようにしてください。長く付き合うのであれば、営業担当者の人柄や相性も考慮に入れたいところです。自社に合った最適な印刷会社を見つけましょう。

印刷会社が
最短翌日までにそろう