あなたの発注コンシェルジュ

フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

お電話でのご相談
フリーダイアル 0120-917-819
営業時間 平日 10:00~19:00
仕事を受けたい方

公開日: 更新日:

アメリカへの輸送に強い物流会社7選

アメリカの輸送に強い物流会社

10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービスアイミツが、「実績」「価格」を基準にアメリカへの輸送に強い物流会社を厳選!

・アメリカへの輸送に強い実績豊富な物流会社
・アメリカへの輸送に強いリーズナブルな物流会社

の2つに分けて7社紹介します。
物流会社選びで失敗しないためのポイントも解説。発注先にお悩みの方はぜひ参考にしてください!

アイミツ
物流倉庫会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)
目次
このページについて

1.アメリカへの輸送に強い実績豊富な物流会社4選

はじめに、アメリカへの輸送に強い実績豊富な物流会社を会社ご紹介します。

1-1. ジャパントラスト株式会社

ジャパントラスト株式会社
出典:ジャパントラスト株式会社 https://www.jpntrust.co.jp/

ジャパントラストは、愛知県に本社を構え、東京支社のほか、現地法人としてアメリカのニューヨーク・ロサンゼルス、インド、メキシコ、ブラジルに拠点を持つ輸送会社です。輸送・運送事業をはじめ、国際航空貨物代理店業などを展開しています。業界問わず多くの企業と取引実績を持ち、豊田自動織機や三菱重工業、三井物産といった大手企業が名を連ねています。
最大の強みは、北米輸送サービスで日本最高峰の実績数を持つこと。北米向けコンテナ海上輸送(FCL)では、年間取扱量が1万TEU以上、主要取引先1,000社以上を誇ります。
北米向けのコンテナ輸送を行う主要船社と契約を結ぶことで、クライアントの希望に沿う輸送方法の提案を実現しています。また内陸輸送手配にも対応しており、ドア・ツー・ドアサービスが可能。そのほか、関税立替・DDPにも対応するなど、クライアントのあらゆるニーズに応えるサービスが整っています。

こんな人におすすめ
・アメリカ輸送の実績豊富な輸送会社をお探しの方
・内陸輸送手配に対応するサービスをご希望の方
・大手企業と取引実績を持つ会社をご希望の方

予算感
要問い合わせ
設立年
1995年
会社所在地
愛知県名古屋市中区丸の内2-17-12 丸の内エステートビル9階

1-2. 郵船ロジスティクス株式会社

郵船ロジスティクス株式会社
出典:郵船ロジスティクス株式会社 https://www.yusen-logistics.com/jp/

郵船ロジスティクスは東京に本社を構え、各国航空船舶会社の代理店業や貨物利用運送事業、物流コンサルタント業などを展開する会社です。1955年設立以来、多くの企業の物流を支えてきた実績を持ち、現在も世界45ヵ国の地域に物流事業を展開しています。
輸出サービスは、アメリカ(北米)、カナダ、中南米、アジア諸国、中国、欧州に対応。輸送方法は、FCL(フルコン)、コンソリ、危険コンソリを請け負っています。また、カナダ・アメリカ・メキシコ間のクロスボーダー輸送を行っている点も大きな魅力。
国境間を越え、輸送をスムーズに行うことでリードタイムの短縮が期待できます。
自動車、航空宇宙、食品・からハイテクまで様々な物流サービスに対応できるキャパシティも強みの1つ。アメリカへの輸送に強い輸送・物流会社をお探しの方はもちろんのこと、歴史と実績ある会社に輸送を依頼したいという方にもおすすめできる会社です。

こんな人におすすめ
・アメリカへの輸送を希望の方
・歴史と実績ある物流会社をお探しの方
・クロスボーダー輸送にご興味をお持ちの方

予算感
要問い合わせ
設立年
1955年
従業員数
1000人以上
会社所在地
港区芝公園2丁目11番1号 住友不動産芝公園タワー
電話番号
03-6703-8111

1-3. 日本通運株式会社

日本通運株式会社
出典:日本通運株式会社 https://www.nittsu.co.jp/

日本通運は、東京本社のほか全国に拠点を持ち、アメリカ・中国・ドイツ等にも現地法人を持つ物流会社です。輸送業のほか、倉庫、通関、特殊輸送、物流事業を幅広く展開。1937年の設立より長きにわたり日本の輸送業を支えてきた実績を持ちます。
国内輸送はもちろんのこと、国際輸送にも強みを持つのが特徴。国際航空輸送では、1000路線を超えるグローバルネットワークを生かし、日本と世界を物流で繋ぐサービスを提供しています。
また、日本からアメリカを含む世界33の国と地域に一般商用物を運ぶ「SKY-EX FREIGHT」をはじめ、200ヵ国に緊急のサンプル品・商業用荷物等を送れる「SKY-EX(スモールパッケージ)」アメリカを含む海外24か国から日本へ輸入が可能な「ジェットパック(輸入)」など、便利なサービスが魅力。実績と実力どちらも重視したい方におすすめの会社と言えるでしょう。

こんな人におすすめ
・アメリカへの輸出・輸入のどちらも希望する方
・歴史と実績ある物流会社をお探しの方
・小規模な輸出入に対応する物流会社をお探しの方

予算感
要問い合わせ
設立年
1937年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都港区東新橋1-9-3
電話番号
03-6251-1111

1-4. カルブリッジトレーディング・ジャパン株式会社

カルブリッジトレーディング・ジャパン株式会社
出典:カルブリッジトレーディング・ジャパン株式会社 http://www.caltr.com/

カルブリッジトレーディング・ジャパンは、アメリカを拠点とするカルブリッジ トレーディング コーポレーションの日本法人で、国際貨物輸送業・貿易代行業を展開。アメリカから日本への通関手続きを含んだ輸送サービスを提供しており、これまでに業界問わず多くの企業から高評価を得ています。
独自の強みとして「ドア・ツー・ドア一貫輸送」「一括輸送」「小口貨物から重量貨物」「物流管理・倉庫サービス」「検品作業・梱包発送」の5つのサービスを掲げているのが特徴。
倉庫保管や検品・梱包までトータルに依頼できる点や重量制限なしの輸送サービスは利用者にとって大きなメリットと言えるでしょう。また、輸送方法は航空輸送と船便輸送の2パターンを用意。貿易代行を行う「プライオリティサービスプラン」や取扱手数料無料の「転送サービス」など、便利なサービスが魅力です。アメリカから日本への輸送のプロフェッショナルをお探しの方にはうってつけの会社でしょう。

こんな人におすすめ
・アメリカから日本への輸送サービスをお探しの方
・検品や梱包発送まで依頼したい方
・貿易代行を行う輸送会社をお探しの方

予算感
輸送費 最低料金$85~

ここまで、アメリカへの輸送に強い実績豊富な物流会社をご紹介しました。

今回ご紹介した物流会社は、4社ともに実績豊富な会社でアメリカの輸送に関しても多くのノウハウを有する企業ばかりです。しかし、物流会社と一口に言ってもそれぞれのサービス内容や実績の詳細は異なります。そのため、物流会社選びをする際は、自社の求めるニーズを明確にした上でいくつかの企業を同じ視点で比較する必要があるでしょう。

アイミツ」では、ここでご紹介した4社以外にもアメリカの輸送に強みを持つ会社・物流の実績豊富な会社をご紹介可能です。会社選びでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください

2.アメリカへの輸送に強いリーズナブルな物流会社会社3選

つづけて、アメリカへの輸送に強いリーズナブルな物流会社をご紹介します。

2-1. 株式会社みかん箱

株式会社みかん箱
出典:株式会社みかん箱 http://www.mikan-b.co.jp/courier/

MIKANBAKOは、東京に本社を構え、国際輸送サービスを提供する会社です。アメリカやカナダを含む9つの国と地域に対応しており、輸送実績は年間5,000件に上ります。
「日本からの荷物をどこよりも安く・速く・手軽にDoor to Doorで輸送」という言葉を掲げ、法人・個人問わず便利なサービスを提供しているのが特徴。物量を取り扱うことで、リーズナブルな通関・貨物輸送を実現しています。
また、丁寧でスピード感のあるサポート体制も魅力の1つ。予期せぬ現地トラブルに見舞われた際も、求償業務の代行等のサポートを行ってもらうことができます。アメリカへの輸送をリーズナブルに叶えたい方はもちろんのこと、海外で展示会を開きたい方や社内間の輸送を低コストで行いたい方にもおすすめといえるでしょう。

こんな人におすすめ
・リーズナブルかつ簡単に海外輸送を利用したい方
・アメリカを含む多くの国に対応する物流会社をお探しの方
・トラブル対応も頼める輸送サービスをお探しの方

予算感
要問い合わせ
会社所在地
東京都中央区日本橋浜町2-22-3 TSI日本橋浜町第1ビル 5F
電話番号
03-3527-3943

2-2. 株式会社近鉄エクスプレス

株式会社近鉄エクスプレス
出典:株式会社近鉄エクスプレス https://www.kwe.co.jp/

近鉄エクスプレス(KWE)は、東京に本社を構える物流会社です。国際航空貨物輸送や国際海上貨物輸送、ロジスティクス・サービスを展開しています。
アメリカへの輸送サービスは、子会社の「近鉄エクスプレス(タイランド)」で提供。混載便で大量の荷物を一括輸送することで、コストを抑えたリーズナブルな物流を可能にしています。
航空貨物輸送としては、一旦各国の荷物をバンコクに集めアメリカへ一括輸送する「BKK Gateway」サービスと、北米向けに緊急の荷物を確実に届ける「超緊急サービス・US24」を用意。海上貨物輸送もアメリカ・北米向けサービスに注力しており、十分なスペースの確保ときめ細やかなサービスが強みです。拠点はタイですが、航空・海上・倉庫サービスのそれぞれに日本人責任者が在籍しているためやりとりの際も安心でしょう。

こんな人におすすめ
・アメリカへリーズナブルに輸送したい方
・国際航空貨物輸送、海上貨物輸送に強い物流会社をお探しの方
・ASEAN各国からの荷物郵送を検討中の方

予算感
要問い合わせ
設立年
1970年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟24階

3.アメリカへの輸送に強い物流会社選びで失敗しないためのポイント

最後に、アメリカへの輸送に強い物流会社選びで失敗しないためのポイントを解説します。

自社にとって最適な輸送方法を選ぶ


アメリカへの輸送で失敗しないための1つ目のポイントは、自社が配送したい商品・物品にとって最適な輸送方法を選ぶということです。
ここまでご紹介してきた様に海外への輸送方法には「航空輸送」と「海上輸送」が存在し、それぞれ輸送のメリットが異なります。
例えば「航空輸送」であれば飛行機での貨物輸送となるためスピード感のある配送を見込めます。また、逆に時間はかかりますが大型の船で貨物を運べる「海上輸送」には多くの荷物を一気に運べるという強みがあります。どちらでの輸送が自社にとって最適な方法かを検討した上で、会社選びをすると輸送での大きな失敗を避けることができるでしょう。

信頼のおける物流会社を選ぶ


アメリカへの輸送で失敗しないための2つ目のポイントは、信頼のおける物流会社を選ぶということです。これは会社選びの中でも最も重要な項目と言えます。
アメリカを含む海外への輸送は、国内間の輸送以上に多くの企業や人の手を介し、また長距離の移動を伴うことからトラブルへのリスクも増えます。
予期せぬ事態が起きたとき、素早くミスなく対応してもらえるのかは依頼先の力量に関わるのも事実です。信頼度を測る基準は色々ですが、これまでの実績やサポート体制等は1つの指標となります。輸送を依頼する前に、しっかりと会社を見極めていきましょう。

依頼先の管理・サポート体制を確認する


アメリカへの輸送で失敗しないための3つ目のポイントは、依頼先の管理・サポート体制を確認するということです。
前項でも述べた通り、国際輸送を行う際は、輸送トラブルへのリスクヘッジも必要です。
依頼先となる物流会社の管理体制がどの様になっているか、いざという時トラブル対応はしてもらえるのか、どこからどの範囲まで業務を依頼できるのかなど、詳細まで確認することが重要です。また、近年では高度なITシステムを用いて貨物の輸送管理を行う会社も増えてきています。導入したばかりのシステムでは不安もありますが、実際にスムーズな運営ができている会社や運営実績が十分な会社であれば安心でしょう。

【まとめ】物流会社会社選びで迷ったらアイミツ


この記事では、アメリカの輸送に強い物流会社を紹介するとともに、アメリカへの輸送で失敗しないためのポイントを解説してきました。

アメリカをはじめ、海外への輸送サービスを選ぶ際は、自社が輸送したい商品・貨物にとって最適な輸送方法を選択することが、安全性から見てもコスト面から見ても大切と言えます。また、予期せぬトラブル時にも安心して頼れる会社かどうか、管理・サポート体制が整った会社かということも、会社選びの重要な指標と言えるでしょう。

しかし、数ある輸送・物流会社の中から自社に最適な1社を探し出すのは簡単なことではありません。「様々な会社がって、どういう基準で選べばいいのかわからない」と頭を抱える担当者も多いでしょう。

アイミツでは、今回ご紹介した物流会社以外にも、アメリカの輸送に強い物流会社をご紹介可能です。専門のコンシェルジュが、あなたの予算や希望をうかがった上でニーズにマッチする会社をご紹介します。ぜひ、お気軽にご相談ください

物流倉庫会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

輸送 アメリカの物流倉庫会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

輸送 アメリカで物流倉庫会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

物流倉庫・発送代行とはサードパーティロジスティクス(3PL)とも呼ばれ、ネットショップやカタログ通販、卸売り行う事業者のかわりに、入庫、保管、出荷、返品対応などの一連のフルフィルメント業務を代行するサービスになります。最適な業者を選ぶためには、倉庫の立地や保管方法、作業オペレーション、対応システムなど確認する項目が多くありますが、物流、倉庫の専門業者に依頼することでノウハウを活かし、人件費の削減、保管の最適化を実現、経営効率を高めることが期待できます。近年は中小規模の通販事業者の拡大に合わせ、導入目安である最低出荷量300件を下回る、数件~十数件からの小ロット出荷量に対応する通販物流代行業者も出てきています。

物流倉庫会社が
最短翌日までにそろう